スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

不思議なほど簡単に滑りが変わりました!

読了までの目安時間:約 2分

 


基礎スキー  男性  45歳  小林昌之 様  東京都

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

オフトレと雪上トレーニングがリンクしていることが

他のスキーレッスンと一番の違い(メリット)だと感じました。

よくある対処療法的なバリエーショントレーニングではなく、

オフトレで習得した身体の動かし方を雪上の滑りで引き出すために

意識(イメージ)の持ち方を教わるだけで不思議なほどに簡単に滑りが変わりました。

 

Q,トレーニングを受て変わったこと、できるようになったことはなんですか?

苦手だった右脚概則ターンで外脚に乗れるようになりました。

ターンの始動で無意識に行っていたエラー動作を矯正する方法を教わり、

レッスン後にも繰り返し練習することで長年の癖が解消できました。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

オフシーズンから時間をかけて身体(関節)の動かし方から教えてもらえるので

根本的なポジションから改善出来ました。

ここ数シーズンは大幅な上達を感じられていませんでしたが

おかげさまで今シーズンは自分自身の感触としてはっきりと上達が感じられ

滑ることが本当に楽しくなりました。

目標達成に向け今後ともよろしくお願いします。

 

 

渡辺から一言

オフの段階から、雪上にどう繋がるのかしっかり考えながら

コツコツ取り組んでいらしたので

その成果がそのまま滑りの上達につながり良かったです!

また伸び悩んでいた点数がグンと上がるなど

目に見える結果としてもあらわれたので嬉しく思います。

かなり高度な段階に入っていますが引き続き雪上とのつながりを意識しながら

トレーニングしていきましょう。

 

お客様の声

レッスンを受けなけらば こんなに短時間で出来る事はなかった!

読了までの目安時間:約 2分

 


アルペンスキー 12歳女子ジュニア&一般女性  M母娘様

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

シェーレンになる、ローテーションしてしまう、外向傾がとれない

等の悩みがたくさんありましたが、1年間陸上トレーニングから1日雪上レッスンで

かなり改善されたと思います。驚きです!

多分渡辺コーチのレッスンを受けなけらば

こんなに短時間で出来る事はなかったと思います。

身体も全く疲れていません!

 

Q,トレーニングを受て変わったこと、できるようになったことはなんですか?

・くの字姿勢が以前はよく分からなかったけれど

 雪上で大分出来るようになった。

・荷重の意識と外脚乗る、内脚を浮かす、乗り換える(外脚から次の外脚へ)が出来るようになり、

 気持ちよく滑れた。外圧を感じる事ができた。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

優しく丁寧に教えてくださったので

萎縮せずにレッスンを受ける事が出来ました。内容も理解できました。

アルペンスキーコーチは大体が怖いか何を言っているのか解らない方が多く

いつも泣きながらレッスンを受けてきました。

日本のスキー界はまだまだ古い体質ですね。

 

 

渡辺から一言

遠方からの為なかなか通うのが大変な環境の中、

ご自宅でのトレーニングを日々頑張ってくださり、嬉しく思います。

またいままでたくさんのコーチングの中で

理解できない、意識しているのに出来ない・・・という悩みが

かなりスッキリされたようで本当に良かったです。

今後もコツコツと身体を変えていき親子そろって上達していって下さいね!

 

お客様の声

スキーをあきらめなくて良かった!

読了までの目安時間:約 4分

 


基礎スキー 58歳  一般女性

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

雪上トレはとにかく楽しいの一言です。

初日のレッスンから今までやったことのない内容だったので、いきなり期待値大でした。

それまで言われ続けてきた『外脚に乗って』『内倒している』『上に抜けている』といった

耳にタコ的な事は一切言われないのに指示されるメニューをこなしていくうちに、

そういう問題が自然に直ってしまう斬新なレッスンでした。

指示が明確でコーチのお手本も分かりやすいのでついていくのが大変と思ったことはほとんどありません。

観察力が素晴らしいのでアドバイスも的確です。

出来る事が次々に増えていくので確実に上達しているのが分かりました。

オフトレではスキーに必要な身体の使い方を初めて習い、

これが出来ないのに上手になるはずがなかったと思う事ばかりです。

また、力を入れるのではなく、不要な力を抜くことを教えていただき

スキー上達の為ばかりでなく、日常的にも身体が変わっていける感じがして来シーズンが待ち遠しいです。

Q,トレーニングを受て変わったこと、できるようになったことはなんですか?

