スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

なんでたった一言で動きが変わるんですか? 31

読了までの目安時間:約 5分

 


先日レッスンをしていてタイトルにもある

 

『なんでコーチの一言で動きがそんなに変わるんですか?』

『どうしてすぐに動きが変わる言葉が出るんですか?』

 

といった声を何度もいただきました。

 

 

素直にうれしいです。

ありがとうございます。

 

 

 

それが仕事なので!

 

 

といっておりますが、

きちんとした理由があります。

 

 

 

その理由の一つに

 

 

『ボディセンストレーニング』

 

 

を取り入れているから。

 

 

ボディセンストレーニングについては

詳しくはホームページの

 

滑りが変わる5つの理由をご覧なっていただければわかると思います。

 

様は感覚的な要素を重要視しているからです。

 

 

 

どいうことかというと、

たとえばもっと遠くにジャンプをする際に、

 

 

『もっと股関節を屈曲させて、それと同時に腕を後方に振り、足首、膝、股関節の3点を

 上手く連動させながら、床を押す。その際にちょうどいいタイミングで

後方に振っていた腕を前方に振ることによって推進力に変え・・・』

 

 

 

はいもううんざりですよね。

逆にここまで徹底して分析して説明した方が分かりやすいでしょうか?(笑)

 

 

多くの場合、ここまで突き詰めることのなく単純に

 

 

・もっと股関節を使って!

・右腕下がっているから前にだして!

・脛の角度を意識して!

 

 

といった各部分を単純に指摘される

 

 

『外見を意識して変えるパターン』

 

 

がスキーのトレーニングや陸上トレーニングでは非常に多いです。

 

 

 

果たしてそれで動きが変わるでしょうか?

 

 

 

動きが変わったとしてもパフォーマンスにつながるでしょうか?

 

 

じつは

 

 

同じ動作をしているように見えても

実際人によって身体の内側で活動している筋肉が

異なる場合が非常に多いです!

 

 

この場合外見的要素を指摘しても活動している筋肉はあまり変わらないので

 

 

内面的な感覚の部分を変える必要があります!

 

 

 

さらに言えば身体はすべて連動して動いているため

どこか一つを意識すると連動が上手くいかずに

動作がちぐはぐになりかねません。

 

 

 

先ほどのジャンプの例に戻りますが、

 

 

『もっと腕をプラーンプラーンとおおきく振って

そのタイミングに合わせて、せーのッポン!!て跳んでください!』

 

 

といった方がよっぽど分かりやすくありませんか?

 

 

 

勿論、解剖学や物理学の様な科学的な観点からもしっかり見ています。

 

 

そこがないと某有名野球チームの監督の指導

 

『グッといってバッといってパーンだ』

 

といった天才同士でしか理解できない指導になりかねないので(笑)

 

 

 

でもある面からみれば非常に高度な指導といえます。

 

 

 

そしてこの感覚というのは厄介なことに

人によって違います。

 

 

ですから人によって言い方や伝え方はかなり変えています。

 

 

この人に対してどの言葉がいちばん入りやすいのかというチョイスは

もう指導者としての目とそれこそ感覚的なものです。

 

 

ですから私は皆さんに指導するたび、逆に学ばせてもらっていると思っています。

 

 

 

このように

 

 

自分に合った感覚や言葉がけを受けることで

パフォーマンスは格段に良くなっていきます!

 

 

これもパーソナルトレーニングの大きな利点ですね!

 

 

お客様の声

スキーのオフトレで使うトレーニング用具は何がいいですか? その② 30

読了までの目安時間:約 4分

 


前回に引き続き

 

スキーのオフトレで使うトレーニング道具はなにがいいですか?

