スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

後傾スキーヤーが混乱している【外足を前に出す事】と【アンクルポジション】の関係性とは?364

読了までの目安時間:約 28分

 


 

 

あなたはスキー技術論で

 

 

【外脚を前に出していく】

 

 

というワードを

聞いたことがありますか?

 

 

 

 

雑誌などでも

サッカーのボレーキックをするように

ターン後半外脚を

前に出していくと言った

意識が紹介されています。

 

 

 

ではその一方で

 

 

【アンクルポジション】

 

 

というワードを

聞いたことがあるでしょうか?

 

 

 

こちらの方はもしかしたら

馴染みのないワードかもしれません。

 

 

 

アンクルポジションは

トップデモの丸山貴雄選手が

最近よく使う事で

特に基礎スキーの方たちは

耳にする機会が

増えてきました。

 

 

 

 

今回の記事は

スキー界で一般的に

よく言われている

 

【外足を前に出す】

 

 

【アンクルポジション】

 

の関係性について

解説をしていきます!

 

 

 

ターン後半に重要な足首の使い方!アンクルポジションとは何か?

 

 

まずはアンクルポジションという

ワードを知らない場合の為に

簡単に解説をしていきます!

 

 

 

アンクルポジションとは

そのまま直訳すると

『足首の位置』ですが、

簡単にいうと

 

 

足首がブーツの前傾角に

入った状態です!

 

 

 

アルペンスキーでも

 

 

 

「スネが起きない様に

 足首をしっかり入れる」

 

 

 

「足首の緊張感を抜くな‼」

 

 

 

なんて言い方をしますね!

 

 

 

特に

 

 

 

ン後半から

次のターン前半にかけて

この『アンクルポジション』を

しっかりキープしましょう

 

 

 

といった内容が推奨されています。

 

 

 

ではなぜこのアンクルポジションが

推奨されているのか?

 

 

 

これはもう説明いらずかもしれませんが

 

 

 

アンクルポジションが取れないと

後傾ポジションに

なってしまうから!!

 

 

ですね!

 

 

足首が緩んでお尻が落ちるというエラーは

まさにターン後半にかけて

このアンクルポジションが

キープできていないというのが

大きな原因の一つです!

 

 

 

ターン後半のアンクルポジションは外足を出す?外足を引く?

 

 

さてここであなたに

よく考えて欲しい事があります!

 

 

 

この推奨されている

アンクルポジションの様に

足首は曲がっていて

スネが前に倒れている状態を作るには

 

 

 

・足を前に出す

 

   OR

 

・足を後ろに引く

 

 

 

どちらの動作で出来るでしょうか?

 

 

 

 

実際その場で行ってみて下さい!

 

 

 

イマイチ今回の動作がピンとこない方は

YouTubeに動画でアップしていますので

是非参考にしてみて下さいね!

 

 

 

さてアンクルポジションは

足を前に出すのと引くのでは

どちらがとりやすいか

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

当然ですが、後方に引いたほうが

足首の角度は狭くなるので

アンクルポジションが

キープしやすくなります。

 

 

 

これは動画の様に

陸上で行っても

分かる動作なので

ぜひあなたも実際ターン後半の形をとって

外足を出したり引いたりして

アンクルポジションを確認してみてください!

 

 

 

さてアンクルポジションは

足を引いた方が

キープしやすい事が分かったところで

新たな疑問が出てきたことに

気づいたでしょうか?

 

 

そうです!

 

 

冒頭でもお伝えした

 

 

 

外足を前に出す事との関係性

 

 

 

です!

 

 

 

 

ターン後半に外足を出したらアンクルポジションはどうなるのか?

 

スキー界で一般的に言われている

外足を前に出していく行為を行えば

当然ですが足首の角度は緩んでいきます。

 

 

つまり

『外足を前に出す事』と『アンクルポジション』は

相反する動きというわけです。

 

 

 

 

 

たまに

 

「アンクルポジションをキープしたまま
 足を前に出すんですかね?」

 

 

といった質問もありますが、

動画でも解説している様に
そうするとトップが雪面から上がり、
テールは雪面にめり込むことになりますよね。

 

 

 

 

さてここまでを通して

 

「外脚を前に出して」

という動作は
言葉のまま行えば
アンクルポジションを緩める動作

 

 

という事がお分かりいただけたでしょうか?

 

 

もちろん

ターン後半はスネをおこして
ふくらはぎに寄りかかりたい
という人にとっては
合っています!

 

 

でもそれは,
むしろやりたくない
動作ですよね(苦笑)

 

 

 

 

スネをおこしてふくらはぎに
寄りかかると
後傾ポジションに
なってしまう訳なので。

 

 

それなのに一生懸命
外脚を前に出す意識で滑り

 

 

 

「後傾になってしまう・・・」

 

「足首が緩んでしまう・・・」

 

 

 

と悩んでいるのは
よくよく考えてみると
おかしくはないでしょうか?

 

 

このように、
一見常識とされている事でも、
よくよく考えてみると
根本的におかしいという内容は
スキー界には非常に多いです!

 

 

もちろん外脚を前に出すという意識が
悪いとは言いません!

 

そのイメージで上手くいく人にとっては
正解ですので。

 

ただいつも指導で言われている内容で
意識しているけど
エラーになってしまう場合は
今回お伝えした根本的問題の
可能性が高いです。

 

 

さてここで話を終わらせてしまうと、

 

「外脚を前に出す事と
 アンクルポジションの
 関係性の答えは
 なんなんですかーー‼‼」

 

とモヤモヤしてしまいますよね。

 

 

もちろんその答えもこの後

きちんと解説しますので

ご安心ください!

 

 

 

まずはスキーのシェーレンと外足を前に出す関係性を整理しよう!

 

 

さてここから

アンクルポジションと

外脚を前に出すという

整合性がとれない技術論の答えを

解説していきます!

 

 

 

【外脚を前に出すと

 アンクルポジションが崩れる】

 

 

この問題を解決するには

 

 

 

「そもそもなんで

 外脚を前に出せという

 指導が言われるのか?」

 

 

 

という部分を明確にする必要があります。

 

 

 

これは質問を

少し違った視点からみると

分かりやすいです。

 

 

 

当たり前の事をいいますが

外脚を前に出せ!

と言われるという事は

外脚が前に出てこないからですよね?

 

 

 

 

外脚が前に出ずに内脚が

先行していくと

どうなるか分かるでしょうか?

 

 

 

内脚だけはターンをどんどんしていき

外脚はどんどん遅れていく、

そうなると内脚と外脚で

板の方向が変わります。

 

 

 

これがいわゆる

シェーレンという状態です。

(逆ハの字)

 

 

 

 

このシェーレンを

直すために【外脚を前に出す】

といった指導が入ります!

 

 

 

 

そしてもう1つ、

トップ選手達の滑りは

外脚の板がターン後半から

次の前半にかけて

ピュンッと前に出てきますよね?

 

 

 

特にSLや急斜面小回りの滑りを見ると

分かりやすいです。

 

 

大きくこの2つの要因

 

 

 

・外脚が遅れてシェーレンになる

 

・トップ選手は外脚がピュンと前に動く

 

 

 

といった事から

「外脚を前に出せ」

といった指導が導き出されます。

 

 

 

他にも

 

 

「前後差をつけるな!」

 

「外脚出して内脚を引け!」

 

 

という指導も同じ事ですね!

 

 

 

一見、論理的にも間違いない為、

この指導を言われたスキーヤーも

何の疑いもなく

その通りに意識します。

 

 

 

その結果外脚がしっかり前に出て

シェーレンがばっちり解決

 

 

とはならないから

悩ましいんですよね。

 

 

 

 

 

なぜならこの論法は

スキー指導によくある

原因と結果が混同しているケース

1つだからです。

 

 

 

でも外脚が遅れているから
外脚を前に出す

という当たり前の論法の
どこに問題があるのでしょうか?

 

それは

板が前に出る理由を
置き去りにしている!

という点です!

 

 

 

シェーレンの原因となる
外脚が遅れてくる原因を
置き去りにしているとも
言い変えられますね!

 

 

 

 

あなたは

『板が前に出る』という現象が

あらわれる為の要素は
なんだと思いますか?

 

 

 

 

因みに何度もお伝えしている
スキー界でよく言われる

「外脚が遅れているから前に出せ」

というのは、
意識して自分の筋力を使って
脚を前に出す事が
板が前に出てくる要素という事です。

 

 

 

 

 

もしかしたらそのような
指導をしている方の中には

 

 

「そういうつもりでは言ってない!」

 

 

というケースもあるかもしれません。

 

 

でも外脚を前に出せという指導が入り、
受講者側が自分の筋力で
足を前に出す動作(けり出す動作)を
した時点で相手にはそう伝わっている
という事です。

 

 

 

 

話を戻して、

板が前に出てくる要素って
本当に自らの筋力で
足を前に出す事でしょうか?

 

 

 

 

もちろんそういった要素が
ゼロではないかもしれませんが
メインではないですよね?

 

 

では板が動く要素とは
・・・
・・・

 

 

板が力を受ける事によって動く事

 

 

です!

 

 

 

 

 

まさにスキーの本質ですね!

 

 

【板に力が加わることによって板が動く】

 

 

とてもシンプルであり
当たり前の事なんですが、
意外とこの練習をしておらず
自ら頑張って動かす練習ばかりやっている
スキーヤーの方が多いです

 

 

低速でのプルーク練習を見ていれば
よく分かります。

 

 

先ほど【板に力加わる事】
と一言で言いましたが、
これを因数分解すると

 

 

 

・角付け
・荷重
・回旋

 

 

3要素が複雑に絡み合い、

 

 

そこに

 

・外力
・内力

 

 

も入ってきて
その要素をさらに分解して
身体の使い方などが
出てきます。

 

 

今回はそれ出していると
きりがないので割愛して
テーマとなっている
足首に注目をしていたいと思います。
(やっと足首出てきましたね!)

 

 

 

あっ、ちなみに

 

 

「私の中では板が動く事は
 サッカーボールを蹴る様な
 自らの筋力で脚を動かす行為です!」

 

 

という考えが
悪いわけではありませんからね!

 

 

ただ本当に言葉通りの

現象が毎ターン行われれば

相当疲れると思いますが(苦笑)

 

 

今回はとりあえず、
板が動く要素は
(外脚が前に出てくる要素)
自ら動かしているのか、
板に力が加わって
板自体が動くのかについて
整理しておいてください!

 

 

 

さて少し長くなってきたので

ここまでのながれを簡単におさらいすると

 

 

 

①『外足を前に出す』

 『アンクルポジション』

 は相反する動作である

 

 

②この整合性が取れない

 2つの動作を整理するには

 まず『外足を前に出せ』と

 言われる理由から見ていく必要がある

 

 

③外足を前にだせと言われる

 最大の理由はシェーレンを直す為!

 でも外足が前に出てくるのは

 板が力を受けるからであって

 自ら出すのとはちょっと違うよね!

 

 

という所まできましたね!

 

 

なぜこのような

まわりくどい説明をしたかというと

③でお伝えした

『板が力を受ける』という事と

『アンクルポジション』に

深い関係があるからです!

 

 

その部分が見えてくると

今回のテーマである

2つの技術要素の

整合性が見えてきます!

 

 

 

アンクルポジションは後傾を直す為だけではない?スキー板のトップに荷重しよう!

 

さてこの記事の冒頭では

アンクルポジションは

『後継ポジションにならない為』

といった事をお伝えしていました。

 

 

 

もちろんそれも大正解なのですが

実はもう一つ大事な理由があります!

 

 

 

 

 

 

 

それは

 

 

アンクルポジションの状態は

言い換えると

 

 

 

『トップ側に力が加わっている状態』

 

 

 

だからです!

 

 

足首が曲がって

スネがブーツのタングを押せば

そのまま板のトップに

力が加わる事はイメージできますよね?

 

 

 

 

特に現在のスキー板は

カービングスキーのため

しゃもじの様な形をしており

板のトップ側が真ん中より

広くなっています。

 

 

 

そのトップ側に力が加わる事により

雪の抵抗を受けて

板が曲がりやすいです。

 

 

 

逆にトップが浮いて

テールに重さが乗ると

板の向きは変えられますが

板の移動はあまりおきません。

 

 

 

 

この板の向きが変わる事と

板が動く事も混同もよく混同されているので

整理が必要ですね。

 

 

 

そこを説明していると

話が長くなるので

よく分からない方は

こちらの動画が

参考にしてみてください。

 

 

話を足首に戻して

板のトップに重さが乗ると

板が抵抗を受けて

動くまではイメージできたでしょうか?

 

 

 

もちろん板の傾き(角付け)も必要ですから

トップに重さが加わっただけでは

板は曲がりませんので

ご注意くださいね!

 

 

 

つまりアンクルポジションをとって

板のトップに対して荷重をする事が

先ほどシェーレンの時に出てきた

板が動く要素に繋がってくるわけです!

 

 

 

・板が動く要素は板に力が加わる事

 

 

・アンクルポジションをとると

 板のトップに力が加わり、

 板が動きやすい

 

 

 

この2つをきちんとまとめると

今回の話のテーマとなっている

 

 

 

『スネが前に倒れるように

 足首を曲げておく状態は

 外脚を前に出すと出来ないのに

 なぜ多くの指導で外脚を前に出せと

 言われているのか?』

 

 

の答えが出てきます!

 

 

 

まとめ:外足を出す事とアンクルポジションを両立させるには?

 

まず一般的にスキー界で言われている

指導内容は

 

 

 

 

 

外脚が前に出てこず遅れているから

シェーレンになる、

トップ選手みたいに

ピュッと板が前に出て来ない

 

 

だから外脚を前に出せという指導

 

 

 

という論法ですね。

 

 

 

しかしここまでの内容が分かると

この原因と結果の考え方が

少し違っている事が

見えてきます。

 

 

 

正しい考え方としては

 

 

 

外脚が前に出てこず遅れているから

シェーレンになる、

トップ選手みたいに

ピュッと前に出て来ない

 

 

外脚が前に出ない原因は

正しく力が加わっていないから

 

 

正しく力を加える為に

アンクルポジションを意識して

トップに重みが乗った状態で

角付けをしていく

 

 

そのエネルギーを受けて

“結果的に”外脚が前に出てくる

 

 

 

 

といった流れです。

 

 

 

 

もちろんアンクルポジション以外にも

正しく板に力を伝える為に

必要な要素はいくつもありますが、

今回は足首にスポットを当てました!

 

 

 

こう考えれば

アンクルポジションで

(曲がった状態)と

外脚が前に出てくるという

関係性は

 

 

外脚前に出たら

アンクルポジションが

とれないのでは?

 

 

というものではなく

 

 

 

 

アンクルポジションが

とれるからその結果

板が力を受けて移動する

(外脚が前に出る)

 

 

 

という関係性にかわります。

 

 

つまり両者は

相反する要素ではなく

組み合わさったスキーの技術要素だと

いう事ですね!

 

 

          

 

 

 

しかし気を付けたいのは

一回きり成功しても

すぐ次のターンが来るため

外脚が動いた時には

既に次の外脚の

アンクルポジションはキープする

イメージが大事ですね!

 

 

 

しかし正直言って

そんな事意識するのは

かなり難しいです!

 

 

 

ですから、まずは

 

 

 

 

常にアンクルポジションの

意識を持ったまま滑っていて

あとは雪面とのやり取りで

足首の曲げ感が勝手に変わる

 

 

 

くらいでいいと思います!

 

 

選手達もよく

 

 

 

「スネをブーツのタングから離さない」

 

 

 

と言っていますよね!

 

 

 

もちろん足首を入れすぎない

と言っている人もいるので

ここら辺こそまさに

選手達のそれぞれの感覚ですね。

 

 

 

今回お伝えした

内容がしっかり整理出来れば

以前お伝えした

この動画で伝えたい

【シェーレンと前後差】

の関係性も分かっていただけると思います。

 

 

 

 

今度改めて『前後差』について

特集をしようかと思いますが、

一般的にスキー界でイメージされている

前後差の認識は間違っているケースが

かなり多いです。

 

 

 

前後差は間違いなく

つきますからね(笑)

 

 

ただ結果だけをみて指摘されてしまうと

今回の「外脚を出せ」の様に

逆にその意識がスキー上達を

阻んでしまうケースが多いので

気を付けて下さ!