レッスン中に指摘された事が『問題点』だはなく『課題』となり、

『これが出来れば上達できる』という気持ちが練習のモチベーションをどんどん上げてくれました。

これまで一つの事をこんなに練習したことがないほど練習に取り組むことができ、

不安がないのでそれがまた楽しくて仕方がなかったです。

全く滑れなかった不整地をゾンビ滑りから始めて曲がりなりにも少し滑れるようになりました。

オフトレで股関節の使い方を習ってから身体の使い方を意識するようになり、

考え方も完全に変わりました。

長い間出来なかった事にようやく気付かせてもらえたので

無駄な動きが少なくなり、ターンがスムーズになってきました。

以前は何が正しいのか分からず不安だらけで滑っていましたが大分自身が持てるようになりました。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

技術面のスキルと、指導力の両方を兼ね備えた指導者になかなか出会えないスキー界にあって

渡辺先生は身体能力や技術レベルが高いだけでなく、

個々のスキーヤー上達に直結するコーチングを追及され実践できる理想的な指導者だと思います。

スキーは驚愕のかっこよさなのに普段はとってもほんわかした方で、謙虚で暖かいお人柄も大好きです。

私の様なレベルの低いスキーヤーでも気持ちを理解して下さり、

上達させてあげようと心から思ってくださっているのが伝わってきます。

直ぐに出来ないような余計な事は言わずに、良い点を褒めて励ましてくださるので

たった二か月で変わることが出来たのだと思います。

後をついて滑れることが本当に嬉しかったです。そんなコーチに出会えたことに感謝しています。

スキーをあきらめなくて良かった。

これからもよろしくお願いします。

 

 

渡辺から一言

こちらが提示したメニューをやりすぎないでくださいねと感じるくらい

本当にコツコツと取り組む姿勢にいつも驚かされています。

また余計な固定観念がなくどんどん素直に吸収していて素晴らしいです。

コブやフルカービングターンなどスキーの技術が飛躍的に上達した事は勿論の事

根本的な身体の使い方や考え方が変わり、様々な面で良い効果が表れ嬉しく思います。

これからも更なる高みを目指してコツコツ頑張っていきましょう。

 

お客様の声

力を使わずにスキー板が加速するのを感じることが出来た!

読了までの目安時間:約 2分

 


基礎スキー 35歳 男性  不屈の空挺隊員 様

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

3年程前に仕事の関係で北海道から千葉にやってきて、準指導員得を取得して以来

特に上達することもなく伸び悩んでいた際に

ネットでスキーヤーズラボさんと出会いトレーニングを受ける事を決心しました。

オフトレをやったことがなく、やること全てが初めてで斬新な事ばかりですが

滑りのどの部分で必要になる等、説明も分かりやすく勉強になり、楽しいトレーニングでした。

 

Q,トレーニングを受て変わったこと、できるようになったことはなんですか?

準指導員をもっていて今更ですが、

構えのポジションの乗る位置からスキー板に対する圧のかけ方、身体の使い方など、

根本的な部分から矯正していただき、

雪上トレーニングの際以前より力を使わずスキー板が加速するのを身体で感じる事が出来ました。

また、オフトレで実施した内容が陸上で出来なければ雪上でも出来ないという意味が改めて実感できました。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

限られた時間の中で、色々とメニューを考えていただいて、

スキーのトレーニングは過去きついものばかりでしたが、

スキーヤーズラボのトレーニングは毎回トレーニングが楽しくて

時間が過ぎるのも早いです。

シーズン始まったばかりですがよろしくお願いします。

 

 

渡辺から一言

もともと筋肉量や体力があるので

ある意味力で何とか出来てしまう状態でしたが、

こちらの説明やトレーニングをとても素直に受け入れて

取り組んでいただき嬉しく思います。

その結果力を使わなくても板がたわむという感覚を得られて

本当に良かったです。

今後もより自分の身体を最大限に使いこなせるようになっていきましょう!

 

お客様の声

全く違う指導内容が多くありスキーに対する考え方が変わった!

