スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

多くのスキーヤーが出来ない、スキー上達に必須のひねり動作と足首の動作 355

読了までの目安時間:約 11分

 


スキーに必要な股関節と足首の動作とは何か?

 

 

前回の記事でyoutubeで配信した
オフトレチャレンジ動作を
お伝えしてきました。

 

絶対確認!!スキーオフトレをする前にチャレンジしたい5つのテスト! 354

こういった動作が出来るかどうかは
ただチェックするだけでなく
ゲーム性もあり面白いですよね!

 

 

今回はその中で

特に多くのスキーヤーが

正しくできていない

ひねり動作が分かる

チェックテスト②を

解説していきます!

 

 

この動作は、
よくチームや部活動などで
ジュニア選手達に
行ってもらっていました。

 

 

ただ単純に、
スキーには股関節が重要だから
柔らかく使えるトレーニングをしても
正直ジュニアはつまらないですが
これならゲーム性があって
楽しんでとりくめますよね!

 

 

 

因みに簡単に出来てしまう人は
靴下を履いて行うと
滑りやすくなるので
更に難易度が上がります。

顔に本が落ちてこないように
お気を付けください(笑)

 

 

さてここから本題です!
メルマガではこのチャレンジ動作は
スキーにどう繋がっているのか
少し解説していきたいと思います!

 

 

まずは最初にとるスタートの姿勢ですが
この状態を作るだけでも
かなりきつい人が
多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

見た目通り股関節が動かなければ
この体制は取れないのですが
ハムストリングス(モモの裏)が
硬い人は厳しいかと思います。

 

 

実際のスキーにおいては
ここまでの柔軟性は
求められてないかもしれませんが
硬いせいで動きをロックしてしまうという
弊害もあることから
ある程度の可動域は欲しいところです。

 

 

そしてもう1つ
重要なポイントがあります!

 

それは

 

足首です!!

 

 

 

 

 

じつはこの動作は
股関節の柔軟性と
タイトルに書いてあるものの
それと同じぐらい
足首の柔らかさが重要です

 

 

 

なぜなら
どんなに股関節が柔らかくても
足首が硬いと
本を床と並行にできません

 

 

このスタートポジションをとる為に
ハムストリングス(モモ裏)の柔軟性と
足首の可動域が必要だという事を
まずは頭に入れておいてください。

 

 

 

あなたのハムストリングスの

柔軟性を知りたい場合は

こちらのテストを

参考にしてみてくださいね!

 

 

さて次にスタートポジションの

後に行われる

回転運動について
お伝えします!

 

ここにもスキーに重要な動きが
隠れています。

 

 

 

 

これぞスキーに必須のひねり動作

 

実はこのチャレンジ動作には
スキーに共通する
とても重要な動作があります。

 

それはもうお気づきだと思いますが

 

 

【ひねり】

 

です!

 

 

 

ただ、単純にひねりと言っても
2つのひねりが隠れています。

 

 

 

この動作が出来ない場合は
どちらのひねりが出来ていないのか?
はたまたどっちも出来ていないのか?
まずはこの部分を
明確にする必要がありますね!

 

 

まず2つのひねりとは

 

 

 

【股関節のひねり】

 

【体幹部のひねり】

 

 

 

です!

 

 

股関節のひねりは
見たまんまですが
この体幹のひねりが意外と
出来ていないケースが多いです。

 

 

Youtubeの動画は
設定で(画面右下の歯車マーク)
動画速度を変更できるので
スローモーションにして
見ていくと分かりやすいのですが
回転しだした最初は
まず上体から回しているのが
分かるでしょうか?

 

 

 

脚はスタート状態をキープしたまま
上半身だけカメラ正面にひねる事で
股関節が開かれた状態になります。

 

 

 

その後に今度は
股関節を内側にひねる形で
脚を回してうつぶせになっていきます。

 

 

 

簡単に言ってしまえば

 

 

上半身のひねり

股関節のひねり

 

 

 

という順番で、
仰向けからうつ伏せに
なっているという事です!

 

 

この順序が逆になってしまったり、
同時に動くと、
すぐに足裏に乗せている本が
落ちてしまうので気を付けてください。

 

 

これを元に他の動作も見ていくと
股関節のひねりか
上体のひねりか
必ずどちらかから
スタートしているのが見えてきます!

 

 

このチャレンジ動作が
出来ない方は
是非この部分を意識してみて下さいね!

 

 

多くのスキーヤーが出来ない『ひねり動作の分離』

さて次はもう少しだけ深堀して
このチャレンジ動作をもとに
多くのスキーヤーが抱える
上体のひねりと
股関節のひねりの問題点を
解説していきます!

 

 

 

先ほどは簡単に
【上半身のひねり】
【股関節のひねり】
を交互にやる事を
お伝えしましたが、
なかなか意識しても出来ないケースが
多いかもしれません。

 

 

なぜなら最も難しいのが

 

 

 

2つを分離する事

 

だからです。

 

 

 

なぜこの2つの動作は
分離することが
難しいのか?

 

 

こちらの動画の動作を
行うとまず何が起きるかというと
足裏に乗せている本を
落とさないように意識する際
身体全体が固まります。

 

 

すると

上半身をひねろうとすると
股関節(下半身)も一緒に動いてしまい、
股関節をひねろうとすると
上半身も動いてしまいます

 

 

まさにスキーでも同じような事が
起こっていて、
滑走中は無意識で全身が固まるので
上半身と下半身の分離が出来ません!

 

 

さらに、

 

 

 

「外脚にもっと力をくわえて!」

 

「上半身をフォールラインに固定して」

 

 

といった様な
いわゆる力んで固まる方向性の
指導が入るので余計分離が出来ません。

 

 

そしてダメ押しが
オフトレで体幹トレーニングで
さらに固めるトレーニング……

 

 

一般的に身体がガチガチに
固まってしまうスキーヤーと
ゆるゆるで動いてしまうスキーヤー
どちらが多いでしょうか?

 

もちろんあなたが
後者に当てはまるのであれば
固めるトレーニングも
必要になってきます。

 

 

しかし多くのスキーヤーが
しなやかに動けず悩んでいるのであれば
最優先で行うべきことが
違うというのが
見えてくるのではないでしょうか?

 

 

ぜひ今回のチャレンジ動作を通じて
上半身と下半身が
力みやすい状況の中でも
分離できるかチェックしてみて下さいね!

 

 

未分類

絶対確認!!スキーオフトレをする前にチャレンジしたい5つのテスト! 354

読了までの目安時間:約 20分

 


あなたも5つの動作にチャレンジしてみよう!

 

以前youtubeに

【スキーオフトレチャレンジ企画】

として、ある動作ができますか?

 

 

といった内容を投稿しました。

 

 

チャレンジした方たちから、

 

「難しい!」

「壁使っても出来ないです!」

「1㎜も浮きません(泣)」

 

といったメールが

何通も届きましたが、

あなたは既にご覧になったでしょうか?