 

 

 

まぁ「外脚を出してきて!」と

指導を受けて

 

 

 

「よし、逆にちょっと

 外脚を引くくらいのイメージで

 足首を曲げてスネの角度を倒し、

 板のトップに重さが乗った状態を作り出し

 そのまま外脚に荷重して

 ターンをする事で

 板が抵抗を受けて結果的に

 外脚が前に出るようにするか!

 

 

という変換ができる

天才的な受講生でしたら

問題ありませんが(笑)

 

 

それではアンクルポジションと

外足を前に出す関係性を

しっかり理解して

スキー上達に繋げていって下さいね!

 

 

 

スキー技術

9割のスキーヤーは基本ポジションが間違っている?オフトレーニングでスクワットが危険な理由 363

読了までの目安時間:約 25分

 


 

あなたはスキー上達という

山を登る時に選ぶ最初の登山口を

間違えていませんか?

 

 

 

前回の記事で

一言でスキーー上達と言っても

色々な山がある事、

そしてとトップ選手の様な

幼少期からスキーをしている人と

一般スキーヤーの方とでは

登っている山が違う事をお伝えしました。

 

アルペンジュニアレーサーから学ぶスキー上達の本流 362

 

 

今回の記事は

一般スキーヤーの方にとっては

少し厳しい現実をお伝えします。

 

 

 

あなたももしかしたら

当てはまっていないか

確認してみてください。

 

 

スキー上達のスタートから違っている基本ポジション

 

実は多くのスキーヤーの方は

そもそも最初の登山口から

間違えているケースが殆どです。

 

 

 

その事が一番わかりやすいのが

スキーで最初に行うであろう

基本ポジションが

正しくとれていない

という状態です。

 

 

そして厄介なことに

その自覚がないスキーヤーがほとんどです。

 

 

 

現に私がいただく質問のメールで

 

 

「正しい基本ポジションを

 取れずに悩んでいます」

 

 

といったものはありません。

 

 

 

しかし、以前にもお伝えしましたが、

これは私個人の感想だけでなく、

ワールドカップレーサーや

技術選トップ選手の

ブーツチューンに携わる

ブーツフィッターの方も常々、

 

 

「そもそもブーツのフィッティングにくる

 9割のスキーヤーは

 基本ポジションが取れていない」

 

 

と言っています。

 

 

もしあなたが

 

 

「基本ポジションは

 何のためにとるんですか?」

 

 

「なぜ今とっているポジションが

 基本ポジションだと言えるのですか?」

 

 

と聞かれて

明確に答えられるでしょうか?

 

 

因みに、

 

 

「そう言われると答えらえない」

 

 

「自分が正しい基本ポジションが

 出来ているか自信がない」

 

 

と思っても

気にしないでくださいね!

 

 

 

 

 

それが当然です!

 

 

 

なぜなら

 

 

そもそも

正しい基本ポジションを

教えてもらう機会が

ないからです!

 

 

 

あるとしたら

 

 

・ジャンプして着地した姿勢

 

・バランスのとりやすい姿勢

 

・上半身とスネの角度が平行

 

 

 

といった抽象的な

表現のものです。

 

 

 

もし本当にジャンプして

着地した姿勢で

正しい基本ポジションが

とれるなら、

ポジションが悪くて悩むスキーヤーは

これほど多くないですよね?

 

 

 

 

またトップ選手の滑りを見ると

上半身とスネの角度が

平行なシーンは少ないです。

 

 

 

基本ポジションが明確なら

腰高なのか低い姿勢なのかで

悩む事もありません!

 

 

 

この事からも分かるように

そもそもはじめの一歩から違っている

つまり登っている山が

違うケースが大半です。

 

 

 

もちろんそれでも

ある程度上達はしていきます。

 

 

 

それこそ登る山が違っていても

ある高さまではいけるので!

 

 

 

でも上達の壁にぶち当たると

結局下山して、標高の高い山に

(上達に繋がりがある技術体系)

登りなおす必要があります。

 

 

 

因みにサポートメンバーの方や

オンライン塾に参加されて

私から基本ポジションの

フィードバックを受けた事がある方なら

基本ポジションの難しさを

よく分かっているかと思います。

 

 

 

では今回は

スキー上達のはじめの一歩となる

重要な基本ポジションですが、

スキーヤーがよく持っている

勘違いを2つご紹介します!

 

 

 

 

スキーの基本ポジションで最もよくあるスクワットとの勘違い

 

まずスキーの基本ポジションにおいて

最もよくある勘違いが

 

 

 

『基本ポジション=スクワット』

 

 

 

といったイメージです!

 

 

 

じつはこのイメージを持っているからこそ
基本ポジションが正しく取れないケースが
非常に多いです。

 

 

もちろん全く違っているという

わけではありません!

 

 

下半身の

『足首』『膝』『股関節』の

3点を連動させて
動かしていくという点では

スクワットも基本ポジションも同じですね!

 

 

ではどの部分が勘違いなのか?

 

 

 

それは

 

 

スクワットは
真下の重力に対して逆らう動作、

もしくは耐えてしゃがむ動作!

 

 

という部分です‼

 

 

 

簡単に言ってしまえば

上下動ですね!

 

 

 

この内容を聞くと一見、

 

 

『スキーも同じでは?』

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

しかし本当にその要素が
スキーの基本ポジションに

そのままリンクするのであれば
トレーニングジムのトレーナーが

スキーをしたら
みんな基本ポジションが完璧!
となります。

 

 

 

でもそうならない事は
あなたがオフトレでスクワットに
取り組んだ事があれば
分かりますよね?

 

 

 

さらに他にもスクワットを行う際の

一般的に言われている

意識の部分からみても

分かる事があります!

 

 

 

 

そのスクワットは雪上で後傾とされる動きではないか?

 

 

スクワットを行う時に

あなたはどのような意識を持ちますか?

 

 

また一般的には

どの様な事を注意しなければならないと

言われているでしょうか?

 

 

 

よくあるのが

 

 

 

・膝を前に出さない

 

・お尻を後ろに引いていく

 

 

です!

 

 

 

 

 

 

トレーニングジムや

筋トレ本などでも

この様に解説されていますよね!

 

 

 

さてこのスクワットの正しいやり方と
言われている動作ですが
よく考えてみて下さい。

 

 

 

これって多くのスキーヤーの悩みの種である、

 

 

スネの角度を前に倒せず

(膝を前に出さない)
お尻が後ろに落ちる

後傾ポジション

 

 

ですよね?

 

 

 

要は雪上で直したいと

悩んでいる動作を

一生懸命オフシーズン中に

陸上で取り組んでいる事になります。

 

 

 

ここで気を付けて欲しいのが
だからと言って

スクワットの時に膝を前に出せばいい
というわけではありませんからね!

 

 

 

 

スクワットとスキーの基本ポジションは

そもそも目的が違うので

当然正しいやり方も

変わってくるわけです!

 

 

 

もちろん絶対的な

正解があるわけではないので

もしあなたが

基本ポジション=スクワットのイメージで
理想の滑りが出来ていればOKです!

 

 

 

ではもう1つの基本ポジションに対する

勘違いをお伝えしてましょう!

 

 

 

あなたは基本ポジションに必要な上半身の動作を知っていますか?

 

 

この後お伝えする内容は

“盲点”と言い換えても

いいかもしれません。

 

 

それが

 

 

 

基本ポジション

 

   || 

 

下半身の動作という誤解

 

 

です!!

 

 

その様に思っていなくても

下半身しか動いていなければ

結果としては同じことですからね!

 

 

実はスキーの基本ポジションには

上半身の動作も必要になります!

 

しかしそのような情報は

スキー界ではない為

 

きっとあなたも

 

 

「基本ポジションの上半身の使い方は?」

 

 

と聞かれると困ってしまうはずです。

 

 

このスキーに必要な

上半身の動作を考える為には

まずはスキーならではの

特徴からかんがえる事が重要です!

 

 

 

それは

 

 

 

重力を利用する事が

運動の基本となる

 

 

 

という部分です!

 

 

もちろん他のスポーツも
重力を利用します。

 

 

 

しかしその逆である
ジャンプやダッシュ、
ボールを蹴る、投げる、打つなど
重力に逆らうケースも
多くありますよね?

 

 

 

しかしスキーは
ベースが常に重力を
利用するスポーツです。

 

 

 

そしてこの違いが
陸上トレーニングをしても
雪上の滑りに繋がらない
最大の原因です!

 

 

 

 

なぜなら基本的に

陸上でのトレーニングは
重力に逆らうものですよね?

 

 

逆に重力を利用する為の
トレーニングをしていますか?

と聞かれても
いまいちピンとこないはずです。

 

 

この事は以前に動画でも
お伝えしているので
興味がある方は
こちらの動画を参考にしてみて下さい。

 

 

もちろん重力に逆らう
一般的なトレーンングが
完全にダメだという訳ではありません!

 

 

当たり前ですが
トップ選手たちは
オフシーズンの間に
筋力トレーニングといった
重力に逆らうトレーニングを
行っています。

 

 

でも彼らは

技術レベルが高いのは勿論のこと、

雪上で滑り期間も長いので
筋力をつける為の動作と
実際雪上で行う動作を
きちんと分けて行えます

 

 

 

しかし一般的なスキーヤーの多くは
オフで染み込ませた
身体の使い方が
そのまま雪上で出てしまうんです…。

 

 

例えば切り替えで上に抜ける
といったエラーも
重力に逆らっている動作の一つですね。

 

 

 

このように重力に逆らうトレーニングは
絶対的に悪いわけではないのですが
スキーの技術に結び付けるのであれば
遠回りになる可能性があるという事です。

 

 

では話を戻して
スキーに重要な重力を利用する為の
上半身の動きはどのようなものか?

 

 

 

 

重力を利用する為に習得したい上半身の動作とは?

 

重力を利用する上半身の動作は

逆に陸上で行っている
重力に逆らっている動作を
イメージしてみれば分かりやすいです。

 

 

陸上で立っている時に
無意識で行っている
重力に逆らう上半身の動作は
なんだと思いますか?

 

 

 

それは

 

 

背筋を伸ばす

 

 

といった動作です。

 

 

 

 

胸を張り、腰を反り
真っ直ぐ一本の棒の様に立つ、
いわゆる良い姿勢をとる行為ですね。

 

 

    

 

逆にこれが衰えてくると
重力に引っ張られ
身体が丸まってきてしまいます。

 

 

 

    

 

 

つまり重力を利用する
上半身の動作とは
簡単に言ってしまえば

 

 

 

 

前方に丸まっていく動作です!!

 

 

 

 

実際トップ選手の滑りを横から見れば

背筋は丸まっていますよね?

 

 

 

しかし日常生活に限らず
スポーツにおいても
背筋を伸ばした良い姿勢が求められるのが
一般的ですよね?

 

 

ですから上半身のトレーニングも
重力に負けないように
良い姿勢をとるトレーニングが殆どです。

 

 

トレーンングジムに行って

 

 

 

「スキー上達の為のトレーニングを

 お願いします!」

 

 

 

とトレーナの方に伝えたら

 

 

 

「分かりました!
 それではまず重力に負けて
 丸まるトレーニングを…」

 

 

 

とはなりませんよね(笑)

 

 

 

しかしここで一つ
疑問が出たかもしれません。

 

 

 

重力に引っ張られて
前に丸まっていく姿勢が
求められるのであれば

 

 

 

「私はもともと姿勢が悪く
 背中が丸まっているですが…」

 

 

 

といったケースです。

 

 

確かに現代社会においては
パソコン仕事やスマホの使用姿勢で
前かがみになる事が多い為
姿勢が良い人より悪い人の方が
多いですよね。

 

 

 

実はこれこそが

 

 

基本ポジションで
上半身が意識されない
最大の原因です!!

 

 

 

 

スキーの基本ポジションは猫背ではない‼

 

ここまでの話を

一度おさらいすると、

 

 

スキーの基本ポジションは

下半身だけでなく

上半身の動作も必要!

 

 

その上半身の動作とは

スキーの特性に合わせて

重力を利用する動作

つまり前方に丸まる事

 

 

あれでも現代の多くの人は
そもそも猫背で

上半身は丸まっていませんか?

 

 

といった感じですね!

 

 

確かにスキーにおいて

上半身は丸まる事が必要なら

もうすでにほとんどの人が

達成されていると思ってしまいます。

 

 

しかしここが大きな誤解です!!

 

 

 

もうお気づきかもしれませんが

 

 

 

スキーの基本ポジションで求められる

上半身の丸まりと

一般的に猫背と言われる

上半身の丸まりは別物なんです‼

 

 

ここが明確ではない為

スキーの基本ポジションでは

上半身を丸めるという情報が

広まりません。

 

 

ただ丸めるだけでいいなら

ほとんどの人がすでに

達成していますよね(苦笑)

 

 

では猫背の丸まりと、

スキーに求められる丸まりは

どのように違うのか?

 

 

これはぜひこちらの動画を見て

その違いを確認してください。

 

 

1:30辺りから解説しておりますが、

上体を丸めると言っても、

首、胸、みぞおち、腰と

色々な部分を丸めることが可能です!

 

 

 

ただ、可能ですと

お伝えしておいて申し訳ないのですが

ほとんどのスキーヤーの方は

 

 

首、胸エリアしか

丸める事が出来ません。

 

 

しかしスキーでも求められるのは

もっとしたの腰(腰椎辺り)の

丸まりです!

 

 

違いが分かりましたか?

 

二つ並べると

トップ選手の滑りは

どちらの上半身の丸みを使っているのか

よく分かるはずです。

 

 

もしいまいち自分がどちらの

丸みを使っているのか

分からなければ、

下記のチェックテストを行うと

一発で分かります!

 

スキーに必要な

腰椎の丸みが出来ない人は

このチェックテストは

出来ませんので!

 

 

因みに今回は上半身を丸める事を

前提として話を進めておりますが、

 

 

そもそもスクワットの

意識をしている段階で

上半身は真逆の動きである

反り下がる動作を

してしまっています…。

 

 

当然上半身が反れば

上体を起こし、重力に逆らう動きになる為

本質的なスキーの基本ポジションとは

違った動作になるわけです。

 

 

腰を反るか丸まるかの違いは

こちらの動画が参考になるはずです。

 

 

 

さて今回はスキー上達の

最初の一歩である

基本ポジションについて

深堀をしてきましたが

いかがだったでしょうか?

 

 

思った以上に奥深く、

正しく行う事が

難しというのが

お分かりいただけたと思います。

 

 

 

だからこそ日頃から

 

 

そもそも基本ポジションから

とれていないスキーヤーの方が

大半だとお伝えしているわけです。

 

 

ぜひ今回の記事をきっかけに

あなたの基本ポジションも

見直してみてくださいね!

 

 

もしもっとこういった

スキー上達のポイントが知りたい!

 

という場合は

こちらにそのポイントをまとめた

 

【スキー上達を3倍速くする7つのポイント】

 

 

という無料レポートを

プレゼントしておりますので

ぜひこちらから読んでみてください!

 

%e7%84%a1%e6%96%99%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%92%e5%8f%97%e3%81%91%e5%8f%96%e3%82%8b

 

 

 

 

また、トレーニングで何をすればいいのか

イメージが出来ないという場合は

オフトレを1からサポートする

無料のメール講座

スキーオフトレ7日間講座を

試してみて下さいね。

 

 

オフトレに流れを

一つ一つ丁寧にメールで

お伝えしておりますので!