 

 

という質問に簡単に答えていきたいと思います。

 

 

まずはこちら

 

『ストレッチポール』

 

lpn

 

このストレッチポールも一気に有名になり

フィットネスジムにも多く

取り入れられています。

 

 

このストレッチポールはトレーニングに使用するというよりも

どちらかといえばコンディショニングに活用する場面が非常に多いです。

 

 

多くの方はとりあえず寝っ転がって

あぁ気持ちいいなぁといったところで終わってしまいますが

目的に合わせて非常に多様な使い方があります。

 

 

 

肩甲骨周りをほぐしたいのか?

胸周りをほぐしたいのか?

腰回りをほぐしたいのか?

股関節周りをほぐしたいのか

 

 

目的によって様々なポール上のエクササイズがあります。

 

 

まずは

 

ベーシック7

 

という基本的なエクササイズがありますので

調べてみて下さい。

 

 

 

そしてもう一つストレッチポールの使い方で重要なのが

身体の歪みをチェックする為の使用法です。

 

 

身体の調子が良い時はすんなりできるのに

身体の調子が悪かったり歪みが出てきているときは

上手く行えないようなエクササイズを行うことで

コンディションをチェックできます。

 

 

コンディションをセルフチェックすることは非常に難しいので

とても貴重な道具だといえます。

 

 

 

そしてSSKIER`sLAB でトレーニングを受けている方の多くが

あれは出ないのかと思っている道具。

 

 

はいご紹介します。

 

 

『バランシングドーム』

1974_thumbnail

 

 

バランスBOSSという似たような商品がありますが、

私が使っているメーカーがバランシングドームなので

この名称で紹介します。

 

 

 

このバランシングドームは、

バランスボールを半分に切った形をしており、

この上に立ながらバランスをとる

といったトレーニングが一般的だと思います。

 

 

 

もちろんSKIER`s LABでもバランスをとることに使う場合もありますが

殆どは違った使い方をしています。

 

 

簡単に言うと

 

・動作習得のトレーニング

・可動域を増やすトレーニング

・コンディションチェック

・たわむ感覚を知るボディセンストレーニング

 

などです。

 

 

 

ちなみに私はこのメーカーの回し者ではありませんが、

紹介料を貰ってもいいぐらい多くの方が購入しています(笑)

 

 

 

トレーニング道具は一応きちんと

こういう風に使ってくださいというマニュアルがあります。

 

 

しかしそれだけではあまりパフォーマンスにつながるトレーニングはできませんし

マニュアル通り使わなければいけないルールもありません。

(もちろん危険な使い方は絶対いけませんが)

 

 

 

前回も書きましたが

 

目的に合わせた創意工夫が非常に大事です!

 

 

それができないのでだんだんと飽きてきてしまい、

そのうち部屋に隅に追いやられ置物状態になってしまうのです。

 

 

あなたのお家にもそんな使わなくなったトレーニング用品が眠っていませんか?

 

お客様の声 トレーニング道具

スキーのオフトレで使うトレーニング用具は何がいいですか? 29

読了までの目安時間:約 5分

 


最近はサポートしている方たちから受けた質問をなるべく

ブログに乗せるようにしています。

 

 

 

サポートしている方たちが気になっていることは、

一般のスキーヤーの方も気になっている事だと

最近勉強しました。

 

 

 

そして意外にも皆さんブログを読んでいるという事。

マニアックな方が多いですねぇ(笑)

 

 

 

話がそれましたね。

 

 

スキーのオフトレで使うトレーニング道具はなにがいいか?

 

 

という事ですが前回の記事にも書いた通り

 

 

目的に合っていれば何でもいいです。

 

 

 

言い方を変えれば目的に合わせた使い方をできるかどうかです!

 

 

 

そう言ってしまうとそこで終わってしますので

いくつか例を紹介します。

 

 

 

有名どころとしては

 

 

『バランスボール』

 

img10621438098

 

これはスキーのオフトレに関係なく

みなさんご家庭にある方が多いのではないでしょうか?

