スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

【指導者注意!】スキーの見本は上手に滑ってはいけない? 287

読了までの目安時間:約 12分

 


前回の記事で

上手な人の真似とすると

 

 

 

【真似して上達する人】

 

【真似しても上達しない人】

 

【真似する事で逆に滑りが狂う人】

 

 

 

の3パターンに分かれる!

 

 

そして

 

 

 

自分がどのパターンになるかは

鏡の前で、

目をつぶって形を取り

確認する!

 

 

 

という内容をお伝えしました。

 

 

 

まだ読まれていない方は

 

こちらから↓

【上手な人を真似してもスキーが上手くならない? 286】

 

 

 

 

 

 

 

あなたは

脳内のイメージと現実の動きに

イメージギャップがあったでしょうか?

 

 

 

さて今回は

指導する側に回った時に

とても重要なポイントをお伝えします。

 

 

 

人を指導する機会がない人には

あまり関係ない事ですが

知っておくと自分がレッスンを受ける時に

とても役立つ内容ですので

是非参考にしてください。

 

 

 

 

上手な見本に隠された落とし穴

 

ずばりタイトルにもあるように

指導する時は

基本的に

 

 

 

 

見本はきれいに滑ってはいけない!

 

 

 

 

という事です!

 

 

 

指導する側からしても

受講生側からしても

【?】マークが浮かびますよね。

 

 

 

その理由をお伝えします。

 

 

 

きっと見本で滑る時は

受講生たちが目指すべき

理想の滑りを行うケースが大半です。

 

 

 

例えば

 

 

【深い内傾角のターン】

であれば、雪面につくような

傾きのあるターンを!

 

 

【くの字姿勢がきちんとあるターン】

であれば斜面に合わせた

適度なくの字のターンを!

 

 

といった感じですね。

 

 

 

しかし多くの場合、

受講生がその見本を真似しても

その滑り通りには行きません。

 

 

 

なぜならこれまでにも

お伝えした通り

 

 

 

 

受講生はイメージギャップを

持っているからです!!

 

 

 

 

見本の先生が深く傾くのを見れば

それを真似して内倒する

 

 

 

適度なくの字姿勢を見れば、

それを真似して、

あまりくの字のない

ストレート軸になる

 

 

といった感じです。

 

 

 

こうなると

指導者側は

 

 

「なぜ見本で見せているのに

 やってこないんだ?」

 

 

となり、

 

 

 

受講者側は

 

 

「なぜ、見本通りやってきたのに

 できないんだ?」

 

または

 

「見本通りやっても

 なんで注意されるんだ?」

 

 

となるわけです。

 

 

あなたも

レッスンや仲間の指導を受けたときに

この様な経験がありませんか?

 

 

 

この状態にはまると

滑りが変わらないまま

一日が終わってしまいます。

 

 

 

それどころか余計な癖を

染み込ませるケースも

めずらしくありません。

 

 

 

厄介なことに

その指導者が上手いほど

余計な動きをしない為

真似の難易度が上がります。

 

 

 

では見本はどのように

滑るべきなのでしょうか?

 

 

 

 

受講者が上手くなりやすい見本とは?

 

 

もちろん上手な見本の真似をして

どんどん滑りが変わっているなら

それでOKです!

 

 

 

でも大半が

上手な見本を真似しても

その見本通りに滑れません。

 

 

 

それは

イメージギャップがあるからですね。

 

 

 

ではどのような見本が理想的なのか?

 

 

 

それは

 

 

 

イメージギャップを考慮した滑り

 

 

 

です!

 

 

 

といっても分かりづらいと思いますので

簡単な例で説明します。

 

 

 

例えば

 

 

【外脚に乗る為にくの字姿勢を取りたい】

 

 

という目標をもつ

受講生の方がいます。

 

 

 

 

まずは私が、

その目標のイメージ通りに

適度なくの字姿勢ですべります。

 

 

 

そして

それを真似して

受講生の方に滑ってもらいます。

 

 

 

そうするとほとんどの場合

軸がほぼストレートで

くの字のシルエットが出ません

 

 

 

もちろんビデオでも

確認してもらいます。

 

 

 

そこで次に、

股関節を入れて、

くの字を強めにとり、

一般的には外向傾強すぎると

注意される滑りをします。

 

 

 

受講生側が

 

 

「本当にあんなにやるの?」

「さすがにあれはやりすぎでは・・・」

 

 

と感じるぐらいのレベルです。

 

 

 

その後、真似をして滑ってきてもらい

またビデオで確認してもらうと、

出てくる言葉が

 

 

 

「全然普通ですね(笑)」

 

「あれ?もっとやってきた

 つもりなんですが・・・」

 

「あれぐらいやっても

 こんなもんですか!」

 

「むしろまだ足りないですね」

 

 

というものです。

 

 

 

大抵の場合、

大げさに思えるぐらいの

動きを真似すると

目指すべき動きが出来てくる、

もしくはそれでも足りない

というケースがほとんどです。

 

 

 

この様に

理想の滑りを真似すると

(今回の場合は適度なくの字)

理想とは程遠い滑りとなり、

 

 

 

理想ではなく

やりすぎるぐらいの

イメージギャップを顧慮した

滑りを真似すると

(今回の場合は注意されるぐらいの

過度なくの字)

理想的な滑りとなる、

 

 

 

という事ですね!

 

 

 

ここでのポイントは

 

 

 

必ず映像で確認してもらう!

 

 

 

という事です。

 

 

 

 

上記の流れを行って

滑りが変わり、

こちらが

 

 

 

「いいですね!

 今ぐらいでちょうどいいです!」

 

 

 

と伝えても、

こちらを信じてないわけでは

ないですが、

視覚情報のフィードバックがないので

イメージギャップは埋まりません。

 

 

 

脳内では

 

 

「これで本当にいいのか?」

 

 

という疑問が残ったままです。

 

 

 

 

『えっ?こんなにやっても

 この滑りなの?』

 

 

というイメージギャップを埋める経験が

とても重要という事ですね!

 

 

 

本当に見本となる滑りと

見本の滑りになる為に

イメージして欲しい滑りと

使い分けることが

非常に重要だという事が

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

受講者側に回った時も、

 

 

『今先生が行った

見本の滑りをするなら

あの動きをもっと過度にやって

丁度いいくらいかな』

 

 

と自らイメージギャップを調整する

意識をもってみてください。

 

 

それでやりすぎと言われたら、

イメージギャップが少ないという事なので

見本の滑りをそのまま真似すれば

問題ないので!

 

 

因みに今回の話は

あくまでもイメージギャップを

埋めるための話です。

 

 

いつも言っておりますが、

大前提として、

そもそもその動きができる

身体の引き出しが必要です。

 

 

そもそもその動きが出来ない人が

いくらイメージギャップを埋める動きの

真似をしても

滑りは全く変わりませんので

気を付けてくださいね!

 

スキー技術

上手な人を真似してもスキーが上手くならない? 286

読了までの目安時間:約 11分

 


タイトルを読んで

 

 

「えっ、間違いでは?」

 

 

と感じたかもしれません。

 

 

 

スキーに限ったことではでなく

スポーツ全般において

上達の近道は

上手い人の真似をする

とよく言われています。

 

 

 

あなたも、

トップ選手やコーチ、

仲間内の上手い人をなど

理想とする滑りに近い人の

真似をして滑る事が

あるはずです。

 

 

 

 

しかし、

この上手い人の真似をしても

 

 

 

 

・上手くなる人

 

 

・上手くならない人

 

 

・逆に滑りがおかしくなる人

 

 

 

に分かれます。

 

 

 

そして大半が

上手くならないか、

さらに滑りがおかしくなる人

です。

 

 

 

そうでなければ

スキー上達に悩むスキーヤーは

もっと少ないはずですよね。

 

 

 

では上手い人の真似をしても

上達するかしないか

分かれる原因はどこにあるのでしょうか?

 

 

 

どうして真似をしても上手くならないのか?

 

上手な人の真似をしても

上手くなる人とならない人に

分かれるポイントの一つに

 

 

 

自分のイメージと

自分の身体とのギャップが

大きいか小さいか?

 

 

 

という点があります。

 

 

 

頭の中のイメージと

実際に身体の動かした時の

イメージの差、

イメージギャップが大きいと

本人は真似をしているつもりでも

実際は全く違う動きをしています。

 

 

 

その段階で

 

 

『真似しているんだけど

 上手く真似できないなぁ・・・』

 

 

 

と感じる人は

上達しない人に入ります。

 

 

でもそれはいい傾向です。

 

 

なぜなら

 

 

 

自分がマネできていない事に

気付いているから

 

 

 

です。

 

 

 

もっとも厄介なのが

 

 

 

『上手い人と同じように真似しているのに

 なぜ滑りが変わらないんだろう・・・』

 

 

 

という人です。

 

 

 

これは実際やりたい動作を

身体の違う部分を使って行っている

つまり代償動作で行っている事に

気付いていない

おかしな癖を身に着けながら

滑っていることになります。

 

 

 

 

あなたはどのタイプ?

