スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキーのジュニア選手が言った、スキー上達の本質的な発言とは?183

読了までの目安時間:約 5分

 


SKIER`s LABのサポートメンバーは

下は小学生から上は60代までと幅広いのですが、

様々年代からの質問や感想をいただく事で、

 

 

なる程!そういう考えをするのか!

 

 

といった気づきを貰っています。

 

 

特にまだ小学生中学年くらいのジュニア選手は

固定観念に縛られておらず、面白い回答がバンバン出ます。

 

 

 

今回は先日のレッスン中に、この考え方本質をついてるなぁと

思ったものを紹介します。

 

 

小学生のサポートメンバーをレッスンしているとふと

 

 

『筋トレして筋肉つけた方がいいの?』

 

 

と聞いてきました。

 

 

『どう思う?』

 

 

と聞き返すと

 

 

『う~ん・・・筋肉あったほうが上手くなりそうだけど

 お父さん僕より筋肉あるけど

 スキーは僕の方が全然うまくなってるからなぁ・・・

 父さん何年やっても1級とれないけど

 僕はこの間受かったもん!』

 

 

 

と答えてくれました。

 

 

私は思わず笑いながらも

ずばり本質をついてるなぁと思いました。

 

 

 

よくよく考えると不思議だと思いませんか?

 

 

あなたもスキーのオフトレというと

筋力強化は必ず頭に浮かぶと思います。

 

 

しかし自分よりも全然筋力の小さい

ジュニア選手の方が技術レベルが高いこと

って結構あります。

 

 

支える体重が違うからでは?

 

小さいころから滑っている量の差では?

 

 

という意見も勿論あるかと思います。

 

 

しかし支える体重が違うにしろ

それほどまでに大人はみな子供に比べて

自分の身体を支えられないほど筋力不足でしょうか?

 

 

滑る量の多さではと言いますが、

今回紹介しているジュニア選手は

明らかに父親より滑走日数、経験は少ないです。

 

 

このように突き詰めていくと

最終的にたどり着く答えが

 

 

『子供は動きを覚えるのが早いからなぁ』

 

 

というところです。

 

 

これで終わらせてしまうから

安易なオフトレを行ってしまうのです。

 

 

『なぜ子供は覚えるのが早いのか?』

 

 

という部分もそうですが、

 

 

 

『動きを覚えるのが早いから上達が早い』

 

という事は

 

『効率的に動きを覚えれば上達する』

 

いい変えることができます。

 

 

 

ではオフトレはまず

 

 

『どうしたら効率よく

動きを覚えられるようになるのか?』

 

 

という部分をベースにトレーニングする必要が

あるのではないでしょうか?

 

 

なぜそこを無視して筋力強化、体力強化、

雪上に近い動作のツールとレーニングなのでしょうか?

 

 

 

今回は沢山の質問を投げかけましたが、

こういった本質的なところを突き詰めてくことで

自分のオフトレの方向性や

何をすべきなのかが見えてくるはずです。

 

 

あなたが行っているオフトレは

本当にスキー上達に繋がっているのか

よく考えてみて下さい。

 

___________________________________________________________________________________________________________________________

現在イタリア遠征に帯同中です。

現地でのトップチームの練習や

その他のスキートレーニング情報を

メルマガにて配信中です。

 

登録はこちらから

 

メルマガ登録フォームへ

 

 

お客様の声 ジュニアスキー トレーニング論

ずっと直らなかった癖が直った!スキーは滑らなくても上手くなる!? 182

読了までの目安時間:約 4分

 


先日普段からインラインスキーを

オフトレに取り入れている選手から

このような報告がありました。

 

 

 

『コーチ、ずっと直らなかった足の前後差が出ちゃう癖が

 すぐ直りました!!』

 

 

 

とてもうれしそうに報告してくれた姿をみて

こちらも凄くうれしかったです。

 

 

 

事の経緯を説明しますと、

 

 

『インラインスキーをしている時に

 足の前後差が出るから平行に使いたいんですけど

どうすればいいですか?』

 

 

という質問からでした。

 

足の前後差というのは

内脚側が先に回ってしまい

外脚側が後からついてくるので

腰が開き、スキーでいう

シェーレンの状態になっているという事です。

 

 

私は

 

『どうしたら直るか教えてもらった?』

 

と聞きましたが、

 

『前後差が出てるから出ないようにして

 って言われました。』

 

 

という答えが返ってきました。

 

 

 

スキー業界あるあるですね。

 

 

こうなっているという

結果の部分は教えてもらっても

どうしたら直るのか?