 

 

まだの場合は

この後解説しますので

ぜひ一度チャレンジしてみて下さいね!

 

 

 

この動作はスキーに限らず

あらゆるスポーツに通じるので

ぜひスキー仲間は勿論のこと

お仲間やご友人、ご家族にも

(子供の方ができるかもしれません)

シェアしてみて下さい!

 

 

ただ、一つお伝えしておきたいのは

今回の動作は人によっては

難易度としてはかなり高く感じるかもしれません。

(あくまでもチャレンジ企画なので)

 

 

無理のないように

安全を考慮して行ってみてくださいね!

 

 

 

【スキーオフトレチャレンジ企画①】この動作できますか? 足の柔軟性

 

 

 

 

この動画内や以前メルマガでも

少し紹介しましたが、

この動作は

100m日本人初の9秒台桐生選手が

ハンマー投げ室伏広治さんのところに

トレーニングを習いに行った際に

行っていました。

 

 

因みに桐生選手も

足が硬くて最初は出来ていませんでした(汗)

 

それぐらい柔軟性が必要な

難しい動作なので

出来なくても落ち込まないでください。

(じゃあ紹介するなといった感じですが(笑))

 

 

 

 

私の動画内ではレベル1は

腕の補助を使って、

レベル2では

腕の補助動作を使わないバージョンも

ご紹介しました。

 

 

ぜひあなたの足の柔軟性を

このテストで確かめてみて下さい。

 

 

 

【スキーオフトレチャレンジ企画②】 この動作できますか?股関節の柔軟性

 

 

 

2つ目のチャレンジ動作は

股関節の柔軟性が分かる

動作になっています。

 

 

足の裏に本を載せて

グルリと回るのですが

これが意外にも難しいです!

 

 

なぜなら一般的な

股関節の柔らかさは

長座体前屈の様な前方や

開脚の様な左右と言った

 

 

2次元的な動きでしか

計らないから

 

 

です!

 

 

 

しかしこの動画の動作は

 

 

前後左右ひねりも加わった

3次元動作です!

 

 

 

さらにスキーにおいて重要な

足裏の面をどこに向けておくか?

 

 

という

 

 

 

足首との連動

 

 

 

も含まれます。

 

 

 

これは子供も楽しみながら

出来る動作ですので

ぜひ家族みんなで

チャレンジしてみてください!

 

 

 

 

【スキーオフトレチャレンジ企画③】 この動作できますか?股関節の柔軟性

 

 

この動作は

 

 

股関節の動きにプラスして

体幹部の柔軟性や使い方も

必要となる動作

 

 

です!

 

 

自分の身体の重心がどこにあり、

どのようにコントロールすると

ぐるりと回るのか?

 

 

 

一見簡単にそうに見えるのですが

難しいのがこの動作ですね!

 

 

スキーは基本的には

下半身の動作が土台ですが、

 

 

上半身が柔らかく使える事は

重心をコントロールする上では

非常に重要

 

 

です。

 

 

ぜひあなたの体幹部が

固まっていないか

この動作で確認してみてください!

 

 

 

【スキーオフトレチャレンジ企画④】 この動作できますか? 上半身と下半身の分離

 

 

 

この動作は見ればわかると思いますが、

 

 

ひねり動作が正しくできるか?

 

 

という部分が重要です。

 

 

実はひねり動作と言っても

身体のどの部分を使って

ひねるかによって

動作は大きく変わります。

 

 

ただ残念なことに

 

 

スキー界では

細かく分けておらず

単純にひねるというワードしか

使われてません!

 

 

 

そしてさらに言ってしまうと

逆ひねり、順ひねりなど

色々ありますが、

ほとんどのスキーヤーは

正しくできていません。

 

 

 

正しくできていないとは

どういうことか?

 

 

それが分かる一つのチェック方法が

この動画にある

 

 

上半身と下半身の分離

 

 

です!

 

 

上半身だけひねりたいのに

下半身もつられてしまう…

 

 

 

その逆で下半身をひねりたいのに

上半身が動いてしまう…

 

 

この様なスキーヤーは

非常に多いので

ぜひ動画で分離できるか

確認してみてください。

 

 

 

【スキーオフトレチャレンジ企画⑤】 この動作できますか?~重心コントロール~

 

 

 

最後にお伝えするのは

これまでに最も難易度の高い動作です!

 

 

それがこちらの

重心コントロールです!

 

 

 

「そもそもこの形をとるのも大変…」

 

 

 

と思うかもしれませんが、

それ以上に重要なのが

 

 

自分の身体の重さを

どこに“乗せる”のか?

 

 

という感覚です。

 

 

スキーは基本的に

 

『外足に乗る』

『板に乗る』

 

と言うように、

『乗る』というワードが

メインで使われています。

 

 

ほかのスポーツでは

あまり聞かないですよね?

 

 

なぜこの『乗る』という

ワードが使われるのか?

 

 

そもそも乗るとは

どういう事なのか?

 

 

 

この動画を通して

あなたの感覚として

身に着けていってみて下さい!

 

 

 

おまけ  【スキーオフトレチャレンジ企画 ~特別編~】 高難度のスキー直結動作できますか?

 

 

 

 

最後に特別編として

チャレンジ動作5が出来たのなら

スキー動作に直結しながら

バランスをとる動作をお伝えします。

 

 

よく雪面ギリギリまで

傾いて滑るシーンえお

見る事がありますよね?

 

 

この様な深い傾きをとるには

いくつかポイントがあるのですが

その中でも根本的な部分が

 

 

「そもそもこのフォームを

 すんなりとれる身体ですか?」

 

 

という部分です。

 

 

ぜひこのフォームを作りながら

チャレンジ動作5と同じように

バランスをとれるかどうか

試してみて下さい。

 

 

 

スキーのオフトレーニングの最優先は何?

 

 

今回紹介したチャレンジ動作は

スキー動作に

直接的に関係しているというよりは

間接的な要素です。

 

 

 

多くのスキーヤーは

他にもっと優先して

やるべきことがあります!

 

 

ただある程度のレベルに行くと

こういった細かい部分の差は

意外とパフォーマンスにあらわれます。

 

 

冒頭でご紹介した

桐生選手が室伏広治さんに

トレーニング指導を仰ぐ際に

室伏さんが仰った言葉に

全てが詰まっています。

 

 

それがこちらです。

()内をスキーに置き換えていますので

ぜひ照らし合わせてみてください。

 

 

「ただ単に筋力アップをしただけでは

 スピードアップ(スキー上達)に

 繋がるとは限らなくて、

 そこで失敗した人はたくさん過去にいます。

 

 まずはよく観察する事から始まりました。

 

 走っている彼の姿を

 見たことがあるんですけど、

 どういうところが

 走りのロスに(雪上のエラー)に

 繋がっていたり、

 試合に出続けて、練習を継続してできる

 体をまず作り上げなければいけない」

 

 

この言葉さらっと

聞いただけでも

うんうんと納得されるかと思いますが

実はものすごくスキー界のオフトレに

関係している部分があります。

 

 

深堀するとトレーニングに関する

勘違いの要素も分かりやすく見えてくるので

もう少し深堀していきますね!

