スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキー板を素早く切り返す為には、膝の返しの速さが大事なのか? 337

読了までの目安時間:約 10分

 


 

よくいただく質問で

タイトルにある

 

 

『切り替えを速くするには?』

 

 

といった内容のものがあります。

 

 

 

あなたは

切り換えを速くしようと思ったら

どんな事を意識するでしょうか?

 

 

 

 

以前送られてきた質問の一部を

ご本人の許可が取れているので

シェアさせていただきます。

 

 

 

――――――――――――――――――

 

やりたいこととしては、

膝の素早い切り返しです。

 

椅子に座って脚を浮かせてたら

いくらでも切り返せるけど

立ってやると可動域が激減します。

 

膝頭の向きを変えるイメージだと

多少動かせるのですが

この動きはケガしやすい動きだったりするのか

気になっています。

 

―――――――――――――――――――

 

 

 

膝は左右に動かない事は

私の発信を通して

何度も耳にしているので

今回は触れないでおきますね!

 

 

 

今回は切り替えの速度の方に

注目します。

 

 

 

この様に、

素早い切り換えを行うには

【素早く脚を動かす事】が

重要だという考え方が

一般的だと思います。

 

 

 

切りかえを速くする要素を考えてみる

 

 

確かにトップ選手達のSLや小回りは

まるで脚が生き物の様に

素早く動いて切り換りますよね!

 

 

ただこのメールの内容にもあるように

椅子に座って足を宙に浮かせば

差はありますが、

誰でも素早い切り換えが

ある程度は可能です。

 

 

 

多分椅子に座って

どれだけ速く切り換えられるかの

速度を勝負すれば

トップ選手と一般のスキーヤーの方に

それ程明確な差は出ないはずです。

 

 

 

雪上では常人の倍以上の速さで

切り換えをしているトップ選手でも、

椅子に座っても同じように

倍速で切り換えられるか?

とイメージしたら

流石にそこまでの差はないかと思います。

 

 

 

つまりここで分かってくるのが

 

 

 

筋力や瞬発力といった

内力的な能力の差以上に

他の部分の差で切り替えの速度に

差が出ている

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

ではその差は何か?

 

 

 

もうここまでくれば

お気づきかと思いますが

 

 

 

その違いは

 

 

 

 

 

板の動きの速さです!

 

 

 

 

 

トップ選手達の板は

恐ろしいほどのスピードで

左右に動きていますよね?

 

 

 

 

つまり切り換えの速さとは

身体的な速さの要素よりも

板が動く速さの要素の方が

大きいという事です。

 

 

 

 

しかし指導の中で

 

 

 

「切り換えが遅い!

 もっと速く!」

 

 

と言われたら

身体的な動作を速くしようとしたり、

タイミングを早くしたりと

いう方向性に目を奪われて

スキーにおいて一番重要である

 

 

【板】

 

 

に目が向かないケースがほとんどです。

 

 

 

もしあなたが

切り換えが遅くて

悩んでいるのであれば、

自分の動作速度よりも

 

 

 

「板がどうすれば速く動くのか?」

 

 

 

に着目してください。

 

 

そうすれば練習の方向性は

ガラッと変わるはずです。

 

 

 

因みに細かい事ですが

 

「板どうすれば速く動かせるか?」

 

と表現しないで

 

「板どうすれば速く動くか?」

 

という表現をしている事が

非常に重要ですからね!

 

 

前者の主語は自分であり

後者の主語は板ですので!

 

 

 

この2つはまるで違う結果を

生みます。

 

 

 

膝の速い切り返しによる弊害

 

 

これまでの内容で

板を素早く切り返すには

自分自身の動きよりも

板がどうやったら

速く動くのか考える事の方が重要だと

おわかりいただけたかと思います。

 

 

ただ、よくある指導のワードや
選手の感覚でも

「膝を素早く切り返す」

といったものがあります。

 

 

もちろんその感覚で
イメージ通り滑れているのであれば
問題ないのですが
多くの場合、
膝にとって重大なケガとなる
恐ろしい動作になります。

 

 

ですから一度
膝を切り返すとは
“本当は”どういった動作なのか
一度確認してみてください。

 

 

 

まずは椅子に座ります。

その後に足を地面から浮かせます。

 

 

低い椅子ですと
腹筋や腸腰筋(足の付け根)がつらいですが
背もたれに寄りかかるか、
足が宙に浮く高い椅子、
もしくは机などに座って
試してみてください!

そして一般的に言われている
膝を返す動きを
行ってみましょう!

 

 

 

 

さてあなたの関節は
どこかが動いているでしょうか?

 

 

 

きっと膝の角度はほとんど変わらず、
股関節が動いているかと思います。

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

 

 

膝を素早く切り返すとは
股関節の動作

 

 

 

 

という事です。

 

 

 

次に見ていきたいのが
つま先と膝の向きです。

 

 

 

今度は椅子に座って
足を床につけます。

 

 

そのまま先ほどと
同じ動きをしてみましょう。

 

 

ここで
股関節主動型の人と
足首主動型の人に
わかれますが、
そこはまた話が長くなるので
置いておきます。

 

 

どちらにしろ、
足を地面につけて
膝を左右に動かそうとすると
つま先と膝の向きが
違う方向を向くという
よくお伝えしている危険な状態になるのが
分るでしょうか?

 

 

 

膝はあくまでも
股関節と足首、そして板向きなどの
結果論的に位置が決まるものなので
今回の実験の様に
本当に膝だけを動かそうとすると
危険な状態になるケースがほとんどです

 

 

 

分かりづらければ

こちらの動画をご覧ください。

 

 

足首に関してお伝えしていますが

同じような内容です。

 

 

 

しかし駐車場や
リフト待ちなどで
ターンの切り替えの
動きを確認している
スキーヤーの方の殆どは
この動きをしています。

 

 

 

膝の靭帯を

ねじ切る事になるので
本当に気を付けてくださいね!

 

 

もちろん危険な状態に

ならないのであれば
膝を返すイメージを持っていても
問題はありません!

 

スキー技術 身体論(フィジカル関係)

この記事に関連する記事一覧