という大事な部分は教えてもらえない。

 

 

これは団体指導だと一人一人に指導できないので

仕方がない部分でもあります。

 

 

ですから自分で解決方法を見つけられる

考え方や環境が必要です。

 

 

話を戻しますね。

 

 

私はその子になぜ前後差がでてしまうのか?

という原理と、

身体がこう使えると直るよ!

だからこのトレーニングをして下さい。

 

という陸上のエクササイズを伝えました。

 

 

すると翌週には結果として現れたのです。

 

 

まさに滑らなくても上手くなったいい例です。

 

 

原理と聞くと難しいですが

きちんと分かる言葉で説明すれば

小学生でもわかります。

 

 

トレーニングも同じです。

なぜこのトレーニングが必要なのか?

という部分と

これをすると滑りがどのように変わるのか?

 

といった実際の動作へのリンクがきちんとできれば

確実に上手くなります。

 

 

逆にこの部分が欠落しているオフトレは

実際のパフォーマンスになかなかつながりません。

 

 

あなたのオフトレはきちんとこの部分が

明確になっているかもう一度見直していて下さい。

 

 

因みによくある例を出します。

 

 

スキーを滑っている時の

バランスをよくするために

体幹トレーニングを行っています。

 

 

というケース。

 

 

では実際体幹トレーニングを行って

どのようにバランスが良くなったのでしょうか?

どのようにというのが難しければ

どの場面でバランスが改善されて

滑りに変化が出たのでしょうか?

そもそもバランス能力とはなんでしょうか?

 

 

もしあなたが体幹トレーニングを取り入れているにも関わらず

滑りのパフォーマンスが変わっていないのであれば

大事な部分が抜けているという事です。

 

 

お客様の声 ジュニアスキー トレーニング論

スキーのパフォーマンスに繋がるトレーニングの3つポイントとは?123

読了までの目安時間:約 6分

 


最近では雑誌やインターネット、動画など

スキーの為のトレーニング情報は

色々なところから手に入ると思います。

 

 

 

これは一見とても良いことに思えますが、

逆に迷いの種を増やしている事にもなります。

現に多くのスキーヤーの方から

 

 

 

『このトレーニングは効果ありますか?』

『このトレーニングは実際意味があるんですか?』

 

 

 

といったご質問をよく貰います。

 

 

 

そこで今回は実際にスキーのパフォーマンスにつながるトレーニングの

3つのポイントをご紹介します。

 

 

 

まずポイントをご紹介する前に大前提を書いておきますね。

 

 

これは私のブログでよく言っていますが

これをやれば絶対にうまくなるというトレーニングはないという事。

逆を言えばどんなトレーニングも考え方を間違えなければ効果を出すことができる!

ともとれます。

 

 

 

しつこいようですがこの大前提を忘れないでください。

 

 

 

さて本題に入ります。

 

 

 

まず一つ目はこのトレーニングの効果があるかないかポイントの一つ目は

 

 

 

スキーの何に効果があるのか明確になっているかどうか?

 

 

 

という部分です。

 

 

 

よくあるパターンとして、

『スキーがうまくなる為に体幹トレーニング』

と銘打ってエクササイズメニューが紹介されているものがあります。

 

 

 

では実際そのメニューを行ってスキーが上手くなるでしょうか?

 

 

 

そのトレーニングがあなたのスキー上達に足りないものを

補ってくれるのであれば上手くなるでしょう。

でも補ってくれるものでないならばスキーは上手くなりません。

むしろ妨げる要素を増やす原因になる場合すらあります。

 

 

 

きちんとスキーのこの動作ができない原因は

この部分にあるからこのエクササイズを行いましょう!