 

 

 

 

トップアスリートから学ぶ最優先トレーニング

 

まず室伏広治さんが
桐生選手のトレーニングを
するにあたって
行ったことは何でしょうか?

 

 

 

 

筋トレ?

ストレッチ?

走り込み?

 

 

 

いいえ違います!!

 

 

それは

 

 

 

『よく観察する事』

 

 

 

 

ですよね。

 

 

サラッと言っていますが、
ここが本当に重要なんです!

 

以前音声でもお伝えしたのですが、
殆どのスキーヤーの方は
スキー上達に絶対的に繋がる
正解のトレーニング法が
存在していると思っています。

 

しかし、
東大に絶対に受かる為の勉強法、
必ず痩せるダイエット食品、
絶対に損をしない投資
といったものが

存在しないのと同じように

これが正解というものは
人によって大きく異なります。

 

 

他の人にとって正解であっても
その人にとっての正解であるとは限らない為、
巷には多くのスキー上達法が
溢れているという事です。

 

 

その正解率をかなりの高確率に
上げていくのが

『正しく観察する事』

です。

 

自分で言うのもなんですが、
トレーニングを
サポートさせていただいている
サポートメンバーの方や
私から実際フィードバックを受けられる
オンライン塾の塾生さん達は、
この

 

 

『正しく観察してもらう』

 

 

という事に価値を感じて
いただけていると思います。

 

 

この正しく観察してもらう(観察する)とは
どういうことかを具体的に説明すると
また長くなるので
別の機会にしますが、
ウェアのしわ一つから
根本的な動作が

分かる様なイメージです。

 

 

室伏広治さんの言葉の中に

 

 

「走っている彼の姿を
 見たことがあるんですけど、
 どういうところが
 走りのロスに
 繋がっていたり・・・」

 

 

とありますが、
スキーも全く同じです!

 

 

滑りの中から
身体のどの部分が
エラーに繋がっているのか?
滑りの上達の邪魔をしているのか?

 

 

という部分が
正しく観察されることが
はじめの一歩なんですが、
殆どのスキーヤーのオフトレは
この部分をすっ飛ばして
いきなりトレーニングを
行ってしまいます。

 

 

もちろんいきなり行って
正解にたどり着いているのであれば
問題ないですが、
毎シーズンの滑りの変化で
正解か不正解かという結果は
出ているかと思います。

 

 

 

誤解されている『身体づくり=トレーニング』

 

次に大きなポイントなるのが

 

 

「試合に出続けて、練習を継続してできる
 体をまず作り上げなければいけない」

 

 

という言葉です。

 

 

上記の言葉を一言でいうならば

 

 

 

『身体づくり』

 

 

 

 

ですが、
あなたはこのワードを聞いて
どんなトレーニングをイメージしますか?

 

 

 

 

きっと筋力トレーニングや
ランニング、山登りといった体力向上、
最近ではストレッチで柔軟性アップも
含まれてくるかもしれません。

 

 

 

これはプロ選手や
ジムに行ってトレーナー
いわゆるトレーニングのプロに聞いても
だいたいは同じ様な内容になるかと思います。

 

 

ですから一般のスキーヤーの方が

 

 

 

『身体づくり』
   ||
筋トレ 走り込み ストレッチ

 

 

と思っていても
しかたがないです。

 

 

 

では室伏広治さんは
桐生選手の

 

 

「試合に出続けて、練習を継続してできる
 体をまず作り上げる」

 

 

という課題に対して
何を行ったでしょうか?

 

 

動画内で紹介されている
トレーニングは
一般的にみれば
筋トレにも見えるし
ストレッチにも見えるかもしれません。

 

 

しかしこれらは全て

 

身体を効率よく使う為に

使われていないもの、
鍛えらていないものに刺激を与え
逆に硬い物、強すぎるものは
柔軟性を与え
全身のバランスを整えながら
“動作を習得してく”

 

 

というものです。

 

 

 

つまり身体づくりとは
鍛えるだけではない
という事ですね。

 

 

よくスキー界で使われている

 

【スキーができる最低限の体力】

 

 

という言葉がありますが、
言葉だけをとるのであれば
スキーが出来ている時点で
スキーヤー全員
最低限の体力はあります(笑)

 

 

しかしなぜか
まずオフトレはこの【最低限の体力】
という名のもと鍛えるトレーニングを
何の抵抗もなく取り組んでしまいます。

 

 

ぜひこれを機会に身体づくりに対する
固定観念を見直してみて下さいね!

 

トレーニング論 身体論(フィジカル関係)

スキー【3時から理論】 切り替えのタイミングを知ろう! 353

読了までの目安時間:約 21分

 


 

荷重と切り替えがセットになるターン局面とは?

 

今回はスキーの切り替えを

考えるうえで重要な

 

 

 

【3時から理論】

 

 

 

についてお伝えします。

 

 

 

ただその前に

 

 

『解放とは切りかえであり

 切りかえとは荷重である』

 

 

という謎のワードの意味を

きちんと理解しておくことが重要です。

 

 

 

その為にまだ前回の記事を

呼んでいない場合は

まずはこちらから

お読みください。

 

 

徹底解析!スキー教程には載っていない技術の全体像を知り上達に繋げる! 352

 

前回の記事でお分かりいただけるように

右外脚ターン後半の荷重方向と
次のターンである
左外脚の前半の内傾方向は
谷側(斜面下)ですから
同じ方向です。

 

 

このことから
荷重、切り替え、解放は
同じ方向への動きである
お伝えしたわけです。

 

 

 

この話が理解できると
トップ選手や指導者の発言の本質が
見えてきます。

 

 

 

それが今回のテーマである

 

 

【3時から理論

 

 

です!

 

 

因みに【3時から理論】も
私が勝手に作ったもので
スキー用語ではないので
お気を付けくださいね(笑)

 

 

【3時から理論】とは
スキーでよく使われる
時計の時間で
ターンの状態を表す表現を
利用します。

 

 

 

左外脚ターン(右ターン)は
前半が1時~3時
ターン後半は3時~5時
その後5時~6時にかけて切り替えていく
といった感じですね。

 

 

 

もちろん何時から何時を
ターンのどの部分と捉えるかは
その状況や人それぞれ違うので
あくまでも参考程度に
みておいてください。

 

 

 

話を戻して
3時から理論とは

 

 

板が斜面の下(フォールライン)を
向いた後(3時以降)

をどう考えていくか?
という理論

 

 

 

です。

 

 

この3時から理論は大きく分けて
2つの考えがあります。

 

 

それは

 

 

① 3時から切りかえ

 

 

② 3時から荷重

 

この2つです。

 

 

あなたは上記の表現を聞いて
どちらがしっくりくるでしょうか?

 

 

それともどちらも
あまりピンとこないでしょうか?