 

例えば上手い選手の

とても深いくの字姿勢の滑りを

真似したとします。

 

 

 

Aさんは

その選手と同じ関節を使って

上手にくの字姿勢の真似をして

滑りが変わりました。

【真似して上達する人】

 

 

 

Bさんは

くの字姿勢を真似しても

自分は上手く作れないと

悩んでいます。

【真似しても上達しない人】

 

 

 

Cさんは

くの字姿勢をとる際

トップ選手は股関節を使っているのに

膝を内側に入れたり、

上体だけ外側に傾けてくの字姿勢を

とってしまいます。

 

 

しかしそのことに本人は

真似しているつもりが

全く違う動作を行っている事に

気付いていません。

【真似する事で逆に滑りが狂う人】

 

 

 

 

このように

上手い人を真似するといっても

人それぞれ結果が異なるわけです。

 

 

 

因みにジュニアは

身体が自由に動く状態の子が多いため

すぐ真似して上達していきます。

 

 

 

注意したいのは

ジュニアだからといって

誰でもそうなるわけではなく、

大人と同様、

イメージ通り動かない子は

真似しても伸びません。

 

 

 

最近は自由度の低い運動ばかりやるので

身体が自由に動かない子が多いです。

 

 

 

 

さてここまでで

上手な人を真似しても

いい人とダメな人がいる事が

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

でもこのままだと

 

 

「上手い人の滑りを

 真似しないで、

 何を参考にすればいいの?」

 

 

となってしまいますよね。

 

 

または

 

 

「自分が上手く真似できているのか

 滑っている時はわからない」

 

 

という人もいるはずです。

 

 

 

では上手な人の真似をする時の

練習法をお伝えします。

 

 

 

 

真似をするなら●●●で!

 

 

どうすればマネすることが

上達に繋がるようになるか?

 

 

その方法はズバリ、

 

 

 

鏡の前で一度真似をしてみる!

 

 

 

という事です。

 

 

 

 

 

 

あまりにも普通の事で

拍子抜けしたでしょうか?

 

 

 

 

 

しかし実際きちんと

鏡を利用して

自分の真似できるレベルを

把握しているケースは少ないです。

 

 

 

 

面倒ではありますが、

この一手間があるかないかで

スキー上達はまるで違います。

 

 

 

何故なら

【真似しても上達しない人】

【真似する事で逆に滑りが狂う人】

は頭でイメージした動きと

鏡映った自分の動きに

かなりのイメージギャップがあるからです。

 

 

 

おすすめは

 

 

 

鏡を見ながらやるよりも

目をつぶって、

イメージした形をとり、

パッと目を開けて確認する

 

 

 

 

という方法です!

 

 

 

なぜなら見ながら行うと

その映像を見て

微調整してしまうからです。

 

 

 

ですから目をつぶって行い、

 

 

 

「これで出来ているだろう」

 

 

 

と思ってパッと目を開けて

本当に脳内のイメージが

鏡に映し出されているか

確認しください。

 

 

 

大抵が

 

 

「あれ?全然違うじゃん・・・」

 

 

となるはずです。

 

 

 

これは雪上でも、

 

 

・ビデオのディスプレイをひっくり返して

 鏡代わりにする

 

・誰かにスマホを持ってもらって

 自撮りモードにして鏡代わりにする、

 

・レストハウスのガラスを鏡代わりにする

 

・誰かのミラーゴーグルを

 鏡代わりにする

 

 

 

 

でもOKです。

 

 

サポートメンバーの方は

よくご存じだと思いますが

レッスンでもよくやってもらい、

そのイメージギャップに驚きますよね。

 

 

 

それぐらい脳内と実際の動きの

イメージギャップは大きいです。

 

 

 

目をつぶって

イメージしたかたちを取り、

パッと目を開けた時の

自分のフォームはどうでしょうか?

 

 

 

 

雪上では

その鏡に映ったフォームを

常に染み込ませている

ということになります!

 

 

 

 

 

この様に

真似する事がいけないのではなく

 

 

 

真似してはいけない状態の人が

真似する事が良くない!!

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

 

まずは鏡の前で

自分が真似をしていい状態なのか

しっかり確認してから

上手な人の真似をしてみてくださいね!

 

 

 

スキー技術 トレーニング論

スキーが上手くなる人は出来ている【板の動きを考える】とは? 285

読了までの目安時間:約 9分

 


スキー上達において

難しい感覚の一つが

 

 

 

主役が『板』なのか『自分』なのか?

 

 

という部分です。

 

 

 

『主役』『主語』

置き換えてもいいかもしれません。

 

 

どういう意味か分かるでしょうか?

 

 

 

例えば、

小回りをする際に

トップ選手の中でも

 

 

『板を左右に動かす』

 

 

という人と

 

 

『板が動くポジションにいる』

 

 

という人に分かれます。

 

 

 

前者は

『自分』が板を動かす

という事ですので

主語は『自分』ですよね。

 

 

 

後者は

ポジションやフォームさえ作れば

あとは『板』が勝手に動いてきてくれる

という感覚ですので

主語は『板』です。

 

 

 

・板をたわませて走らせる

・板がたわんで走る

 

 

という違いも同じです。

 

 

 

正直トップ選手達にとっては

どちらでもいいと思います。

 

 

なぜならどちらの感覚を言っていても

結果的には同じように

キレのある良いターンができるからです。

 

 

 

むしろ両者とも同じ動きをしていますし。

 

 

しかし、スキー上達に悩む

スキーヤーにとっては

非常に重要な問題です。

 

 

 

 

私が見る限り、

なかなか思い通りに滑れない

スキーヤーの多くは

 

 

 

主語が自分になって失敗している

 

 

 

からです。

 

 

なぜ主語が自分になると

失敗しやすいのでしょうか?

 

 

 

自分主体で考えると失敗する理由は?

 

 

 

スキーの動作を考えるうえで

自分がどう動くか?

という部分ばかり考えていると

失敗しやすい理由とは

ずばり・・・

・・・

・・・

 

 

 

 

 

【内力】でスキーをする事が

ベースになるからです!

 

 

 

 

内力でスキーをするとは

自ら出す力を中心に

スキーを考えるという事です。

 

 

 

板を動かす(まわす)というイメージは

脚の筋力で板をグリグリと

動かすイメージがわきませんか?

 

 

 

一方で板が主語の場合、

自分がグリグリ動かすよりも

良いポジションにいれば

板が勝手に動いてくれる

イメージだと思います。

 

 

 

実はこの板が動くというイメージには

隠れたもう一つの主語が

存在することに

気付いたでしょうか?

 

 

もうお気づきかもしれませんが

そう、【外力】です。

 

 

 

主語が板とお伝えしましたが

板自体が生きているわけではないので

勝手には動きません。

 

 

自分で動かしているわけでもなく

板自身が勝手に動いているわけでもない、

そうなると出てくるのが外力です。

 

 

外力が板に力を加えて、

あたかも板が勝手に動いている様に

感じさせるのです。

 

 

以前からメルマガでも

お伝えしていますが、

スキーは外力を利用することが

非常に重要なスポーツです。

 

 

 

ですから自ら動かす(内力)の

イメージと

板が動く状態にして

あとは勝手に動いてくれる(外力)

のイメージでは

結果が大きく異なります。

 

 

 

因みにトップ選手は

後者の外力イメージでも

「自分が板を動かす」

というように

主語を自分で表現するケースがあるので

鵜呑みにしないように

気をつけたいところですね。

 

 

 

少しややこしい内容でしたが

理解できたでしょうか?

 

 

 

いまいちピンとこない

という場合のために、

あなたが

【内力ベースか?】

【外力ベースか?】

分かる、具体的なチェック方法を

ご紹介しますね!

 

 

●●が苦手な方は・・・

 

 

 

 

内力と外力、

どちらをベースに

スキーをしているかわかる

簡単な方法があります。

 

 

 

それは

・・・

・・・

・・・

・・・

 

 

 

 

 

低速小回りです!!

 

 

あなたは低速小回りは

得意ですか?

 

 

 

低速小回りは苦手だという

スキーヤーの方が

圧倒的に多いです。

 

 

 

確かに低速で板をクルクル回すのは

難しいですよね。

 

 

 

この低速小回りが

綺麗にできるかどうかで、

ある程度、普段から

主語が自分なのか?

板のなのか?

 

 

 

言い変えると

内力ベースなのか?

外力ベースなのか?

が分かります。

 

 

 

なぜなら低速小回りは、

 

 

 

微量な外力を上手く使わないと

出来ない種目だからです!