 

またはこのエクササイズを行うことで

このような変化が生まれます!

 

 

という具合に明確になっていることは

判断基準のポイントとしてとても重要です。

 

 

 

続いて2つ目のポイントは

 

 

 

トレーニングがあなたに今必要な優先順位の何番目にあるか?

 

 

 

ということです。

 

 

トレーニングのやるべき順番の重要性については以前にも書きました。

 

スキーオフトレでやるべきトレーニングの順序とは? 34

 

時間がありあまっているのであればいいですが、

社会人スキーヤーの方はとっくに短い時間でいかに効果を出すかという

効率性が求められると思います。

遠回りせず最短で結果を出すためには

トレーニングの順序は非常に重要です。

 

 

私がサポートメンバーの方たちに出しているメニューも

 

・今すぐ雪上のパフォーマンスに直結するもの

・即効性はないが次のレベルにすすむためには絶対に必要なもの

・将来的にやっておいた方がいいもの

 

 

などなどいろいろな種類のものがあり、

目標達成のためのプランや時期によって

割合を変えています。

 

 

 

ある意味即効性のあるものだけをやっても

どこかで行き詰りますし、

将来的に必要なものだけをやっても

パフォーマンスの変化がみられず

モチベーションがつながらないなど

順序と割合は非常に重要です。

 

 

 

スキーヤーの方が行っているトレーニングの殆どが、

これはスキーに役に立つのでは?

といった部分に当てはまるもので

トレーニングの順序としてはもっとやるべきことが

たくさんあるのが現状だと思います。

 

 

 

 

自分の改善点をきちんと明確にして、

それを改善する為に直結するメニューを選んでいくだけでも

スキーに繋がるトレーニングになりますので考えてみて下さい。

 

 

 

最後に三つ目のポイントは

 

 

そのトレーニングが正しい形で行われているのか?

 

 

 

です。

 

 

正しい形というのは

きちんと目的に合った

効果の出る動きであるかどうかという事。

 

 

 

この3つめのポイントがしっかり抑えられていないと、

せっかく優先順位の高い効果的なメニューも意味がなくなってしまいます。

 

 

ただこの部分が一番難しいのも現状です。

 

 

正しくできない動きを改善する為に行うわけですから、

鏡を念入りにチェックしながら余程意識しいて行わない限り

間違った動きになりやすいです。

 

 

また正しいかどうか判断するためには

正しい動き自体をしっかり理解しておく必要があります。

 

 

 

正直効率性を求めるのであれば

きちんとチェックしてくれる指導者や

練習パートナーを作って行う方が賢明です。

 

 

ジュニア選手でしたら保護者の方ですね。

 

 

 

以上の3つのポイントを抑えるだけで

漠然とトレーニングを行うよりも

かなり質の高いトレーニングになりますので意識してみて下さい。

 

お客様の声 トレーニング論 身体論(フィジカル関係)

結果が必ず出るという事があらかじめ分かっている

読了までの目安時間:約 4分

 


基礎スキー 22歳 男性 大阪府

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

今までに受けてきた指導は雪上で板をどう操作するのかといった事が中心でしたが

ここで受けたトレーニングは自分の身体をどう動かすのか?

といった事をやっていくため、正直どのトレーニングを受けても新鮮に思えました。

やっている動作が楽しいかというと、どう考えても楽しくないはずなのに

不思議と楽しくなってくるのがここのトレーニングの魅力です。

その理由として考えられるのはやはり結果が必ず出るといった事が

あらかじめ分かっていて、またそれがどういったものかまで

分かっていることだと思っています。

勿論不安だった時期もなかったわけではないですが、

その時もコーチに励ましてもらい『よし!やろう!』と

思うことができました。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

もっとも変わったことと言えば、やはり自分の中で

トレーニングというものの位置づけです。

今まではトレーニング=インライン、筋トレ、コーディネーショントレーニングであり

何の為にやっているのか?そもそもスキーとどうつながるのか?を

考えたことは一度もありませんでした。

(今思うとこれ相当不思議なことですが)