 

 

 

どう感じても
絶対的な正解があるわけではないので
問題ありません。

 

 

なぜならどっちも同じ

だからです。

 

 

しかし普通に考えれば
真逆に感じますよね。

 

 

 

ではこの2つの感覚を
詳しく説明していきます。

 

 

 

荷重か?切りかえか?意見が分かれる【3時から理論】

 

①3時(9時)から切りえか

まず1つ目の
① 3時(9時)から切り替える
ですが、あなたはこの感覚を

聞いたことあるでしょうか?

 

 

これはアルペンスキーでは
言われた事がある方が
多いかもしれません。

 

 

「次のポールに間に合わないから
 ポールを過ぎた瞬間に
 切り替えるんだ!」

 

 

 

「ポール当たった時に
 ターンを終わらせて
 次のターンに入るんだ!」

 

 

 

といった感ですね。
私も言われた経験があります。

 

 

この指導内容は日本のトップ選手も
言われてきたとのことで
日本のアルペン指導では
よくある指導内容なのだと思います。

 

 

その証拠に
日本代表でGS日本一の
石井智也選手もセミナーで
同じ内容を仰っています。

 

 

Youtubeでアップさせているので
興味がある方は見てみて下さい。

 

 

※石井智也「GSの滑走ラインの考え方」カンダハー・テクニカルセミナーより

 

冒頭で全く同じような
内容を言っているかと思います。

 

 

 

この

 

「ポールの横でターンを終えて
 切り替えていく」

 

という考え方が

 

 

【① 3時(9時)から切りえ】

 

 

といった考え方ですね。

 

 

 

②【② 3時(9時)から荷重】

 

一方、上の動画の
5:20過ぎ辺りから話は違います。

 

 

 

ポールとのポールの間に

3つの点線が引かれていますが、

ポールがない基礎スキーでも

ポールの幅は思い描くターン弧であり

3時(9時)から(フォールラインを向く)と

考えれば共通します!

 

 

そして上記の動画では

3時(9時)を過ぎても

②の局面(6時)まで

しっかり外足に乗って

仕上げると解説しています。

 

 

 

石井選手も

海外でそのように習ったと

話している様に

海外では意外と

ポピュラーな考え方です。

 

 

 

3時(9時)で切り替えると

下の画像の様に

ラインが下がってしまい

次のポールに入れないので

 

 

 

「3時(9時)から6時に向けて
 しっかり外脚に乗っていく」

 

 

というイメージが重要であり

これがまさに

 

 

 

【② 3時(9時)から荷重

 

 

 

といった考え方です。

 

 

 

このセミナー動画を見ると

 

 

一般的には

 

 

①と言われているけど
②の考え方の方が正しい

 

 

 

といった様に

 

 

 

思えます。

 

 

しかしその逆で

 

 

「ターン後半乗りすぎてしまっている」

 

「ターンを引っ張ってしまっている」

 

「もっと早く切り替えて」

 

 

といった指導も多くあります。

 

 

ではこれらが間違っているのか?
と言われると
一概にそうとは言い切れません。

 

 

 

なぜなら実際に

上記の様なエラーが出て
悩んでいるスキーヤーも

多くいるからです。

 

 

では今回の話と上記の指導内容を
どうやってすり合わせて
考え方を整理していけばいいのか?

 

 

 

ここがこれまでお伝えしてきた
テーマの本質の部分ですね。

 

 

 

 

【3時から切りかえ】と【3時から荷重】正解はどちらか?

 

もしかしたら
既に気付いているかもしれませんが、
すでに答えはお伝えしています。

 

 

 

それが前回の記事で

お伝えした

 

 

 

 

荷重と解放(切り替え)は
同じ方向に移動している

 

 

 

という内容です。

 

 

 

右外脚ターンでいうと
後半荷重するのも右側で
切り替えを通じて
次のターン前半に傾いていく
いわゆる解放も右側です。

 

 

 

荷重と解放(切り替え)は同じ方向に
移動していっていますよね?

 

 

つまり、

 

 

 

荷重しに行く行為が
切り替えて解放していく行為に
繋がっている

 

 

という事です。

 

 

 

これでしたら、3時(9時)から
荷重していく意識も
切り換え、解放していく意識も
同じになりますよね。

 

 

 

でもそうなると

 

 

 

「結局同じなら
 どっちを意識してもいいのでは?」

 

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

 

確かに上記でお伝えした様に
荷重しに行く行為が
切り替えや解放に
“繋がっている”人であれば
問題ありません。

 

 

 

しかしちょっと間違えれば

 

 

 

 

“繋がっている”のではなく、
荷重しに行っているつもりが
切り替え、解放に
“すり替わっている”

 

 

 

 

という状態になります。

 

 

 

 

そして殆どのスキーヤーの方は
このすり替わり状態です。

 

 

この状態ですと

 

 

 

荷重をしているつもりが
圧を緩めてしまう

 

 

圧が無いから板が動かない

 

 

解放すべき圧が無いから

板の走りもなければ

速い切り換えが出来ない

 

という負のスパイラルに陥ります。

 

 

 

【3時から切りかえ】と

【3時から荷重】

どちらを意識しても
エラーになる人ですね。

 

 

簡単にまとめると

 

 

 

①荷重が切り替え、解放に繋がる人

 

 

②荷重そのものが切り替え、解放に
 すり替わってしまう人

 

 

この2つは似ているようでまるで違い、
簡単にってしまえば
前者は荷重がきちんとあり、
後者は荷重がきちんと出来ていない
という事です。

 

 

 

そしてこの問題を解決する

重要なカギとなるのが

前回の記事でお伝えした

練習の順序が分かる

【荷重期】と【解放期】なんです!

 

 

 

荷重期と解放期を意識してスキー上達に繋がる練習を!

 

今回の【3時から理論】の概要は

何となく分かったでしょうか?

 

 

最後にこれまでの話を

まとめてみますので
ぜひ情報の整理を
してみて下さい。

 

 

 

まず前回の記事で

お伝えしたのは
私が指導をするにあたって
【荷重期】と【解放期】の
大きく2つに分けているという話でした。

 

 

【荷重期】は荷重をメインに練習する時期

 

 

 

【解放期】は解放をメインに練習する時期

 

 

 

ですね。

 

 

 

『スキー板をたわませて走らせる』

といった表現がよくされますが、
たわませる練習(荷重期)

走らせる練習(解放期)
といったイメージです。

 

 

次にどの技術レベルまでが
荷重期と考えているか?
という内容でした。

 

 

 

私はバッジ検定で言えば
クラウン合格といった
エキスパートレベルでも
荷重期として捉えていると
お伝えしました。

 

 

その理由は

 

 

ハイスピードの中で
ある程度質の良い荷重ができれば
解放をそこまで意識しなくても
板の走りが生まれるから

 

 

です。

 

 

では解放期の練習とはなにか?
解放の練習と言っても
解放すべき圧が無ければ
出来ませんよね?