 

 

 

 

 

スキー技術 基礎スキー

アルペンジュニアレーサーから学ぶスキー上達の本流 362

読了までの目安時間:約 23分

 


 

前回の記事で

 

多くのスキーヤーの方は

自分が登っている山が

上達の未来がない山

だという事に気づいていない

 

といった内容をお伝えしました。

 

どの山を登っている?スキーが上達する未来があるスキーヤーとないスキーヤーの違い 361

 

 

具体的には

 

プルークボーゲンやシュテムでは

ターン前半の外向傾がとれるのに

パラレルになると出来なくなる

といった点から

トップ選手達が登ってきた山(技術体系)とは

違う山を登っている可能性が高いです。

 

 

そうは言っても

トップ選手達が登ってきた山が

具体的にどのような山か

あまりイメージできていなければ

この様な話をされても

いまいち納得できないかと思います。

 

 

そこで今回は

ジュニアアルペンレーサー達が

どのような上達をしていくのかを参考に

トップ選手達が登ってきた山を

具体的に見ていきましょう!

 

 

この部分が見えてくると

前回の記事の最後にお伝えした

 

 

彼らは

『出来ない』のでしょうか?

それとも

『出来るけどやらない』のでしょうか?

 

 

といった内容の真意も見えてきます!

 

 

 

アルペンジュニアレーサーが登っていく山(技術体系)とは?

 

これまでにもお伝えしてきた様に

ジュニアレーサー達は

ずばり結論から言ってしまうと

 

 

パラレルでも

ターン前半は外向傾

 

 

という山を登ってきています。

 

 

 

しかし一般的にターン前半の外向傾は

難易度が高いから取り組まれないのでは?

といった意見が多くあります。

 

 

具体的にどういった理由から

難易度が高いと思うのか?と聞くと

 

 

『ターン前半の外向傾は負荷が強いから』

 

 

という答えが返ってきます。

 

 

 

確かにターン前半は

棒立ちで長い軸のまま

内側に傾く方が楽ですよね!

 

 

ですから一般的に

楽に滑りたいのであれば

無理に外向傾を取らずに

長い軸、身体は正対で傾く

と言われています。

 

 

自然で楽なスキーというやつですね!

(どこかで聞き覚えがありますね(苦笑)

 

 

ここまでの話ですと、

ターン前半からの外向傾は

身体に負担がかかり、

難易度が高く、

ターン前半の長い軸は

身体にとって楽で簡単である

という事です。

 

 

 

しかし本当にそうでしょうか??

 

 

 

 

ではここで

自然で楽な動きの申し子である

ジュニアスキーヤーの

滑りを思い出してみてください。

 

 

長い軸で股関節を使わない滑りか?

 

 

それとも粗削りだけど

股関節を動かして

外向傾のシルエットが見える滑りか?

 

 

どちらのイメージがありますか?

 

 

いまいちイメージしづらい場合の為に

また参考になる動画を

いくつかご紹介します。

 

 

 

例えばこちらの動画は

海外のジュニアアルペンチームの

練習風景です。

 

個人的には腕にピカピカ光るライトをつけた

小さい子の滑りが

分かりやすいかと思います。

(特に1:35辺り)

 

引用:Triggerboy62  YouTubeチャンネル

 

 

長い軸主体で滑っているか

股関節主体で滑っているか

分かりましたか?

 

 

もちろん粗削りで

どちらの要素も出ていたり、

体格も小さいので

いまいち分からないかもしれません。

 

 

ではもう少し洗練された

滑りをご覧ください。

 

引用:Peter Szollos YouTube チャンネル

 

 

このレベルまでくると大分見えてきますよね!

(一気にレベルが上がりましたが(笑))

 

フルカービングで滑ると

こんな感じですね。

引用:Peter Szollos YouTube チャンネル

 

ジュニアスキーヤーの子達は

基本この様に股関節主体で

外向傾強めで滑ってきているケースが

大半です。

(それを注意されるケースもありますが)

 

 

 

 

ではこのようなフォームになるのは

アルペンスキーだからでしょうか?

 

 

そして彼らは負荷がかかる滑りを

わざと選択しているのでしょうか?

 

 

後半にご紹介した選手の滑りですと

年齢や技術レベル的にも

コーチに言われて練習を重ねて

身体に負荷がかかるけど

ターン前半からの外向傾を

選択している可能性はあります。

 

 

 

ただ最初に紹介した

動画の腕にピカピカライトの子供は

きっと指導されていたとしても

ほぼ理解していないで

本能のまま滑っている可能性が高いです。

 

 

私たち大人以上に

効率的で理にかなった動きをする

天才の子供たちが

果たして本能で負荷のかかる動きを

選択するでしょうか?

 

 

またこれらの映像を見て

 

 

 

「いや全体的に

 長い軸で身体を内側に

 傾けて滑っているように見えます」

 

 

 

と印象を受けた場合、

なぜ海外、日本問わず、

ある程度の年齢なると

後半紹介したような

股関節主体の外向傾が強い滑りが

ジュニアスキーヤーには

表れるのでしょうか?

 

 

 

少なくとも

彼らにとっては

それ程身体に負担がかかる

動作ではないという事です。

 

 

 

 

なぜ外向傾は長い軸に比べて負担がかかると言われるのか?

 

実は一般的に言われている

 

 

「外向傾は長い軸に比べて

 身体に負担がかかるか?」

 

 

 

という問いの答えは

前提によって変わります。

 

 

 

 

ジュニアレーサー達を見て分かるように

外向傾をとる動作自体は

シンプルな関節運動なので

それ程負荷はかかりません。

 

 

しかし上体が外側に倒れるという事は

ターンで言うと

遠心力の方向に物体の重さが

移動する為、

外脚への重さは増します。

 

 

 

ですから

 

 

・ターン前半は

 外脚を軽くしたい

 

 

・外脚に重みを乗せたくない

 

 

・急斜面でハイスピードの場合

 外力が強いから上体の重みを

 プラスさせる必要がない

 

 

という場合、

外向傾は身体に負担がかかるというよりは、

外脚に荷重がかかるから

やらないというのは

間違った考えではありません。

 

 

 

トップ選手達の様に

ハイスピードで滑り、

尚且つ適切なポジションで

板に力を加わられるのであれば

確かにターン前半の外向傾は

行うべきではない動作です。

 

 

 

ただしつこいようですが

負荷が強いかどうかは

外向傾をとった後の現象の話で、

外向傾をつくること自体(関節運動)には

それ程の負荷は無い為

 

 

 

きついから”つくらない”は

合っていても

 

 

きついから”つくれない”は

違います!

 

 

ここまででジュニアの滑り視点で

ターン前半からの外向傾を

見てみましたが

幼少期からスキーをしている人が

どのような山を登ってきたか

(上達の過程)

大分整理されてきたでしょうか?

 

 

 

 

トップ選手達と一般スキーヤーの大きな違い

 

さてここまで見れば

 

 

『トップ選手や指導者の方は

 ターン前半からの外向傾を

 作れないのか?

 作れるけど作らないのか?』

 

 

という部分の答えは

分かりましたね?

 

 

 

要は作る必要性がない

レベルまで来ているという事です。

 

 

指導者と言っても

様々ですが、

トップ選手に至っては

 

『作れるけど作らない』

 

という状態なはずです。

 

 

現に

 

 

「こうやって

ターン前半からの外向傾になると

・・・

・・・

・・・」

 

 

といった形で

“こうやって”と説明している時に

作っていますよね(笑)

 

 

 

ただ以前お伝えした

技術の比例関係にあるように

 

 

ハイスピードになるほど

ターン前半からの外向傾は難しく、

ターン前半からの長い軸は

とりやすくなるので

 

トップ選手の多くは

長い軸でターン前半を

入ってくるわけです。

 

 

つまりは標高の高い位置からしたら

そこは必要ないんだけど、

そこに登る為には

通る道なのに

 

「通っちゃだめだよ!」

 

と言われて違う道を

進められている感じです。

 

 

 

この様に

ターン前半からの外向傾はNGと

考えている人でも

それが出来て選択しないのか。

出来ない人なのか

(やろうとするとエラーが出る人)

によってまるで違うわけです。

 

 

それでもまだ

 

 

「でも、最終的には

 長い軸になるんなら

 最初から長い軸の練習でも

 いいのでは?」

 

 

と思うかもしれません。

 

 

というより思って当然です!

だって回り道するように

感じますよね(笑)

 

 

ここで勘違いして欲しくないのが

『ターン前半からの外向傾』自体が

大事なのではありません!

 

 

もっとも核となるのは

 

 

 

ターン後半の正しい外向傾姿勢

 

 

です!

 

 

このターン後半に正しい外向傾が

まず取れなければ

多くのスキーヤーが目指す

高い標高、

 

 

『板をたわませて走らせる』

 

 

まで登れません。

 

 

逆算して考えると見えてくるスキー上達に繋がる技術体系

 

あなたはターン後半に

正しい外向傾がとれて

板をたわませることが

出来ていますか?

 

 

 

もし出来ているのであれば

解放して走らせる練習に

(以前お伝えした解放期の練習)

取り組んでいってもらえれば

いいかと思います。

 

 

しかし多くのスキーヤーが

この部分が出来てないとした場合

どのような練習をすればいいでしょうか?

 

 

2つのパターンを用意しました。

 

 

 

 

A:ターン前半は長い軸で

 そこからターン後半になったら

 外向傾になる練習

 

 

 

B:ターン後半に外向傾を

  作ろうと思っても作れないから

 まずはターン前半の早い時点から

 先どりで作り、

 その後スムーズに作れるようになろう

 

 

 

さてどちらを選択しますか?

 

一般的な指導や

スキーの技術論ですと

Aが選択されているケースが

殆どかと思います。

 

 

もちろん理想とする滑りに近いのは

Aですよね?

 

 

 

しかしそれを意識しても

出来ないから

上達に悩んでいる場合、

上達の流れから考えて

Bの様な形で練習していった方が

遠回りのようで

理にかなっていますよね?

 

 

 

この様に、

 

 

確かにターン前半からの外向傾は

理想の滑りからしたら

NGかもしれませんが、

 

その理想の滑りを達成するために

必要な要素(ターン後半の外向傾姿勢)を

習得する為には

必要要素になってくるのが

見えてきたでしょうか?

 

 

 

 

だから技術選のチャンピオンでありながら

もともとアルペンスキーでも

トップレベルだった

武田竜選手と吉岡大輔選手の話では

一般スキーヤーがまず取り組むべきは

ターン前半の傾きより、

ターン後半の外向傾

 

といった内容が出るわけです。

 

 

メールマガジンの読者には

何度も何度もしつこいくらい

お伝えしましたが

まだこの動画を見たことない場合は

ぜひ一度ご覧になってください。

 

 

引用:吉岡大輔選手のyoutubeチャンネル

 

 

(分かりやすい様に

本題となる1:47頃から

スタートになっています)

 

 

因みにこの動画にある

正しいターン後半の外向傾も

意識すれば取れるものではなく

きちんと道筋、流れがあります。

 

 

 

しかし多くのスキー上達の情報は

この流れが無いので

 

“内容自体は間違ってないんだけど

 上達に繋がらない”

 

といった状態になってしまいがちです。

 

 

 

つまり一般的には

トップ選手と同じ道を歩んでいて

シンプルにその進み具合の違いが

技術レベルの差だと

思われていますが…

 

 

実際は……

 

 

 

この様な状況のケースが殆どです。

 

 

まさに

 

 

『登っている山はどの山か?』

 

 

という事ですね。

 

 

この違う山を登っている状況で

トップ選手から

 

 

「一般スキーヤーの人たちは

 なかなかこの高さの近くまで

 登ってこないよねぇ…

 (ターン後半の外向傾が出来てないよねぇ…)」

 

 

と言われても

なかなか厳しいものがありますよね(汗)

 

 

だって違う山を

登っているわけですから。

 

 

 

因みにゴールから見ると

間違いに見える動作でも

上達の流れをたどっていくと

必要な練習は今回の

ターン前半からの外向傾に

限った事ではありません。

 

 

もっと流れをさかのぼれば

前回お伝えした様に

プルークボーゲンから

そもそも違っていたり、

さらにもっともっと

さかのぼっていくと・・・

 

 

最後はどこに辿り着くか

分かりますか?

 

 

 

 

スキー上達を考えると最後に辿り着く最も根本的な要素

 

もしかしたら

もうすでに答えが

浮かんでいるかもしれません。

 

 

それは

 

 

 

 

根本的に求められる動作が

出来る身体が必要

 

 

 

 

ですね!

 

 

まさに私が日頃から

コンセプトにあげている

 

 

 

『陸上で出来ない事は

 雪上では出来ない』

 

 

 

です!

 

 

そしてここで終わりではありません!

 

 

この身体の前に

もう一段階前があります。

 

 

「えっ、まだあるんですか!?」

 

 

と思われたかもしれません。

 

 

 

はい、

 

 

正しい山を登る為の登山口

 

 

と言ってもいい部分です。

 

 

 

先ほどお伝えした

 

 

根本的に求められる動作が

出来る身体になるには…

 

 

の続きを辿って行くと

 

 

そもそもなぜ

その動作が必要なのか導き出す

正しい考え方が必要!

 

 

という事です。

 

 

 

ここに少しでも、

参考になればと思い

日々配信しているのが

YouTubeの音声シリーズですね!

 

 

どうしてもスキーに限らず

スポーツ全般的に

上達をしようと思うと

身体的な要素ばかりに

目が行ってしまいがちです。

 

 

 

当たり前ですが、

全ての行動を決めているのは

脳であり考え方ですからね!

 

 

さて今回ジュニアレーサーの滑りを

実際見る事によって

トップ選手達が登ってきた山と

一般スキーヤーが登っている山の

違いが分かったでしょうか?

 

 

ちなみに考え方が

どの山を登るかという

登山口であるなら

多くの場合、

登山口に入った最初の一歩で

既に躓いています。

 

 

登山口に入った最初の一歩とは

何だか分かりますか?

 

 

一般的に当たり前の様に

伝えられていながら

実はほとんどのスキーヤーの方が

正しく出来てない部分です。

 

 

 

その答えは次回の記事で

お伝えしますね!

 

 

 

ジュニアスキー スキー技術 身体論(フィジカル関係)

どの山を登っている?スキーが上達する未来があるスキーヤーとないスキーヤーの違い 361

読了までの目安時間:約 19分

 


 

スキー上達の技術体系を考える前に前提を確認しよう!

 

前回の記事で

なぜパラレルになった途端に

ターン前半からの外向傾を

練習しないのか?

というテーマをお伝えしました。

 

 

スキー上達に超重要なのになぜ?技術要素から見るとおかしい日本スキー界 360

 

この記事の最後に

登場したのが

 

 

登っている山(技術体系)が

違っている

 

 

というものです。

 

 

もしかしたら

この様に言われても

いまいちピンと来ないかもしれません。

 

 

しかしこの部分は

もしあなたがスキー上達に

悩んでいるのだとしたら

スキー人生を左右するくらい

重要な問題です。

 

 

 

今回はこの

登っている山(技術体系)

についてお伝えしていきます。

 

 

 

あなたのスキー上達におけるゴール(目的、目標)はなんですか?

 

さてまず考えたいのが

 

 

あなたのゴール(目的、目標)

 

 

です!

 

 

 

よく私はこの目標を

登山で例えるのですが、

ここで注意しなければならないのが

 

 

【標高】【登る山】の2要素

 

 

を考える事です。

 

 

 

標高の高さは

簡単に言ってしまえば

技術レベルです。

 

 

例えば基礎スキーでお伝えすると

 

3500m 技術選

3000m クラウン

2500m テクニカル

2000m 1級

1500m 2級

 

 

 

としましょう。

(高さは適当です(笑))

 

例えばスキー検定1級合格する事が

ゴールであるなら

標高2000mまで登る事がゴールと

言い換えられます。

 

 

 

どの高さまで登るかは

スキーヤーそれぞれの自由です!

 

 

 

さてこのどこまでの登るか?

という【標高】の部分に

【登る山】の要素が

絡んでくることが

分かるでしょうか?