おそらくやっている人の誰もがこういった疑問を持ちながら

それを直視せず避けてきた結果だと思います。

ここでトレーンングを受けて、いま自分が何をやっていて

これをすると雪上でどうつながるのかを考えるようになりました。

勿論、それが合っているかは別で、

不安なときはコーチに連絡することも多々あります。

これからの一つの目標として、こういった考え方を

上手く伝えられるようになることです。

(自分の知識は人に伝えられるようになるとさらに自分の中で理解が深まるため)

 

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

インターネットなどで検索すると、

それこそ山ほどでてくるトレーニング法、ジムの情報ですが、

その中からこのスキーヤーズラボを見つけた時は思わず『これだ!』と思い、

それからは渡辺コーチが更新するブログを読むのが日課になりました。

そして読むうちにどうしてもトレーニングを受けてみたくなり

『どうしよう、受けてみたいけど東京ってめちゃくちゃ遠いな』と思い、

始めはためらいもありましたが、コーチからの発信を受け、

『よし、行こう!』と思い始めたのが最初のきっかけです。

正直カウンセリングを受ける前からトレーニングを受けるのは

自分の中で決定事項になっていたため、不安なのはコーチの方から

断られないかという不安だけでした。

トレーニングをはじめてコーチが例を見せてくれるのを見て

『あっ、これならできるかも』

といつも思うのですが、実際やってみて

『あれ?全然できない』

というのが常にあります。

ういった事をいとも簡単そうに行うコーチをみて

身体能力のすごさというものを知りました。

渡辺から一言

遠方から通っているため、

なかなかトレーニングの頻度が多くできない中でも

きちんと自宅でトレーニングを毎日コツコツ行っていたので

どんどん身体が変わっていきましたね。素晴らしいです。

陸上トレーニングでも雪上トレーニングでも

つねにこちらの伝えた内容を、きちんと理解して考えているため

これからもどんどん上達していくと思います。

これからも頑張りましょう!

 

お客様の声

トレーニングは今までやったことないものばかりでした!

読了までの目安時間:約 3分

 


基礎スキー 50歳 女性 神奈川県

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

スキーのオフトレといえば、バランス能力や体幹を鍛えたり、

筋トレをしたりするイメージしかなかったのですが、

雪上で思い通りに動かせる身体になる為のトレーニングは

今までやったことがないものばかりで、

的確なアドバイスにより出来なかった事が

少しずつできるようになっていくので

楽しくあっという間に時間が過ぎていきます。

雪上トレーニングではビデオを撮って自分の感覚やイメージと

実際の滑りの違いをすぐ確認できるので

無駄がなく効率的だと思いました。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

ガチガチに凝り固まっていた肩甲骨周りが柔らかくなり、可動域が広がったり、

余計な力が入ってしまう事によって、できなかったことが

力を抜くことで出来るようになる事を知ったり

新たな気付きを得ることができました。

スキーシーズンに入り『陸上で出来ない事は雪上では出来ない』を

実感してスキーのオフトレに対する考え方が変わりました。

 

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

説明が分かりやすく、なぜ出来ないか?どうすれば出来るようになるのか?を

多角的な視点からアドバイスしてくださり

感覚派の私の質問にも、なるほど!!と、

合点がいくように答えてくださるので助かります。

 

渡辺から一言

トレーニングを始めたころは

ご自身でもなぜこの動きができないのだろう?

と不思議に思うくらい身体が上手く操作できなかったと思います。

しかしトレーニングをきちんと行っているので、身体が変わっていき、

出来ない動きがどんどんできるようになっています!

感覚的にとらえるのがとても上手なので

この調子で目標達成に向けてどんどん上達していって下さい。

 

お客様の声

スキー上達メソッドでここまで確立されたものは他にはない!