読了までの目安時間:約 2分

 


基礎スキー 60歳 男性  奥村幸二 様

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

今まで自分で思っていた事とは、全く違う(真逆に近い)指導内容が多くあり

スキーに対する考え方が変わった。

前傾とは足の裏の感覚としては前側に乗る事で、踵に乗るのは後傾と思っていましたが

前傾にとって指でつかむのはブレーキ、踵はアクセルなど・・・他

そしてもっと早くトレーニングを受けていれば良かったと思いました。

 

Q,トレーニングを受て変わったこと、できるようになったことはなんですか?

1.力を入れて身体を動かすのではなく、力を抜くことで出来るようになる事もある

2.今までは太ももやふくらはぎなどが疲れてパフォーマンスが落ちてしまい

  筋トレの必要性を感じていたが、

  身体の使い方を変える事で今枚で以上の負荷を受けても長時間滑れるようになった。

  (お尻キャッチ)

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

スキーだけでなく運動に対する身体の仕組みをよく理解していて

不明な点や出来ることについて分かりやすく説明してくれ

色々なやり方で分かるように出来るように指導してくれる

 

 

 

渡辺から一言

前後ポジションや板への力の伝え方など、

今までこうすれば出来ると思っていた事が

実は真逆の事をやっていたという事が伝わり良かったです。

またその部分に対しての固定観念からすぐに抜け出し、

どんどん滑りが変わってきているのは素晴らしいです。

今後も根本的なイメージと体の使い方を変えて、

更なる上達を目指していきましょう!

 

お客様の声

スキーのジュニア選手が言った、スキー上達の本質的な発言とは?183

読了までの目安時間:約 5分

 


SKIER`s LABのサポートメンバーは

下は小学生から上は60代までと幅広いのですが、

様々年代からの質問や感想をいただく事で、

 

 

なる程!そういう考えをするのか!

 

 

といった気づきを貰っています。

 

 

特にまだ小学生中学年くらいのジュニア選手は

固定観念に縛られておらず、面白い回答がバンバン出ます。

 

 

 

今回は先日のレッスン中に、この考え方本質をついてるなぁと

思ったものを紹介します。

 

 

小学生のサポートメンバーをレッスンしているとふと

 

 

『筋トレして筋肉つけた方がいいの?』

 

 

と聞いてきました。

 

 

『どう思う?』

 

 

と聞き返すと

 

 

『う~ん・・・筋肉あったほうが上手くなりそうだけど

 お父さん僕より筋肉あるけど

 スキーは僕の方が全然うまくなってるからなぁ・・・

 父さん何年やっても1級とれないけど

 僕はこの間受かったもん!』

 

 

 

と答えてくれました。

 

 

私は思わず笑いながらも

ずばり本質をついてるなぁと思いました。

 

 

 

よくよく考えると不思議だと思いませんか?

 

 

あなたもスキーのオフトレというと

筋力強化は必ず頭に浮かぶと思います。

 

 

しかし自分よりも全然筋力の小さい

ジュニア選手の方が技術レベルが高いこと

って結構あります。

 

 

支える体重が違うからでは?

 

小さいころから滑っている量の差では?

 

 

という意見も勿論あるかと思います。

 

 

しかし支える体重が違うにしろ

それほどまでに大人はみな子供に比べて

自分の身体を支えられないほど筋力不足でしょうか?

 

 

滑る量の多さではと言いますが、

今回紹介しているジュニア選手は

明らかに父親より滑走日数、経験は少ないです。

 

 

このように突き詰めていくと

最終的にたどり着く答えが

 

 

『子供は動きを覚えるのが早いからなぁ』

 

 

というところです。

 

 

これで終わらせてしまうから

安易なオフトレを行ってしまうのです。

 

 

『なぜ子供は覚えるのが早いのか?』

 

 

という部分もそうですが、

 

 

 

『動きを覚えるのが早いから上達が早い』

 

という事は

 

『効率的に動きを覚えれば上達する』

 

いい変えることができます。

 

 

 

ではオフトレはまず

 

 

『どうしたら効率よく

動きを覚えられるようになるのか?』

 

 

という部分をベースにトレーニングする必要が

あるのではないでしょうか?

 

 

なぜそこを無視して筋力強化、体力強化、

雪上に近い動作のツールとレーニングなのでしょうか?

