スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキーが上手くなるには『本能』に勝つトレーニングを!230

読了までの目安時間:約 11分

 


スキーに限らずスポーツは
本能に逆らう要素が非常に大きいです。

 

人間の本能で非常に強いもの、

それは身の安全を守る本能です。

 

 

 

要は死にたくないわけです。

 

 

 

ボールが猛スピードで
こちらに向かって来たら
普通は身体が固まるか、避けます。
そして必ずと言っていいほど
目をつぶります。

 

 

人が体当たりしてきたり、
パンチが飛んできてもそうですね。

 

 

 

 

よくテレビ番組で

プロの球速を体験!

といった企画がありますが、

トレーニングをしていない方は

本能的に身をのけぞらして

避けていますよね。

 

 

しかしそんなことしていたら
スポーツはできません。

 

 

野球選手が剛速球を打てるのも、
キーパーがシュートを止められるのも、
ラグビーやアメフト、相撲などの
コンタクトスポーツで
相手に向かっていけるのも
いわばトレーニングを重ねて
本能に打ち勝っているからといえます。

 

 

 

一流のボクサーは
顔を打たれても瞬きをしないで
目を開き続けて相手を見ているそうです。

 

 

 

本能に打ち勝っているという事は
言い方を変えれば、

 

 

 

『これは危険なことではない』

 

 

 

と脳の認知を変えているともいえます。

 

 

 

スキーもまさに本能に打ち勝つ、

もしくは認知を変えることが
重要なスポーツです。

 

 

ハイスピードで滑走することは
普通に考えて恐ろしいことです。

 

 

それを危険と感じずに
(危険と感じていても身体の反射にでない)
運動をする必要があります。

 

 

そのような事ができるようになるには
ひたすら滑って経験を重ねるしかない
と思うのが普通です。

 

 

 

実際経験を重ねることは必須ですが、
なるべく早く本能に打ち勝るようになる
方法があります。

 

 

 

 

それは

 

 

本能に打ち勝つトレーニングを
普段から行うことです!

 

 

 

とはいっても具体的に

何をすればいいのでしょうか?

 

 

 

スキー上達を阻む本能とは?

 

本能に打ち勝つ為には
そのスポーツの経験値も
非常に重要なのですが、
本能に打ち勝つそのものの
トレーニングをしていくことで
効率的に上達できます。

ただ種目によって
本能に打ち勝つためのトレーニング内容は
変わってます。

剛速球を目をつぶらないで捕る!

 

ボクシングで目をつぶらないで
パンチを避ける!

 

 

といったトレーニングも
本能に打ち勝つトレーニングではありますが
スキー上達には
あまり効率的ではありません。

 

ではどのようなトレーニングが
スキーには向いているか?

それはスキーというスポーツにおいて
どのような本能が働いているかを
まずは考えると見えてきます。

アルペンスキーは
ポールに突っ込んでいくので
球技やボクシング、
コンタクトスポーツの様な

『物体が迫ってくるのを回避したい!』

という本能も関係してきます。

 

 

しかしそれ以上に
スキーに関係している本能があります。

 

それは

『転びたくない』

という本能です。

人間は生まれて歩き出す段階で
既に転びたくないと本能的に
感じています。

赤ちゃんがよちよち歩きをしている時も
転びそうになったらそのまま
ストーンとはいきませんよね?

なにかしらの動作をして
本能的に転ばないようにするわけです。
(勿論最初はころんじゃいますが)

 

私は以前、高齢者の方たちに
個別機能訓練をする仕事をしていましたが、
認知症になり、こちらが何を言っても
認知できない状態になっても、
転ばないようにするという本能は
失われずに残っているケースが大半でした。

 

右手あげて、右足げて、
といったこちらの指示は全く分からず
ピクリとも動かすことがない方でも
転びそうになると、
自然と足を動かし支えます。

私たちも、転びそうになったら

 

 

右足出して、両手を前に!!

 

 

なんて意識しないで反射的に動きますよね。

それぐらい転ばないという本能は
強いものです。

スキーは、なるべく転ばないように
滑るスポーツなので
この本能はプラスに働くのでは?