読了までの目安時間:約 3分

 


基礎スキー 29歳 男性 京都府

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

オフトレと雪上がここまで結びついて考えられるとは思いませんでしたので、

非常に楽しくトレーニングできます。

また自分が上手くなる材料をたくさん見つけてもらえるので

課題をクリアしようと頑張ろうと思えます。

解剖学やバイオメカニクスをベースとした立場から

スキーにおける関節や筋肉の使われ方の理論が構築され、

身体の柔軟性、筋力、関節の動かし方、動かすコツまで

その人にどのような課題があったとしても

指導内容に解決策として落とし込めているという点が素晴らしいです。

スキー業界のスキー上達メソッドにおいて

ここまで確立された人物と手法は他にありません。

非常に理論がしっかりしており納得できました。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

身体の柔軟性は以前と比べてずっと改善されています。

おかげさまでシーズン序盤は関節が重い通りに動かせないのが常でしたが、

今シーズンは最初から、かなり自由に動かせるようになっており

やりたい動きが苦も無く出せます。

特に高速滑走時の前傾不足という課題はハムストリングスの

柔軟性を高めるトレーニングのおかげでかなり改善されています。

 

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

いつもの丁寧で面白いトレーニングをしていただきありがとうございます。

渡辺様は今のスキー界には貴重な存在ですし、

業界に新しい風を吹かすことができると思っています。

レッスンを受けて以来、もっと多くの人にも

このような考え方を共有できたら面白いと思いました。

(あまり人気が出てしまうと、個人レッスンが取りにくくなってしまいますから

そこは個人的にはNOなんですけど(笑))

今後ともよろしくお願いします。

渡辺から一言

京都という遠方から毎回新幹線で通っていただき

その熱意にはいつも驚かされています。

既にクラウンを所得しており全日本技術選にもチャレンジするほど

技術レベルの高いスキーヤーでありながら、新しい事を柔軟な考えで取り入れ、

日々コツコツとトレーンングに取り組まれており、

身体も段々と変わってきました。

今後もさらなる高みを目指して今後も頑張っていきましょう!

 

お客様の声

タイムアップの為に何が足りないのか?が分かった!

読了までの目安時間:約 2分

 


アルペンスキー 56歳 男性

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

タイムアップの為に何が足りないのか?

何を最優先で改善しなければならないのか?

トレーニングを受けてそれが『正しい外向傾ができていない』ことだと分かり

その改善の為に何をしなければいけないのかを示していただき

これからのトレーニングの方向性が見えてきました。

外向傾の作り方、身体の可動域改善。

地味なトレーニングの継続になりますがこれが非常に楽しみです。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

・外向傾の作り方の理解と実践。特に内腰の"抜き"。

・板への荷重意識の理解

・自分の力で板を押すのではなく外後傾で得た下からの圧を板のたわみに使う意識

・シーズン中のコントレ方法

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

自分が得たい情報を提供いただき感謝します。

これから雪上の実践になっていきますが、

引き続きサポートお願いしたいと考えています。

思うように動ける身体づくりを目指して。

渡辺から一言

タイムアップの為に理想とする滑りの実現に向けて

何が足りないのか?具合的に何をすればいいのか?

といった部分が明確になってきたようで良かったです。

今後も陸上トレーニングと雪上トレーニングをリンクさせながら

どんどん滑りを進化させていってください。

 

お客様の声

『あの身体でよく滑ってたな~』と寒気がします!

読了までの目安時間:約 3分

 


アルペンスキー 14歳  男子選手

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

まず正直な第一印象を言うと、『え?なにこれ?』です。

しかし、コーチの話を聞き、トレーニングをしていくうちに、

その意味が分かり、『あの身体でよく滑ってたな~』と寒気がしますね(笑)

今となってはスキーだけでなく学校の体育などはもちろん、

日常動作の歩く、走る、しゃがむなど、そんなところまで効果が出てます。

コーチはやるべきことを示してくれるので毎日本気で取り組めば

に目標に近づいていけます!