 

 

 

 

低速小回りが上手く出来ない

スキーヤーの方の多くは

自らの力、つまり内力で

一生懸命板を回そうとします。

 

 

 

しかし実際は

その動作がブレーキになって

スピードが止まってしまったり、

板が思う様に返ってこず、

結果ターンが大きくなってしまいます。

 

 

 

一方で外力をベースにしている人は

その場で板がクルクルと回ります。

 

 

 

これは【低速】という部分がミソで、

低速という事は外力が少ないため

よほど効率的に外力を使えないと

低速での小回りはできないからです。

 

 

 

ある程度スピードがあると

小回りができるけど、

急斜面(高速)だと暴走して、

緩斜面(低速)だと板が止まる

という人は、

外力を上手く使えていないケースが大半です。

 

 

 

丁度シーズンイン時期などは

コース幅も狭く、距離も短いため

低速小回りをする機会が多いと思うので

ぜひ試してみて下さいね。

 

スキー技術

スキーが上達する為に【感覚】と【理論】を繋げて考える! 284

読了までの目安時間:約 10分

 


前回までの記事で

感覚的な指導(情報)と

理論的な指導(情報)の

メリットデメリットを

お伝えしてきました。

 

 

まだ読まれていない方はこちらから

【感覚的】なスキー上達指導のメリット、デメリット 282

【理論的】なスキー上達指導のメリット、デメリット  283

 

 

滑りが変わらないと

悩んでいるスキーヤーの多くは

 

 

 

感覚的すぎると

【説明不足】【理解不能】

と感じ、

 

 

理論的すぎると

【細かい】【意識する事が多すぎ】

【言われたことをやってるけど出来ない】

 

 

といったように

感覚的に言われても

理論的に言われても

どっちにしろ上達しないという状況に

陥ってしまいます。

 

 

 

ではどのように

スキー技術の指導、情報を得れば

スキー上達に繋がるのか?

 

 

 

それは

 

 

 

感覚と理論の

グラデーションを

自分の必要な状態にする

 

 

 

です!

 

 

 

感覚と理論を繋げて考える

 

 

まずは感覚と理論は

別物ではなく

繋がりのあるものだという事を

理解する事が重要です。

 

 

 

感覚 ⇔ 理論

 

 

といった感じですね。

 

 

 

例えば

『ポジション』

ですが、

感覚的に言えば

 

 

・スッと乗る

・グッと乗れるところ

・ただ板に乗るだけ

・いいポジション

・重みが抜けない場所

 

 

といった言い方があります。

 

 

これをもう少し

理論に近づけると

 

 

・板の真上に乗る

・板に力が一番伝わる場所

・板に一番力が伝わる脚の長さ

・前後左右どこにでも動ける状態

 

 

といった内容が出てきます。

 

 

さらに

理論的にしていくと

 

 

・上体の角度はこれぐらい

・足首、膝、股関節の角度はこれぐらい

・足裏の荷重点はここ

・スネがブーツに触れる強さはこれくらい

・腕の位置はこれぐらい

・手首の角度はこれぐらい

・ターンのフラットでは・・・

・ターン前半では・・・

・ターン後半では・・・

 

 

と細かくなっていくわけです。

 

 

 

言い変えると

スキー上達に必要な情報が

集約化、統合化、簡略化

していくほど感覚になり

 

 

細分化、分割、詳細化

していくほど理論的になります。

(例:ターンのこのタイミングで

  この関節をこの方向に

  これぐらい動かす)

 

 

 

これを行ったり来たりして

自分にあう丁度いい濃度の情報を

手に入れられると

スキー上達が効率的になっていきます。

 

 

 

もう少し分かりやすく言うと、

 

 

 

感覚的に行っていても

上手くいかない場合は

もう少し細かく

動かす関節、方向、タイミングなどを

突き詰めていく

 

 

 

理論的におこなっても

上手く出来ない場合は

一度頭をクリアにして

どういった感覚で行えば

その理論通りの動きになるか

試してみる

 

 

 

といった感じですね。

 

 

 

あなたに今必要なのは感覚か理論か?

 

現に私も指導の中で

受講者の方にとって

新しい動きや

なかなかできない動きに対して、

まずは

 

 

『この部分をこうやって動かして欲しい、

 なぜならこういった理由だから』

(理論寄り)

 

 

に伝えてみて、

そこで上手くいけば

 

 

「その動きです!

 因みにどんな感覚で

 今の動きを行っています?」

(感覚への変換)

 

 

と伝えてみたり、

上手くいかない場合も

 

 

「いまどんなイメージで動かしていますか?」

(もしくはこんなイメージで

動かしていませんか?)

(感覚の確認)

 

 

 

「もうすこしグッと言うよりは

 スッと力を抜くイメージで

 いまの動きをしてみてください」

(感覚寄り)

 

 

 

と理論と感覚のグラデーションを

意識しています。

 

 

 

 

ですからものすごく

理論的な内容のレッスンの時もありますし、

ジュニア選手の時などは

 

 

「そうそうグッと乗ったら

 そのままスッと動けてると

 グンッと板が返ってくるでしょ?」

 

 

と宇宙人同士の時の会話もあります(笑)

 

 

 

あなたが

指導を受けたり、

滑りを改善する為の情報を

持っているにもかかわらず、

効果が表れない場合は、

感覚的か理論的かの

どちらかにその情報を

シフトしてみてください。

 

 

 

質問をして感覚的か理論的にシフトする

 

 

特に指導を受けている場合は

自ら結論を出さなくても

質問する事で

解決の糸口がつかめるかもしれません。

 

 

 

例えば

もっと【外脚に乗って】と

指導されるのであれば、

 

 

「外脚に乗るって

 実際先生(コーチ)は

 どんな感覚で行ってますか?」

 

「外脚に乗るって

 ざっくりいうとどんなイメージですか?」

 

 

と【外脚に乗って】という指導を

感覚的にシフトする質問をしてみる。

 

 

 

逆に

 

 

「外脚に乗るって

 具体的にどの関節を動かせばいいですか?」

 

 

「私が外脚に乗れない理由って

 具体的にどんなことを

してしまっているからですか?」

 

 

と【外脚に乗って】という指導を

理論的にシフトする質問をしてみる。

 

 

 

 

といった様に

何度言われても出来ない事は

自ら質問をする事で

すこし感覚的か理論的かに

ズラシてみると

新しい気づきがあるかもしれません!

 

 

 

 

もちろん指導を受けていなくても

持っているスキー上達の情報を

少し感覚的にまとめてみる、

理論的に深堀してみるといったように

『感覚と理論のグラデーション』を

変えてみてくださいね!

 

スキー技術

【理論的】なスキー上達指導のメリット、デメリット  283

読了までの目安時間:約 9分

 


あなたはスキーの指導を受けたり、

上達方法を考える時

 

 

【感覚的】なものと

【理論的】なもの

どちらが分かりやすいでしょうか?

 

 

当然ですが

どちらにもメリットとデメリットがある為

一概にどちらがいいとは言えません。

 

 

前回の記事では
感覚的な指導の

メリット・デメリットを

お伝えしました。

 

まだ読まれていない方はこちらから

【感覚的】なスキー上達指導のメリット、デメリット 282

 

 

もちろん一流同士での
会話の中では、感覚的な表現だけでも
成立するかもしれません。

しかし感覚は人によって違いますし、
何より一流選手の感覚は
一般的なスキーヤーは
共有できません。

そこで必要となってくるのが
理論的な指導です。

 

理論的な指導のメリット、デメリット

 

理論的な指導のメリット

理論的な指導の
特徴の一つが

 

【具体的】

 

という部分です。

例えば

「外脚にグッと乗って」

と指導されても
いまいち何をしていいか
分らない人でも

「外脚は、股関節と膝を
 これくらいの角度に曲げて滑ってください。
 
 その際足を伸ばすとこの角度が崩れるので
 気を付けてくださいね。」

と言われたら
誰しもイメージが
できるのではないでしょうか?

人によって
股関節がどこにあるか
違うわけでもなければ
角度の基準が違うわけでもありません

このような万人に共通する
絶対的な尺度で伝える事は
人によって伝わり方が変わる事が
少なくなります。

さらに理論的というのは
ただ具体的に伝える事だけではなく

なぜその動作をするのか?

