スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキーヤーの為のフィジカルセミナー!  36

読了までの目安時間:約 5分

 


今日は夕方から、カンダハー本店にて

 スキーヤーの為のフィジカルセミナー

の講師を担当してきました。

 

 

 

テーマは

 

 

『R35を使いこなすために絶対に必要な身体の使い方とは?』

 

 

R35と銘打ってはいたものの、

小学生や女子選手まで幅広い年齢層の方が参加されていました。

私がサポートしている選手もちらほら。

 

 

 

90分程の短い時間だったため

本当に基礎の基礎しか

お伝えすることができなかったのですが、

それでも初めて聞く内容のことが多かったようで

皆さん驚かれていました。

 1444574238363 1444574206314

IMG_20151011_182736

 

これができていなければはじまらないという内容なので

今日お伝えしたことは最低限こなせるようにして

雪シーズンを迎えてください。

 

 

 

因みに今日の参加された方の感想です

 

 

○スキーの身体の使い方が分かりました。一般的に感覚的な説明が多いなか、理論的な話が聞けて良かったです

 

 

○35の板に乗りこなす為に必要な知識を学べて良かったです。

 

 

○関節の使い方、フィジカルトレーナーの必要性、重要性が分かりました!

 

 

○体力トレーニングとスキーにつながる要素を考えるようになりました。

 

 

○股関節の使い方など今まで気にしていなかったような事が知れて良かった。

 

 

○外脚への力の伝え方とか骨盤を柔らかくするメリットなどが分かってよかった。これからも僕のコーチでいてほしいと思った。

 

 

○身体の可動域に関する考え方が変わった!

 

 

○フィジカルの大切さが分かった。自分で考えながらトレーニングできる人になりたい!

 

 

○スキーを始めたてなので、何を気をつけていいのかすら分からなかったので圧倒的に不足しているもの(柔軟性)が発見できたので来てよかった。

 

 

○日常トレーニングの目的について再確認できた。柔軟性が重要と認識を新たにできた。

 

 

○今までお教わってきたことが多かったです!R35でも本質は同じなんだと思いました。今回言われたことも続けてR30にのるようになってもちゃんとたわませられるようにしていきたいと思います。

 

 

 

みなさん熱心にメモ取るなどとてもやる気がうかがえました。

 

 

先ほども言いましたが、

今日お伝えした内容はスキーのオフトレにやってほしい

本当に基礎の基礎です。

 

 

実際は一人一人、身体のフィジカル要素、目指すレベル、今の課題、

その原因などが違うため、

もっともっとやらなければいけないことが多くあります。

 

 

 

自分が何をやらなければならないのか?

 

 

 

その為には自分に足りない部分を知り、原因を探し、

それを改善するために最も効率的なトレーニングを行う!

 

 

といった部分を間違えると

雪上パフォーマンスにつながらない残念なオフトレになります。

 

 

 

ちなみに私のサポートしている選手が帰り際に

 

 

『最初の頃教えてもらった基本的なものばかりだった。

 でもそこすら一般的にはあまり知られていなくてびっくりした!』

 

 

といっていました。

 

 

 

本当にその通りだと思います。

 

何度も言いますが

 

 

 

陸上でできない事は雪上ではできません!!

 

 

 

上手くなる条件を満たした身体でなければ

いくら滑ってもなかなか上達できないのです。

 

 

今日最初に話したピラミッド理論がそれを物語っていますよね。

 

 

その為には正しい方向へ動き出せるかどうかです!!

 

 

今日のことが新しい一歩を踏み出す

一つのきっかけとなることを願っています。

 

 

 

因みに今日頂いたアンケートの質問欄の回答を

随時ブログに乗せていきたいと思います。

 

 

順不同になりますが、

必ず回答させていただきますので、

お待ちください。

 

 

また最近多くの方がこのブログを読まれていると

お聞きしているので、何か疑問、聞きたい事、感想がありましたら

気がねなくコメント、メールをしてください。

 

 

家に帰ったら早速セミナー参加者の方からお問い合わせがありました!

 

セミナー 活動

この記事に関連する記事一覧