 

 

 

因みに日本で一番高い山は

富士山の3776m、

二番目は北岳で3193mです。

 

 

つまり

技術選(3500m)レベルを目指すには

富士山に登るしかないわけです。

 

 

逆に1級レベル(2000m)を目指すのであれば

富士山でなくても良いわけです。

 

 

当たり前の事ですが

実はこの部分が

非常に重要なポイントです!

 

 

 

あなたの登っている山(技術体系)に未来はありますか?

 

 

先ほどもお伝えした様に

標高が技術レベルとした場合、

富士山に登っている途中の

標高2000mにいるのと

標高が2100mしかない山の

標高2000mにいるのとでは

何が違うでしょうか?

 

 

どちらも同じ標高にいる、

つまり1級合格という

技術レベルは変わりません。

 

 

 

違いがあるとすれば、

 

 

 

 

先があるのか?

行き止まりか?

 

 

 

といった部分です。

 

 

ここが見落としがちなんですが

とっても重要です!

 

 

検定1級合格を目指している人でも

 

 

・技術選に出るなんて

 夢にも思ってないけど

 そこに繋がっている

 成長過程の段階の1級合格

 

 

・1級には何とか受かるけど

 その先の技術向上は難しい1級合格

 

 

この2人は同じ技術レベルを

目指していても

未来が違います。

 

 

しかし1級合格が

最終ゴールでそれ以上を

望まないのであれば、

どちらでも構わないので

どっちが正解不正解ではありません!

 

 

 

この図の場合は

どちらも1級合格、

つまり標高2000mまで

登れているわけですから。

 

 

 

極論を言ってしまえば

エラー動作とされている

シェーレンやX脚で滑っていても

 

 

「パラレルで滑れることが

 私のゴールだからいいんです!」

 

 

という人にとっては

わざわざその修正を

する必要はありませんよね?

 

 

このように

【登る山】の要素とは

上達の伸びしろが違う

技術体系】

のイメージです。

 

 

 

 

ここで今一度考えて欲しいのが

あなたががどれぐらいの標高に登りたい

(どれぐらい上手くなりたい)

というのも大事ですが

そこにどの山を登りたい?

(どの技術体系で上達していきたい?)

という部分です。

 

 

 

ここをまずはっきりさせておいた方が

この後の話がスムーズに入ってきます。

 

 

 

ちなみにオーストリアの様な

海外のスキー強豪国の多くは

アルペンスキーのメソッドを

そのまま体系化して

一般スキーヤーの指導にも

落とし込んでいます。

 

 

つまり頂上まで行きたい人も

(ワールドカップで優勝したい!)

 

 

標高1500mくらいまで上がって

きれいな景色を見たい人も

(ゲレンデを気持ちよく滑れれば満足!)

 

 

同じエベレストという山には

登っているという事です。

(同じ技術体系で練習している)

 

 

 

なぜこのような小難しい話をしたのかは

この後を読み進めていけば

分かってきます。

 

 

スキーが上達しない原因は根本的に登っている山が違う?

 

これまでの内容で

お分かりいただけた様に

標高2000mまでしかない山を

登り続けても

当然ですがその高さまでしか行けません。

 

 

つまり自分では高さのある山を
登っているつもりでも、
毎シーズン同じ注意ばかりで
滑りが変わらない状況の場合は

 

 

『もっと高く登りたいのに
 今登っている山は
 それ以上の高さが無い状況』

 

 

という事です。

 

 

そうなれば当然ですが
違う山を登る必要があります。

 

 

 

今回の内容を

メールマガジンで

配信した時の感想の中に

 

「どこまで上手くなりたいかは
 人それぞれでも、
 選手を目指す人と一般的な
 技術体系が別物であるとは驚きでした。」

 

「土台となる基本技術は、
 トップ選手や一般スキーヤー関係なく
 同じであり上達に繋がる内容が
 指導されるべきだと思います」

 

 

といった感想が多くありました。

 

 

もちろんどのレベルを目指しても
どのような滑りが理想でも自由ですが
幹となる技術体系は
トップ技術に繋がりのあるもの
(日本の山で言う富士山)
であって欲しいですよね。

 

 

 

因みに

 

 

 

標高が低い山を登る事が

決して悪い事ではありません!

 

 

 

問題なのは

まだまだ上があると思って

登っている山が

実は先のない行き止まりだという事に

気づけてないという事です。

 

 

 

そしてこの気づけていない事によって

様々な弊害が生まれます。

 

 

 

自分の登っている山が分かっていないスキーヤーが陥いる事とは?

 

では自分が登っている山が

分かっていないスキーヤーに

生まれる弊害とは何か

お伝えしていきます。

 

 

 

もっとも大きい弊害は

 

 

正しい情報が選択できない

 

 

という事です。

 

 

 

例えば、日本でもっとも登山客が多い山は
高尾山ですが、
(日本と言うより世界一らしいです)
そこに登るのと富士山に登るのでは
持っていくものも違いますよね?

 

 

関東エリアの人は
ご存知かもしれませんが
高尾山は標高599mで
途中までケーブルカーやリフトもありますし、
メイン通りはお店もいっぱいあるので
あまりお勧めはしませんが
手ぶらでも登れて
サンダルやヒールの人もいます。

 

 

一方富士山は
どこまで登れるかは別として
手ぶらでサンダル履いて登る人は
まずいませんよね?

 

 

 

つまり私が

 

 

「登山するなら
 まずはきちんと登山靴を
 準備する事が大事です」
(スキー上達するには
 ●●の技術が必要です)

 

 

とこの後お伝えしても、

富士山に登る人には
必要であっても
高尾山に登る人には
必要なくても問題ない
可能性があります。

 

 

この前提がきちんと
整理されていないので
スキー技術論の話になると
建設的な話し合いならまだしも
必ず口論の様な状態になり
YouTubeの動画には
誹謗中傷が飛び交うわけです(笑)

 

 

 

言ってしまえば

標高2000mくらいまでしかない

山(技術体系)に登りながら

富士山をみて

 

 

「あそこまで高く登るには

 どうやったら・・・」

 

 

と悩んでいたり、

その山に登っている人同士で

意見をぶつけ合っているケースが

殆どです。

 

 

その一方で富士山に登っている人たちは、

 

 

「あの選手はあのルートで登るのね!」

 

「あの人は今何合目にいるのね!」

 

 

といった感じで

真逆の意見が出てきても

否定もなければ

意見のぶつかりもありません。

 

 

 

 

強いて言えば

 

 

「自分はこのルートで登るのが好き!」

 

「あのルートで登るのは好きではない!」

 

 

といったスタイルの好み

意見が分かれるくらいです。

 

でもどちらも

否定しているわけではないですよね!

 

 

ですからスキー上達情報を

手に入れる際に

 

 

「でも俺そんなことしなくても
 ある程度上手くなってきたけど?」

 

感じた場合は
今回のどの山に登る前提なのか?
といった点を思い出して下さね。

 

 

 

 

どうやって自分が登っている山を判断するのか?

 

トップ選手達の様になるには

(トップ選手達と同じ山を登るには)

幼少期からスキーをしていなければ無理と

思われているケースもあります。

 

 

 

よくトップ選手や指導者、お仲間で

幼少期からスキーを

行ってきた人を見て

 

 

「やっぱ小さいころから

 スキーをやってきた人は

 違うよねぇ!」

 

 

という事を聞くケースがありますよね!

 

 

 

確かに経験値でいったら

相当違います!

 

 

ただそれ以上に

大人になってはじめた人との違いは

登っている山、

つまり上達してきた技術体系が

違うケースが殆どです。

 

 

ここまでの話を通して

気になるのは

 

 

 

『はたして自分の登っている山は

 どうなのか?』

 

 

という部分ではないでしょうか?

 

 

 

実際メールマガジンで

配信した際も

感想の多くは

上記の内容でした。

 

 

 

もちろんその方の

身体の状態や滑りを見てみないと

確実な事は言えませんが

ご自身でも判断しやすい考え方

の部分をお伝えします。

 

 

 

まず多くのスキーヤーは

プルークボーゲンからシュテムくらいまでは

同じように上手くなりますよね?

(その高さまでは登ってこられる)

 

 

 

ここではまだ

同じ高さに登れているので

どんな山に登っているのか

いまいち分かりません。

 

 

そしてパラレルになった時に

大きく分かれます。

 

 

それが前回の記事で

お伝えした内容にある

ターン前半からの外向傾が

できるかどうかですね。

 

 

 

 

まず自分が登っている山が

どんな山か確認する為の

最初のチェックポイント

この部分です!

 

 

 

ここで

 

 

「じゃあターン前半からの

 外向傾が出来ないから

 まずはここを練習すれば

 本来の山に登れるってことですね!」

 

 

と思ってしまいがちですが、

少し違います。

 

 

ここがすごく大事なポイントで

よく考えて欲しいのですが

プルークボーゲン、シュテムターンでは

ターン前半からの外向傾を

作れたにもかかわらず、

パラレルになると作れない山

(技術体系)という事は

 

 

 

実はプルークボーゲンや

シュテムの段階から

違う山に登ってきている

 

 

 

という事です。

 

 

 

本当に繋がりがある山なら

そのままの流れで

出来るようになっていくはずですよね?

 

 

現にジュニア選手達は

プルークボーゲンからパラレルに

繋がる流れを通っていきます。

(もちろん通れない選手もいます)

 

 

繋がりがないと

パラレルになった途端に

棒立ちのまま内側に傾く事でしか

ターン前半が作れなくなりますので。

 

 

このような事をお伝えすると

必ず出てくるのが

 

 

「でもトップデモや指導者の方は

 ターン前半からの強い外向傾は

 NGと言っているケースが

 多いのですが、

 あの方たちも

 違う山を登ってきているんでしょうか?」

 

 

といった疑問です。

 

 

さてここで以前にもお伝えした

内容を思い出してください。

 

 

彼らは

 

『出来ない』のでしょうか?

 

それとも

 

『出来るけどやらない』のでしょうか?

 

 

いまいちトップ選手達が登ってきている山が

イメージできないかと思いますので

次回の記事でジュニアレーサー達の

成長をベースに解説していきますね!

 

 

 

スキー技術

スキー上達に超重要なのになぜ?技術要素から見るとおかしい日本スキー界 360

読了までの目安時間:約 22分

 


 

前回の記事で

 

 

ターン前半からの外向傾が土台で

ターン前半の長い軸は発展系

 

 

という考え方を

 

・身体構造

・ターンスピード

 

という要素から

見ていきました。

 

 

スキーのターン前半が失敗する理由は『長い軸』と『外向傾』を選択するから?359

 

 

ターンスピードに関しては

 

 

『外力が弱くても出来るのは?』

 

 

といった考え方でも

いいかもしれません。

(こっちの方が分かりやすいかな?)

 

 

さて今回は

特に重要な

技術要素の点から

考えていきましょう!

 

 

 

 

技術要素から見るとおかしい日本スキー界の常識

 

技術要素、つまり技術論の話になると

それこそ意見が分かれるので

難しいところですが

ぜひあなたの考えと

照らし合わせてみて下さいね!

 

 

 

もしかしたら

今回のブログ記事の内容や

こちらのYoutubeの動画を見て

 

 

 

「よし、試しにターン前半からの外向傾も

 練習してみよう!」

 

 

と思われたかもしれません。

 

(実際そういったメールが多かったです)

 

 

しかし実を言うと

 

 

スキーヤーの方はほぼ100%

ターン前半からの外向傾を

練習したことがあります!

 

 

これはターン前半の外向傾を

否定している指導者やスキーヤーの方でも

当てはまります!

 

 

 

そうは言っても

 

 

「いやいや渡辺さん、

 これまでそんな練習

 してきたことないですよ!」

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

ではちょっと考えてみて下さい。

 

 

もしあなたがが

スキー初心者が滑りだす時に

まず初めに教える事はなんですか?

 

 

またご自身が

行ってきた内容を

振りかえってみてもいいです。

 

 

 

滑り出す時なので

板の履き方や、

カニ歩きなどはとばしてください!

 

 

多分

 

【プルークボーゲン】

 

ですよね?

 

 

 

野球の初心者は

キャッチボールや素振り、

 

サッカーの初心者は

パス(ボールを蹴る)からトラップ

 

水泳の初心者は

蹴伸び(腕を真っ直ぐして伸びる)

 

 

といった様に、

スキーのはじめの一歩は

プルークボーゲンです。

 

 

これは以前から

お伝えしている事ですが、

プルークボーゲンとは

言い方を変えると、

両足とも外向傾の状態、

つまりダブル外向傾です。

 

 

さてそのダブル外向傾のまま

ターンをしているという事は

外脚に関してだけですが、

ターン前半からの外向傾をとって

滑っていますよね?

 

 

つまり誰しもが

最初はターン前半からの外向傾で

スキーをスタートしているんです。

 

 

その次にシュテムターン、

開いているプルークスタンスを

閉じる練習に入ると思います。

 

 

因みに念のため説明しておくと

シュテムターンとは

 

 

ターン前半ハの字

 

 

後半脚閉じてパラレル

 

 

 

の繰り返しです。

 

 

 

もちろんシュテムターンになると

正しく出来ていない場合

ターン前半からの外向傾が

出来ないケースもあります。

 

 

スキー検定2級で

シュテムターンの点数が

出ない場合はこのケースに

当てはまりますね。

 

 

イメージが湧かない方は

こちらから

 

 

【スキー検定2級 シュテムターンの注意点!】

 

 

動画の動作を見ても分かるように

これもターン前半はプルークスタンス

つまり外脚外向傾で

その後、足を揃えて

パラレルの外向傾というスタイルです。

 

 

ここまでで分かる通り

プルークボーゲンから

シュテムターンまでは

ターン前半からの外向傾で

滑っているんです。

 

 

 

さてここからが最大のポイントです。

 

 

プルーク、シュテムまでは

ターン前半からの外向傾で練習して

次のパラレルターンではどうでしょうか?

 

 

パラレルでのターン前半からの外向傾は

以前紹介した海外のアルペン動画の

0:15辺りからの滑りや、

 

 

以前からご紹介している

スキーグラフィックで特集された

オーストリアデモの滑りでも

プルークで行っている

ターン前半からの外向傾を

パラレルになっても

行っているのが分かるはずです。

 

引用:スキーグラフィック

 

 

この動画にはシュテムは無いですが

その観点から動画を見ると

分かりやすいかと思います

引用:スキーグラフィック YouTubeチャンネル

 

 

さてここまでで

 

 

プルーク

シュテム

パラレル

 

 

の流れを簡単に説明してきましたが

タイトルにもある

抜けている重要ポイントは

もうお分かりいただけたでしょうか?

 

 

そうそれは

 

 

 

パラレルターンでの

ターン前半からの外向傾

 

 

です。

 

 

 

 

なぜか日本スキー界では

全てがそうだという訳ではありませんが、

パラレルになった途端に

ターン前半からの外向傾ではなく

ターン前半の長い軸と

外向傾より正対が基本

となっています。

 

 

 

あなたは

プルーク→シュテムまでは

行っているのに

なぜパラレルになった途端に

ターン前半からの外向傾は

とばされると思いますか?

 

 

 

ターン前半の外向傾は難しい?

 

なぜパラレルになった途端に

ターン前半からの外向傾を

練習しないのか?

 

 

以前この問いを

メールマガジンの読者の方に

下のですが

回答で多かったのが、

 

 

・ターン前半からの外向傾は

 身体に負担がかかる

 

 

・パラレルになると

 動作自体が難しい

 

 

・腰が外れて内倒する危険性がある

 

 

・楽に滑るには長い軸で

 正対の方が良いから

 

 

 

といった内容でした。

 

 

要は

 

 

パラレルでの

ターン前半からの外向傾は

難易度が高く、

身体にも負担がかかる為

 

 

といったイメージですよね

 

 

では

 

 

ターン前半の外向傾は

難易度が高いのか?

 

 

という部分を

考えていきましょう!

 

 

 

確かにターン前半からの外向傾は

意識してもなかなか出来ないスキーヤーが

多くいます。

 

 

また出来たと思っても

腰が外れる、内倒するといった

エラーが出るケースがほとんどです。

 

 

一方長い軸は

傾けば良いだけなので簡単だ!