という理由も伝えるのがポイントです。

例えば

「外脚に乗る為に
 股関節と膝をこれぐらい曲げる理由は
 一番筋力が出る角度だからです。

 それ以上曲げてしまうと
 脚の筋力が発揮しづらく、
 負荷に耐えられません。」

と先ほど指導に理由が加わると
相手に対して、
動きの具体的なイメージだけでなく
もう一つ重要なものが生まれます。

それが

【納得】

です。

人はなるべく行動に対する
理由が欲しい生き物です。

その理由が明確になると
納得をして、
ただ指示されるよりも
その行動を行いやすくなります。

やる事の意味が分からなければ
動けないタイプの人は
この部分はとても重要です。

因みにこの

理由の部分がないと
具体的な指導ではあっても
理論的な指導ではない事があるので
気をつけたいところです。

一見すると
この理論的な指導の方が
具体的で理由も明確な為
迷うことなく、
上達出来そうな気がします。

しかし当然お伝えしている通り
デメリットもあるわけです。

 

 

理論的な指導のデメリット

 

 

まず理論的な指導で
もっとも難しいのが

情報が
細分化、分割、詳細化
に進んでいく

という部分です。

一般的には、
細かい部分まで
指導をしてもらった方が
上達しやすそうなイメージがあります。

しかし実際は
細かすぎると
意識しなければいけない事が
増えてしまい、
かえって思う様に
動けなくなるケースが多いです。

例えば外脚に乗るという
動作一つをとっても

ターンのどのタイミングの話か?
どこの関節の話か?
動かす方向はどちらか?
その角度、スピードは?
そうしなければならない理由は?

といった部分を
細分化していくと、

・じゃあ他のタイミングでは?
・他の関節は?

と情報が増えていくので
全てを意識するのは
どんどん難しくなってきます。

そうなると
頭がパンクして

「そんなに全部できない!!!」


となりますよね。

スキーに限ったことではないですが
スポーツは色々な動きを
同時かつ連続的に行います。

要は

『点ではなく線であり
 その線が複数ある事で絵になる』

といった感じです。

しかし具体的にすればするほど
点に近づいていくため
描きたい絵(イメージした滑り)が
見えなくなっていきます。

次のデメリットは

 

 

 

応用が効かなくなるリスク

 

 

 

です。

先ほどの外脚に乗るという例にもあった様に

このタイミングでは
この関節は
この方向に
これ位の角度で

といった具体的な指示は
明確でイメージしやすいです。

しかしその一方で
斜度、雪質、板の性能、
描きたいターン孤などなど
目まぐるしく変わる条件の中で
これが正解だと思い込み
常に同じ動きをしてしまいます。

よくバッジ検定で

「雪質に合った滑りをしてください」

という言葉を聞きます。

理論的でこれが正解なんだと
思い込んでいるスキーヤーの方ほど、
この雪質に合わせた滑りというのが
苦手な傾向にあります。

厳密に言えば
全く同じ動きをする
ターンは一つしてありません。

同じ動きをしている様に見せる為に
微妙に違う動きをしている

というのが真意です。

そして最後に厄介なのが
理由を求めていないケースがある
という事です。

受講者によって
求めていることは違います。

指導者が理論を伝えようと
一生懸命頑張っても
当の本人は

「そんな難しい事いいから
 とりあえずやり方だけ教えてよ!」

と思っている可能性もあるという事です。

その場合理論的な指導をすればするほど
まどろっこしいなと感じてしまいます。

この様に
理論的な指導にも
様々なデメリットがあります。

特に、理論的な指導を受けているのに
スキーが上手くならないケースの多くは
ある一つの部分だけ注目してしまい
全体が見えてないケースです。

理論的には合っているけど
そこだけでは
滑りは変わらないという事ですね。

では感覚と理論、
一体どちらの指導(情報)を
受ければスキーが上達するのか?

 

 

次回の記事は

その部分に触れていきたいと思います。

 

スキー技術 未分類

【感覚的】なスキー上達指導のメリット、デメリット 282

読了までの目安時間:約 12分

 


スキー上達を考える時に
感覚派か理論派かに分かれると
よく言われています。

 

 

 

 

あなたは
感覚派と理論派どちらでしょうか?

 

 

 

自分で分からなくても
どんな指導が好きかで
分ってきます。

 

 

 

「外脚にしっかり乗る為には、
板の上に真っ直ぐ立つポジションで
ガッという感じではなく
グッという感じで乗ってきてください」

 

 

 

といった様な感覚を言われた方が
分かりやすいのか?

 

 

 

「足首、膝、股関節が
均等な角度を保ちながら
股関節から角付けをして、
さらに足裏の荷重点は
脛骨の下を意識しながら・・・」

 

 

 

といった感じの方が
分かりやすいのか?

 

 

 

今回の例は
感覚的な内容と
理論的な内容の
かなり極端なものですが、
どちらがいいかは
何となく好みがわかれるはずです。

 

 

 

ただ厄介なことに

 

 

 

「どちらか自分に合うで
 指導を受ければ
 スキーが上達するか?」

 

 

 

と聞かれたら
そうではない事は
すでにお気づきだと思います。

 

 

 

なぜなら
感覚的な指導にも
理論的な指導にも
メリット、デメリットが
あるからです!

 

 

 

まずは
感覚的な指導のメリット
デメリットについてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

感覚的な指導のメリット、デメリット

 

 

 

感覚的な指導のメリット

 

 

 

 

感覚的な指導における
一番のメリットは

 

 

 

情報が
集約化、統合化、簡略化
されている

 

 

 

という事です。

 

 

 

例えば『外脚に乗る』
という動作に対して

 

 

 

・股関節の角度はこれぐらい
・膝の角度はこれぐらい
・足首の角度はこれぐらい
・右手の位置はここ
・左手の位置はここ
・上体の丸みはこれぐらい
・目線の向きは
・・・・
・・・・

 

 

 

 

具体的な指摘をしていくと
キリがないですよね。

 

 

 

そこにさらに
どのタイミングで?
そう指摘する根拠は?

 

 

 

と理論の追及に入っていくと
それこそ無限に細分化できます。

 

 

 

それを感覚の指導は
たった一言

 

 

 

『グッと乗ってきて』

 

 

 

という言葉に
情報が詰め込まれています。

 

 

 

 

簡単な言葉の裏には
驚くほどの情報量が
あるという事です。

 

 

 

 

 

 

 

理論的な指導ばかりですと
意識しすぎる事が多すぎて
動きがちぐはぐになり、
言われていることを行っているのに
現実のパフォーマンスには
全く繋がらないケースが多いです。

 

 

 

 

特にジュニア選手の場合は
大人の指導者とは語彙力も違う為、

 

 

 

 

「グッと乗ってきて」
「スッと動いて」
「ガッだと強すぎるよ」

 

 

 

 

 

といった感覚的な指導の方が
合うケースが大半です。

 

 

 

 

もちろん大人の方でも
理論であれこれ悩んでいる時に
いったん頭をリセットして、
シンプルに感覚で動くと
上手くケースも多いので
ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

ただ当然のことながら
感覚的な指導のデメリットも
多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

感覚的な指導のデメリット

 

 

 

 

先ほど感覚的な指導には

少ない語彙の中に

大量の情報があるという事を

お伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

感覚的な指導で有名なのは
元読売ジャイアンツ監督の
ミスタープロ野球こと
長嶋茂雄さんですね。

 

 

 

 

「球がこうスッと来るだろ」
「そこをグゥーッと構えて腰をガッとする」
「あとはバッといってガーンと打つんだ」

 

 

 

 

「ボールがキューッとくるだろ」
「そしてググッとなったら
 ウンッっと溜めてパッ」 

 

 

 

 

「ピシっとして、パーンと打つ」 

 

 

 

 

といったように
感覚指導の代表的な物です。

 

 

 

 

この指導の裏には

 

 

 

 

股関節はこうで
骨盤はこうで
その際足裏の位置はここで
タイミングは
・・・・

 

 

 

 

といった
大量の情報があるわけです。

 

 

 

 

特に一流選手になればなるほど
一瞬でたくさんの動きをしている為
感覚的に動かなければ
処理できません。

 

 

 

 

ただこれで伝わればいいのですが
殆どの方は
頭の上に『?』が浮かんでしまいますよね。

 

 

 

 

その理由は

 

 

 

 

感覚は絶対的な基準がなく
人によって異なる

 

 

 

 

からです。

 

 

 

 

これこそ
感覚的な指導の
一番のデメリットとも言えます。

 

 

 

 

先ほどお伝えした通り
感覚は人によって様々です。

 

 

 

 

ですからある程度
同じ感覚を共有していないと
同じ指導内容でも
全く違う事を行ってしまいます。

 

 

 

 

 

例えば
『外脚にグッと乗る』
という指導でも
人によって

 

 

 

 

・地面を押す感じ
・足を伸ばす感じ
・足を曲げる感じ
・太ももに力が入る感じ
・お尻に乗る感じ
・お腹に力は入る感じ
・・・
・・・

 

 

 

 

 

と大きく異なります。

 

 

 

 

 

冒頭でお伝えした通り
一流選手になるほど
様々な動きを無意識的に行っている為
感覚が強くなります。

 

 

 

 

 

しかし一般スキーヤーにとっては
そもそもの土台が違う為
いくら感覚的に指導されても
共有ができません!