と思われたかもしれません。

確かに転ばないように
本能的にバランスを取る能力は
スキーに大いに役立っています。

ただその本能が強すぎるあまり
スキー上達を妨げているのも事実です。

 

 

あなたは『本能』に打ち勝っているか?チェック!!

 

 

スキーは転ばないように滑りたいのに
なぜ転ばないようにする本能が
スキー上達邪魔をするのでしょうか?

『転ばないようにする本能』

 

 

とは言い方を変えれば

『その場に居続けたい本能』

とも言えます。

転ばないことの最善策は
その場にじっと居続けることです。

 

しかしスキーではこの
『その場に居続ける』
という本能が、運動の邪魔になります。

お気づきの方もいるかもしれませんが、
スキーは板とともに落下していく
スポーツです。

 

その場に居続けるわけにはいきません。

 

実際はブーツを履いて
板に足を固定しているので
その場に居続けることはできずに
無理やり引っ張られていきます。

 

スキーが後傾ポジションになりやすい理由は
ここにあります。

陸上で言えば前方にずっと
倒れ続けることで
雪上だと板とともに落下できる
いいポジションになるわけです。

しかも難しいことに
前後のポジションだけではありません。

次のターンに移行するために
フォールライン方向に
重心を移動させるのも
深い内傾角を作るのも
陸上でいえば転びに行くようなものです。

ですからターン後半に
山側に身体が残ってしまい
谷側に身体を落としてこれないのです。

山側に体を残して置けば
とりあえず転びませんからね。

また動きがない、硬い、滑らかでない
という要素で悩まれている方の多くも
転ばないようにという本能から
無意識で力が入ります。

速い球が飛んできて
ギョッとして身体が固まる反応が
ずっと続いているわけです。

自分がどの程度その本能が働いているか?
という簡単なチェック方法があります。

目の前に人に立ってもらい、
直立に気をつけ状態で立ちます。

そのまま気を付けの姿勢を維持して
前方に倒れてみて下さい。

 

相手の人はしっかり
キャッチしてあげて下さいね!

 

転ばない本能が強い方は
上半身だけ前に突っ込み
下半身はその場に居続けたいという
身体がくの字に曲がったような
形になります。

腰が引けて前につんのめる感じですね。

転びたくない本能が働き
このような動きが出てしまう人が
大半ではないでしょうか?

実際に雪上でも
同じような反射がおきている
という事です。

動画をとるか鏡で見ながらやると
非常に分かりやすいですよ。

因みに一人でも壁を目の前に
やっても出来ます。

勿論壁に突っ込みそうになったら
自分で手で支えて下さいね(笑)

このように

 

・後傾ポジションになる
・フォールライン方向に身体が落とせない
・ターン後半に山側に残る

 

 

 

といった悩みの背景には
人間の本能が潜んでいるという事です。

ですからなるべくトレーニングをして
本能に打ち勝てる状態で
雪上立つことが
スキー上達の近道となります。

 

 

 

 

スキー技術 トレーニング論 身体論(フィジカル関係)

本当にいい姿勢とは?スキー上達につながる 229

読了までの目安時間:約 15分

 


あなたにとって『良い姿勢』とは
何でしょうか?

 

 

姿勢はスキーが上達するうえでも
非常に重要なポイントです。

 

 

この姿勢の捉え方ひとつで
身体のパフォーマンスは
大きく変わってきます。

 

 

 

一般的に姿勢が良いとは、
背筋が伸びて身体が真っ直ぐになった状態

いわゆる『気をつけ』の

イメージではないでしょうか?

 

 

一方スポーツに関してのいい姿勢とは
そのフォームのきれいさを指しますが、
根本的には背筋が伸びているような
イメージは同じ方が大半です。

 

 

 

背筋が伸びるというよりは
『軸』や『体幹』がしっかりしている
なんて言い方の方が
しっくりくるかもしれません。

 

 

 

 

スキーでも当然滑っている時に
姿勢を意識している方が多くいます。

 

 

 

あなたも

 

 

・背中が丸まらないように
・軸を意識して
・手の位置はここ
・・・

 

 

といった感じで色々な角度から
姿勢を意識していませんか?

 

 

しかしその様に姿勢を意識すると
大抵の場合動きが固まってしまいます!

