スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキーが上手くなるための目標の決め方とは?91

読了までの目安時間:約 5分

 


前回目標を決める際

まずは目的と目標に違いを

しっかり理解することが重要ですと書きました。

 

 

 

自分で達成したい事が『目的』であり

その事を達成する為に目安として定めるのが『目標』です。

 

 

 

本来『目的』として定めなければならないことを

『目標』として設定している方が多いです。

 

 

 

それではなかなか本来の目的を達成することは難しいです。

 

 

 

目的を達成するためには

正しい目標設定が必要なのですが

正しい目標設定とはどのようなものだと思いますか?

 

 

 

前回の例では

SAJバッジテストのクラウンをとりたい場合

その目的を達成する為には苦手な小回りを克服する必要がある。

だから目標は『小回りを上手になる』にしよう!

 

 

 

ではダメだと書きました。

 

 

 

なぜ『小回りが上手くなる』ではダメなのでしょう。

 

 

 

一見目的と目標の意味合いからしたら正しいように思えます。

 

 

でも目標を定める時には守らなければならないルールがあります!

 

それは

 

 

 

 

 

 

 

 

第三者から見ても判断できる具体的な基準がある

 

 

 

 

 

 

いうことです。

 

 

 

 

たとえばただダイエットしてウエストが細くなりたい!

 

 

といっても見る人によって

細くなったかどうかは変わりますよね?

 

 

毎日腹筋を頑張る!

 

 

といっても頑張っているかどうかは

本人の感覚であって他の人から見たら分かりません。

 

 

 

 

ウエストが細くなりたいのであれば

⇒5センチ細くなる

 

 

腹筋を鍛えたいのであれば

⇒毎日50回腹筋をする

 

 

 

と言ったように数字を入れることによって

誰が見ても判断できる目標になります。

 

 

 

 

 

数字を使わなくても

このパンツが履けるようになる!

でも客観的に見て分かるので大丈夫です。

 

 

 

この事を先ほどの小回りに当てはめてみましょう。

 

小回りが上手くなるために

股関節の柔軟性が足りてないとすれば

『毎日股関節の可動域を広げるために〇〇エクササイズを10回やる』

板をトップから動かせないのであれば

『横すべりを毎回2本行う』

 

 

 

 

などなどこの目標なら

誰が見ても明白で

自分でもしっかりできたかで来ていないか判断できます!

 

 

 

これは普段の練習の課題を決める時にも同じです。

 

 

 

 

昨日インストラクターから

腰が外れていると言われたから外れないように意識しよう!

お尻が落ちていると言われたから落ちないように意識しよう!

 

 

 

 

ではダメだという事です。

 

 

 

 

 

その課題をクリアする為に『具体的』に何を行おう!

と考えなければならないのです。

 

 

 

この具体的に何を行えばよいのか

自分で掘り下げる作業は非常で重要でありながら

難しいものでもあります。

 

 

 

特にスキーヤの方々は雪上面だけで解決しようとしがちですが

実際はフィジカル要素の部分が大きいです。

 

 

 

あなたにとっていま最も必要な事は何なのか?

 

 

これがしっかり分かって目標に設定することができれば

確実に上手くなっていきます!

 

トレーニング論

この記事に関連する記事一覧