スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキーの為の筋トレとはなにか?162

読了までの目安時間:約 4分

 


オフシーズンになると『スキー、筋トレ』

というキーワードで検索するスキーヤーの方が

多いのではないでしょうか?

 

 

スポーツにおいて競技力を上げるためには

筋トレを行うというのは最早常識となっています。

 

 

あなたもスキーが上手くなる為に何かトレーニングしなければ

と思ったらまず思いつくのが筋トレのはずです。

 

 

 

しかしトップアスリート中では

大きく分けて二つの考え方の選手がいます。

 

 

 

『競技練習を通して自然とそれに必要な筋肉がつくから

特別筋トレはやらない』

という選手と

『きちんとウェイトを使って筋トレを行う』

という選手。

 

 

これはスキーの限ったことではなく

どの競技でもある話です。

 

 

有名どころでいえば

野球のイチローとダルビッシュでしょうか?

 

 

イチローは余計な筋肉はつけるべきではない

という考え方に対して、

ダルビッシュはどんどんウェイトトレーニングを行って

発揮する力の根本を上げなければダメだという考え方。

 

 

 

あなたはどちらが正しいと思いますか?

 

 

 

まず考えなければならないのが

『筋トレ』の定義です。

 

 

例えば

 

『筋トレ』=『筋肉を大きくする』

 

『筋トレ』=『筋肉が発揮する力を上げる』

 

『筋トレ』=『ウェイトトレーニングやエクササイズ』

 

『筋トレ』=『筋肉に負荷をかけること』

 

『筋トレ』=『筋肉を自在に操ること』

 

などなど

人によって筋トレとはなにか?

という定義が違います。

 

 

筋トレ=筋肉を大きくする

 

 

という考えであれば、

スキーを滑っていて脚が太くなるのであれば

スキーを滑る=『筋トレ』

という事になります。

 

 

ですからジムに通ってマシーントレーニングや

ウェイトトレーニングは必要ないわけです。

 

 

筋トレ=筋肉が発揮する力

 

というのであれば、

ダッシュをするのもジャンプをするのも

なにか重いものを遠くに投げるのも

筋トレです。

 

 

でも筋トレ=ウェイトトレーニング、エクササイズ

という考え方の人からしたら

上の例に挙げた人たちは

『筋トレをしていない』という事になります。

 

 

 

筋肉を上手に使う事が筋トレであれば

腹式呼吸も筋トレです。

 

 

 

このように筋トレについて定義が異なっていると

筋トレをした方がいい、しないほうがいい、

といった問題も人の受け取り方によって変わってきてしまいます。

 

 

 

あの選手は筋トレをしないほうがいいって言っていたから

ただ滑ればいいんだと思って何もしないでいたら、

実際はウェイトトレーニングを行っていないだけで

他の様々なトレーニングを行っている場合があるという事です。

 

 

私もよく

コーチは筋トレしているの?

と聞かれますが、

あなたがどう定義しているかによって

筋トレをしているとも言えるし

していないとも言えるのです。

 

 

あなたが思う『筋トレ』とは何なのか?

それが本当にスキー上達につながるのか?

 

 

ここら辺がしっかり考えられていれば、

余計な情報に振る回されることはないはずです。

 

 

 

トレーニング論

この記事に関連する記事一覧