 

 

 

 

・外脚に乗る
・板の真上にたつ
・ターン前半から捉える
・トップで捕まえる
・板をたわませる
・板を立てに踏む
・板を走らせる
・落下を利用する
・・・
・・・
・・・

 

 

 

 

などなど
指導でよく聞くワードの大半は
感覚的な物が強く
何となくイメージはできるものの
具体的に何を行っていいのか
分かりません。

 

 

 

 

感覚的な指導が苦手な人の多くは
このデメリットに
はまっているからです。

 

 

 

 

 

この様な場合は、
感覚的な部分を
もう少し具体的に
どうすればいいのか分かる
理論的な指導が必要です。

 

 

 

 

 

それでは次回の記事で
理論的な指導のメリットを
お伝えしていきますね!

 

 

 

スキー技術 未分類

スキー上達を左右する!スキー教師とスキーコーチ、あなたはどちらに教わる? 280

読了までの目安時間:約 15分

 


 

スキーがもっと上手になりたい!

 

 

 

そう思った時に取る

選択肢の一つに

 

 

【誰かに教わる】

 

 

というものがあります。

 

 

 

一般的にまず思いつくのが

各スキー場にある

スキースクールに入ることですよね。

 

 

 

その他にも、

各チームが開催している

練習会や

トップ選手が行っている

キャンプなど、

スキー界にはどこで教わるか

といった選択肢が数多くあります。

 

 

 

しかし選択肢が数多くあるゆえに

一体どこで習えばいいか

悩んでしまいますよね。

 

 

 

このどこで教わるかという選択肢は

 

 

あなたの今後のスキー人生を

大きく左右する

 

 

と言っても過言ではありません。

 

 

 

なぜなら多くのスキーヤーが

色々なところに習いに行っても

スキーが上達しないと

シーズンを棒に振って

悩んでいるからです。

 

 

 

この様な話を聞くと

 

 

 

「どうせ習うなら

 きちんとスキーが上達するところで

 習いたい!」

 

 

 

と思いますよね。

 

 

 

でも実際に選ぶとなると

何を判断材料にしていいか

分からないかもしれません。

 

 

 

そこで今回は

あなたが効率よくスキーが上達できる

指導者の見分け方について

お伝えしていきます。

 

 

 

ティーチングか?コーチングか?

 

 

まずしておかなければいけないのが

単純にスキー指導といっても

ティーチングとコーチングの

大きく2つに分かれるという事です

 

 

 

よくティーチングとコーチングも違いは

ビジネスでの人材育成などでも

使い分けが重要視されていますが

当然スキーにおいても重要です。

 

 

 

この使い分けは

本などでもたくさん出ていますが、

今回はスキーを例にしてお伝えして

いこうと思います。

 

 

あなたに今必要なのは

スキー教師か

スキーコーチか

是非考えてみてください。

 

 

 

 

ティーチング

 

学校の先生を

ティーチャーという様に

日常生活においても

なじみがある言葉ですよね。

 

 

ティーチングとは、

知っている人が知らない人に教える、

できる人ができない人に教える指導法です。

 

 

基本的には自分が持っている

知識や技術、経験などを

相手に伝えることですので

 

 

指導者 → 受講者

 

 

といった一方通行の

コミュニケーションとなります

 

 

「外脚に乗るには

 外肩を落とさなければなりません!」

 

 

というのはティーチングですね。

 

 

 

コーチング

 

コーチ、コーチングという言葉も

なじみがある言葉ですが、

どちらかというと、

スポーツで使われますよね。

 

 

ただスポーツ界においては

コーチの事も先生とも呼ぶので

その境界線が曖昧になっているのが

現状です。

(学校の先生の事を

コーチとは呼びませんよね)

 

 

 

コーチングでは、

基本的に「教える」「伝える」ことが

メインではありません。

 

 

 

その代わりに、質問をする事で

相手の感覚や意識、考え方を知り

次に行う行動の選択肢を引き出します。

 

 

※コ:コーチ

 受:受講生

 

 

コ「今の滑りをビデオで見て

  何が一番直したいと感じますか?」

 

受「うーんなんか身体全体が

  内側に傾きすぎている感じがします」

 

コ「確かにそうですね。

  内側に倒さない為に

  一番イメージしやすいのは

  身体のどこですかね?」

 

受「下半身というよりは、

  上半身、外肩辺りを落としていく感じが

  一番イメージしやすいかも」

 

コ「じゃあ次は、外肩をさっきより落して

  滑ってみましょう!」

 

 

これがコーチングですね。

 

 

この様に

 

指導者 ⇔ 受講者

 

といった双方向の

コミュニケーションになります。

 

 

 

 

上記の様に

『外脚の乗る=外肩を落とす』という

同じ指導内容でも

ティーチングとコーチングでは

そこまで道筋が違います。

 

 

 

またティーチングは

その指導者にとってはそれが正解の為

そこで終わりです。

 

 

 

しかしコーチングの場合は

もし外肩を落とすがダメなら

そとわき腹を潰すでもいいですし、

もっと違うところから

アプローチする選択も取れるわけです。

 

 

 

ここまでを見ると

何となくコーチングの方がよさそうですが

もちろんデメリットもあり、

ティーチングの方が良い場合もあります。

 

 

次はコーチングとティーチングの

メリットデメリットについて

お伝えしていきますね!

 

 

 

ティーチングのメリット、デメリット

 

ティーチングのメリット

 

ティーチングのメリットは

指導者側からすれば

何よりも集団指導に必要です。

 

 

 

集団レッスンで

いちいち一人一人質問して

それぞれに違った練習を行っていたら

大変なことになりますよね?(笑)

 

 

受ける側のメリットは

自分で考えたり、

思考錯誤する時間を最低限に抑え

生産性が高まります。

 

 

また、とりあえずこれやって!

といったスピードを求められる時にも

有効です。

 

 

伝える内容が

 

 

 

・正解が明らかな事

 

・基本的な知識

 

・相手が全く知らない内容

 

・大勢に共有して欲しい意識

 

 

 

などに関してはティーチングが向いています。

 

 

 

ティーチングのデメリット

 

指導者側からみた

ティーチングにおける

最も大きなデメリットは

教える側の知識や経験に左右される割合が

非常に大きいという事です。

 

 

 

教える側が持っていること以上を伝えたり、

引き出したりできません。

 

 

 

まぁ多くの指導者の場合は

あまりデメリットに

感じていないかもしれませんが(汗)

 

 

それよりも

受講者側のデメリットの方が

大きいかもしれません。

 

 

まず教えられる人の個性は

関係なくなります

 

 

理屈から入りたい人もいれば

感覚で伝えて欲しい人もいますよね?

 

 

 

でも教える側と

違うタイプの人にとっては、

役に立たなかったり、

苦痛や労力を伴う場合が

あるという事です。

 

 

また受講生側は受け身になりやすく、

モチベーションや行動量といった

自主性を引き出すのは

難しい場合があります。

 

 

これがティーチングの

メリットデメリットです。

 

 

 

コーチングのメリット、デメリット

 

コーチングのメリット

 

コーチングのメリットは

何といっても

 

 

相手の事を理解することができ、

個人個人に合わせた指導

 

 

ができる事です。

 

 

基本的にこちらの正解を

伝えるのではなく、

受講者の方にも考えてもらう部分が多いため、

考える力や理解度の質が高まり、

自主性や達成感を

感じてもらいやすくなります。

 

 

当然受講者側からみても

自らにあった指導法を受けられる、

そして自らも考えて課題に取り組む事で

上記のメリットは非常に重要です。

 

 

何よりその後に

新たな課題があらわれた時も

自ら考える力がついている為

解決策をある程度自分で導き出せるように

なっていきます。

 

 

現にサポートメンバーの方の多くは

最初のころに比べて、

 

 

「滑りで出るこの癖は

 ここの部分の使い方が

 悪いせいですかね?」

 

 

「それってこういったストレッチで

 よくなると思って取り入れているんですが

 大丈夫ですかね?」

 

 

と正解を導き出す力が

非常に高くなっていきます。

 

 

そんなコーチングにも

勿論デメリットがあります。

 

 

 

コーチングのデメリット

 

 

まず指導者側の

大きいデメリットは

一度に大勢の方に対して

指導するのが難しいという事です。

 

 

 

集団指導がメインの

スキー界にとって

コーチングは

簡単にできるものではありません。

 

 

 

もし集団指導に取り入れるとすれば

目的や課題が

ある程度同じ集団になるように

する必要があります。

 

 

一般的なレッスンですと

 

 

対象者:スキー検定1級レベル

 

 

といった感じですが、

 

 

対象者:いくら足首を意識しても

    滑り出すと緊張感が失われてしまう

    一般基礎スキーヤー

 

 

といった感じで

細かくしていけばしていくほど

こちらかの質問が統一化できます。

 

 

また受講者側に

全く課題に対する知識や経験がないときには

コーチングはあまり使えません。

 

 

例えば

 

Aさん:

X脚シルエットで悩んでいて

なぜX脚シルエットがいけないのかも

ある程度知っており、

それに対する練習を行ってきたけど

なかなか直らない・・・

 

 

Bさん:

何だか検定で合格点が出ないけど

自分の滑りがどうなっているか

よく分からない

 

 

といった場合

Aさんには、コーチングは有効ですが

Bさんには、コーチングをしても

なかなか答えを導き出せないと思います。

 

 

受講者側からしても

そんなこと質問されても分からないよ・・・

と苦しさや反発を感じたり、

自信を失ってしまう可能性もあります。

 

 

 

この様にコーチングにも

ティーチングと同じように

メリット、デメリットがあるわけです。

 

 

 

ですから使い分けが

非常に重要なんですね。

 

 

ではあなたにとって

ティーチングとコーチング、

いま必要なのはどちらでしょうか?