 

 

といった考えですよね!

 

 

確かにこの考えは正しくて

ターン前半からの外向傾よりも

ただ棒立ちのまま傾くだけの方が

簡単です。

 

 

 

ですからゲレンデを滑る

多くのスキーヤーは

ターン前半からの外向傾より

長い軸で内側に傾くように

滑ってきます。

 

 

あれ?でも少し前の記事を

思い出してみて下さい。

 

 

滑走スピードから見た時に

長い軸はスピードが無ければ出来ないけど

外向傾はその場(滑走スピードが0)で

できる事から

 

 

【滑走スピードの要素】から見ると

外向傾の方が長い軸より

難易度が低い

 

 

という話でしたよね?

 

 

これでは話が矛盾してしまうのが

分かるでしょうか?

 

 

この様な話をすると

 

 

「いやいや滑走スピードが多少あって

 外力(遠心力など)を利用できる方が

 難易度が低いのでは?」

 

 

といった意見が出てきます。

 

 

ではさらに急斜面で

滑走スピードが上がった場合

どうでしょうか?

 

 

もちろんイメージ通り滑れていれば

問題ありませんが、

多くの場合は、

 

 

・ターン前半に外脚に乗る感覚がなくなる

・内倒してしまう

・ターン後半ズレ落ちる

・暴走してしまう

 

 

といったエラーが出る

スキーヤーがほとんどです。

 

 

つまりこれまでの話をまとめると、

長い軸の難易度は

 

 

・滑走スピード0(停止状態)

 またそれに近い低速だと

 長い軸の難易度は高い

 

 

・しかし滑走スピードが程よい中速だと

 外力が助けてくれるため

 ただ傾けば良いだけで

 長い軸の難易度は低い

 

 

・しかしさらにそこから

 滑走スピードが高速になると

 長い軸をとってもズレ落ちたり

 暴走してしまったりと

 トップ選手のように

 エラーなく長い軸をとるのは

 難易度が非常に高い

 

 

といった流れになります。

 

 

 

速度を斜度に置き換えても

分かりやすいです。

(低速→緩斜面 高速→急斜面)

 

 

この流れの意味する事が

何だか分かるでしょうか?

 

 

簡単にいってしまえば

速度(斜度)と難易度が比例していない

という事です。

 

 

 

因みに上記の流れに当てはまる

スキーヤーは、

他の技術要素も当てはまります。

 

 

 

低速(緩斜面)小回り→苦手、止まってしまう

(難易度 高)

 

 

中速(中斜面)小回り→まぁ何とかなります

(難易度 低)

 

 

高速(急斜面)小回り→暴走、板回せない

(難易度 高)

 

 

この速度と難易度が

比例していないという事は

ずばり言ってしまいますが、

 

 

 

繋がりのない技術

 

 

 

という事です!

 

 

 

 

ではターン前半からの外向傾は

どうでしょうか?

 

 

 

意識して取り組まれたことがない場合も

あると思うので、

プルークボーゲンかシュテムターンで

考えてみて下さい。

 

 

 

低速(緩斜面)は

当然ながら簡単ですよね!

 

 

 

そこから高速(斜度が上がる)にしたがって、

どんどん外力が強くなるので

外脚がつらくなってきます。

 

 

急斜面高速で

プルークボーゲンは

脚がパンパンになりますよね(苦笑)

 

 

この事から分かるように

 

プルークやシュテムターンといった

ターン前半からの

外向傾は速度が上がるほど

難易度が上がるという

比例関係にあります。

 

 

ここまでの話を聞くと

 

 

 

「なるほど!

 

 ターン前半の外向傾は

 速度(斜度)に対して

 難易度が比例しているけど

 ターン前半の長い軸は

 比例してないから

 ターン前半からの外向傾が

 正しい基本だという事ですね!」

 

 

と思われたでしょうか?

 

 

実はそうではありません!

 

 

長い軸もきちんと

比例しているんです!

 

 

正しくは

 

 

反比例

 

 

ですね。

 

 

 

「?」マークが

浮かんでいると思いますので

説明します。

 

 

 

 

滑走スピードが上がるほどターン前半の長い軸は作りやすい?

 

よく雑誌などの表紙で

長い軸で深い傾きを作っている

写真があると思います。

 

 

あれとってもカッコいいですよね!

 

 

何を隠そう私も

これだけターン前半の外向傾やら、

股関節やら言っておきながら

プロフィール写真では

長い軸で深い傾きの写真を

使っています。

(かっこつけているわけです(笑))

 

 

ではこのような長い軸で

深い傾きを作ろうと思ったら

滑走スピードを

上げると思いますか?

下げると思いますか?

 

 

当然ですがうんと助走をつけて

スピードをあげて入っていきます!

 

 

そうでないと

長い軸で雪面スレスレに

傾いていくことは出来ないからです。

 

 

つまりは

 

 

滑走スピードが上がるほど

長い軸をとって滑っていく難易度は

低くなる

 

 

わけです。

 

 

しかしあくまでも

低速で行う状況との比較あって

長い軸で深く傾く技術自体は

基本的に難しいです。

 

 

選手達の滑りで

ターン前半に長い軸で滑っている映像も

急斜面でスピードが

出ているシーンですよね?

 

 

つまり長い軸で滑ることは

滑走スピード(斜度)と難易度が

反比例になっています。

 

 

さらにさらに

この話のスタートを

思い出してください。

 

 

そもそもパラレルで

ターン前半の外向傾に

取り組まれない理由は

 

『難易度が高いから』

 

というイメージが多い

という話でしたよね?

 

 

あれ?

でも先ほどのプルークや

シュテムターンの話からすると

低速であるほど難易度は低い、

つまり簡単なはずです。

 

 

 

パラレルになった途端に

難易度が変わるんですというのは

少しおかしいですよね?

 

※ここものすごく重要です!

 

 

 

つまりターン前半からの外向傾でも

比例関係が生まれていない現象が

多くのスキーヤーに起きているんです。

 

 

 

トップ選手達はみな、

ターン前半の外向傾と

ターン前半の長い軸

どちらも比例(反比例)関係が働いている

 

 

一方多くの一般スキーヤーは

ターン前半の外向傾と

ターン前半の長い軸

どちらも比例関係が生まれていない。

 

 

これぞまさに

 

 

 

“登っている山【技術体系】

 が違っています”

 

 

 

という事です。

 

 

因みにこの登っている山については

次回の記事で詳しく解説しますね!

 

 

 

因みに先ほどは例に出しませんでしたが、

アルペンスキーにおいても

SL(回転)→DH(滑降)に

したがって外向傾のシーンが減り

長い軸の割合が増えていきます。

 

 

 

 

 

 

 

もちろんSLでも超ハイスピードですし、

ターン弧も関係してきてはいますが。

 

 

 

その一方で、

一般的なスキーヤーには

そんなにスピードを出さずに

楽に滑るのであれば

棒立ちで長い軸のまま傾いてタラ~と

いった真逆の理論

広がっているというわけです。

 

 

この様に根本的に

登っている山(技術体系)が違う事が

そもそもの問題点なのですが、

この登っている山と言われても

いまいちピンと来ないかもしれませんので

次回詳しく解説しますね!

 

 

 

 

スキー技術 基礎スキー

スキーのターン前半が失敗する理由は『長い軸』と『外向傾』を選択するから?359

読了までの目安時間:約 24分

 


 

2つのターン前半を理解したら…

 

前回の記事で

今回ターン前半の特集を組んだ

理由の一つである

 

 

 

ターン前半の長い軸と

ターン前半から外向傾をとる事が

整理できていない指導や

アドバイスのせいで

上達のチャンスを潰されている

スキーヤーが多い

 

 

といった内容を

お伝えしました。

 

残酷な真実!ターン前半を指導されても上達しないスキーヤーがいる理由は? 358

 

以前メールマガジンでも

同じような内容を

配信したのですが、

読んだ方たちから

 

 

 

「私もまさに

 メールで戴いた内容の

 状態でした!」

 

 

 

といった内容のメールを多くいただき、

改めてこの様な状況で

スキー上達を阻まれている

スキーヤーの方が多いんだなと

実感しました。

 

 

 

今回配信した内容を通して

少しでもそういったスキーヤーの方達の

助けになれば嬉しいです。

 

 

 

今回の記事は

ターン前半の特集をした

2つ目の理由です。

 

 

 

以前youtubeで配信した

 

【どちらが正解?

2つのターン前半は

まるで違う動作なのか】

 

の内容や、

これまでのブログを通して

あなたは

 

 

・ターン前半の長い軸

・ターン前半からの外向傾

 

 

をどのように整理したでしょうか?

 

 

 

多くの場合、

 

 

「結局両者とも

 メリット・デメリットがあるから

 好みや、その時の状況に合わせて

 使い分ければいいのでは?」

 

 

「両方とも練習する

 意識を持つようにしよう!」

 

 

といった結論に着地します。

 

 

 

その考えは勿論正解なのですが、

見落とさないで欲しい

大事な部分があります。

 

 

それは

 

 

 

使い分けることが

出来る人限定の話

 

 

 

という事です。

 

 

どちらのターン前半も

思い通り出せるのであれば、

好みや状況によって

使い分けていくイメージで

問題ないと思います。

 

 

ただ、多くのスキーヤーの方は

この2つを正しく使い分ける事が

出来ていません。

 

 

 

なぜ多くのスキーヤーの方は

この長い軸と外向傾を

使い分けられないのか

簡単にお伝えしていきます。

 

 

 

 

ターン前半を『使い分ける』という事の勘違い

 

 

そもそも『使い分ける』と聞くと

どのようなイメージを持つでしょうか?

 

 

AとBがあって(2択でなくてもいいですが)

そのどちらかを選択していく

イメージかと思います。

 

 

 

 

しかしここで勘違いしがちなのが

 

 

 

『使い分ける』事と

『選択する』事の混同

 

 

です。

 

 

 

この2つは一見似ているのですが

前提が違います。

 

 

 

例えば紙を切る時に、

はさみとカッターがあって

その紙の厚さや、

どのような切り方をしたいかによって

ハサミを選ぶ事は

『選択する』事でもあり

『使い分ける』事でもあると思います。

 

 

 

でも小さな子供が

ハサミしか使えない場合、

ハサミとカッターがあって

ハサミを選ぶ事は

『選択』はしていても

使い分けているわけでは

ありませんよね?

 

 

 

要は選ぶと言っても

 

 

どちらも選べる前提で

Aを選ぶのと

Aしかできないから

Aを選ぶのとでは

似て非なる状況

 

 

 

だという事です。

 

 

 

今回のターン前半でいえば

 

 

『どちらも出来るけど

 長い軸を選択する』

 

 

『自分は長い軸の方が好みだから

 ターン前半からの外向傾は

 出来なくても問題ないとして

 長い軸を目指していく』

 

 

似ているようで違うんです。

 

 

 

少し小難しい話になりましたが

 

 

『使い分ける』

 

 

『選択する』

 

 

 

この2つは

その人の前提よって変わる事が

まずはおわかりいただけたでしょうか?

 

 

 

そして多くのスキーヤーの方が

使い分けるのではなく

こっちの滑りを目指そうと

“選択”してしまっているんです。

 

 

 

「えっ、でもターン前半の

 長い軸の滑りが理想だから

 ターン前半からの外向傾が

 出来なくても問題ないのでは?」

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

確かに先ほどの

ハサミとカッターの例ですと

『紙を切る』という

目標を達成できるのであれば

別にハサミしか使えなくても

問題ないのでは?

と言えますよね。

 

 

 

ではなぜ

ターン前半の長い軸と外向傾は

使い分けるのはいいけど

選択するのはまずいのでしょうか?

 

 

 

ターン前半の『長い軸』と『外向傾』に対する1番の誤解

 

 

別に長い軸で深い傾きをする滑りが

目標だから、ターン前半からの

外向傾は出来なくてもいい

 

 

 

 

 

この考え方こそ

多くのスキーヤーの方が持つ

大きな誤解なんです!!

 

 

 

上記の様な

 

 

 

『長い軸が好みだから

 外向傾は出来なくてもいい』

 

 

という考え方は

言い方を変えると

長い軸と外向傾を

同列のものと捉えています。

 

 

 

同列と言われても

いまいちピンと

来ないかもしれませんので

またジャンケンを例に出して

説明しますね。

 

 

 

以前お伝えしたような

心理学や身体的要素を抜きにすると

グー、チョキ、パーの強さは

同列ですよね?

 

 

 

グーだけチョキとパー両方に勝てて

あとの2つはどちらかにしか勝てない

といった絶対的な強さの違いはありません。

 

 

違う言い方をすれば

グーしか出せなくても

ジャンケンを1回するのであれば

強さは変わらないという事です。

(何回もすると

 この人グーしか出さないと

 バレますがw)

 

 

つまり

 

他のチョキ、パーが

手で作れなくても

ジャンケンで勝つことができる

 

という事です。

 

 

 

これは前回のハサミとカッターで言うと

ハサミしか使えなくても

紙を切る事は出来るので

シンプルに『紙を切る』という

目的に対してだけ言えば

ハサミもカッターも同列です。

 

 

この話を先ほどの

スキーに当てはめると

ターン前半の長い軸が出来れば

ターン前半の外向傾ができなくても

自分の目的とする滑りは

長い軸のターン前半だから問題ない

というのも同列です。

 

 

しかしこのターン前半の

長い軸と外向傾は

ジャンケンのグー、チョキ、パーの

同列のものを選択するのとは

少し違うんです。

 

 

なぜなら何度もお伝えしていますが

 

 

 

ターン前半の長い軸と

ターン前半からの外向傾は

繋がりのあるものだから!!

 

 

 

です。

 

 

もう少し詳しく言うと

 

 

片方を土台として

もう片方は発展系

 

 

 

です!。

 

 

さてターン前半の長い軸と

ターン前半からの外向傾、

どちらが土台で

どちらが発展系でしょうか?

 

 

 

ターン前半の土台はどちらか?

 

 

例えばスキー初心者の人が、

 

 

「私は板を揃えて滑るのが理想だから

 その板がハの字になる

 プルークボーゲンは

 出来なくてもいいです!」

 

 

と言っていたらどうでしょうか?

(そんな人見たことないですがw)

 

 

これはパラレルと

プルークボーゲンを

“同列”して捉え

“選択している”状態です。

 

 

しかし、このように言われたら

 

 

 

「いやいやパラレルになる為に

 まずはプルークボーゲンで

 練習していきましょうね」

 

 

となりますよね。

 

 

プルークボーゲンという土台があって

パラレルターンという発展系に

繋がっていくわけです。

 

 

 

もちろんどちらも出来るようになると、

普通に滑る時はパラレルでも

状況によっては

プルークスタンスを選ぶといった様に

“使い分け”になっていきます。

 

 

 

実はそれと同じように

ターン前半の長い軸と

ターン前半からの外向傾も

土台と発展系なのですが、

意外と同列に捉えてしまっている

ケースが多いです。

 

 

 

ではまず解決しておきたい

ターン前半の長い軸と

ターン前半からの外向傾

どちらが土台で

どちらが発展系なのか?

 

 

これは予想がついていると思いますが、

 

 

ターン前半からの

外向傾が土台で

ターン前半の長い軸が発展系

 

 

です!

 

 

     

 

 

ではなぜ外向傾が土台で

長い軸が発展系なのか?

という今回最大のテーマに

触れていきたいと思います。

 

 

この答えを出すには

当然ですが

 

 

土台と発展を決めている要素

 

 

を導き出すことが

重要になります。

 

 

 

例えば今回何度も例に出てきている

ジャンケンを例にして考えてみましょう。

 

 

 

まだジャンケンをしたことない

小さな子が最初にやるべき事は

何でしょうか?

 

 

 

まずは指を握ったり開いたりする

運動を覚える事からですよね?