 

 

 

今回は沢山の質問を投げかけましたが、

こういった本質的なところを突き詰めてくことで

自分のオフトレの方向性や

何をすべきなのかが見えてくるはずです。

 

 

あなたが行っているオフトレは

本当にスキー上達に繋がっているのか

よく考えてみて下さい。

 

___________________________________________________________________________________________________________________________

現在イタリア遠征に帯同中です。

現地でのトップチームの練習や

その他のスキートレーニング情報を

メルマガにて配信中です。

 

登録はこちらから

 

メルマガ登録フォームへ

 

 

お客様の声 ジュニアスキー トレーニング論

ずっと直らなかった癖が直った!スキーは滑らなくても上手くなる!? 182

読了までの目安時間:約 4分

 


先日普段からインラインスキーを

オフトレに取り入れている選手から

このような報告がありました。

 

 

 

『コーチ、ずっと直らなかった足の前後差が出ちゃう癖が

 すぐ直りました!!』

 

 

 

とてもうれしそうに報告してくれた姿をみて

こちらも凄くうれしかったです。

 

 

 

事の経緯を説明しますと、

 

 

『インラインスキーをしている時に

 足の前後差が出るから平行に使いたいんですけど

どうすればいいですか?』

 

 

という質問からでした。

 

足の前後差というのは

内脚側が先に回ってしまい

外脚側が後からついてくるので

腰が開き、スキーでいう

シェーレンの状態になっているという事です。

 

 

私は

 

『どうしたら直るか教えてもらった?』

 

と聞きましたが、

 

『前後差が出てるから出ないようにして

 って言われました。』

 

 

という答えが返ってきました。

 

 

 

スキー業界あるあるですね。

 

 

こうなっているという

結果の部分は教えてもらっても

どうしたら直るのか?

という大事な部分は教えてもらえない。

 

 

これは団体指導だと一人一人に指導できないので

仕方がない部分でもあります。

 

 

ですから自分で解決方法を見つけられる

考え方や環境が必要です。

 

 

話を戻しますね。

 

 

私はその子になぜ前後差がでてしまうのか?

という原理と、

身体がこう使えると直るよ!

だからこのトレーニングをして下さい。

 

という陸上のエクササイズを伝えました。

 

 

すると翌週には結果として現れたのです。

 

 

まさに滑らなくても上手くなったいい例です。

 

 

原理と聞くと難しいですが

きちんと分かる言葉で説明すれば

小学生でもわかります。

 

 

トレーニングも同じです。

なぜこのトレーニングが必要なのか?

という部分と

これをすると滑りがどのように変わるのか?

 

といった実際の動作へのリンクがきちんとできれば

確実に上手くなります。

 

 

逆にこの部分が欠落しているオフトレは

実際のパフォーマンスになかなかつながりません。

 

 

あなたのオフトレはきちんとこの部分が

明確になっているかもう一度見直していて下さい。

 

 

因みによくある例を出します。

 

 

スキーを滑っている時の

バランスをよくするために

体幹トレーニングを行っています。

 

 

というケース。

 

 

では実際体幹トレーニングを行って

どのようにバランスが良くなったのでしょうか?

どのようにというのが難しければ

どの場面でバランスが改善されて

滑りに変化が出たのでしょうか?

そもそもバランス能力とはなんでしょうか?

 

 

もしあなたが体幹トレーニングを取り入れているにも関わらず

滑りのパフォーマンスが変わっていないのであれば

大事な部分が抜けているという事です。

 

 

お客様の声 ジュニアスキー トレーニング論

スキーのパフォーマンスに繋がるトレーニングの3つポイントとは?123

読了までの目安時間:約 6分

 


最近では雑誌やインターネット、動画など

スキーの為のトレーニング情報は

色々なところから手に入ると思います。

 

 

 

これは一見とても良いことに思えますが、

逆に迷いの種を増やしている事にもなります。

現に多くのスキーヤーの方から

 

 

 

『このトレーニングは効果ありますか?』

『このトレーニングは実際意味があるんですか?』

 

 

 

といったご質問をよく貰います。

 

 

 

そこで今回は実際にスキーのパフォーマンスにつながるトレーニングの

3つのポイントをご紹介します。

 

 

 

まずポイントをご紹介する前に大前提を書いておきますね。

 

 

これは私のブログでよく言っていますが

これをやれば絶対にうまくなるというトレーニングはないという事。

逆を言えばどんなトレーニングも考え方を間違えなければ効果を出すことができる!