 

 

次回の記事は

そこを判断する方法を

お伝えしますね!

 

スキー技術

スキー上達のポイントは、トップ選手の●●に隠されている  279

読了までの目安時間:約 14分

 


スキーの上達の為に、

トップ選手のキャンプや

スキースクール、

または上手な友人から

指導を受ける事があると思います。

 

 

 

しかしその多くは

言われていることを

意識して滑っても

なかなか滑りが変わらない・・・

 

 

 

という結果ではないでしょうか?

 

 

 

この様になってしまう原因の一つに

 

 

スキー上達のポイントを

伝えてもらっていない!

 

 

 

という事があります。

 

 

 

「えっ、上達のポイントを

 伝えないなんて

 とても意地悪じゃないですか!」

 

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

しかし伝えてもらえないのには

理由があります。

 

 

 

 

それは

 

 

 

本人は無意識で行っているから

 

 

 

です。

 

 

 

無意識で行っていることは

本人も気づいてないので

当然伝えようとも思いません。

 

 

 

あなたがもし、

【走り方】を教えて欲しいと

頼まれたら何を教えますか?

 

 

きっと

 

・手の降り方

・モモの上げ方

・歩幅

・・・

・・・

 

といった部分だと思います。

 

 

 

その中に、

 

 

・転ばない様にするには?

・手と足は左右逆を出すには?

・片足づつ着地するには?

 

 

といったものは

入りませんよね?

 

 

当然ながら

無意識で当たり前に行っていることは

伝えようとも思わないはずです。

 

 

 

スキーも全く同じで

トップ選手やコーチ、

上級者の人にとって

無意識で行っている

当たり前の事は

伝えようとも思いません。

 

 

 

しかしこれが

大きな問題となります。

 

 

なぜなら

 

 

 

スキー上達のポイントは

その無意識で行っている動作に

隠れていることが

ほとんどだからです!

 

 

 

つまりあなたが

本当に伝えて欲しい事の多くは

無意識の中にある為

伝えてもらえないという事です。

 

 

 

そうでなければ

伝えてもらったポイントを意識すれば

どんどん滑りが

変わっているはずですよね。

 

 

 

 

どうすれば無意識に隠れたポイントを伝えてもらえるか?

 

『できる人には、できて、

 知っていて当たり前

 でも、できない人はそこが知りたい』

 

 

という部分が満たされずに

スキー上達に悩むスキーヤーが

非常に多い事は

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

自転車に乗りたい人は

どうすれば転ばないのか知りたいのですが、

転ばない事が当たり前の人にとっては

どうして転ばないのか

本当の所自分ではよく分からないのです。

 

 

 

『できる人は、意識していないので

 教える時も、

 そこは教えない、教えてくれない

 

 でもできない人は、

 そこを知らないのでできない』

 

 

ではこの問題をどう解決していくのか?

 

 

 

もちろん指導側が

そこをきちんと把握していて

伝えてくれるのが一番ですが、

そうでない環境にいるのであれば

自分で何とかするしかありません。

 

 

 

そこで今回は

 

 

 

『出来る人は無意識で行っているから

 伝えてもらえない

 上達の肝を自分で見つけるポイント』

 

 

をお伝えします。

 

 

 

 

これは大きく2つの事から

見出すことが出来ます。

 

 

それは

 

 

【1】実際の起きている関節運動と

【2】行っている感覚

 

 

です。

 

 

①実際の起きている関節運動から見つける

 

 

実際に起きている関節運動とは

簡単に言ってしまえば

 

 

 

どの関節がどのように動いて

そのフォームを作り出しているか?

 

 

という事です。

 

 

 

あなたもきっと

こんなふうに滑りたいな・・・

という理想的な滑りがありますよね?

 

 

その理想の滑りで行われている

関節運動が自分の身体でもできるのか?

 

 

 

要は静止した状態で

そのフォームが作れますか?

 

 

という事です。

 

 

 

トップ選手や上級者の人が

とっているフォームを

実際に真似てみると、

その人が伝えてくれていない、

身体の使い方が見えてきます。

 

 

 

「指導では特別言われてないけど

 実際このフォームをとってみると

 腰は丸めるイメージだなぁ・・・」

 

 

「実際この姿勢を取ろうと思うと

 股関節が硬くて作れないなぁ・・・」

 

 

といった感じですね。

 

 

このように、自分にとって

知りたいポイントを見つけるには

自分の身体に聞いてあげた方が

早いです。

 

 

 

また、自分が何に

アプローチしなければいけないのかも

見えてきます。

 

 

A:関節運動はできるけど

(静止した状態では出来る)

実際滑ると出来ない

 

 

B:関節運動もできないから

 (静止した状態でもできない)

 実際に滑っても出来ない

 

 

このA、Bは

出来ないという結果は同じですが、

アプローチする部分は

まるで違います。

 

 

Aの場合は

その場で出来るわけないんだから

そりゃ滑っても

出来るわけないじゃん・・・

 

 

という事です。

 

 

しかし多くのスキーヤーは

根本的に出来ない事を

一生懸命、貴重な雪上滑走で練習します

 

 

 

しかしこのような内容を話すと

雪上での実際滑るのと

陸上で滑るのは違う

という意見もよくありますが、

それはその通りです。

 

 

でもどの関節が動いているかは

同じようにできます。

 

 

雪上でしか動かない関節なんて

人間にはありませんから。

 

 

ですからまずは

理想としている

滑りのフォームを真似してみて

 

 

そのフォームがとれる身体の状態なのか?

それをとる際に言われてないけど

この部分が難しい、

これは意識しないと出来ないぞ・・・

 

 

といった、

 

 

『伝えてもらってないけど

 自分には必要なポイント』

 

 

を見つけ出してください。

 

 

 

ただこの

 

関節運動を真似る

 

 

というのは

言うほど簡単ではないのも事実です。

 

 

 

なぜなら正面からではなく、

前後左右上下と

3Dで見ていかなければ

ならないからです。

 

 

 

また自分が同じ形を

取れていると思っても

全然違う関節運動をしていたり、

取れないことはわかったけど、

どうすれば取れるのか?は

身体の知識が必要となってきます。

 

 

 

②行っている感覚から見つける

 

さて、その場でまずは

理想のフォームがとれるようになれば

実際の滑りでもとれるのか?

 

 

 

というと

そういうわけではありませんね。

 

 

 

陸上では出来ても

雪上では出来ない・・・

 

 

という第2の壁に当たります。

 

 

その壁を超えるために重要なのが

『感覚』です。

 

 

そもそもその場で

そのフォームがとる事は

関節運動ができるかどうかの確認だけで

それは静止画を真似ているだけです。

 

 

 

 

実際のスポーツは

その静止画を連続して行う、

つまり動画として

行わなければなりません!

 

 

 

 

そうするとどんどん場面が変わるので

静止画の時ほど、

いちいち各部分を意識して

関節を動かせなくなります。

 

 

また静止状態とは異なり、

身体には様々な外力がかかります。

 

 

そこ利用したいのが『感覚』です。

 

 

 

出来ない動作を

選手や指導者は

どのような感覚で行っているのか?

 

 

グッと動かしているのか

スッと動かしているのか?

クイッと動かしているのか?

 

 

はたまた

縦方向なのか、

横方向なのか

前方向なのか?

 

 

といった

各関節運動を集約化した

『感覚』がここで役に立ってきます。

 

 

 

ひとつひとつ意識していると

出来ない事でも

感覚的に行えば出来るケースは

スポーツにおいて非常に多いです!

