スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

トレーニングで一番重要なことはなにか? 4

読了までの目安時間:約 4分

 


トレーニングで一番大事なことはなんですか?

 

 

タイトルにもあるように、

初めてお会いする方や、

セミナーでお話しさせてもらう際に

 

このような質問受けることが多いです。

 

 

トレーニングメニューや指導法は

人それぞれ身体や感覚が違うので

これが大事という定義はありません。

 

 

人によって一番大事なことは違いますし、

その方の成長過程によってもどんどん変わっていきます。

 

 

ただ全ての人に対して共通して大事なものはあります。

 

 

 

それは

 

 

 

 

『トレーニングに対する考え方』

 

 

です。

 

 

そうマインドの部分です。

根本的なこの部分が間違っていると

いくら努力しても間違った方向に進んでしまいます。

 

 

 

例えばサポートしているチームの選手と

このような会話になることがよくあるのですが、

 

 

 

選手『すいません。胸の筋肉を鍛えるのにはベンチプレスやっているんですけど

いいですか?』

 

私 『一般的にはそうだね!』

 

選手『負荷はどれぐらいでやったほうがいいですか?重いものを少ない回数やるのか

   軽いものを回数多くやるのか?』

 

私 『筋肉の量を増やしたいのか、最大金出力を上げたいのか、持久力をあげたいのか

        によって変わってくるね』

 

選手『なるほど!分かりました!』

 

私 『因みになんでベンチプレスやっているの?』

 

選手『いやそれは勿論、胸の筋肉つけるためです!』

 

私 『うんそれは分かっているよ!何のために胸の筋肉つけているの?

   胸の筋肉つけると、雪上のパフォーマンスにどう影響するの?』

 

選手『・・・・』

 

私 『例えば勉強で英語単語を覚えると思うけど、なんで覚えるの?』

 

選手『単語が分からないと文章が読めないからです』

 

私 『そうだね。英文を読むために英単語を覚えているんだよね。

   じゃあ雪上のパフォーマンスをどうしたいから、胸の筋肉を鍛えているの?』

 

選手『たしかに・・・。分からないです。』

 

 

 

べつにベンチプレス自体を否定しているわけではありません。

 

肝心の

 

 

 

何のためにやっているのか?

 

 

 

 

が抜けていることが問題なんです。

 

 

そこがしっかりしていて、

その方向性が間違っていないのであれば

どんなトレーニングをやっても問題ありません。

 

 

 

 

何をやるのかではなく、なぜそれをやるのか?

 

 

 

 

この部分をまずは重要視する考え方が

トレーニングには必要です。

 

 

あなたが今やっているトレーニングは

果たしてこの部分を本質的に考えて行えているでしょうか?

 

 

雪上でどのような事を注意されているのか?

 

 

それができない原因はなんなのか?

 

 

どのような事を行ったら改善されるのか?

 

 

こういった基本的な考え方を身に着けると

自ずと自分にとって今何が一番大事なトレーニングなのかが

見えてきますよ!

 

トレーニング論

アルペンスキーと基礎スキーは別物なのか? 3

読了までの目安時間:約 5分

 


日本スキー界の1番の特徴は

アルペンスキーと基礎スキーという2つのカテゴリーが

確立されているという事です。

 

この2つの関係性については様々な意見があります。

その一例をいくつか動画にしておりますので興味がある方はご覧ください。

 

 

 

 

 

以前から私がサポートしている方はご存知だと思いますが

私はアルペンスキーヤーと基礎スキーヤー

両方をサポートさせていただいております。

 

 

 

・アルペンスキーのみを行ってきた方

・基礎スキーのみを行ってきたかた

・基礎出身でアルペンにチャレンジしている方

・アルペン出身で基礎スキーにチャレンジしている方

・アルペンスキーに活かすために基礎スキーを行う方

・基礎スキーに活かすためにアルペンスキーを行う方

・どちらの種目もこなす方

・どちらも行わずただ純粋にスキーはうまくなりたい方

 

 

 

アルペンスキーと基礎スキー、

この二つは交わるようで交わらない

微妙な距離感を毎年変えながら

ポジショニングしているように思います。

 