 

 

 

つまり

グー、パー運動が土台

となるわけです。

 

 

 

その発展系として

親指、薬指、小指は曲げて

人差し指、中指は伸ばすといった

分離運動になっていきます。

 

 

 

今回じゃんけんの

土台と発展を決めている要素は

身体動作の特徴でした。

 

 

この事から分かるように

 

「チョキを出せれば

 グー、パー出せなくても

 ジャンケンできるよね?」

 

という考えと

 

「パーを出せれば

 グー、チョキ出せなくても

 ジャンケンできるよね?」

 

 

 

という考えは

両者とも理論上は正解なのですが

現実問題、後者は可能ですが

前者は身体の構造上難しい

という事になります。

 

 

 

これと同じように

 

「長い軸をとる滑りが

 目標だから、ターン前半からの

 外向傾は出来なくてもいい」

 

 

という考えと

 

 

「ターン前半からの外向傾が

 目標だから、

 ターン前半に長い軸をとる滑りは

 出来なくてもいい」

 

 

も両者とも理論上は正しいのですが

現実問題、前者は難しいんです。

 

 

ではジャンケンと同じように

スキーでは

ターン前半の外向傾が土台で

ターン前半の長い軸が発展だと

決めている要素は何でしょうか?

 

 

 

 

ターン前半の土台と発展を決めている重要要素は?

 

 

土台と発展を決めている要素は

1つではない為

たくさんの正解があっていいのですが

 

 

『その答えにたどり着いた要素は何か?』

 

 

といった部分は

明確にしておいた方が

スキー技術を整理するうえでは

重要となります。

 

 

 

①身体要素

 

例えば、先ほど例に出した

ジャンケンで言えば

人間が習得していく指の運動が

グーパーから始まり

その後チョキが出来るようになるといった

身体要素

グーパー土台でチョキが発展系

という順序を導き出した理由です。

 

 

 

因みにこの考えをベースに

人間は立位がベースだから

外向傾やひねりなどの前に

まずは正対で板の上に真っ直ぐ立つ

いわゆる棒立ちの様な滑りを

土台として考える指導者もいます。

 

 

もちろんその流れで

スキーが上達していくるのであれば

その方にとっては

問題ないのですが、

 

 

なぜ多くのスキー強豪国が

外向傾を基本としているのか?

 

 

については

きちんと理解しておく必要があります。

 

 

 

因みに余談ですが

身体要素も色々な角度から見ると

立位がベースとは限りません。

 

 

 

話し出すと恐ろしく

長くなる自信があるので

ちょっとにしておきますが

面倒な方は読み飛ばしてください(笑)

 

 

小さい子のジャンケンのように

人間の動作習得(身体要素)を

ベースに考えるなら

赤ちゃんから振り返るので

基本は立位ではないですよね。

 

引用:一般財団法人日本コアコンディショニング協会

 

 

 

寝返り、ずりばい(はいずり)、

お座り、ハイハイ、立位です。

(お座りとハイハイは

逆のケースもあります)

 

 

 

さて外向傾の動作と

赤ちゃんの動きの

関連を見ていきましょう!

 

 

 

外向傾は股関節の

内旋、外旋(ひねり)、

屈曲、伸展(曲げ、伸ばし)

外転内転(開く、閉じる)

のミックスです。

 

 

イメージしやすい例で言うと

ちょっと前に流行った

開脚してベタッと床につく前屈は

股関節の

 

 

外転(開く)

屈曲(曲げる)

外旋(外ひねり)

 

 

ですね。

 

 

外向傾は

外脚(内旋、屈曲、外転)

内脚(外旋、屈曲、内転)

 

 

となります。

 

 

赤ちゃんが寝返りからお座り、

ハイハイ、までで

かなり股関節を使います。

(外旋ベースであまり内旋はしませんが)

 

 

またつかまり立ちをして

よろよろと横に倒れる時は

よくスキーヤーが行う

壁や机に手をついて

内側に傾いてとる外向傾姿勢に近い事から

考え方によっては

外向傾の方が立位よりも

土台ともいえます。

 

 

小さい子は股関節からの外向傾なんて

何の苦労もなくとれますし、

脇を持って横にスライドしてあげれば

ワールドカップレーサーの外向傾です(笑)

 

 

 

 

いろいろ小難しく

書きましたが、

何が言いたいかというと

 

 

赤ちゃんの頃かから遡れば

立位よりも股関節をいっぱい

動かす動作習得の方が早いので

外向傾の方が土台と考える事もできる

 

 

といった内容です!

(かなり無理やりですが)

 

 

 

さて話も本題に戻して

身体要素では

ターン前半からの外向傾が土台

ターン前半の長い軸が発展系

という考えが分かりづらいので

別の要素から見ていきます。

 

 

②滑走スピード

 

まず分かりやすいのは

滑走スピードです。

 

 

ターン前半からの外向傾と

ターン前半の長い軸、

どちらが滑走スピードが

必要となるでしょうか?

 

 

 

 

さてこの答えが

簡単に分かる方法があります。

 

 

 

それは滑走スピードを

ゼロにして考えてみる事です。

 

 

要はその場で止まっても

できるかどうかですね。

 

 

イメージしてもらうと

分かると思いますが、

ターン前半の長い軸は

内脚に乗れば多少

板の傾きは作れますが、

基本的には外力が無いと

倒れてしまいます。

 

 

 

その場で止まっているという事は

外力は下方向の重力しかないので

殆ど板の傾きは作れませんよね?

 

 

 

一方外向傾の方は

上手くバランスをとって行えば

止まった状態でも

板の傾きを作る事が出来ます。

 

 

この事から

 

 

ターン前半からの外向傾は

低速でも出来るのに対して

ターン前半の長い軸で

板を傾けて行くのは

深くなればなるほど

高速域で外力が必要

 

 

 

となるわけです。

 

 

 

言わなくても分かると思いますが、

スキーは低速よりも高速の方が

技術が求められるので

滑走スピードという要素で見ると

 

ターン前半からの外向傾が土台

ターン前半の長い軸が発展

 

という理由が見えてきます。

 

 

これはあくまでも一例で

他の要素からも

理由を導き出す事が出来ます。

 

 

全てお伝えすると長くなりますので

今回はここまでにしておきますが、

もっと重要なのは

技術要素からみて土台と発展を

決めていく事だと思います。

 

 

あまり大きな声では言えないですが

日本スキー界の常識ですと

この技術要素の土台から発展が

少しおかしな状態になってます。

 

 

その部分については

次回の記事から解説していきますので

楽しみにしていてください。

 

 

 

スキー技術 基礎スキー 身体論(フィジカル関係)

残酷な真実!ターン前半を指導されても上達しないスキーヤーがいる理由は? 358

読了までの目安時間:約 18分

 


 

実はアルペンスキー界でも起きているターン前半問題

 

前回までの記事で

技術選だけでなく

アルペンスキーでも

ターン前半は

長い軸で滑る時もあれば

外向傾を作って滑る時がある事を

お伝えしました!

 

 

 

まだご覧になってない場合は

まずはこちらの記事から

お読みください。

 

 

全日本スキー技術選のトップ選手達は、本当にターン前半は長い軸か?アルペンスキーとの比較は? 357

 

 

 

もしあなたが
アルペンスキーを行っていないなら
いまいちピンと来ないかもしれませんが、
タイトルにもあるように

 

 

実はアルペンスキーでも

ターン前半は長い軸か?

それとも外向傾か?

 

 

意見が分かれます。

 

 

長い軸というよりも
きちっと外向傾なのか?
それとも正対して滑るのか?
といった意見の分かれ方かもしれません。

 

 

正対とは上体の向きを
板と進行方向に向ける事ですが、
前回ご紹介した

 

テッドリゲティ選手や

 

引用:https://www.facebook.com/ligetyted

 

 

ウェンディ・ホルデナー選手の

 

引用:スキーグラフィックチャンネル

 

 

2選手のように

長い軸で滑っている選手は
外向傾のイメージよりは
正対のイメージが強いですよね?

 

 

ですから、基礎スキーと同じように
ターン前半からの外向傾を
強めにとる滑りをすると、

 

 

「トップ選手達は正対で
 滑っているから
 それではダメだ!」

 

 

といったニュアンスの
指導が入るケースが結構あります。

 

 

実際私がサポートしている
メンバーの方や
オンライン塾の塾生さんの中にも
言われているケースがありました。

 

 

そうなると、

 

 

基礎スキーと同じように
ターン前半からの外向傾は
悪いのか?

 

 

と思ってしまいます。

 

 

でも本当に
ターン前半に長い軸で滑っている
ワールドカップレーサーは
ターン前半の外向傾は悪だと
指導をされてきているのでしょうか?

 

 

 

 

アルペンスキー王者マルセル・ヒルシャー選手から学ぶターン前半の使い分け

もうすでに前回の記事で
結論が見えていると思いますが

 

 

 

 

『どっちが正しい間違いではなく
 どっちも使う』

 が正解です!

 

 

 

分かりやすいのが
アルペンスキー絶対王者
マルセル・ヒルシャー選手の
大回転の連続写真です。

 

引用:スキーグラフィック

 

 

この2つの画像は
左ターン(右外脚)から
右ターン(左外脚)への
切り替えの局面ですが、

 

見事に2つのターン前半を
状況に合わせて使い分けています。

 

 

 

赤点線を付けておいたので
参考にしてみて下さい。

 

 

右外脚はターン前半
軸の長いストレート軸で入り
その後も正対気味

 

左外脚はターン前半から
股関節をベースに骨盤を内側に入れて
強い外向傾です。

 

 

これをみれば
どちらが絶対的に
正しいとかではなく
むしろ使い分けることができる
重要性が見えてくるかと思います。

 

 

さてここ数回に渡って
日本スキー界でよく言われる

『ターン前半からの外向傾は悪』
について、基礎スキー、アルペンスキーの
両方から簡単ではありますが
考察してきました。

 

 

それを通してあなたは
どのように感じたでしょうか?

 

 

実は今回この様に
長い期間にわたり
このターン前半を特集した理由は
大きく2つあるんです。

 

 

 

一般スキーヤーにターン前半を整理して欲しい本当の理由

 

 

なぜ今回長々と

ターン前半について

話をしてきたのか?

 

 

その理由は
ずばり

 

 

 

ターン前半の誤解のせいで

上達のチャンスを潰されている
スキーヤーが多いから

 

 

 

です!

 

 

 

 

『ターン前半の長い軸も
ターン前半からの外向傾も
どちらにもメリットデメリットがあり
どちらが正解といったものでは無い』

 

 

といった部分が見えてくると
実は受けているアドバイスや
指導の質が見えてきます。

 

 

あまりストレートに言ってしまうと
角が立ってしまいますが
誤解を恐れずお伝えします。

 

 

あっ、因みにいつもお伝えしている通り、
どんな指導やアドバイスを受けていても
その人がイメージ通りの
滑りが出来ている、
またはスキーがどんどん
上手くなっているのであれば
問題ないですからね!

 

 

(何度言っても
 勘違いされるケースがあるので
 これからも枕詞として
 言い続けます(笑))

 

 

話を戻して、
もしあなたが
今指導を受けていたり、
お仲間からアドバイスを
もらっているのであれば

 

 

『ターン前半の長い軸も
ターン前半からの外向傾も
どちらにもメリットデメリットがあり
どちらが正解といったものでは無い』

 

 

という部分を前提として
考えてみて下さい。

 

 

このターン前半を

日本のスキー界で語ると
必ずと言っていいほど

 

 

「ターン前半は長い軸をとらなければダメだ」

 

 

「ターン前半から
 外向傾が強いと腰が外れて
 内倒する」

 

 

「ターン前半から外向傾をとると
 外脚に乗れない」

 

 

「ターン前半の外向傾を意識したら
 周りからおかしいと言われた」

 

 

といった様な
【ターン前半からの外向傾=NG】
といった指摘を受けるといった
メールが届きます。

 

 

もうお分かりかと思いますが、
この様な指摘は、
ジャンケンの例えで言えば

 

 

「ジャンケンはチョキをださなきゃダメだよ」
「ジャンケンではパーを出すと負けるよ!」

と言っているようなものです!

 

 

冷静に考えれば

正解も不正解も

ないですよね?

 

 

 

ではなぜこのような
指摘が出るのか?

 

 

理由は大きく3つあります。

 

 

 

スキー上達を妨げるターン前半の固定観念を生み出す3つの理由

1つ目の理由は

 

 

①本質的な部分が理解されていないから

 

です。

 

 

・見た目のシルエットや
 表れたデメリットだけで判断

 

 

・ターン前半は長い軸が
 正解だという思い込み

 

 

・今まで自分が同じことを言われてきたから

 

 

・そういった指導が
 日本では多数派だから

 

 

 

といった単純な理由から
【ターン前半の外向傾=悪】
指摘が入ります。

 

 

 

これまでの記事を

ご覧になってきたのであれば

それは単なる思い込みであることが

分かるはずです。

 

 

基礎スキー、アルペンスキーに限らず

ターン前半は

長い軸も外向傾もあり、

どちらにもメリットデメリットが

存在します。

 

 

2つ目の理由は

 

②自分がその意識で上手くいっているから

 

です。

 

 

生存者バイアスなんて
言い方もしますが、
その方法で上手くいっていると
それが万人に共通する正解だと
思ってしまいます。

 

 

またハロー効果といって

有名なトップ選手や

指導者が発言すると
その人が言うのだから間違いないだろうと
思ってしまいます。

 

 

(スキー指導と
ハロー効果の関係性については
 また別の機会で!)

 

 

さらに指摘を受けた側も
指導者の方や、
それで成功している人が言っていて、
なおかつ自分は出来ていないとなると
余計その意見を聞かざるを得ない状況
なりますよね。

 

 

 

その指導内容は

 

 

ただ指導者や選手自身の感覚を

伝えているだけなのか?

 

 

それともあなたにとって必要な指導なのか?

 

 

ここら辺の見極めが重要です。

 

 

 

 

3つ目は

 

③シンプルに言葉足らず

 

 

です(笑)

 

 

 

これは私も気を付けていても
きっとミスを犯しているので
難しい部分ではあるのは分かります。

 

『ターン前半の長い軸も
 ターン前半からの外向傾も
 どちらにもメリットデメリットがあり
 どちらが正解といったものでは無い』

 

 

という前提を分かってはいるけど、
ターン前半からの外向傾のデメリットである
腰が内側に落ちて内倒になっているのを見て
そういった前提や条件を伝えないまま

「ターン前半からの外向傾はダメだよ!」

と言っているケースですね。

 

 

あとあと聞いてみたら、

 

 

「絶対悪いとは言っていない」

 

 

「過度にやるのがダメなだけ」

 

 

「そういった選択肢もあるけど
 今はそれをやって欲しくないから言った

 

 

といった感じで

 

 

 

「じゃあその時
 そう言ってくれれば
 良かったじゃん!」

 

 

 

と思いますよね。

 

 

 

先ほどのジャンケンの例でいうと

 

 

「ジャンケンはチョキをださなきゃダメだよ」

 

 

「ジャンケンではパーを出すと負けるよ!」

 

 

は極論ですが、

人は同じ手を連続出さない傾向がある
というのが研究で分かっています。

 

 

 

だからジャンケンで
「最初はグー、」
という合いの手を入れる場合、
チョキかパーを出しやすくなります。
(連続してグーは出したくないので)

 

 

 

もちろん絶対という訳ではないですが、
この様な経緯から
「最初はグー」という合いの手を入れて
始めるジャンケンの場合は
チョキを出すと有利であり、
パーを出すと不利になります。

 

 

“だから”

 

「ジャンケンはチョキをださなきゃダメだよ」

「ジャンケンではパーを出すと負けるよ!」

 

といった前提が足されれば
納得できますよね。

 

 

 

もちろん先を見越して

あえて言わない選択肢を

とる場合もあるので
(言葉が多くても混乱しますし)
一概に悪いとは言えませんが、
だいたい意図が通じず
マイナスに働いてしまいます。

 

 

 

もちろん今回のターン前半の内容を
受け手側が全て把握していて
判断できれば問題ありません。

 

 

しかしそれは難しいので
この【ターン前半の外向傾=悪】
という指摘によって

間違った固定観念が生まれ
上達のチャンスを逃がしている
スキーヤーが大勢います。

 

 

仲間内のアドバイスでしたら
聞き流す事が出来ても、
お金を払って習いに行っている
指導者からの指摘ですと
そう簡単にはいきませんよね。

 

(まぁ仲間内のアドバイスも
 大分足を引っ張りますが…苦笑)

 

 

今回は【ターン前半の外向傾=悪】の
指摘を取り上げましたが
【ターン前半の長い軸=悪】の指摘でも
同じです。
(こちらはほぼないですが(笑))

 

 

ぜひぜひ今受けている
アドバイスや指導と
照らし合わせてみて下さい。

 

 

因みにこれもあるあるなんですが、

 

 

最初はターン前半からの外向傾を
注意されていたのに、
それでもブレずに練習して
デメリットが出なくなってくると
本人は意識を変えてないのに
何も言われなくなるケースが

ほとんどです!