ともとれます。

 

 

 

しつこいようですがこの大前提を忘れないでください。

 

 

 

さて本題に入ります。

 

 

 

まず一つ目はこのトレーニングの効果があるかないかポイントの一つ目は

 

 

 

スキーの何に効果があるのか明確になっているかどうか?

 

 

 

という部分です。

 

 

 

よくあるパターンとして、

『スキーがうまくなる為に体幹トレーニング』

と銘打ってエクササイズメニューが紹介されているものがあります。

 

 

 

では実際そのメニューを行ってスキーが上手くなるでしょうか?

 

 

 

そのトレーニングがあなたのスキー上達に足りないものを

補ってくれるのであれば上手くなるでしょう。

でも補ってくれるものでないならばスキーは上手くなりません。

むしろ妨げる要素を増やす原因になる場合すらあります。

 

 

 

きちんとスキーのこの動作ができない原因は

この部分にあるからこのエクササイズを行いましょう!

 

またはこのエクササイズを行うことで

このような変化が生まれます!

 

 

という具合に明確になっていることは

判断基準のポイントとしてとても重要です。

 

 

 

続いて2つ目のポイントは

 

 

 

トレーニングがあなたに今必要な優先順位の何番目にあるか?

 

 

 

ということです。

 

 

トレーニングのやるべき順番の重要性については以前にも書きました。

 

スキーオフトレでやるべきトレーニングの順序とは? 34

 

時間がありあまっているのであればいいですが、

社会人スキーヤーの方はとっくに短い時間でいかに効果を出すかという

効率性が求められると思います。

遠回りせず最短で結果を出すためには

トレーニングの順序は非常に重要です。

 

 

私がサポートメンバーの方たちに出しているメニューも

 

・今すぐ雪上のパフォーマンスに直結するもの

・即効性はないが次のレベルにすすむためには絶対に必要なもの

・将来的にやっておいた方がいいもの

 

 

などなどいろいろな種類のものがあり、

目標達成のためのプランや時期によって

割合を変えています。

 

 

 

ある意味即効性のあるものだけをやっても

どこかで行き詰りますし、

将来的に必要なものだけをやっても

パフォーマンスの変化がみられず

モチベーションがつながらないなど

順序と割合は非常に重要です。

 

 

 

スキーヤーの方が行っているトレーニングの殆どが、

これはスキーに役に立つのでは?

といった部分に当てはまるもので

トレーニングの順序としてはもっとやるべきことが

たくさんあるのが現状だと思います。

 

 

 

 

自分の改善点をきちんと明確にして、

それを改善する為に直結するメニューを選んでいくだけでも

スキーに繋がるトレーニングになりますので考えてみて下さい。

 

 

 

最後に三つ目のポイントは

 

 

そのトレーニングが正しい形で行われているのか?

 

 

 

です。

 

 

正しい形というのは

きちんと目的に合った

効果の出る動きであるかどうかという事。

 

 

 

この3つめのポイントがしっかり抑えられていないと、

せっかく優先順位の高い効果的なメニューも意味がなくなってしまいます。

 

 

ただこの部分が一番難しいのも現状です。

 

 

正しくできない動きを改善する為に行うわけですから、

鏡を念入りにチェックしながら余程意識しいて行わない限り

間違った動きになりやすいです。

 

 

また正しいかどうか判断するためには

正しい動き自体をしっかり理解しておく必要があります。

 

 

 

正直効率性を求めるのであれば

きちんとチェックしてくれる指導者や

練習パートナーを作って行う方が賢明です。

 

 

ジュニア選手でしたら保護者の方ですね。

 

 

 

以上の3つのポイントを抑えるだけで

漠然とトレーニングを行うよりも

かなり質の高いトレーニングになりますので意識してみて下さい。

 

お客様の声 トレーニング論 身体論(フィジカル関係)

結果が必ず出るという事があらかじめ分かっている

読了までの目安時間:約 4分

 


基礎スキー 22歳 男性 大阪府

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

今までに受けてきた指導は雪上で板をどう操作するのかといった事が中心でしたが

ここで受けたトレーニングは自分の身体をどう動かすのか?