 

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

一番変わったといえるのは物事に対する考え方です。

トレーニングは勿論日常で起こる物事すべてです。

これは勿論継続してトレーニングを受け、

受け身ではなく自発的に取り組んだ結果起こるものですが、

必ずと言っていいほどのことです。

あとは当然フィジカル面も比べ物にならに程変わります。

渡辺コーチに会えなければ、前にも後にもこんなことはなかったと思います。

出会いに感謝です。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

初めて会ったのは冬の合宿でした。

あの時は全て受け身でしたけど、目標に届きたい一心で言われたとを実践し、

自発的に行動することでフィジカルもよくなり、人生での考え方も変わりました。

これは一生残る大切なものです。

今後も数え切れないほどの課題が待ち構えていますが、

一緒に肩を組んで目標に向かっていきましょう!

よろしくお願いします。

 

渡辺から一言

毎日コツコツとトレーニングを継続することで

身体の使い方が大きく変わりました!

それは滑りの上達となって表れていますね。

なによりトレーニングを通して、物事の考え方など

メンタル面でも非常に変化がありました。

これが今後の人生において大きなプラスになれば嬉しいです。

今後も目標に向かって一緒に頑張りましょう!

 

お客様の声

どんどんスキーが上達していくのが楽しい!

読了までの目安時間:約 2分

 


アルペンスキー 14歳  女子選手

Q,トレーニングを受けた感想を教えてください

コーチの教えがとても分かりやすいです。

自分に合ったメニューを作ってくださるので

意味のあることをやれているからスキー上達に繋がっていくんだなと思っています。

コーチが実際にやって見せてくれるので分かりやすいし、自分でもやりやすいです。

とにかくやっていて楽しいです。

Q,トレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

イタリア合宿に来て滑ってみたら、以前とは感覚が違った事です。

コーチに言われたことが理解しやすくなったし、

すぐに直して滑ってこれるようになったことです。

シーズンが終わってからは雪上でのトレーニングはしてなかったけど

ほとんど毎日コーチが作ってくださったメニューをやっていたら

滑りがいい方向に変わっていきました。

Q,私(渡辺)への感想などがあれば教えてください

今まで自分がやっていたトレーンングは

何の為にやっているかもよく分かっていませんでした。

だけど渡辺コーチは1つ1つの動きを何のためにやっているのかを

丁寧に教えてくださるので、自分の為になっている感じがします。

毎日メニューをやってどんどんスキーが上達していく自分を想像するのが楽しいです。

これからもよろしくお願いします。

 

渡辺から一言

出会ったころとは見違えるくらい身体のバランスや使い方が変わりましたね!

毎回トレーニングの内容をよく考えているので

これは何の為にやっているのか?という部分をきちんと理解できてます。

それがスキー上達という結果となって表れているので

こちらとしても嬉しいです。

この調子で今後もどんどんスキーが上手くなってください!

 

 

 

 

お客様の声

成長期の子供にとても有益だと思います!

読了までの目安時間:約 2分

 


アルペンスキー 女子選手 12歳 保護者様

 

6

Q,お子様がトレーニングを受けた感想を教えてください

 

今まで気がつかなかった動き方の癖や間違った動き方をご指摘いただき大変役に立ちました。スキーのためだけでなく日常的な体の動かし方についてもトレーニングしたことを意識するようになるので成長期の子供にはとても有益だと思います。

 

 

Q,お子様がトレーニングを受けて変わったこと、できるようになったことはなんですか?

 

作っていただいたメニューを家でやることにより自分の劣っている部分をなおそうとするようになりました。

 

 

Q,私(渡邉)への感想などがあれば教えてください

 

女の子の成長期に伴い、身体の変化する時なので後々ダメージを残さないようにバランスの良い身体になってくれればと願っています。今後ともよろしくお願いします。

 

 

 

 

渡辺からの一言

以前はバランスの悪い状態のままスキーをしており

身体のあちこちに痛みがありましたが

今ではしっかりと改善され、スキーもめきめき上達しています。

早い時期からお子様の将来のことを考えて

しっかりとトレーニングを行っていただいており、

このような保護者の方が今後も多く増えていってくれればと思います。

これからも成長していくお子様のサポートができればと思っております。

 

お客様の声