 

 

 

ただこの『感覚』を利用するには

前回お伝えした

関節運動はできる状態という

前提条件が重要です。

 

 

またその感覚で

出来ない場合は違う感覚の提案も

必要になります。

 

 

ですから私もレッスンでは

一つの動作に

何個も感覚の表現を用意し、

どの感覚がその方に一番良いのか

試してもらいます。

 

 

 

そしてその方が

上手く出来たときに

どんな感覚で行っているのか

教えてもらう事で

更なる感覚の引き出しが増えるわけです。

 

 

つまり教えているようで

教わっているんですね。

 

 

 

このように

 

 

 

① フォームを真似て関節運動の確認

 

 

② 感覚をとりいれてその関節運動を

  動きとして行う

 

 

 

という流れが

上級者が無意識で行っている事の中から

自分の上達に必要なポイントを知る

カギとなります。

 

 

 

この流れから分かってくると

レッスンの受け方や

情報のとり方も

少し変わってくるはずです。

 

 

 

勿論、冒頭でもお伝えしましたが

本当はあなたが見つけ出さなくても

それを教えてくれるのが

指導なんですが。。。

 

 

 

ぜひ今回の内容を使って

あなたにとって必要な

上達のポイントを

見つけ出してくださいね!

 

スキー技術

スキー上達法に使われる【外向傾は自然に出来る】というワードの落とし穴  278

読了までの目安時間:約 13分

 


よくスキーの上達において

出てくるワードに外向傾があります。

 

 

 

海外ではこの状態を

アンギュレーションといった

呼び方もしており

スキーにおいての

基本とされているケースが大半です。

 

 

 

しかし日本では

外向傾は要る、要らないと

意見が分かれている場合もあります。

 

 

今回の話は

要る要らないではなく

 

 

 

外向傾は必要だけど

つくりに行くものなのか?

自然と出るものか?

 

 

 

という点です。

 

 

 

 

自然に出来るものか?つくるものか?

 

 

トップ選手の多くは

 

 

 

外向傾は

つくりに行くものではなく

自然に出来るものだ

 

 

 

とよく言います。

 

 

 

スキーグラフィック2018年11月号に

大場朱莉選手の

ロングターンについての

特集記事にも

 

 

『間違えてはいけないのは

 外向傾はつくるものではなく

 自然にできるものだという事です』

 

 

と書いてあります。

 

 

 

しかしその一方で

きちんと外向傾を意識して!

という指導もあり、

どちらを信じればいいか

迷うところですよね。

 

 

あなたは外向傾を

意識しているでしょうか?

それとも意識していないでしょうか?

 

 

 

もうお分かりかもしれませんが、

意識していようがいまいが

現象としては

ある程度の外向傾は

滑っているとあるので

イメージ通り滑れていれば

どちらでもいいというのが結論です。

 

 

 

ただこれだと話が終わってしまいますので

スキー上達においては

どのように捉えていくのがいいのか

お伝えします。

 

 

 

 

多くのスキーヤーが当てはまらない【自然できる】

 

まず

 

 

 

『自然と作られるので意識しない』

 

 

 

という感覚は

その行為ができない

スキーヤーの多くには

当てはまりません。

 

 

 

よくよく考えてみると

わかるかと思いますが、

これって正しい外向傾が

『できる人』の感覚ですよね?

 

 

 

別の事に置き換えてみると

分かりやすいです。

 

 

 

・自転車はバランスを取ろうとするよりも

 サドルの真上にきちんと座れば

 自然とバランスがとれるものです。

 

 

・縄跳びは、縄を回そうとしなくても

 縄の重みを利用して手首を返せば

 自然と回せるものです。

 

 

・スキーで板を揃えるには

 足をそろえようと意識するのではなく

 きちんと両足の板にのれていれば

 自然と揃うものです

 

 

 

果たしてこれで

本当に出来るようになるでしょうか?

 

 

 

きっと自転車に乗る為には

最初の内は誰もが一生懸命

バランスをとっていたと思います。

 

 

 

縄跳びが飛べるようになるには

まずは腕をいっぱい使ってもいいから

大きく縄を回す練習を子供は行います。

 

 

 

ボーゲンからパラレルスタンスになる時は、

意識的に板をそろえようと

していたはずです。

 

 

 

このように

 

 

 

 

自然とできるという感覚は

ある程度その行為が

できる人前提の感覚

 

 

 

 

だという事です。

 

 

 

では具体的に

ある程度とは具体的に

どの程度からなのでしょうか?

 

 

 

【意識する】と【自然とできる】の境界線は?

 

出来る人にとっては

それでいいかもしれないけど

出来ない人は

そもそも自然に出来ないから

どうすればいいのか

悩んでいるはずです。

 

 

 

本当に自然にできるのであれば

スキーヤーは全員

自然に上手くなっています。

 

 

 

しかしその一方で

『自然にできるからつくりにいかない』

という感覚で本当に上達する人もいます。

 

 

 

では

 

 

 

『自然できるからつくりにいかない』

という感覚を

意識した方がいい人は

どのような人か?

 

 

 

まずこの感覚を意識した方がいい人は

大きく2つに分けられます。

 

 

 

1つ目は

 

 

 

①その動作を過度にやってしまう人

 

 

 

です。

 

 

 

要はその動作は『出来ている』けど

『やりすぎてしまっている』

という人ですね。

 

 

その場合は自然とできるから

つくりに行かなくてもいいよ

という感覚が合う場合があります。

 

 

 

普段滑っていて

外向傾が強すぎる

と言われている方は試しても

いいかもしれません。

 

 

 

2つめは

 

 

 

②意識しなくてもそうなる人

 

 

 

です。

 

 

 

そもそも外向傾が

必要かというよりも、

 

 

人体の構造上

正しく動けば

外向傾になる

 

 

 

のが自然です。

 

 

 

もう少し具体的にいうと

股関節を使って

骨盤を内側にスライドさせるには

真横に移動させるより、

外向傾にした方がやりやすいですよね?

 

 

 

ですから外向傾なんて意識しなくても

股関節を使えば

自然と外向傾になる人は

『自然と作られるものだから

つくりにいかない』

はまさにビンゴだという事です!

 

 

因みにこの状態に当てはまるのは

圧倒的に子供が多いです。

 

 

アルペンをやっている

ジュニアレーサー達は

ガンガン外向傾で滑っていますよね?

 

 

あれは意識しているというよりは

自然とああなっている

という意味合いが強いです。

 

 

以前1歳の息子の脇を抱えて

スキーをするように左右にスライドさせたら

勝手に外向傾が作られていました。

(しかもまさに自然な外向傾)

 

 

このように理論上だけでなく

実際に余計な事をしなければ

構造上そうなるんだな

ということを勉強させてもらいました(笑)

 

 

 

上記の2つのパターン以外は

基本的には

 

 

 

①『まず意識してつくる練習をする』

(なぜならつくれないから)

 

 

②『作れるようになったら

 つくる意識がなくても

 自然に作れるようにする』

 (もしくは勝手になる)

 

 

という流れがお勧めです。

 

 

 

 

【自然にできる】に潜む落とし穴

 

外向傾を過度に作ると

腰が外れて内脚に乗ってしまう、

お尻が落ちてしまう、

といった様々な弊害があるとされています。

 

 

 

ですから

『外向傾はつくりにいくものではなく

 自然とできるもの』

という感覚を伝えている

トップ選手が多いのも納得です。

 

 

しかしここで

一つ大きな落とし穴が存在します。

 

 

 

 

それは

 

 

つくらないように意識すると

内倒や、ローテーションなど

別のエラーが出てしまう

 

 

 

というケースです。

 

 

 

これは本当によくある話で、

何かを意識すると

また新たなエラーがあらわれるケースは

ほかの要素においても珍しくありません。

 

 

 

内倒やローテーションなどを

防ぐためには

外向傾は非常に重要なのですが、

そ子を意識するとまた

 

 

『つくるものではなく自然に・・・』

 

 

という理論がやってきます。

 

 

 

このように

あちらに行けばこちらが出来ない

といった

シーソー状態に陥ってしまうと

スキーの悩みは深まっていきます。

 

 

 

そういった場合は

そのシーソーから

一旦降りてしまう事が重要です。

 

 

 

例えば

外向傾を強くとると、

腰が外れて、

内脚に乗ってしまい

シェーレンになったり、

お尻が落ちて後傾になる

というエラーが出るとされています。

 

 

しかしよくよく考えてみると

外向傾が強くて

腰が外れているように見えても

外脚にしっかり乗って

ポジションも後傾にならない

人もいますよね?

 

 

アルペン選手は

シーンにもよりますが

かなり強めに外向傾とっても

外脚に乗れているし、

ポジションも前に出てきます。

 

 

このような事から

 

 

 

本当に外向傾が原因で

内脚にのって

シェーレンになったり、

お尻が落ちて後傾になっているのか?

 

 

もしかしたら別の部分が原因なのでは?

 

 

といったように

外向傾を意識する、しないといった

シーソーから降りる事が重要です!