 

 

そして解放動作とは
荷重動作から切り替えを通じて
行うものであり、
荷重も解放も同じ方向への
移動だという事をお伝えしました。

 

 

先ほどもお伝えしましたが

右外脚ターン後半に
外脚に乗る為には右方向に寄っていきますし、
次の左外脚ターン前半に
内側に傾いていくのも右方向です。

 

 

 

つまり解放動作とは

荷重動作の延長線上にあり、
解放動作を練習するというよりは
荷重動作を解放動作に
昇華させていくようなイメージです。

 

 

 

 

言い方を変えるのであれば

 

 

・板に力を伝えることがメインの荷重
→これを練習するのが荷重期

 

 

・切り替えて解放を意識した荷重
→これを練習するのは解放期

 

 

 

といった感じです。

 

 

 

 

同じ荷重動作といっても

スキーヤーの技術レベルによって

実は違った目的を持っている

というわけです。

 

 

 

以前2019年3月号の

スキーグラフィックで
青木哲也選手の特集で
【角付けを解放する為の荷重】
というテーマがありました。

 

 

 

 

 

これぞまさに超エキスパートが実践する
解放期の練習です。

 

 

 

 

解放と聞くと、

切りかえや次のターンの前半の

イメージが強いですが

実はそのひとつ手前の荷重から

すでに解放への道は

始まっているという事です。

 

 

 

これが分かると
今回紹介した、
【3時(9時)から理論】において、
意見が分かれる

 

・3時(9時)から切りかえ

 

・3時(9時)から荷重

 

は荷重=切り替え(解放)となるので
どちらの意識でも同じようになります。

 

 

 

 

ざっとここまでまとめてきましたが

 

「すいません、

 頭から煙が出ています・・・」

 

といった状態かもしれません。

 

 

 

それでも大丈夫です。

 

 

 

ここまでお伝えしたように

荷重=解放のイメージは

相当上の領域の話であり

一般的にはシンプルな荷重をベースに

まずは練習すればOKだからです!

 

 

 

そして最後にここだけは
理解しておいて欲しい事があります。

 

 

ある程度の技術レベルになると
殆どのスキーヤーの方が陥るのが

 

 

 

荷重期の練習が

きちんとされてないまま
解放期の内容を意識している

 

 

 

という事です!

 

 

・ターン前半の捉え
・ターン前からの深い内傾角

 

といったものは

正しい荷重が出来ている事が

前提の上に成り立っている技術です。

 

 

その前提がクリアできていないまま
上記の内容を意識している為
毎シーズン滑りが変わらない状態に
陥ってしまいます。

 

 

 

いまの自分のレベルは

どの場所の位置づけなのか?

 

 

 

そのレベルにあった

練習内容できちんと取り組めているのか?

 

 

この部分だけは自分の状態と
照らし合わせてみて下さいね。

 

 

スキー技術 未分類

徹底解析!スキー教程には載っていない技術の全体像を知り上達に繋げる! 352

読了までの目安時間:約 15分

 


 

 

スキーの練習内容を決める2つの段階

 

今回のお伝えする内容は
スキー技術の全体像を考えるうえで
重要なものとなります。

 

 

全体像をみるので
すこし抽象的な表現となりますが、
来シーズンに向けて
自分がどの立ち位置にいるのか
ヒントにしてみて下さい。

 

 

因みに少し難しい技術論に
なるかもしれないので
いまいちピンとこない場合は
スルーしてくださいね!

 

 

 

私が指導をするうえで
大きな段階として考えているのが

 

 

圧をためる事が

練習の主となる
【荷重期】

 

 

圧をどう解放していくかが
練習が主となる
【解放期】

 

 

 

の2つです。

 

この様な練習段階としてのワードは
スキー界にありません。

 

 

あくまでも私が指導の中で
個人的に意識している部分ですので、

「へぇ~そういった考え方しているんだぁ」

といった感じで
この後の内容を読んで
何となくイメージして
いただければと思います。

 

 

スキーでよく言われているのは

 

 

 

『板をたわませて走らせる』

 

 

 

といった表現です。

 

 

 

 

もちろんシチュエーションによって
技術は変わりますし、
絶対的な正解という訳ではありませんが、
(フリースキーやモーグルは
空中もありますし)

アルペンスキー、基礎スキー、
においてはおおむね
この方向性かと思います。

 

 

【荷重期】での練習は
“板をたわませて”の部分であり
バネで例えるなら、
潰してググっと力をためる部分です。

 

  

 

【解放期】での練習は
“板を走らせる”の部分であり
縮んだバネをどんな風にとばそうか?
という部分ですね。

 

 

そしてここからが重要なんですが、
殆どのスキーヤーの方に
必要な練習内容は
ほぼ【荷重期】の段階であり
【解放期】の練習が主となるケースは稀です!

 

 

 

ただどれくらいの
技術レベルまでが
【荷重期】で
どのレベルからが
【解放期】か
いまいちピンとこないかもしれません。

 

 

私の感覚では
基礎スキーで言うと
クラウンに受かるくらいから
クラウンでどんどん加点を
出せるくらいで
(地域の差はありますが
全日本に出るくらい?)

 

練習内容として

【荷重期】から【解放期】へ
移り変わっていくイメージです。

 

 

 

この様な内容をお伝えすると

「いやいやクラウンを受かるには
板の走りが必要だから解放が・・・」

と思うかもしれませんが、
冒頭でもお伝えした様に
あくまでも私個人の考え方ですので
参考程度に思っておいてください。

 

 

この後もう少し詳し説明していきますが、
当然クラウンに受かるレベルは
板の走りは必要だと思います。

 

 

それでもまだ

【荷重期】の段階だと
考えています。

 

 

その理由については
例を出して考えてみましょう!

 

 

なぜスキー検定クラウン合格レベルでも荷重期なのか?

あくまでも
これまでお伝えした通り
個人的な考えなので
これが正しい理論だと言うわけではなく
参考程度に読み進めてみて下さい。

 

 

ではなぜスキー検定クラウン合格の様な

エキスパートレベルでも
【荷重期】と判断して
練習を考えているのかについて

解説していきます。

 

 

技術レベルが分かりやすい様に
バッジテストで表現しますが、
テクニカルからクラウンをとるとなると
板の走りなどはとても重要かと思います。

 

 

それなのになぜ
クラウンを受かるレベルでも
【荷重期】と判断して
練習を考えているのか?

 

 

 

それは

 

 

ハイスピードで

質のいい荷重をすれば
板は十分走るからです!

 

 

 

ここでのポイントは
“質のいい”荷重です!