 

 

 

最近ではどこのスポーツジムにも大体置いてあります。

 

 

 

ただこのバランスボールの使い方は様々ですが、

ただ乗っていればスキーのパフォーマンスが上がるかと言われれば

そんなことはありません。

 

先ほども書きましたが目的に合わせた使い方が大事です。

 

 

例えば両足をあげてバランスをとる際

 

 

 

骨盤を後傾にしてバランスをとっているのか?

骨盤を前傾にしてバランスをとっているのか?

 

 

 

これだけでも大きく違います。

 

 

 

骨盤の後傾を直したいにもかかわらず、

後傾でバランスをとっていては意味がありません。

 

 

 

因みにスキー界では後傾は悪の様に言われていますが、

 

 

敢えて後傾で行ってもらっているクライアントさんもいます。

 

 

ちゃんとその人の目的に合えば問題ありません。

 

 

 

それともう一つ。

スキー界では後傾はポジションが後ろにある事を指しますが

骨盤の動きに対しての後傾とは違いますのでご注意ください。

 

骨盤が前傾しているにもかかわらず、

スキーで後傾だと言われている人も結構います。

 

 

 

そこら辺を分からず

 

 

自分はポジションが後傾なのか骨盤が後傾なのか混同している方が非常に多いです!

 

 

 

あとは有名どころでいえば

 

 

『バランスディスク』

 

a284150h_l

 

 

でしょうか?

 

 

 

この円盤型のディスクの上に片足で立ってバランスをとる

 

 

なんていうトレーニングがメインでしょうか?

 

 

 

バランスディスクでの片足立ちについていえば、

 

 

スキーのパフォーマンスが上がる人と下がる人がいます。

 

 

 

足首周りの改善や、片足立ちの軸の作り方をトレーニングする

などの目的としてはいいのではないでしょうか?

 

 

じゃあパフォーマンスが下がる人っていうのは?

 

 

というところですが、バランスディスクの上では

足首を主としてバランスをとっていますが

雪上ではどの関節でバランスをとりたいですか?

 

 

 

分かりやすくスキーブーツをはいてバランスディスクに

乗ってみて下さい!

 

 

 

因みに先ほども言いましたけど

足首周りの改善目的の為に使う場合もあるので

足首でバランスをとることは悪ではないですからね!

 

 

あとは足裏のどのポジションでバランスをとっているのかなど

上げればきりがないのですが・・・

 

 

目的に合ったトレーニング用品使い方をあなたはできていますか?

 

お客様の声 トレーニング道具

スキーのオフトレは何をすればいいですか? 28

読了までの目安時間:約 5分

 


先日メールにてタイトルにもあるように

 

『スキーのオフトレではなにをやればいいですか?』

 

といったご質問を受けました。

 

 

かなりざっくりとした質問ですが

多分この疑問はあなたも思ったことがあるのではないでしょうか?

 

 

 

私のところに長くトレーニングに来ている方は

分かると思いますが、

 

 

私はこの質問に対して、

 

 

 

『どのようになりたい、または何を直したいなど、なにか明確な目標はありますか?』

 

 

とお答えしています。

 

 

 

う~ん・・・と黙ってしまい

大体の方は即答できません。

 

 

 

なかなか思いつかない方には

 

 

『昨シーズン雪上で一番注意されたことはなんですか?』

 

 

とお聞きします。

 

 

そうすると

 

・お尻が落ちて後傾になっているといわれます

・外脚に乗って来いといわれます。

・内脚と外脚の角度が平行でないといわれます。

 

 

といった具体的な内容が返っていきます。

 

 

 

この具体的な課題が出てきたら

 

 

 

『ではその動きが出てしまう、またはできない原因はなんですか?』

 

 

といった質問に変わります。

この時点で分からない方もいると思います。

 

 

 

理由が分かる方には

 

 

『では何をしたらその原因が改善されますか?』

 

 

と考えてもらいます。

 

 

 

 

その答えがまさにスキーのオフトレで何をやったらいいのか?という答えです。

 

 

 

私のトレーニングを受けに来ている方の多くが

 

 

 

『トレーニングに対する考え方が変わった!!』

 

 

といっています。

 

 

 

どんなトレーニングを行うかということももちろん大事なのですが

このような考え方ができることがまずは重要です!