 

 

 

 

そもそも注目すべき事が

ちがうということですね。

 

 

 

このように

本当にその人のスキー上達において

もっとも必要な要素に

取り組めていないケースは

珍しくありません。

 

 

 

 

もしあなたが

外向傾だけでなく、

ある事を意識すると

別の事エラーが起きる場合は

間違ったシーソーに乗っていないか

考えてみてくださいね!

 

スキー技術

スキー板をたわませる為に必要な、板を押す力を鍛えるトレーニング方法は?273

読了までの目安時間:約 13分

 


「もっと板に力を加えてたわませたい!」

 

 

 

スキー上達をめざすスキーヤーであれば

一度は考えたことがあるはずです。

 

 

その為にオフトレから雪上まで

様々なトレーニングが紹介されていますが、

実際は

 

 

・板にもっと力を加えて!

・外脚のもっと乗って!

・板をたわませてきて!

 

 

といった板に加える力が弱い事を

指摘されるスキーヤーは後を絶ちません。

 

 

 

なぜ板に力を加えることが

重要だと分かっているのに

板に力を加えられないのでしょうか?

 

 

 

その理由は

 

 

 

 

そもそも板を押す力とは何か?

 

 

 

という部分から

ズレているからです。

 

 

 

板に押す力とは

言い変えれば地面を押す力ですよね?

 

 

 

地面を押す力を鍛える場合

あなたはどんなトレーニングを考えますか?

 

 

 

 

私も地面を押す力を鍛えようとしましたが・・・

 

今回は私の昔話を

ちょっとさせていただきます。

 

 

私がアルペンスキーをしていた

大学生のころは

オフトレに入るとまず

 

 

『もっと外脚の板に加える力が欲しい!』

 

 

と思いました。

 

 

 

板により力を加えられた方が

板がたわんで走り、

タイムが速くなると考えたからです。

 

 

何より雪上で散々

もっと外脚に乗れと

といった指導をうけていましたし

・・・

・・・

嫌と言うほど(笑)

 

 

 

そこで何の迷いもなく

板に加える力を強くするためには

下半身の筋力だろうと

スクワットや下半身を鍛える

筋トレマシーンを使って

筋トレをしたわけです。

 

 

 

ガンガン地面を押して

バーベルを持ち上げたり、

マシーンを動かしていると

 

 

 

『おぉ!押す力を鍛えてるー!!』

 

 

と辛いながらも楽しかったです。

 

 

あがる重さも増え、

脚もだんだんと太くなる、

といった目に見える効果もありましたので。

 

 

でもふとある時に思いました。

 

 

 

『板に力を加えるって陸上でいえば

 地面に力を加える事だよな?

 これ重りを担いでるからいいけど、

 何も持たない状態で

 思いきり地面を押したら

 跳んでしまわないか?・・・』

 

 

という事です。

 

 

普通に考えれば

押す力なので足を伸ばすための

筋肉を鍛えれば良さそうなんですが、

足を思いきり伸ばすと

ジャンプしますよね?

 

 

 

確かにジャンプする瞬間に

地面に力は加わりますが

その後地面から離れてしまっては

板への力は無くなってしまいます。

 

 

ダッシュをしたりジャンプをしたり

その場から離れる事が大事な競技であれば

何の問題もないのですが、

スキーは違いますよね?

 

 

 

そこで

 

『あれ?

足を伸ばす力ってあんまり

必要ないのかな?』

 

と感じたわけです。

 

 

そして次に閃いたのは

 

 

『そうだよ!

 伸ばす力じゃなくて

 圧に耐える力だよ!

 耐えている分なら

 地面から離れないし!』

 

 

という考えでした。

 

 

そこでスクワットでも、

地面を押してバーベルを上げる事より

じわじわ下がって耐える事を

意識しました。

 

 

 

この考え方は

一見非常に理にかなったものだと

思っていました。

 

 

 

しかしここでもまた

大きな疑問にぶち当たります・・・。

 

 

 

板を押す力よりも耐える力が重要なのか?

 

筋肉は収縮する時より

伸ばされながら

耐える時に一番筋力を発揮します。

 

 

スクワットですと

ゆっくりしゃがんでいくとき、

腕立て伏せですと

ゆっくり腕を曲げていくとき

ですね!

 

 

坂道も登りよりも下りの方が

筋肉的にはききついです。

 

 

(心肺的には登りの方がきついので

 登りの方が嫌ですが・・・)

 

 

ですから筋トレのやり方としても

非常に効果があり、

何の問題もない様に思えました。

 

 

 

しかしある時ふと

お風呂場の体重計に乗った時に

 

 

『板を押す力ってことは

 この体重計を押す力ってことだよな?

 でもゆっくりしゃがんだところで

 自分の体重分しか

 力加わってないじゃん・・・』

 

 

という驚愕の事実に気づいたんです!

(今も思えば驚愕でも

何でもないんですが(笑))

 

 

もちろん立ったりしゃがんだりすることで

多少の体重計に加わる力が変化するのは

見て分かります。

 

 

しかしちょっとすれば

直ぐに自分の体重分の力に

戻ってしまいます。

 

 

かと言って思いきり押せば

ジャンプしてしまう・・・

 

 

 

『じゃあ板を押す力って

 一体何をどうすれば

 鍛えられるんだ?』

 

 

 

とまたもや迷宮入りの瞬間でした。

 

 

 

今ならどうすればいいのか

明確に答えが分かりますが、

あの当時は本当に悩みました。

 

 

 

じゃあ体重を増やせば・・・

 

 

とも一瞬思ったのですが、

よく考えてみたら自分より軽くて細い

地元の白馬ジュニアの子達は

グイグイ板に力を加えて

ビュンビュン滑れてますので

ちょっと違うな・・・

とすぐに思いなおしました。

 

 

 

もしあなたなら

こんな当時の私に

なんてアドバイスするでしょうか?

また、どんなメニューをお薦めしますか?

 

 

 

まず鍛えるべきは●●だ!

 

上記の質問を

メルマガの読者の方たちにしたところ

もっとも多かった答えが

 

 

力を伝える状態

 

 

についてでした。

 

 

 

確かにどんなに筋力を鍛えても

その力が発揮できる状態でなければ

意味がないですよね。

 

 

 

その為に板に力を加える

 

 

・ポジション

・タイミング

・方法

 

 

などをまずは考える!

 

 

 

という内容は大正解です。

 

 

その順序を無視して

いくら筋力や体力を鍛えても

非効率なのは明白ですよね。

 

 

それではそこから

もう一歩踏み込んでみましょう。

 

 

板に力を加えるうえで重要だと

もっとも多かった答えが

 

 

 

ポジションです。

 

 

 

あなたも

 

 

 

「板に力が伝わる正しいポジションを

 身につけましょう」

 

 

といったアドバイスが

頭に浮かんだのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

実は私も当時、

板に力を伝えることに悩んでいたら

コーチから同じように

正しく力を伝えるポジションが大事

とアドバイスされました。

 

 

でもその後に続く

 

 

================

正しいポジションを身に着けるには

どんなトレーニングをすればいいのか?

================

 

 

という一番知りたい部分は

あやふやなままでした。

 

 

よく雪上でも

 

 

『板に力が伝わるいいポジションで』

『板の真上に立って』

 

 

などポジションに関する指導が入ります。

 

 

 

もちろん雪上で練習して

そのいいポジションが身につけば

特に問題ありません。

 

 

 

しかしいくら練習しても

毎シーズンの様に同じことを言われて

悩んでいるスキーヤーは

どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

そもそも自分が

いいポジションなのか?

悪いポジションなのか?

具体的にどのように判断すればいいのか?

 

 

 

また分かったとして、

オフシーズンに

どのようなトレーニングをすれば

ポジションは改善するのか?

 

 

または雪上でなければ改善できないのか?

(でも雪上でいくら滑っても改善されない・・・)

 

 

 

この部分を明確にすることが

オフトレの次の課題となりました。

 

 

 

板に力を加える為は

 

 

 

筋力的な要素ではなく

そもそも力を発揮する

ポジションにいることが最優先

 

 

 

という部分までは

おわかりいただけたでしょうか?

 

 

 

いくらスクワットをして

脚の筋力を鍛えても

スキーが上達しない人は

この部分が抜け落ちているという事です。

 

 

 

力を鍛えるよりも

まずはポジションだ!と分かったら

次は

 

 

・いいポジションを意識しても

 ポジションを注意されるスキーヤーは

 何をすればいいのか?

 

 

・いいポジションか?

 悪いポジションか?

 具体的にどのように判断すればいいのか?

 

 

・雪上練習だけで

 本当にポジションはよくなるのか?

 (いくら滑っても直らない人は?)

 

 

 

といった問いに対して

明確な答えを

見つけてみてくださいね!

 

スキー技術 トレーニング論

1 2 3 12