スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキー上達には卵が先か鶏が先か?165

読了までの目安時間:約 4分

 


卵と鶏の話をご存知でしょうか?

有名な話なのでご存知の多いと思います。

 

 

鶏と卵どちらがこの世に際に誕生したか?

 

鶏は卵から生まれるから卵が先と考えることもできるが、

その卵を産むのは鶏だから鶏が先とも考えられる。

 

といった内容ですがスキー技術にも

似たような事はいくつもあります。

 

 

例えば内傾角について。

 

 

一般的に内傾角が出るほど深く力強いターンがうまれると

認知されています。

 

ですから速く滑る為に深い内傾角を求めて練習する

スキーヤーの方も少なくありません。

 

現に内傾角を素早く作る為のブーツにつけるサポートパーツの

広告が大きくスキージャーナルに載っていました。

 

そのパーツの定義としては

ゲートを滑るのが速い選手ほど、

内傾角が深く速く作れているというデータから

内傾角をサポートするパーツをつければ

滑走スピードが上がるという事です。

 

 

確かにWCカップで活躍するトップレーサや

技術選で活躍するトップ選手は

皆ハイスピードでターンを行い

内傾角も身体が雪面についてしまうのでは?

と感じるほど深いものです。

 

 

ですから内傾角を深くすることが

ターンスピードをあげることと繋がるという風に

考えるのは正解に思えます。

 

 

しかしこういう考え方もできるのではないでしょうか?

 

 

『ターンスピードが速いからこそ深い内傾角が作られる』

 

 

 

一見同じような事を言っているように

聞こえますが

 

『深く速く内傾角を作る→ターンスピードがあがる』

『ターンスピードが速い→深く速い内傾角が作れる』

というのは全くの別物です。

 

 

卵が先か鶏が先かは正解は分かりませんが、

スキーの場合は順番が違うだけで、

内容が変わってきます。

 

 

『ターンスピードが速い→深く速い内傾角が作れる』

と考えるのであれば

ターンスピードが速くなる為には

内傾角を作る以外の別の理由があるという事になります。

 

 

ではターンスピードが速くなる為には

どうすればいいのか?

 

 

他にも

 

 

内脚が上手く使えないから外脚に乗れないのか?

外脚に上手乗れないから内脚使えないか?

 

外腰が前に出ないから内腰が引けないのか?

内腰が上手く使えないから外腰が外れるのか?

 

 

などなど

 

どちらを先に考えるかで

求める動きトレーニングは変わってくるのです。

 

 

卵と鶏とは違って

スキーの問題は答えがあります。

どちらの順番が正しいのかは

結果としてあらわれるからです。

 

 

スキーが上達するのであればそれは正しい考え方であり、

いくらやってもできないと言うことは

何か考え方や方向性が間違っているという事です。

 

 

 

あなたの課題としているスキー技術は

きちんと正しい順番で考えられているでしょうか?

 

順番が間違ったままではいくら練習をしても

改善はできません。

 

スキー技術 トレーニング論

この記事に関連する記事一覧