といった事をやっていくため、正直どのトレーニングを受けても新鮮に思えました。

やっている動作が楽しいかというと、どう考えても楽しくないはずなのに

不思議と楽しくなってくるのがここのトレーニングの魅力です。

その理由として考えられるのはやはり結果が必ず出るといった事が

あらかじめ分かっていて、またそれがどういったものかまで

分かっていることだと思っています。

勿論不安だった時期もなかったわけではないですが、

その時もコーチに励ましてもらい『よし!やろう!』と

思うことができました。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

もっとも変わったことと言えば、やはり自分の中で

トレーニングというものの位置づけです。

今まではトレーニング=インライン、筋トレ、コーディネーショントレーニングであり

何の為にやっているのか?そもそもスキーとどうつながるのか?を

考えたことは一度もありませんでした。

(今思うとこれ相当不思議なことですが)

おそらくやっている人の誰もがこういった疑問を持ちながら

それを直視せず避けてきた結果だと思います。

ここでトレーンングを受けて、いま自分が何をやっていて

これをすると雪上でどうつながるのかを考えるようになりました。

勿論、それが合っているかは別で、

不安なときはコーチに連絡することも多々あります。

これからの一つの目標として、こういった考え方を

上手く伝えられるようになることです。

(自分の知識は人に伝えられるようになるとさらに自分の中で理解が深まるため)

 

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

インターネットなどで検索すると、

それこそ山ほどでてくるトレーニング法、ジムの情報ですが、

その中からこのスキーヤーズラボを見つけた時は思わず『これだ!』と思い、

それからは渡辺コーチが更新するブログを読むのが日課になりました。

そして読むうちにどうしてもトレーニングを受けてみたくなり

『どうしよう、受けてみたいけど東京ってめちゃくちゃ遠いな』と思い、

始めはためらいもありましたが、コーチからの発信を受け、

『よし、行こう!』と思い始めたのが最初のきっかけです。

正直カウンセリングを受ける前からトレーニングを受けるのは

自分の中で決定事項になっていたため、不安なのはコーチの方から

断られないかという不安だけでした。

トレーニングをはじめてコーチが例を見せてくれるのを見て

『あっ、これならできるかも』

といつも思うのですが、実際やってみて

『あれ?全然できない』

というのが常にあります。

ういった事をいとも簡単そうに行うコーチをみて

身体能力のすごさというものを知りました。

渡辺から一言

遠方から通っているため、

なかなかトレーニングの頻度が多くできない中でも

きちんと自宅でトレーニングを毎日コツコツ行っていたので

どんどん身体が変わっていきましたね。素晴らしいです。

陸上トレーニングでも雪上トレーニングでも

つねにこちらの伝えた内容を、きちんと理解して考えているため

これからもどんどん上達していくと思います。

これからも頑張りましょう!

 

お客様の声

トレーニングは今までやったことないものばかりでした!

読了までの目安時間:約 3分

 


基礎スキー 50歳 女性 神奈川県

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

スキーのオフトレといえば、バランス能力や体幹を鍛えたり、

筋トレをしたりするイメージしかなかったのですが、

雪上で思い通りに動かせる身体になる為のトレーニングは

今までやったことがないものばかりで、

的確なアドバイスにより出来なかった事が

少しずつできるようになっていくので

楽しくあっという間に時間が過ぎていきます。

雪上トレーニングではビデオを撮って自分の感覚やイメージと

実際の滑りの違いをすぐ確認できるので

無駄がなく効率的だと思いました。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

ガチガチに凝り固まっていた肩甲骨周りが柔らかくなり、可動域が広がったり、

余計な力が入ってしまう事によって、できなかったことが

力を抜くことで出来るようになる事を知ったり

新たな気付きを得ることができました。

スキーシーズンに入り『陸上で出来ない事は雪上では出来ない』を

実感してスキーのオフトレに対する考え方が変わりました。

 

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

説明が分かりやすく、なぜ出来ないか?どうすれば出来るようになるのか?を

多角的な視点からアドバイスしてくださり

感覚派の私の質問にも、なるほど!!と、

合点がいくように答えてくださるので助かります。

 

渡辺から一言

トレーニングを始めたころは

ご自身でもなぜこの動きができないのだろう?

と不思議に思うくらい身体が上手く操作できなかったと思います。

しかしトレーニングをきちんと行っているので、身体が変わっていき、

出来ない動きがどんどんできるようになっています!

感覚的にとらえるのがとても上手なので

この調子で目標達成に向けてどんどん上達していって下さい。

 

お客様の声

1 2 3 5