スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

フィジカルトレーニングをしてもスキーは上手くならない? 5

読了までの目安時間:約 4分

 


私は必ず選手やクライアントの方に

自宅でもできる簡単なエクササイズを

メニュー提供しています。

 

 

そのエクササイズ中にはよくトレーニング本に乗っているような

デッドリフトやスクワットのようなものもあります。

 

 

では本読んで乗っているエクササイズをこなすだけで

スキーはうまくなるでしょうか?

 

 

 

答えはほとんどの場合がNOです。

 

 

 

考えてみてください。毎日腹筋を100回行って雪上で滑ってみたら

スキーが上手くなっていた方はどのくらいいるでしょうか?

 

 

じゃあトレーニングなんてやる意味ない!!

 

 

という考え方にはならないでくださいね。

 

 

この問題の原因はエクササイズ自体が悪いのではなく、

その効果を実際の動きに変換するトレーニングを行っていないからです。

 

 

スキーに限らず多くのスポーツは流れの中で正しく身体を使わなければなりません。

 

 

その場でピタッと止まって、

各関節を丁寧に一個ずつ動かすなんてことはまずないからです。

 

 

 

今日行ったのは

股関節主導で正しく外脚に乗る動作を

動きの中で行うトレーニング。

 

DSC_0897

DSC_0898

 

一秒でも同じ角度で股関節が止まってほしくないのですが、

同じ形で止まったまま動いてくる選手が多かったです。

 

 

そういった選手は雪上でも同じ形でカチッと固まったまま

動きがなく滑ってくることが多いです。

 

 

どのタイミングでどの角度まで股関節を動かすのか?

 

 

股関節をうまく使えない代わりに

頭やわき腹などほかの部分が代償となって動いていないか?

 

 

これらをきちんとできている選手は動きがとても滑らかでした。

 

 

 

そしてもう一つ。

今度は股関節を縦方向に使うトレーニング。

 

DSC_0900

 

股関節うまく使えないと、

足に引っ張られて骨盤が後傾してしまいます。

 

 

そもそもその動作を上手にこなせるだけの重心移動が

上手くできていない選手が殆どでした。

 

 

でも少しだけ成長がみられたのが、

 

 

 

『このトレーニングは雪上でどんなことに効果があるのですか?』

 

 

 

とう声が上がったこと。

このトレーニングは何の為に行っているんだろう?と

まず考える癖をつけることがトレーニングには非常に重要です。

 

そうすることで、雪上でそういえば陸上でやったあの動きが

滑りのこの時に必要だといってたなと、

陸上動作と雪上動作がリンクするからです。

 

 

シーズンが近づいてきているので

より実践につながるように変換トレーニングを

今後もたくさんやっていきたいと思います。

 

 

 

ただ注意しなければならないのが

変換トレーニングを行えるという事は

変換するために必要な基本動作を身につけていることが

絶対条件です。

 

 

基本のエクササイズをきちんとこなしてない選手は

変換できるものがないので意味がありません。

勿論雪上でも同じことです。

 

 

きちんと成長できる準備をしてくださいね!

 

 

トレーニング論

この記事に関連する記事一覧