 

 

そして今まで書いた流れの最後の質問

 

 

『では何をしたらその原因が改善されますか?』

 

 

という質問にたいして明確に答えられる人はまずいないと思います。

 

 

その理由は、答えが人によって一人一人違うからです。

 

 

ですから私は

 

『あなたの身体や動き、雪上での滑りを見てみないと何とも言えません』

 

 

とお答えします。

 

 

意地悪でも出し惜しみでもなく事実なんです。

 

 

雪上でのアドバイス一つにしても

選手によって違いますので。

 

よくチーム内だと

 

 

『○○に言っていたことと私に言っていた事が、なんで少し違うの?』

 

 

と聞かれることがあります。

 

 

私は

 

『○○とあなたでは身体の使い方や感覚などが違うから』

 

と答えます。

 これは先ほども書いた通り当たり前の事です。

 

 

 

そしてそのあとに必ず

 

 

『結局は二人ともこうなってほしいというゴールは一緒だよ!』

 

 

と伝えます。

 

 

 

これはたくさんのコーチがいて様々な指導をしますが

言っている先のゴールはあまり変わらないという事と同じです。

 

 

つまり登山でいえば頂上は同じだが、登ルートが違うとうことです。

 

 

これはオフトレでもおなじこと。

 

 

あなたはあなたに適した最短ルートを登れていますか?

 

 

最短ではないにしろ登れているのであればまだいいです。

 

 

一番怖いのはその場でグルグル周回し、下山ルートに向かってしまう事です・・・

 

お客様の声 トレーニング論

インラインはスキーのオフトレに効果的なのか? 23

読了までの目安時間:約 4分

 


タイトルにもある

 

『インラインってスキーに効果ありますか?』

といった質問を毎年よくされます。

 

 

最近も何人かの方に聞かれたので簡単にまとめます。

 

 

答えとしては

 

 

 

 

『やり方次第!!

 

 

 

ということ。

 

 

 

当たり前のことなのですが、

インラインスケートのトレーニングを

雪上の滑りに活かせている選手はどれくらいいるでしょうか?

 

 

 

インラインはやたらうまいのに、

滑りは全然変わらない選手が非常に多いです。

 

 

 

インラインスケート、はやり方を間違えると思わぬ落とし穴にはまり、

逆に雪上パフォーマンスを悪くしてしまう恐れがあります。

 

 

 

インラインスケートの注意点をあげますので しっかりできているか確認してみてください。

 

 

 

まず一つ目に乗っている足首のポジションが

イン側に入っていないかというところ。

 

201307151020

インラインではスケーティングを多用するためどうしても

足首が内側に折れているポジショニングになりやすいです。  

 

 

 

特に偏平足、外反母趾、外反足など足のトラブルを持っている選手が

インラインを行うとさらにその歪みを助長し、

雪上でも面を使えずエッジで滑る選手になってしまいます。

 

 

このような場合、まずインラインをやる前に

足のアライメントを調整するトレーニングを行う必要があります。

ウィールをみて極端に内側が早く削れる選手は要注意です。

 

 

二つ目に股関節主導の動きでトレーニングしているかというところ。

インラインスケートは小回りが利く分、

足首や膝での操作で滑ってしまっている選手が殆どです。

 

 

よく講習会などでお話させていただくのですが、

基本膝は前後に動くものであり左右に捻るものではありません。

 

 

インラインスケートで足首や膝のひねり出て滑ることを覚えてしまうと、

雪上でもそのまま同じ動きをしてしまい、

板をたわますことができないばかりか、

靭帯を損傷する原因の動きにもなります。

 

 

勿論インラインスケートのテクニックの一つでもあるので

その動きが全て悪いというわけではありませんが。

 

 

ちなみにどんなトレーニングにもメリット、デメリットがあります。

 

 

インラインをすると多くの選手がその後いつもより

 

 

 

足裏のアーチが落ちて、足首が内側に入る傾向があります!