 

 

なぜでしょうか?

 

 

 

逆にきれいな姿勢で滑っている
スキーヤーの方は本当に
良い姿勢をとろうと
意識しているでしょうか?

 

 

 

 

良い姿勢が取れない方や
意識すると固まってしまう方は
そもそもの姿勢の考え方に
間違いがあるように思えます。

 

 

 

そもそも良い姿勢をとる理由は?

このような質問をすると
当然良い姿勢をとることで
スキーのパフォーマンスを上げたい!

 

 

という答えが返ってきます。

 

 

 

 

当然腰が丸まっていたり
手の位置が低かったり
膝が内側に入っていては
板にしっかり力が伝わらなかったり、
ポジションが悪くなってしまいます。

 

 

 

 

しかし本当に良い姿勢をとれば
その目的が達成されるか?

 

 

と考えると
そうでもないのがスポーツの難しいところ。

 

 

 

そのようなジレンマに悩まされている方は

 

 

 

良い姿勢をとる
   ↓
スキーのパフォーマンスが上がる

 

 

 

という流れで考えています。

実はここに大きな落とし穴があるんです。

 

 

 

スキーのパフォーマンスが下がる姿勢の意識とは?

その場で動かずにポージングをして
その綺麗さを目指すのであれば
先ほどお伝えしたような意識でも
良いかもしれません。

 

 

 

しかしスポーツとは刻々と
動き続けながら、
目的とする動作を行います。

 

 

 

つまり

 

 

 

良い姿勢とはこう!
といったような

 

 

 

 

『静止画』的な捉え方では
パフォーマンスは上がりません!!

 

 

 

 

 

では本当の意味での良い姿勢とは
どのように意識すれば作れるのか?

 

 

まず根本的な考え方を変えてみて下さい。

 

 

 

良い姿勢をとるから
パフォーマンスが良くなる

 

という流れではなく、

 

 

 

目的のパフォーマンスを達成するために
より効率的な動きを目指した結果
良い姿勢になる!!

 

 

という流れです。

 

何が違う分かりましたか?

 

 

一見同じことの様で
中身はかなり違います。

 

 

 

前者は
パフォーマンス向上という目的の為に
姿を意識するという部分に
ゴールを定めます。

 

 

つまり目指すべきところが姿なのです。

 

 

 

一方後者は

パフォーマンス向上という目的の為に
どのように身体を使ったらいいのか、
どうすれば効率的に
その目的を達成できるのか?

という結果の部分に意識を持って行きます。

 

 

 

その結果として
良い姿勢が出来上がっている
という結果が生まれるといった感じです。

 

 

 

意識:良い姿勢 ⇒ 結果:良い動き

ではなく

意識:良い動き ⇒ 結果:良い姿勢

ですね!

 

 

 

 

このような意識を持つと
トップ選手たちの言葉に
隠されている秘密も
分かってきます。

 

 

 

 

トップ選手たちがつかう言葉の秘密

トップ選手たちも滑りの解説や
指導をする時に、

 

・手の位置
・肩のライン
・腰の向き
・脚の状態

 

 

といったような静止画的な
『姿勢』に着目することが
良くあります。

 

 

しかし最後に一言
このような言葉を付け加えているシーンを
見たことはないでしょうか?

 

 

 

 

『結果としてその形になる』

 

 

 

という言葉です。

 

 

分かりやすい例が
基礎スキーのターン前半によく見られる
飛行機のように
両手を大きく広げて傾いてくる
あのシルエットです。

 

 

 

トップ選手たちがみなあのように
大きく腕を大きく広げて
ターン前半入ってくるので
基礎スキーヤーの多くは
同じようなシルエットを真似ます。

 

 

 

しかし多くの基礎スキーヤーは
トップ選手とは違い、
内倒したり、
外脚に乗れなかったりするわけです。

 

 

 

一方トップスキーヤーたちは
ターン前半に深く傾く際に
バランスをとるために両手が自然と広がる
というニュアンスをいう方が多いです。

 

 

つまり

 

 

 

〇一般スキーヤー

意識:トップ選手のように両腕を広げる

結果:ターン前半の深い傾きをする

 

 