 

 

アルペンスキー界でいえば

 

 

『基礎スキーをやったほうがいい。技術が上がればタイムも上がる』

 

という意見もあれば

 

『基礎スキーをやると、独特の動きが染みついてしまい弊害になる』

 

 

という意見もあります。

 

 

 

逆に基礎スキー界からは

 

 

『アルペンの板をたわますや力強いエッジングを学んだほうがいい』

 

という意見もあれば

 

『弧を描く感覚が違うので、アルペン滑りをしてしまうと点数が出づらい』

 

という意見もあります。

 

 

基礎スキーのトップ選手が、

アルペンスキー出身選手が多いという事もあり

基礎スキー界のほうがアルペンスキー界にやや寄って行っているというのが

現状でしょうか?

 

 

 

肯定、否定意見ともに

どちらも正解の部分もありどちらも間違っている部分もあります。

 

 

 

私もアルペン出身ですが、基礎スキーを学ぶために

SAJクラウンプライズまで取得しました。

 

 

その際随分と基礎スキーの求めている難解な技術の理解に

苦労させられました。

 

 

その当時はなぜ今の滑りが評価され、

なぜ今の滑りが評価されないのかの

絶対的な理由が分からなかったからです。

 

 

そもそもよく考えたら

評価の規定を提示してない

ジャッジ種目なので

『絶対的』な理由はないと思います。

 

 

 

不透明なジャッジ競技の中でも

かなり不透明な基礎スキー。

これがアルペンスキーヤーから

否定的な意見が出たり、

オリンピック種目になるような

世界的に認められる競技に発展しない理由の一つかもしれません。

 

 

 

しかしどちらの競技も真剣に取り組んだ結果

本質的な部分は一緒という事に気づけました。

まぁ同じスキーなので当たり前の話なのですが。

 

 

ある一つの部分が違うだけで

これほどまでにスキーヤーを悩ませるというのは

ある意味恐ろしいと思います。

 

 

 

この部分を理解するだけで

両者を見る目はガラッと変わるのではないかと思います。

 

 

 

SKIER`LABではアルペンスキー、基礎スキー、

どの立ち位置にいる選手でも

確実に迷うことなく成長されていく方が殆どです。

 

 

 

もしあなたが技術的に悩まれているのであれば

早くその場所から抜け出すきっかけをつかまなければ

また今シーズンも同じことの繰り返しになりかねません。

 

 

 

スキー技術

来シーズン上達するかは既に決まっている? 2

読了までの目安時間:約 4分

 


皆さん夏も終わりに近づき

いよいよシーズンも近くなり、

スキー熱も上がってきているのではないでしょうか?

 

 

来シーズンこそは上手くなるぞ!

と意気込んでいる方も多いと思います。

 

 

しかし実際はオフトレの段階で

来シーズンうまくなるかどうか

ほぼ決まってしまっている場合がほとんどです。

 

 

 

先シーズンを思い返してみて、

雪上で何度も同じことを注意された記憶はありませんか?

 

 

多分あなた自身はコーチに言われたことを

意識して改善してきていたと思います。

 

しかし実際は全く変わっておらず、

コーチからはまた同じことを繰り返し注意されるという

スパイラルに落ちっているのなら危険です。

 

 

 

そもそもなぜ言われたことができてなかったのでしょうか?

 

 

ターン前半からきちんととらえて、

外脚にしっかりと乗り込んで、

板のたわみを使って、

重心をフォールライン側に落とし込んで

 

 

など具体的な動作の答えが不明確で

尚且つ技術的にレベルが高い部分を求められている場合は

無理なのも分かります。

 

でも

 

 

手をもっと前にだして!

おしりを高い位置にして!

外脚側の肩を下げて!

 

 

など意味が分かれば小学生でもできるような

単純動作もできない場合がありませんか?

 

 

『それは下手だからでしょ!』

 

という理由にしてしまってはうまくなりません。

 

 

 

多くの場合、その動作を取得するための材料を持っていないことがほとんどです。

 

 

 

例えば英語の長文が読解できない場合、

 

『頭が悪いからだ!』

 

で終わらせますか?

