スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

トレーニング Q&A


基本的に行うことは筋力トレーニングが中心ですか?

 

 

A いいえ違います。

 

 一般的にスキーのオフトレと聞くと筋トレをイメージされる方が多いと思いますが、あくまでもトレーニングの選択肢の一つに過ぎません。

 

『自分のイメージ通りに動かせる再現性の高い身体』

を目指す上で足りない部分が、筋力なのか、柔軟性なのか?体力なのか?神経系なのか?

人によって違います。

だからこそあなた自身に合ったあなた専用のトレーニングメニューのもと、正しい方法で行える指導が必要なのです。

筋力トレーニングが必要な方はもちろん行ってもらいますが、まずは主となるトレーニングは身体を正しく使う動作トレーニングボディセンストレーニング身体のバランスを整えるコンディショニングトレーニングだと思っていてください。

 

 

 

 

すぐに効果を実感できますか?

 

 

A 個人差はありますが、その場で直ぐに実感していただけるものもあります。

 

 柔軟性や、筋力の向上等につきましては早い方で1ヶ月程度、長くても3ヶ月で効果がでます。もちろんきちんと指導通りの頻度、方法で行う必要があります。

またこの動きができないから滑りでこういったクセが出るといったものや、この身体の使い方で板を踏めばたわますことができるといったような感覚的なものは、その場で直ぐに実感していただける方も多いです。

 

 

どれぐらいの年代の方が通っていますか?

 

 

A ジュニアの選手から還暦の方まで幅広い年代の方がトレーニングに来ていただいております。

 

 下は幼稚園生から上は還暦を越えた方まで様々です。

SKIER`sLABの特徴としては特にジュニアの選手が多いです。

なかなかジュニアの時代から、成長期にあった専門的な正しいトレーニングを指導してもらえる場が少ないからではないでしょうか。

 

 

 

 

スキーの技術レベルが低くても大丈夫でしょうか??

 

 

A もちろん大丈夫です。むしろ早い時期からトレーニングを始めた方が、効果があります。

 

SKIER`sLABでトレーニングを行っている選手は、全日本レベルを目指している選手から、ボーゲンからパラレルを目指すジュニア選手まで様々です。

基礎スキーで言えばジュニア検定が目標の子もいればクラウンを目指している方もいます。

トレーニングは技術レベルの高いトップの選手が行うイメージですが、実際はこれから伸びていく、まだ競技経験の浅い選手こそ行って欲しいと思っています。

その理由は、変な癖がついていない時期に正しい動きを覚えることで、今後の技術上達がとてもスムーズに進んでいくからです。

多くのスキーヤーの方が、新しい技術を覚えることより、染み付いた悪い癖を直すことに苦労されているのではないでしょうか?

 

 

 

どれぐらいの頻度で通えば効果がありますか?

 

 

A 初めのうちは週1回、せめて隔週で行うことをお勧めします

 

 

フィジカルパフォーマンスのレベルにもよりますが、

初めのうちはなるべく間隔を空けずに来ていただくことをお勧めします。

もちろんご自宅でやっていただけるメニューを作成してお渡ししますが、

トレーニングの効果があらわれる最も重要なポイントは

 

『正しい方法で行われているか?』

 

というところです 。

そもそもできない動きを練習していくのですからほとんどの方は

初めのうちは間違った動きをしています。

いくらメニューが良くても間違ったやり方で行っていては

逆にパフォーマンスに悪影響を及ぼしかねません。

なるべくコンスタントに来ていただくことが、パフォーマンスUPの近道です。

 

 

 

持ち物や服装はどうすればよいですか?

 

 

A 用賀のスタジオの場合は動きやすい服装と水分のみです。

  中履は必要ありません

 

動きやすい服装であればなんでも構いません。長ズボンより足の動きが見やすい半ズボンをお勧めします。