〇トップ選手
意識:深い内傾角に合わせてバランスをとる

結果:バランスを取るために両腕が広がる

 

 

 

という流れの違いが生まれます。

 

 

この違いが滑りのパフォーマンスに

様々なところで影響を及ぼします。

 

 

 

くの字をするから外脚に乗れるわけではなく
外脚により強く乗ろうとした結果
くの字姿勢が生まれるわけです。

 

 

 

この根本的な考え方を変えていくだけでも
スキーの上達は大きく変わります。

このように聞くと
一見簡単な事のように思えますが、
なかなかそうはいかないのが現実です。

 

 

 

 

その理由は単純で
スキーを習う時に指摘されることの多くが
形(フォーム)だからです。

 

 

 

頭がこうなっている
腕がこうなっている
肩がこうなっている
腰がこうなっている
足がこうなっている
・・・

 

 

 

このような指摘が続けば

当然先ほど述べたような

 

 

意識:姿勢 → 結果:パフォーマンス向上

 

 

という考え方になってもしかたないですね。

あなたがもし姿勢(形、フォーム)を
意識していても、
なかなかスキーが上達しない
というのであれば、

フォームや形だけでなく

 

 

目的とする動きを達成するためには
どう動けばいいのか?

 

 

という動きの部分にも
意識を持って行ってみて下さい。

 

 

 

そもそもなぜ『姿』『勢』なのか?

 

最後は少し言葉遊びの要素が強いので
あくまでも正解はありません。

あまり深く考えすぎにお読み下さい。

 

 

 

日本の漢字や慣用句は
動作の本質を表しているものが多く
上手に身体が使えてくると、

 

『なるほど!だから漢字でこう書くのね!』

『だからこんな風に例えるのね!』

 

 

というものばかりです。

 

 

 

一般的な良い姿勢のイメージは
その場で気をつけをした直立姿勢、
もしくは上半身の背筋が伸びている
といった感じですが、
これらの共通点としては
その場で静止しているイメージですね。

 

 

 

しかし、姿勢という言葉の中には
『姿』という言葉に加えて
『勢』という言葉が入っています。

 

 

『勢』という感じを見て
静止しているイメージが浮かぶ人は
まずいないはずです。

 

 

つまり姿勢の中には
動的な要素も含まれているという事です!

 

 

 

一方『姿』は静的な意味が入っていると
捉える方もいるはずです。

 

 

そうなると
姿勢とは

『静』と『動』

どちらの要素も含んでいるものだと
考えることができます。

 

 

他にも姿勢とは

 

勢いのある姿のことだ!

勢いが出せる姿のことだ!

 

という捉える方もいるでしょう。

 

 

 

勿論その考えも間違いではありませんが

私の考え方は少し違います。

 

 

 

勢いのある姿、
勢いが出せる姿(出しやすい姿)

 

 

という様にとらえると
あくまでも最終的な意識は
姿なので『静的』な意識が強いです。

 

 

 

そのようにとらえるなら
言葉の並びとしては

 

 

『姿勢』ではなく『勢姿』

という表現の方がしっくりきます。

 

 

でもなぜ

『勢姿』(勢いのある姿)

ではなくあえて順番が逆の『姿勢』なのか?

 

 

それはその姿が勢いよく動いている
という『動的』なイメージの方が
強いからではないかと感じます。

 

 

 

つまり動的なイメージが
最終的な姿勢の意識です。

 

 

 

因みに私は言葉の専門家ではないので
この内容はあくまでも個人的な感覚です。

 

 

 

こんなこと言ったら元も子もないのですが、

 

 

『あなたのスキー上達』

 

 

につながればどっちでもいい問題です(笑)

 

 

 

ただ『姿勢』ではなく
『勢姿』といったながれで
静的な姿の方に着目した結果、

『勢姿』が姿を変えて
『静止』になってしまっている

スキーヤーが非常に多いように感じます。

 

 

 

 

まさに

 

 

動きがない、とまる、かたい

 

 

 

という状態ですね。

 

 

 

 

ものはいい様ですが、
意外とこういったイメージが
重要だったりします。

あなたも自分のスキー上達につながる
正しい姿勢の感覚を探してみて下さい。

 

スキー技術 トレーニング論 身体論(フィジカル関係)