 

 

荷重の練習と聞くと
どんどん強く荷重出来ている様に
練習していくのだと
思うかもしれません。

 

 

しかし実際は
滑走スピードが上がるにつれて
外力がどんどん高まりますので
板との距離感やタイミングなど
荷重の方法だけでなく
荷重をする時の環境を整える
微妙な調整の練習が重要になってきます。

 

 

ですから、
質のいい荷重を
追い求めていく練習をしていけば
自然と板の走りが
生まれてくるという事です。

 

 

これは一般的に
よく言われている事ですが、
アルペンスキーを行っていると
板の走りが違うといった
内容があります。
(あくまでも絶対というわけではなく
一般的にです。)

 

 

私もまだ基礎スキーという世界を
イマイチよく分かっていなくても
クラウン受験する時に
周りの受験生の方や検定員の方に

 

 

「アルペンやってたでしょ?
 板の走りが違うね!」

 

 

といった様な事を
言っていただけました。

 

 

 

まぁ、

 

 

「もうちょっと抑えて

 滑ってきてもいいよ」

 

 

とも言われもしたので
裏を返せば
とにかくガンガン滑っていくけど
あまり美しい滑りではなかったとも
言えますが(笑)

 

 

でもその当時は
板がズレ落ちたり逃げたりしないように
一番良いポイントに乗る、
つまり荷重は意識しても
板の走りを出す為の
解放を意識したこともなく
当然分かりもしません。

 

 

 

ですから経験談としても
とにかくハイスピードで
きちんと板に荷重が出来れば
一応クラウンはとれた

という事になります。

 

 

こういった経緯も踏まえ
とにかくベースとして
荷重動作そのものも勿論ですし、
荷重に関係する環境づくりなど含め
荷重をメインに練習することが
殆どのスキーヤーに
当てはまる事かと思います。

 

 

では荷重期の練習で

相当な技術レベルまで

いけるとしたら、

解放期は何をするのか?

 

 

 

解放とは切りかえ動作であり荷重動作でもある?

さてここからは【

解放期】について
少しお伝えしていこうかと思いますが
正直言って読み飛ばしてもらっても
良いと思っています(笑)

 

 

これまでにお伝えした通り
殆どのスキーヤーの方は
荷重期の練習で十分だからです。

 

 

そして少し厄介なのが
解放期であっても
荷重の練習は行われるからです。

 

 

もう少し正しいニュアンスで
言うのであれば、

 

 

 

 

 

解放する行為は

荷重でもあるからです!

 

 

 



 

 

はいもう意味が分かりませんよね(笑)

 

 

たまにこういった難しい内容を書くと

 

 

「全く何のことだか分からなくて
 落ち込みます…」

 

 

といった感想をもらいますが
それで全然問題ありません!

 

 

 

むしろ分からなくていいぐらいです!
(じゃあ、書くなよ!といった声も
 聞こえてきそうですが(笑))

 

 

ただ、たまにマニアックな方が
こういった難解な内容を
楽しみにしているケースもあるので
暫くお付き合いくださいね!

 

 

さて話を戻して

解放とは荷重でもあるとは
どういうことなのか
触れていきたいと思います。

 

 

 

 

あなたは板を解放すると聞くと
どのようなイメージが浮かびますか?

 

 

簡単に言うと
ググっと板に力が加わっている状態を
やめるという事ですよね?

 

 

少し前に
『板をたわませて走らせる』を
バネで例えると
『バネを縮ませてとばす』と
表現しました。

 

 

 

バネを押しつぶして
その行為をやめると
ボヨーンと跳ね上がると思います。

 

 

 

その押しつぶすのをやめることが
解放ですね!

 

 

スキーで言うと
板の傾き(角付け)が
反対に変わるタイミングとも
解放と言えます。

 

 

そのタイミングとは
いわゆる【切り替え】ですね!

 

 

 

話をまとめると

 

 

前のターンで

板にたまった力を
切り替えを通じて

解放していく

 

 

 

という事です。

 

 

では長い前置きを終えて
ここからが本題です。

 

 

冒頭でお伝えした
『解放とは切り替えであり荷重である』
について触れていきましょう!

 

 

頭の中で
右外脚ターン(左ターン)をしているところを
想像してください。

 

 

その際右外脚に荷重するには
左右どちら側に
身体を寄せていくイメージでしょうか?

 

 

 

当たり前ですが右外脚なので
右側に身体を寄せていきますよね?

 

 

 

 

ではそのまま切り換えたとして
次の左外脚ターン(右ターン)の前半は
身体はどちらに傾いていく
イメージでしょうか?

 

 

ターン前半の内傾角と
呼ばれるくらいですので、
左外脚の内側、つまり右側に傾いて
ターン前半を作っていく
イメージだと思います。

 

 

さぁここまでの話で
『解放とは切り替えであり荷重である』の
意図する部分が
お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

画像を並べてみると

よく分かりますが、
荷重するのも右側で
切り替えを通じて
次のターン前半に傾いていく
いわゆる解放も右側です。

 

 

荷重と解放(切り替え)は同じ方向に
移動していっていますよね?

 

まずこの部分をきちんと
頭の中で整理してみて下さいね!

 

 

 

さてここまでで

スキー上達の全体像が分かり、

スキーの練習内容を決める

【荷重期】と【解放期】

についてお伝えしてきました。

 

 

またそこから解放期に至っては

 

 

『解放とは切り替えであり荷重である』

 

 

というやや難解な内容を

お伝えしました。

 

 

この部分は整理が必要なので

次回の記事でより詳しく解説しますね!

 

 

その前に、自分はいま

何を練習するべき時期(段階)なのか?

という部分は

一度考えてみてください。

 

 

自分の段階に合った練習内容を

行っていないと、

練習内容自体は正しくても

上達の妨げになってしまうケース

よくあるので!

 

 

 

 

スキー技術 基礎スキー

コブ(不整地)が滑れない方必見!コブ斜面上達する為の練習3段階! 351

読了までの目安時間:約 27分

 


 

コブ(不整地)を滑る為に最初にやるべき練習は?

 

 

今シーズンこそ

コブを上手に滑れるようになりたいと

練習しているスキーヤーの方は

非常に多いかと思います。

 

 

 

コブ斜面を、

ゆっくりでいいから

滑り降りたい場合

どのような順番で

練習をしていくと効率的でしょうか?

 

 

 

 

もしあなたが

これまでお伝えした様に

コブを滑れるようになりたい場合、

また、もう滑れる状態で

上記の様な質問を受けた場合

何からスタートしますか?

 

 

もちろん最終ゴールとして

コブが滑れれば問題ないので

絶対的な正解はありません。

 

 

ただ

 

 

この順序をきちんと通って

練習していくと

効率よく上達する

 

 

という

ものはあります。

 

 

 

私も大学生からスキーを本格的に始めて、

しかもアルペンスキーだった為

コブを滑る機会があまりなく、

学生時代春になると

苦しめられました。

 

 

いまではある程度

コブが滑れるようになりましたが、

今回お伝えする順序通りではなく

数をこなして無理やり何とか

滑れるようになっていた感じです。

 

 

 

あの時に、この順序を知っていれば

もっと早く滑れるようになったのにな…

 

 

 

という思いはありますし、

結局いまでもコブの基本練習をする時は

その順序に沿って練習をしています。

 

 

 

ですから、

コブが滑れないのであれば勿論のこと

もうすでにある程度滑れていて

更なる上達をしたい場合も

是非考えてみて下さい。

 

 

 

では話の本題に戻りますが、

まずコブを滑れるようになる順序として

最初に取り組みたい事は何か?