 

 

 

ただインラインがいけないのではなく、

このデメリットを元に戻す

 

 

 

補助的なコンディショニングトレーニングを

行わないことがいけないのです!!

 

 

 

 

インラインスケート自体が上手くなりたいのか?

スキーが上手くなるためにインラインスケートを利用するのか?

 

 

 

では似ているようで方向性が違ってきます。

この方向性を間違えている選手が、

インラインスケートはものすごく上手なのに

滑りに全くプラスになっていない選手というわけです。

 

 

 

 インラインは意味がない、やめたほうがいい

という意見もありますが、

こういった部分がしっかりクリアできるのであれば、

スキーのオフトレとしては問題ありません。

 

 

   しっかりと来シーズンの滑りにつながる質のいいオフトレを!!

 

 

お客様の声 トレーニング論

このことを知らずにシーズンに入っていたらと思うと・・・ 6

読了までの目安時間:約 4分

 


今スキー界では

夏の間は海外遠征をして滑る以外にも、

サマーゲレンデでプラスノーを行うなど、

雪のない時期にも雪上に近い練習ができるようになりました。

 

 

 

雪上や雪上に近い感覚で滑れば上手くなるというわけではありませんが、

 

 

オフトレの効果を実際に近い動きで確認する

 

 

という意味では非常にいいと思います。

 

 

そんななかサポートしているクライアントさんから

嬉しいお言葉を貰いました。

 

 

『春からきちんとオフトレを行ってきたけど

実際滑ってみたら、昨シーズン滑っていて

ずっと注意されていた癖が簡単にとれてびっくりした。

 

このことを知らないままシーズンに入っていたらと思うとゾッとする。

また1シーズン同じことの繰り返しだった。』

 

 

また海外遠征で滑ってきた選手からも

 

 

『先シーズンずっとできなかったことができるようになっていた。

 オフトレにこの値段をかけるのは高いと思っていたけどよく考えたら、

この動作を直すために何度も何度も雪上に通っていたことを考えたらかなり安い。

他じゃ教えてもらえなかった。』

 

 

効果がしっかり出ていて何よりです。

 

 

 

まだスキー界においてオフトレはあくまでシーズンに入るまでの

補助的なものであるという認識が強いと思います。

 

 

多分私のホームページを見たほとんどの方が

オフトレにお金をかけるのはもったいないと思ったでしょう。

 

 

だからほとんどの方は技術上達が停滞し

毎シーズン同じことを繰り返し、

うまくならないなぁ、もっと滑って練習しなければと

負のスパイラルに陥っていきます。

 

 

 

ある一部の人たちだけは気づきます。

上手くならない状態で滑り行くほうがよっぽどももったいないなと。

 

 

本当にその通りです。

もったいなさすぎます。

 

 

私のところに来ている多くのかたは口をそろえて

 

『これができなきゃ、そりゃ雪上で滑ってもできるわけないな』

 

と口癖のように言っています。

 

 

 

私がトレーニングで一番大事なことは何かと聞かれたときに

 

 

『トレーニングに対する考え方です。』

 

 

と答える理由の中にこのような意味合いのニュアンスも含んでいます。

 

 

このトレーニングは何に効果があるのだろう?

この動作を修正するためには何をすればいいのだろう?

 

と内容の考え方も大事ですが、

 

そもそもどうしてトレーニングをしなければならないのだろう?

オフの間にトレーニングをしなければどうなってしまうのだろう?

 

 

といったトレーニングに対する根本的な考え方です。

 

 

 

シーズンインまでもうすぐです。

 

あなたはきちんと上手くなる準備ができていますか?

 

また昨シーズンと同じ結果にならないように気を付けてください。

 

お客様の声

1 3 4 5