 

 

 

本当は褒めてくれると

良いのですが
まぁ否定をしていた手前
上手くなったね!とは
口が裂けても言えないのも
分からなくもないですが(苦笑)

 

 

さてここまでが

今の日本スキー界における

ターン前半に対する誤解を

解くための話でした。

 

 

大分ターン前半に対する

固定観念がなくなったかと思います。

 

 

ただ一番感じな事は

まだ解決してないですよね?

 

 

それが

 

 

 

「でっ、結局どっちをやればいいの?」

 

 

 

という問題です!

 

そこは次回の記事から

解説していきますね!

 

 

 

 

スキー技術

全日本スキー技術選のトップ選手達は、本当にターン前半は長い軸か?アルペンスキーとの比較は? 357

読了までの目安時間:約 18分

 


 

誤解されている技術選トップ選手達の滑り

 

前回の記事で

日本スキー界において

意見が分かれる

ターン前半の長い軸と外向傾について

お伝えしました。

 

 

まずはこちらの記事を読んでからの方が

今回の記事の本質が分かるので

まだあなたがご覧になってない場合は

まずはこちらからどうぞ!

 

 

スキー上達の分岐点!スキー界が持つターン前半問題とは? 356

 

 

さて前回の記事の最後に

 

 

 

ターン前半の長い軸の

デメリットやエラーに

注目されない理由は

技術選の滑りの影響では?

 

 

といった声をご紹介しました。

 

 

 

 

確かにその通りの

部分もあるかと思います。

 

 

 

ただ今回確認して欲しいのは

まさに今お伝えした

 

 

技術選のトップ選手=長い軸なのか?

 

 

 

という所です。

 

 

 

例えばスキーグラフィックの
2020年5月号で
技術選に出場予定だった
選手達の大回りの連続写真が
掲載されています。

 

 

その中で注目して欲しいのが
3年連続女子チャンピオンとなっている
栗山未来選手の滑りです。

 

 

3連覇しているという事は
基礎スキー界においても
そうとう認められている
という事ですよね?

 

 

では栗山未来選手の
滑りをご覧ください。

 

 

引用:スキーグラフィック 2020年5月号

 

 

いかがでしょうか?

 

カッコイイですよね!

でも「あれ?」と
感じた部分はありませんでしたか?

 

 

もう1度ターン前半部分となる
8,9番辺りを見てください。

 

 

 

この滑りは下記の長い軸と外向傾

どちらに近いでしょうか?

 

 

 

きっと長い軸をとって
入ってくるというよりは
かなり強めにターン前半から
外向傾をとっていますよね?

 

 

「この写真のシーンが
 たまたまなのでは?」

 

 

 

と思うかもしれませんが、
栗山未来選手は前々から、
股関節をターン前半から
結構強めに入れてくるタイプの
滑りをする選手です。

 

 

つまり何が言いたいかというと

 

 

ターン前半から
股関節をしっかり入れて
外向傾をとってきても
技術選では評価される

 

 

という事です。

 

 

本当にターン前半は
長い軸でなければいけないのであれば
この滑りが評価されるのは
おかしいですよね?

 

 

 

実際にメールマガジンで

こちらの記事を紹介した時に

 

 

 

「こうやって連続写真で見ると
 かなり前半から
 股関節を入れて
 外向傾になっていて
 驚きました。」

 

 

「たしかにこれは腰外れでも
 違和感があまりなく
 一般スキーヤーが行うと
 腰外れに見えるという事は
 フォーム以外の事も
 関係しているんだと
 気付きました!」

 

 

といった感じの

感想をいただきました!

 

 

新たな気づきがあったようで
嬉しいです!

 

 

 

感想にもあるように、
静止画だけみると、
ターン前半の長い軸というよりは
外向傾のイメージですし、
腰外れかと聞かれれば
そうだと思います。

 

 

しかし実際の滑りをみると
そういった事が
気にならないくらい
素晴らしい滑りをしていますよね!

 

 

 

実は以前から
栗山未来選手が
連続で優勝をするように
なったのをきっかけに
今回テーマにしている

 

 

『ターン前半からの外向傾の
認識も変わるのではないか?』

 

 

と密かに思っていました。

 

 

 

しかしお察しの通り、
実際の現場では

いまだターン前半は

長い軸でなければダメ
という考え方は根強いです。

 

 

なぜ技術選では
ある程度認められているのに
一般的な解釈としては
NGなのでしょうか?

 

 

 

技術選のトップ選手は長い軸も外向傾も両方いる?

 

もしかしたら

 

 

「たまたま栗山未来選手だけ
 特徴的なのでは?」

 

 

「他の選手は長い軸で滑っていますよね?」

 

と思われたかもしれません。

 

 

 

もちろん長い軸で滑る選手が多いですが
栗山選手の様に
ターン前半に外向傾を
とってくる選手もいます。

 

 

分かりやすい代表例を
またスキーグラフィック2020年5月号から
抜粋しましたので
参考にしてみて下さい。

 

 

長い軸か、外向傾(くの字)か
いまいち分からないという方の為に
外脚、外腰、外肩を
赤い点線で結んでおきました。

 

 

これで判断しやすいと思います。

 

 

 

引用:スキーグラフィック2020年5月号

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

上から

 

①栗山 未来 選手
②佐藤 栄一 選手
③大場 優希 選手
④丸山 貴雄 選手

 

です。

 

 

 

 

いずれも技術選トップ選手達ですが

 

 

①外向傾
②長い軸
③外向傾
④長い軸

 

 

と並んでいるのが
分かるでしょうか?

 

 

前回の記事で

ターン前半に
外向傾をとってくるのは
何故いけないのか?

 

 

といった問いかけをしましたよね?

 

 

その時に出てきたのが

 

 

 

・腰外れになると
 お尻が落ちて後傾になる

 

 

・腰が内側に入り内倒になり
 外脚に乗れない

 

 

・X脚になる

 

 

・腰が外れてシェーレンになっていると
 言われます。

 

 

・板の真上に腰が無いから
 しっかりと板に乗れない

 

 

・外脚に強く乗りすぎてしまって
 内脚を使えず、両足バランスよく
 荷重できない

 

 

 

といったものでした。

 

 

さて上記の

ターン前半から外向傾をとると
起こるデメリットや
指導で言われてきた内容が
今回紹介したトップ選手達にも
当てはまるか考えてみて下さい。

 

 

 

当たり前ですが、
内倒、後傾、シェーレン、X脚もないですし、
板をたわませられない、
走りが出ないという事もありません

 

 

 

また長い軸でないと

基礎スキーでは
評価されないといった認識もありますが、
基礎スキーの最高峰である
技術選でしっかり評価されています

 

 

因みにこの画像を見ると
男子選手は長い軸で
女子選手は外向傾に
なりやすいのでは?

 

 

と思ったかもしれませんが、
ある意味正解で、
それにもきちんと理由があります。

 

 

この理由も知ると
とっても面白いんですが、
今回は

 

 

『ターン前半の外向傾は悪いと
されている理由は基礎スキーの影響か?

 

 

 

でも基礎スキーの最高峰である
技術選トップ選手だと
ターン前半の外向傾をとっても
評価されている』

 

 

といった部分がテーマなので
またの機会とさせていただきます。

 

 

 

さて今回ご紹介した内容からも
分かるように、
技術選の影響がないとも言えませんが、
技術選自体はターン前半の外向傾を
絶対NGとしているわけではない
というのがお分かりいただけたでしょうか?

 

 

ではこれまで

全日本技術選手権という

基礎スキーをメインにお伝えしてきましたが

アルペンスキーはどうでしょうか?

 

 

アルペンスキーはターン前半外向傾か?

 

 

長い軸は基礎スキーの影響が強いと
言われる一方で
ターン前半の外向傾が強いと
『アルペンっぽい』という
ワードもちらほら出てきます。

 

ではターン前半から外向傾をとる滑りは
アルペンスキーっぽいと
言われるところを見ていきましょう!

 

 

ちょっと基礎スキーの話題が続いたので
もしあなたが
アルペンスキーヤーでしたら
お待たせしました!(笑)

 

 

因みに一般的にターン前半から
外向傾を強くとるシルエットは
アルペンスキーっぽいと
言われている点に関しては
知っているでしょうか?

 

 

海外スキーのシルエットが
日本よりも外向傾が強く見えるのも
アルペンスキーを
基本としているからでは?
という点からも

 

 

アルペンスキー
=ターン前半から外向傾強い

というのは、
あながち間違いでは
ないように思えます。

 

 

ではあなたは
『アルペンっぽいすべり』
と聞いてどのような滑りを
想像しますか?

 

 

例えばこの動画様な滑りは
アルペンっぽい滑りに
見えるのではないでしょうか?

 

 

 

引用:Peter Szollosチャンネル

 

まぁアルペンっぽいというか
がっつりアルペンスキーヤー
なんですが(笑)

 

この動画のように
ターン前半からしっかり
外向傾をとってくる滑りは
レーサーの特徴のように
感じている方が多いと思います。

 

 

実際日本のスキースクールなどで
この動画の様な滑りや
練習をしているケースは
少ないですよね。

 

 

フルカービングはともかく
ズラシて滑るという基本練習でも
この動画0:15辺りから
行っているような

 

 

 

【ターン前半から外向傾ベースの
 ズラシ練習】

 

 

よりも

 

 

【体軸はまっすぐで
 身体は正対でのズラシ】

 

 

というのが指導の基本のように感じます

 

(もちろんそうじゃない
 スキースクールもあるかと思いますが)

 

 

 

 

ここまでの話や動画では

 

 

ターン前半からの外向傾は
・アルペンスキーヤーの特徴
・アルペンっぽい滑り
・レーサー滑り

 

といったイメージは
あながち間違っていないように思えます。

 

 

しかし本当にそうでしょうか?

 

 

 

アルペンスキーもターン前半の長い軸がある

 

それでは深い傾きでおなじみ?の
アメリカ代表テッドリゲティ選手の
フリースキーの動画を見てみましょう!

 

引用:U.S. Ski & Snowboard Sport Educationチャンネル

 

 

今回のテーマとはズレますが
アルペンスキーのジュニア選手や
もしくはその保護者の方は
ぜひこの中で語られている内容にも
注目して欲しいところです。

 

 

英語が分からなくても
YouTubeの機能にある
自動翻訳である程度
日本語字幕になりますので!
(右下に字幕のボタンがあります)

 

 

もう1つ、2018/19シーズン
女子ワールドカップ総合3位になった
ウェンディ・ホルデナー選手が
日本に来た時の動画が
スキーグラフィック2019 8月号で
紹介されているのでこちらもどうぞ

 

引用:スキーグラフィックチャンネル

 

さていかがだったでしょうか?

ターン前半からの
外向傾は強いかと言われたら

そんな事はないですよね?

 

 

長い軸で滑っている様に

見えるかと思います。

 

 

この様に

 

 

アルペンスキーでも

ターン前半に

長い軸の滑りもあれば

外向傾をとってくる滑りもある

 

 

という事です。

 

 

さて今回の記事で

技術選、アルペンスキーに限らず

ターン前半長い軸で滑る選手もいれば

前半から外向傾で滑る選手もいる事が

おわかりいただけたでしょうか?

 

 

 

このことから

一つの真実が浮かび上がってきます。

 

 

 

それは

 

 

 

トップ選手は

長い軸でも外向傾でも

関係なく滑れる!

 

 

 

という事です!

 

 

その一方で一般スキーヤーや

その指導現場では

長い軸はOK外向傾はダメといった

本質から離れた部分を

指摘しているという事です。

 

 

なぜこのような事が

起こっているのか?

 

 

次回いよいよ真相に迫ります!

 

 

 

 

 

スキー技術 基礎スキー

スキー上達の分岐点!スキー界が持つターン前半問題とは? 356

読了までの目安時間:約 21分

 


 

スキー界で意見が分かれる2つのターン前半

 

あなたはスキーのターン前半の

滑走イメージを

どのように持っているでしょうか?

 

 

 

以前youtubeで
2つのターン前半についての
分析動画を配信しました。

 

 

2のターン前半とは

 

 

軸の長いターン前半

 

 

 

と日本では腰外れと言われる

 

 

外向傾が強いターン前半

 

 

 

です。

 

 

 

今回のメルマガは
この部分を深堀しますので
まだご覧になっていない方は
まず動画をご覧になって
この2つのターン前半を
イメージをしておいてください。

 

 

 

 

 

冒頭でもお伝えした様に
一般的に日本のスキー界では
黄色いウェアの
股関節での角付けベースの滑りは

 

 

・腰外れ

・外向傾強すぎ

・ターン前半は長い軸でなければダメ!

 

 

とされています。

 

 

しかし実をいうと、

 

 

 

ターン前半に長い軸を

とろうとしているから

上達が出来ないスキーヤーが

多発している!!

 

 

という問題があります。

 

 

なぜターン前半に長い軸を

とろうとすると

上達が阻まれるのか?

 

 

またターン前半の外向傾は

なぜ悪者扱いされて

練習されないのか?

 

 

 

これは日本のスキー界において

かなり根深い問題なので

今回の記事できちんと整理していって下さい!

 

 

 

ターン後半はどちらも同じ?

 

 

まず整理しておきたいのが、

 

 

このターン前半の長い軸と外向傾は

全く違う動作なのか?

 

 

という点です。

 

 

 

本当に違う動作であるなら

どちらかが合っていて

どちらかが間違っているという意見も

分かります。

 

しかしここで不思議な現象が起きます。

 

 

 

ターン後半のシルエットを

ご覧ください。

 

 

 

 

 

ターン前半を長い軸で滑ろうが、

外向傾で滑ろうが

 

 

 

ターン後半は同じになります!

 

 

 

つまりタイミングや、
各関節の動きの量など
細かい部分は違えど
本質的に全く違う動きをしているわけでは
ないという事です。

 

 

全く違う動きをしているのであれば
後半に同じような動きに
収まる事はないですよね?

 

 

しかしながら
実際コメントにもあるように
黄色いウェアの
股関節ベースの滑りをすると
周りから色々と言われることは
もちろんの事
指導者からもダメ出しが入るケースが
ほとんどです。

 

ですから当然

 

 

「この2つの滑りが
本質的には同じなわけないじゃん!」

 

 

といった考えは

スキー界にはあまりなく
一般的な考えとしては
まだまだ

 

【ターン前半からの外向傾は悪】

 

 

が続きそうです。

 

 

 

 

なぜターン前半の外向傾は悪なのか?

 

ではそもそもターン前半の外向傾は
なぜ悪いといわれているのか?

という部分に切り込んでいきましょう!

 

もしかしたらあなたも
ターン前半からの外向傾は
いかがなものか?
と思われているかもしれません。
(それで全然OKですからね!)

