スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

トレーニングで一番重要なことはなにか? 4

読了までの目安時間:約 4分

 


トレーニングで一番大事なことはなんですか?

 

 

タイトルにもあるように、

初めてお会いする方や、

セミナーでお話しさせてもらう際に

 

このような質問受けることが多いです。

 

 

トレーニングメニューや指導法は

人それぞれ身体や感覚が違うので

これが大事という定義はありません。

 

 

人によって一番大事なことは違いますし、

その方の成長過程によってもどんどん変わっていきます。

 

 

ただ全ての人に対して共通して大事なものはあります。

 

 

 

それは

 

 

 

 

『トレーニングに対する考え方』

 

 

です。

 

 

そうマインドの部分です。

根本的なこの部分が間違っていると

いくら努力しても間違った方向に進んでしまいます。

 

 

 

例えばサポートしているチームの選手と

このような会話になることがよくあるのですが、

 

 

 

選手『すいません。胸の筋肉を鍛えるのにはベンチプレスやっているんですけど

いいですか?』

 

私 『一般的にはそうだね!』

 

選手『負荷はどれぐらいでやったほうがいいですか?重いものを少ない回数やるのか

   軽いものを回数多くやるのか?』

 

私 『筋肉の量を増やしたいのか、最大金出力を上げたいのか、持久力をあげたいのか

        によって変わってくるね』

 

選手『なるほど!分かりました!』

 

私 『因みになんでベンチプレスやっているの?』

 

選手『いやそれは勿論、胸の筋肉つけるためです!』

 

私 『うんそれは分かっているよ!何のために胸の筋肉つけているの?

   胸の筋肉つけると、雪上のパフォーマンスにどう影響するの?』

 

選手『・・・・』

 

私 『例えば勉強で英語単語を覚えると思うけど、なんで覚えるの?』

 

選手『単語が分からないと文章が読めないからです』

 

私 『そうだね。英文を読むために英単語を覚えているんだよね。

   じゃあ雪上のパフォーマンスをどうしたいから、胸の筋肉を鍛えているの?』

 

選手『たしかに・・・。分からないです。』

 

 

 

べつにベンチプレス自体を否定しているわけではありません。

 

肝心の

 

 

 

何のためにやっているのか?

 

 

 

 

が抜けていることが問題なんです。

 

 

そこがしっかりしていて、

その方向性が間違っていないのであれば

どんなトレーニングをやっても問題ありません。

 

 

 

 

何をやるのかではなく、なぜそれをやるのか?

 

 

 

 

この部分をまずは重要視する考え方が

トレーニングには必要です。

 

 

あなたが今やっているトレーニングは

果たしてこの部分を本質的に考えて行えているでしょうか?

 

 

雪上でどのような事を注意されているのか?

 

 

それができない原因はなんなのか?

 

 

どのような事を行ったら改善されるのか?

 

 

こういった基本的な考え方を身に着けると

自ずと自分にとって今何が一番大事なトレーニングなのかが

見えてきますよ!

 

トレーニング論

この記事に関連する記事一覧