 

 

単語が分からないのであれば

単語を覚えますし、

文法が分からないのであれば

文法覚えるなど、

たぶん何かしら具体的な対処を

すると思います。

 

 

 

スキーではなぜかそれが行われません。

その理由は足りない材料が何なのか

自分でも分からないし、

教えてもらう機会もないからです。

 

 

 

『あなたが後傾になっている原因は

股関節の柔軟性がないからだ。

股関節の柔軟性を邪魔しているのはこの筋肉だ。

人体の構造上この筋肉が硬いと身体にはこんな動きが出る。

だからまずはこのトレーニングをして柔軟性をあげて、

さらに実際の動作に変換するこのエクササイズを行えばなおりますよ!』

 

 

と具体的な指導されたことがありますか?

 

 

もしあるのであればそのコーチからは離れないほうがいいです。

 

 

今回の例えは股関節の柔軟性をあげましたが、

足りない材料が関節の柔軟性なのか、筋力不足なのか、

神経系の問題なのか、人によって様々です。

 

 

 

あなたは自分自身の足りない材料を知っていますか?

 

 

それを知らずにオフにトレーニングを行うことは、

ゴールがどこだかわからないまま

マラソンをしているようなものです。

 

 

 

しっかりと上手くなる材料をそろえてからシーズンを迎えてください。

 

トレーニング論

SKIER`s LAB 設立へ 1

読了までの目安時間:約 4分

 


この度スキーヤーの為に

 

『完全マンツーマンサポート専門』で活動する

 

 

SKIER`s LAB  (スキーヤーズラボ)

 

 

を立ちあげることになりました。

 

 

 

滑りの技術、上達方法、自分の身体の仕組み、使い方など

スキーヤーにとって自分自身をあらゆる面から

研究して実験できる場(laboratory)

になればと思っております。

 

 

 

この背景には、私がスキー界で活動してきて、

様々な問題、要望があったからです。

 

 

 

・ある一定のレベルで伸び悩んでいるスキーヤーが多い

・自分がなぜうまくならないのか原因がわからないまま練習している

・雪上でおこなうエクササイズが何につながっているのか本質的に理解していない

・指導中の専門用語が難しい

・オフトレーニングに何を行えばいいのかわからない

・プライベートできちんと専属で見てくれるコーチがいない

・陸上から雪上までつながりをもってレッスンしてくれる環境がない

・沢山の情報がいきかい、何が正解かよくわからない

・もう自分はこれ以上上手くならなのではと半分あきらめている

 

 

 

などなど。

あなたも同じように思う部分が多いのではないでしょうか?

 

 

本当にスキーが大好きで

上手くなるために努力を惜しまないにも関わらず、

進むべき方向性が間違っているために、

かけた時間やコストの分だけの結果を得られていない

スキーヤーが多すぎます。

 

 

ジュニア選手においては

コーチや親からのプレッシャーの為

何故スキーをしているのかの

本来の目的を忘れかけている選手もいます。

 

 

誰もがわざと上手くならないようにしているわけではりません。

言われたことをやっていないわけではありません。

 

 

言われていることは分かっているのだけれどもできないのです。

でもなぜできないかは分かっていないのです。

 

 

 

もう無駄で苦しい時間を使うのは終わりにしてほしいと思います。

『才能』や『センス』などの不明確な理由を用いて

できない理由とするのも間違いです。

 

 

必ず物事には本質があり、

解決する方法があります。

 

 

 

もちろん全てのスキーヤーの方へ本質を伝え、

成功に導きたいという思いはあります。

 

 

しかし一人ひとり正解の道筋は違うのです。

一人ひとり身体が違えば、

感覚やとらえ方、成長方法まで違います。

 

 

全員に完璧に合ったトレーニングといいうのは

100%存在しません。

 

 

チームで練習するという事がスタンダードになっているスキー界において

自分に合った自分だけのトレーニングを行うために

オフトレから雪上まで、マンツーマン専門のサポート体制が

あってもいいのではないかと思っています。

 

 

 

スキー界初となる試みを成功させるべく

全力をもって活動していきます。

 

活動

1 74 75 76