 

 

 

また周りや指導者の方から
指摘をされていて
悩んでいるケースも
少なくないかと思います。

 

 

ただ意外と考えてみると
ターン前半腰が外れていると
“指摘”されただけで、
そもそもなぜ悪いのか?
具体的にどうすれば直るのか?
といった“指導”をされた事が
ないケースも多いです。

 

 

以前メールマガジンの読者さん向けに

 

 

「なぜターン前半の外向傾は

 悪いと言われていると思いますか?」

 

 

といったアンケートを行いました。。

 

 

 

予想通り、
ご自身の考えや
指導者から言われた内容として
多かったのが

 

 

・腰外れになると
 お尻が落ちて後傾になる

 

 

・腰が内側に入り内倒になり
 外脚に乗れない

 

 

・X脚になる

 

 

・腰が外れてシェーレンになっていると
 言われます。

 

 

・板の真上に腰が無いから
 しっかりと板に乗れない

 

 

・外脚に強く乗りすぎてしまって
 内脚を使えず、両足バランスよく
 荷重できない

 

 

などなどですね。

 

 

 

これらはどれも
ターン前半に外向傾をとる事で
いわゆる腰外れになり、
それによって起こるエラーです。

 

 

さてまず確認して欲しい
重要なポイントがあります。

 

 

それは

 

 

 

ターン前半から外向傾をとると
絶対にそうなるか?

 

という部分です。

 

 

 

ここが本当に重要で

絶対にそうなる動作であるなら

確かにターン前半の外向傾は

悪い動作と言えるでしょう。

 

 

しかし、冒頭でご紹介した
動画を見ていただくと
お分かりいただけると思います。

 

ターン前半から
股関節を使った外向傾をとった

黄色のウェアの方の滑りでも
上記で出て来るような

 

 

・内倒
・X脚
・シェーレン
・外脚に乗れない

 

 

というのは
出ていないですよね?

 

 

しかし、実際に
ターン前半から外向傾をとると
上記に上げた癖が出るケースが出る
スキーヤーの方が多いです。

 

このようにターン前半から
外向傾をとっても
エラーが出ない人もいれば
エラーが出てしまう人もいます。

 

つまり、

 

 

 

 

ターン前半からの外向傾が
エラーなのではなく、
外向傾のやり方にエラーがある!

 

 

という事です。

 

 

ここが本当に重要なポイントです!!

 

 

この2つは同じようで
まるで違う意味があります。

 

 

前者はターン前半の外向傾=悪に
対して
後者はやり方によっては悪になる
というニュアンスですので。

 

 

ほんのちょっとの事なんですが、
指導者から

 

 

「ターン前半外向傾が強すぎる!
腰が外れている!」

 

 

と言われるか

 

 

「ターン前半から
外向傾を意識する事自体は
悪くないんだけど……」

 

 

といった前置きの言葉が一言入るかで
その後の方向性は大きく変わります。

 

 

前者は、ターン前半の外向=悪
後者は、やり方や状況による

 

 

という事ですから。

 

 

 

これまでに紹介したように
長い軸だろうが
ターン前半から外向傾が強かろうが
最後はしっかり外脚に乗る為に
外向傾になるというゴールは
同じです。

 

 

 

因みに私の動画の
ターン前半の外向傾は
まだ若干抑えている方で
海外の映像では
これでもかというくらい
ターン前半から外向傾を
とる練習をする動画が
たくさんあります。

 

そんな中でもとっておきの
ターン前半の鬼外向傾です(笑)

 

引用:bergfexチャンネル

 

 

こんなにやらなくても
いいですけどね(笑)

 

でもこれだけターン前半から
外向傾をとっても
内倒もシェーレンもX脚もありません。

 

 

外腰を前に出してと
日本ではよく言われますが、

この滑りは恐ろしいくらい

外腰が後ろに引けています(笑)

 

 

ただこの動画の最後に
内側の手を雪面に付けてするターンの時には
軸の長い滑りになっていますよね。

 

 

 

ここまでで
ターン前半の強い外向傾をとる事が
間違いなのではなく、
とる事によって出やすいエラーが
間違いであるという事
お分かりいただけたでしょうか?

 

 

ここを混同しているスキーヤーの方は
非常に多いです。

 

 

さてここでちょっと不思議な事に
お気づきでしょうか?

 

 

ターン前半に強い外向傾をとる事による
デメリットはその動作そのものが悪いと
勘違いさせるほどに広まっているのに対し
ターン前半の長い軸をとる事の
デメリットはどうでしょうか?

 

 

当然ですがターン前半の長い軸にも
メリットデメリットがあります。

しかしながら

 

 

「ターン前半に長い軸はとってはダメだよ!」

 

 

と言われたことはありますか?

 

 

多分ないと思います(笑)

なぜターン前半の外向傾は
デメリットが強調されて
ターン前半の長い軸のデメリットは
一般的に言われていないのか?

 

 

次はこの部分を解説していきます。

 

 

 

なぜターン前半の長い軸のデメリットは注目されないのか?

 

 

これまでの話で

ターン前半に外向傾をとるデメリットは
その動作そのものが悪いと
勘違いさせるほどに広まっている事が

おわかりいただけたと思います。

 

 

 

ではターン前半の長い軸をとる事の
デメリットはどうでしょうか?

 

 

「ターン前半の長い軸はNGだ!」

 

 

と言われた経験が
あなたはありますか?

 

 

またそのような情報や意見を

聞いたことがありますか?

 

 

多分ないですよね(笑)

 

 

ターン前半の長い軸が正解で
ターン前半の外向傾は間違い
という日本スキー界からすれば
当たり前の結果です。

 

 

 

でも当然ながら
ターン前半の長い軸を
とる事による出やすいエラーがある
デメリットもあります。

 

 

ターン前半の長い軸をとると
出やすいエラーとは何か?

 

 

それはyoutubeでも
配信しましたが、
ターン後半に外向傾がとれず
外脚に乗れないというエラーです。

 

 

 

 

 

動画内でお伝えしている様に
ターン前半に長い軸を意識して
内側に傾いていくと
そのまま山側(斜面上)に傾いてしまい
谷側(斜面下)にある
外脚に乗れないエラーが出やすくなる
デメリットがあります。

 

 

もちろんこの動画は
ターン後半に注目していますが
ターン前半に内倒するケース
よくありますね。

 

 

このデメリットの影響を受けている
スキーヤーは本当に多いです。

 

 

しかし、この様なデメリットが
ターン前半の長い軸にはありつつも
なぜかターン前半の長い軸=悪いという
混同は起きません

 

 

ターン前半の内倒は
そのまま内倒していると指摘され
ターン後半の内倒は
ターン後半しっかり外脚に乗れてない
と指摘されます。

 

 

なぜターン前半の外向傾は
その動作が間違いと認識され
ターン前半の長い軸は
エラー動作と

認識されないのでしょうか?

 

 

あなたにはわかりますか?

 

 

 

スキー技術選の滑りをゴールに設定する弊害とは?

 

これまで話を
ざっくりまとめると

 

 

 

・ターン前半からの外向傾も
 ターン前半の長い軸も
 どちらにもデメリットがある

 

 

 

・しかしターン前半からの外向傾は
 動作そのものがエラーだと混同され
 ターン前半の長い軸は
 混同されるどころか
 そのデメリットにすら
 あまり着目されてない

 

 

 
といった内容でした。

 

 

「ターン前半外向傾が強いから
 エラー動作が出る!」

 

という指摘は受けても

 

 

「ターン前半長い軸をとるから
 エラー動作が出る!」

 

 

と言われた経験はないかと思います。

 

 

 

ではなぜターン前半の長い軸は
エラー動作と混同されないばかりか
デメリットにもあまり着目されないのか?

 

この内容も以前メールマガジンで

アンケートを取ったのですが

最も多かったものをまとめると

 

 

 

 

日本のスキー技術のベースとなる
スキー検定や指導要綱が
基礎スキー、技術選ベースだから

 

 

 

 

といった内容のものでした。

 

 

 

確かに基礎スキーと呼ばれる文化は
日本独自のものであり
(最近は韓国とかにも広まっていますよね!)
その最高峰が全日本技術選手権、
通称【技術選】ですね!

 

 

 

アルペンやスキージャンプ、
ノルディックなどの
いわゆる競技種目とされるものは
SAJの競技本部が統括しているのに対し、
技術選は教育本部が開催していることから
スキー指導に強い影響があるのは
事実かと思います。

 

 

 

それゆえ技術選で求められる滑りが
そのままスキー検定や
スクールの指導に反映されるため
技術選で表現されない滑りは
NG動作であるという
考えが浸透しているというのが
日本スキー界の現状ですね。

 

 

確かに先ほど紹介した
海外インストラクターの動画の様な
ターン前半で恐ろしいくらい
外向傾をとって滑ってくる選手は
見ませんよね(笑)

 

 

 

 

ここまでお伝えすると

 

 

技術選をはじめとした
基礎スキーという文化が
ターン前半は長い軸が正しくて
ターン前半からの外向傾は
間違えていると考える原因

 

 

の様に思えます。

 

 

もちろんその影響は
無いとは言えませんが
本当に全て技術選のせいなのか?

 

 

という部分についても
考える事は重要です。

 

 

 

そこをここから深堀すると

また長くなってしまうので

次回の記事でお伝えしていこうと思います。

 

 

 

まずは、今回お伝えしたかった

 

 

 

・ターン前半からの外向傾は

 悪いとされているけど

 その理由は正しく動作ができなかった時のエラーや

 そのエラーが出やすいという

 デメリットに注目されているだけ

 

 

 

・ターン前半の長い軸も
 エラーやデメリットが

 同じようにある

 

 

 

・しかしターン前半からの外向傾は
 動作そのものがエラーだと混同され
 ターン前半の長い軸は
 混同されるどころか
 そのデメリットにすら
 あまり着目されてない

 

 

 

 
ここら辺が整理出来ていれば

問題ありません。

 

 

それでは次回の記事を

お楽しみに!

 

 

 

 

 

スキー技術 基礎スキー

多くのスキーヤーが出来ない、スキー上達に必須のひねり動作と足首の動作 355

読了までの目安時間:約 11分

 


スキーに必要な股関節と足首の動作とは何か?

 

 

前回の記事でyoutubeで配信した
オフトレチャレンジ動作を
お伝えしてきました。

 

絶対確認!!スキーオフトレをする前にチャレンジしたい5つのテスト! 354

こういった動作が出来るかどうかは
ただチェックするだけでなく
ゲーム性もあり面白いですよね!

 

 

今回はその中で

特に多くのスキーヤーが

正しくできていない

ひねり動作が分かる

チェックテスト②を

解説していきます!

 

 

この動作は、
よくチームや部活動などで
ジュニア選手達に
行ってもらっていました。

 

 

ただ単純に、
スキーには股関節が重要だから
柔らかく使えるトレーニングをしても
正直ジュニアはつまらないですが
これならゲーム性があって
楽しんでとりくめますよね!

 

 

 

因みに簡単に出来てしまう人は
靴下を履いて行うと
滑りやすくなるので
更に難易度が上がります。

顔に本が落ちてこないように
お気を付けください(笑)

 

 

さてここから本題です!
メルマガではこのチャレンジ動作は
スキーにどう繋がっているのか
少し解説していきたいと思います!

 

 

まずは最初にとるスタートの姿勢ですが
この状態を作るだけでも
かなりきつい人が
多いのではないでしょうか?

 

 

 

 

見た目通り股関節が動かなければ
この体制は取れないのですが
ハムストリングス(モモの裏)が
硬い人は厳しいかと思います。

 

 

実際のスキーにおいては
ここまでの柔軟性は
求められてないかもしれませんが
硬いせいで動きをロックしてしまうという
弊害もあることから
ある程度の可動域は欲しいところです。

 

 

そしてもう1つ
重要なポイントがあります!

 

それは

 

足首です!!

 

 

 

 

 

じつはこの動作は
股関節の柔軟性と
タイトルに書いてあるものの
それと同じぐらい
足首の柔らかさが重要です

 

 

 

なぜなら
どんなに股関節が柔らかくても
足首が硬いと
本を床と並行にできません

 

 

このスタートポジションをとる為に
ハムストリングス(モモ裏)の柔軟性と
足首の可動域が必要だという事を
まずは頭に入れておいてください。

 

 

 

あなたのハムストリングスの

柔軟性を知りたい場合は

こちらのテストを

参考にしてみてくださいね!

 

 

さて次にスタートポジションの

後に行われる

回転運動について
お伝えします!

 

ここにもスキーに重要な動きが
隠れています。

 

 

 

 

これぞスキーに必須のひねり動作

 

実はこのチャレンジ動作には
スキーに共通する
とても重要な動作があります。

 

それはもうお気づきだと思いますが

 

 

【ひねり】

 

です!

 

 

 

ただ、単純にひねりと言っても
2つのひねりが隠れています。

 

 

 

この動作が出来ない場合は
どちらのひねりが出来ていないのか?
はたまたどっちも出来ていないのか?
まずはこの部分を
明確にする必要がありますね!

 

 

まず2つのひねりとは

 

 

 

【股関節のひねり】

 

【体幹部のひねり】

 

 

 

です!

 

 

股関節のひねりは
見たまんまですが
この体幹のひねりが意外と
出来ていないケースが多いです。

 

 

Youtubeの動画は
設定で(画面右下の歯車マーク)
動画速度を変更できるので
スローモーションにして
見ていくと分かりやすいのですが
回転しだした最初は
まず上体から回しているのが
分かるでしょうか?

 

 

 

脚はスタート状態をキープしたまま
上半身だけカメラ正面にひねる事で
股関節が開かれた状態になります。

 

 

 

その後に今度は
股関節を内側にひねる形で
脚を回してうつぶせになっていきます。

 

 

 

簡単に言ってしまえば

 

 

上半身のひねり

股関節のひねり

 

 

 

という順番で、
仰向けからうつ伏せに
なっているという事です!

 

 

この順序が逆になってしまったり、
同時に動くと、
すぐに足裏に乗せている本が
落ちてしまうので気を付けてください。

 

 

これを元に他の動作も見ていくと
股関節のひねりか
上体のひねりか
必ずどちらかから
スタートしているのが見えてきます!

 

 

このチャレンジ動作が
出来ない方は
是非この部分を意識してみて下さいね!

 

 

多くのスキーヤーが出来ない『ひねり動作の分離』

さて次はもう少しだけ深堀して
このチャレンジ動作をもとに
多くのスキーヤーが抱える
上体のひねりと
股関節のひねりの問題点を
解説していきます!

 

 

 

先ほどは簡単に
【上半身のひねり】
【股関節のひねり】
を交互にやる事を
お伝えしましたが、
なかなか意識しても出来ないケースが
多いかもしれません。

 

 

なぜなら最も難しいのが

 

 

 

2つを分離する事

 

だからです。

 

 

 

なぜこの2つの動作は
分離することが
難しいのか?

 

 

こちらの動画の動作を
行うとまず何が起きるかというと
足裏に乗せている本を
落とさないように意識する際
身体全体が固まります。

 

 

すると

上半身をひねろうとすると
股関節(下半身)も一緒に動いてしまい、
股関節をひねろうとすると
上半身も動いてしまいます

 

 

まさにスキーでも同じような事が
起こっていて、
滑走中は無意識で全身が固まるので
上半身と下半身の分離が出来ません!

 

 

さらに、

 

 

 

「外脚にもっと力をくわえて!」

 

「上半身をフォールラインに固定して」

 

 

といった様な
いわゆる力んで固まる方向性の
指導が入るので余計分離が出来ません。

 

 

そしてダメ押しが
オフトレで体幹トレーニングで
さらに固めるトレーニング……

 

 

一般的に身体がガチガチに
固まってしまうスキーヤーと
ゆるゆるで動いてしまうスキーヤー
どちらが多いでしょうか?

 

もちろんあなたが
後者に当てはまるのであれば
固めるトレーニングも
必要になってきます。

 

 

しかし多くのスキーヤーが
しなやかに動けず悩んでいるのであれば
最優先で行うべきことが
違うというのが
見えてくるのではないでしょうか?

 

 

ぜひ今回のチャレンジ動作を通じて
上半身と下半身が
力みやすい状況の中でも
分離できるかチェックしてみて下さいね!

 

 

スキー技術 基礎スキー 身体論(フィジカル関係)

1 2 3 17