 

 

 

それは…

 

 

 

 

 

 

 

板の通り道を知る事

 

 

 

 

 

 

です!

 

 

 

スキー界では

この通り道の事を

 

 

 

ライン

 

 

 

といった言い方をしますね。

 

 

一言でコブを滑るといっても

実は色々な通り道、

ラインがあります。

 

 

 

 

 

・ダイレクトライン

・ノーマルライン

・バンクライン

・ズルドンライン

・ニューライン

・パーポスライン

・・・

・・・

 

 

 

呼び方も様々ですが

呼び方が違うだけで

同じラインというのもあります。

 

 

 

今回はすべて覚えるのではなく

コブと一言で言っても

通り道(ライン)が

いっぱいあるんだなと

思っていてもらえればいいです。

 

 

 

 

 

コブ(不整地)が滑れるようになるには、ラインは重要だけど…

 

 

正直言ってコブが上手く滑れずに

悩んでいるスキーヤーの多くは

まずはゆっくりでもいいから滑り降りたい

というのが最初の目標かと思います。

 

 

 

しかしこのラインによって

 

 

 

ゆっくり滑れるライン

速く滑り下りるライン

 

 

 

と別れています!

 

 

 

そして

どの通り道を通れば

ゆっくり滑り降りられるのかを

知らない為、

 

 

 

 

 

1、2コブ入っては発射!

 

 

 

という結果になってしまいます。

 

 

 

 

また、

コブは滑れるんだけど

検定で点数がなかなか出ないという人も

どこのラインを通る事を

求められているのか

きちんと把握してない

というケースも多いです。

 

 

 

 

「なるほど!

 じゃあ通るべきラインを知って

 そこを練習すれば良いんですね!」

 

 

 

と思われたかもしれませんが

 

 

 

実は違います!!

 

 

 

 

もしかしたら

 

 

 

「ラインが重要なのは

 嫌と言う程知っています!

 その通りに滑れないから

 悩んでいるんです!」

 

 

と今回の記事をみて

感じているかもしれません。

 

 

実際そのようなスキーヤーは

非常に多いので。

 

 

 

でも決してラインを

知ることが間違いではありません!

 

 

 

その状態に来ているなら

第1段階はクリアしているのでOKです!

 

 

 

思い通りのラインを滑れなくても

とにかく

 

 

『コブには目的に合わせて

 通るべきラインがある』

 という事を知っている

 

 

 

ことが重要だからです。

 

 

 

この第1段階は

スキー上達に共通する

学習の4段階である

無意識的無能からの脱却ですね!

 

 

 

因みにこの4段階の内容が分からない方は

動画でも解説しているので

見てみてください。

 

知っておいて損はないので

 

 

 

さぁ本題はこの次ですね!

 

 

 

コブ(不整地)のラインを知っても滑れない理由は?

 

ここまでで、

コブを滑る為には

まず目的に合わせた

板の通り道(ライン)を知ろう!

という内容をお伝えしました。

 

 

あなたはコブを滑る時に

どのラインを通るか

きちんと把握して滑り出して

いるでしょうか?

 

 

ただ闇雲に滑り出すわけではなく、

きちんとどのラインを通ることが

自分が思い描くコブの滑りなのか

滑り出す前にコブを見て

きちんと分かる事が重要ですね!

 

 

 

さてコブのラインが分かれば

あとはそこを滑るだけ…

と簡単にはいかないのが

コブの難しいところですよね。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

通るべきラインが分かる事と

そこを本当に通れるかは別問題

 

 

だからです!

 

 

 

 

ここでいきなりコブの難題が

目の前に立ちはだかります。

 

 

 

 

コブで通るべきラインは

分かるんだけど

そこを通れないと

悩んでいるスキーヤーは

とても多いです。

 

 

 

コブの滑り方などを

調べたり、習ってみても、

 

 

 

・このラインをとおる

・このタイミングでストックをつく

・トップをここにいれる

・ここで吸収をする

・ここで板をずらす

・・・

・・・

 

 

といった情報はあっても

 

 

 

根本となるそれを再現する為の

板操作の方法論を知らない、

もしくは練習してないケースが

ほとんどです!

 

 

 

 

このラインに板のトップを通して…

と言われても身体をどう使えば

そのラインに板のトップを通せるのか?

 

 

 

 

ここでコブを削って…

と言われても、身体をどう使えば

イメージ通りコブが削れるのか?

 

 

 

といった方法が

明確に分からなければ

コブが滑れる理屈は分かっていても

再現出来ませんよね。

 

 

 

この部分が分かってくると

コブが滑れるようになる練習の

本質が見えてきます。

 

 

 

実はコブのラインを知ったら

次にやるべき練習は

 

 

 

整地での練習

 

 

なんです。

 

 

 

なぜコブを滑りたいのに

整地で練習するか

あなたは分かるでしょうか?

 

 

 

 

コブ(不整地)が上達するには整地練習!?

 

なぜコブを滑りたいのに

次のステップが

整地練習なのか?

 

 

これまでの話の経緯からすると、

いくらラインを知っても

そこを通す板操作が出来なければ

意味がないという事は

次にやるべきは、

 

 

 

 

板を操作する練習

 

 

 

です!

 

 

 

そしてこの板を操作する練習は

当然ですが、

整地の方が練習しやすいからです!

 

 

 

 

以前も御紹介しましたが

元モーグルの日本代表コーチも

整地の練習が7割

言っていたとのことです。

 

 

 

 

ですからまずは

ある程度ゆっくりでいいので

コブではなく整地で

自分の思い通りのタイミングで

思い通りのラインに

板を通せることが次のステップとなります。

 

 

 

あっ、整地と言っても

整地といっても

春のグサグサ雪や、

コロコロ雪、アイスバーンなどでも

ある程度出来る事が大事です。

 

 

 

だいたいアイスバーンで

思い通り板を動かせない人は

カリカリコブが、

コロコロ雪で上手く板を動かせない人は

コロコロコブが

上手く滑れないケースがほとんどです。

 

 

まとめると

コブを滑れるようになる為の

理想的な順序としては、

 

 

 

①目的に合った

 コブの滑走ラインを知る

 

 

 

 

②その滑走ラインを

 ある程度思い通りに

 滑る為の板操作を

 整地で練習する

 

 

 

 

③整地の動きをコブに合わせる

 

 

 

といったイメージですね。

 

 

 

大体①が分かっても

②を練習しないで

③をひたすら繰り返すケースが多いです。

 

 

あっ、このような内容を書くと

 

 

 

「その②の練習方法を教えてください」

 

 

 

といった質問が来ますが、

それこそ人によって課題が違うので

練習方法は無数にあります。

 

 

 

どうしても絶対的な正解があると

思いたいですが、

そうではないのが

スキーの難しいところですね。

 

 

 

 

一つ言えることは

いま自分が板を思い通り動かせるように

日々上達していっていないのであれば

これまでの練習は自分にとっての

正解ではないということは

分かるかと思いますので

考えてみて下さいね!

 

 

 

因みに②をとばしても

量をこなせばある程度

コブが滑れるようになる人もいます。

 

 

実際私もそうでした。

 

 

ただ結局はこの順序にもどって

練習する事になります。

 

 

この順序を通らない事によって

コブが滑れてもある弊害

が生まれるからです。

 

 

 

 

その弊害は、

上級クラスのスキーヤーにも

よくある事です。

 

 

 

コブ(不整地)を正しい順序で練習しないと生まれる弊害とは?

 

コブ(不整地)を滑るれるようになるステップは

 

 

 

①目的に合ったコブの滑走ラインを知る

 

 

②その滑走ラインをある程度思い通りに

 滑る為の板操作を整地で練習する

 

 

③整地の動きをコブに合わせる

 

 

といった流れでしたね!

 

 

私が行っている指導の中でも

整地での小回りの練習が

そのままコブの練習になっています。

 

 

 

この様な内容を聞くと

 

 

 

「いやいやコブと整地は

 全くの別物ですよ・・・」

 

 

 

と思うかも知れません。

 

 

 

 

しかしそれは

 

 

 

コブに繋がる

整地練習ではない場合や、

どの様にコブに繋げていいのか

道筋が見えてないだけ

 

 

 

です。

 

 

 

 

もちろん整地小回りとコブは

全く同じではありません。

 

 

 

 

ただ整地の小回りとコブは

繋がりがあるものだという認識は

非常に重要です。

 

 

 

そこら辺がいまいち

ピンとこない場合は

動画でも説明しているので

こちらからまずは理解を深めてみて下さい。

 

 

さて話を戻して、

順序通りに練習しなくても

コブに何度も入っている間に

コブが滑れるようになっていくケースは

よくあります。

(私もそうでした)

 

 

ただ、上達の途中どこかで

ラインを知る必要もあれば

思い通りに板を動かせる必要もあれば

どうやって整地の動きを

コブに合わせていくのかを

知る必要もあります。

 

 

ただ難しいのが

 

 

 

ある程度滑れてしまうので

この順序に一度立ち戻って

練習しようと思わない

 

 

 

というところです。

 

 

 

 

これも順序をとばす事による

弊害の一つですね。

 

 

 

今回紹介したいのは

これではなく

もっと分かりやすいものです。

 

 

 

 

それが

 

 

 

コブでしか上手く滑れない

 

 

 

 

 

という弊害です。

 

 

 

 

スキープライズ検定にありがちなコブでしか上手く滑れない現象

 

 

もしあなたが

コブを滑れない状態なら

 

 

 

「えっ?何言ってんの?」

 

 

 

と思うもしれません。

 

 

 

そうですよね、

一般的なイメージは

整地小回りより

コブの方が難易度は高いですよね。

 

 

 

しかし上級レベルになると

 

 

 

コブは上手いんだけどね

小回りが…

 

 

といった弊害が起こってきます。

 

 

 

 

実際にスキー検定のクラウンでは

 

 

 

不整地では合格点が出るのに

整地では点数が出ないスキーヤー

 

 

 

が結構いるんです。

 

 

 

 

別にこのレベルでなくても、

 

 

あの人(もしくは自分)

コブは上手に滑れるんだけど

整地の滑りは…

 

 

というスキーヤーは

案外いるはずです。

 

 

 

 

ではなぜコブは上手く滑るのに

整地の滑りはイマイチという

現象が起きるのか分かるでしょうか?

 

 

もちろんどんな形であっても

コブが滑れるようになる事が

ゴールであれば

それでもOKかもしれません。

 

 

しかし多くの場合、

 

 

 

もっと上手にコブが滑りたい!

整地でも小回りも上手く滑りたい!

 

 

 

といった欲求が湧いてきます。

 

 

 

そうなった時に

結局順序通りに練習することになるので

だったら初めからきちんと

練習しておいた方が

効率がいいはずです。

 

 

また、順序をふまえてないまま

上手くなった人のアドバイスで

よくあるのが

 

 

 

「コブは本数だから

 とにかく入って!」

 

 

 

というものがあります。

 

 

これもできる人はOKですが

何度入っても

上手くならない人にとっては

ケガのリスクを高め

おかしな癖をつけてしまう可能性のある

危険なアドバイスです。

 

 

 

結局正しい順序でコブ(不整地)を練習する羽目になる?

 

さて話を本題に戻して

なぜ順序をふまえないと

『コブでしか上手く滑れない』

という弊害が生まれやすいのかについて

解説をしていきます。

 

 

 

初めのうちは

小回りよりも

コブの方がはるかに難易度が

高く感じますよね。

 

 

 

しかしある程度滑れるようになると

逆転現象が起き始めます。

 

 

 

コブというのは

言い方を変えれば、

壁があるという事ですよね?

 

 

 

 

整地では自ら板を傾けて

壁を作らなければいけませんが、

コブでは既にそれが存在している状態です。

 

 

 

 

また重心移動もやタイミングも

余計な事をしなければ

ある程度コブ通りに滑ることで

オートマチック化されていきます。

 

 

 

簡単に言ってしまえば

 

 

 

自ら行う仕事を

コブが行ってくれる

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

この様な話をすると

 

 

 

「いやいやコブの方がはるかに疲れます!」

 

 

「コブの方がやることが多いです!」

 

 

という意見が出てきます。

 

 

 

 

もちろん深いコブを

吸収したりと整地以上に

体力を使うケースもあるのは事実です。

 

 

 

ではボールを転がした場合、

コブと整地どちらが

ターンをしていくでしょうか?

 

 

 

 

当たり前ですが、

整地はただ一直線に

落ちていくだけで、

コブの方は溝に沿って

自動的にターンしていきますよね。

 

 

 

もちろんボールの様に

自然と落下して行くには

技術が必要ですが、

コブが上手く滑れる人は

この状態に近づいて行きます。

 

 

 

 

別にそれでも問題ないのですが、

このまま行くといつの間にか

 

 

 

 

『コブの溝が無ければ

 上手くターンが出来ない…』

 

 

 

という状態に陥ってしまいます。

 

 

これが不整地小回りでは

点数が出るのに

整地小回りでは点数が出ない人の

典型的な例ですね。

 

 

ですから結局は

コブを滑る理想的な順序である

 

 

 

①目的に合ったコブの滑走ラインを知る

 

 

②その滑走ラインをある程度思い通りに

 滑る為の板操作を整地で練習する

 

 

③整地の動きをコブに合わせる

 

のうちの

 

 

 

②を徹底的に練習する必要が

出てくる

 

 

 

という訳です。

 

 

モーグル日本代表チームが

整地の練習を多く行うのも

納得ですよね。

 

 

なんどもお伝えしている様に

スキーの上達に正解はありませんが

選択肢をたくさん持ったうえで

自分が理想とする

練習を行っていって下さいね!

 

 

 

スキー技術

1 2 3 77