スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

前後だけじゃない!スキーで後傾で考えられていない『盲点』とは? 348

読了までの目安時間:約 20分

 


 

スキーというスポーツは

板という足場が

どんどん進んで行ってしまう為、

後傾ポジションになりやすいのは

言うまでもありませんよね。

 

 

サッカー、野球、テニス、

ゴルフ、バスケ、卓球

などなど・・・

 

 

数あるスポーツでも

あまり「後傾ポジション」に

悩んでいるというフレーズは

あまり表立って聞かないかと思います。

(もちろん他のスポーツも

ポジションの要素は重要ですが)

 

 

この多くのスキーヤーを悩ませる

後傾ポジションですが、

なかなか意識しても

直らないケースがほとんどです。

 

 

 

その理由の一つに

後傾ポジションで考えられていない

盲点があります。

 

 

今回の記事では

 

 

・その盲点は何か?

 

 

・またその内容を自分で

 考えたことがあるか?

 

 

 

といった点を

イメージして読み進めてみて下さい。

 

 

 

 

 

後傾の話をする前に…

 

 

さてそもそもあなたにとって

後傾ポジションとは

どういう状態でしょうか?

 

 

スキーをしたことない人から

 

 

 

「後傾ポジションってどういう事?」

 

 

 

と聞かれたと思って

頭でイメージしてもらえると

分かりやすいです。

 

 

 

多くの場合、

 

 

 

「身体が後ろに遅れてしまう事だよ!」

 

 

といった内容を

伝えるかと思います。

 

 

 

正に後ろに傾いている状態なので

後傾ですよね!

 

 

 

この考え方は

大正解なのですが、

だからこそ盲点が存在します。

 

 

それが

 

 

 

 

 

 

左右の部分

 

 

 

です。

 

 

 

「えっ?前傾後傾って

 前後の話だから

 左右の話は

 また別問題ではないですか?」

 

 

 

 

と感じられたかもしれません。

 

 

 

では前傾後傾を

 

 

 

谷側、山側

 

 

 

に置き換えて

考えていきましょう。

 

 

 

その前に山と谷を

少し整理しておきますね!

(意外と混乱するので)

 

 

 

 

谷側は斜面の下側

 

山側は斜面の上側

 

 

 

です。

 

 

 

 

当たり前ですが、

斜面の下側に谷があるし

斜面の上側に山があるので。

 

 

 

 

ただややこしいのが、

 

 

 

ターン前半を谷回り

 

 

といい

 

 

ターン後半を山回り

 

 

 

という点です。

 

 

 

 

 

さっきの理屈で言ったら

ターン前半は斜面の上側なので

山側であり

ターンの後半はターン前半よりも

谷側になります。

 

 

しかしターン前半は

谷側に向かっていく為

谷回りと表現しています。

 

 

一方ターン後半は

谷側に行かないように

山側に切りあがっていく為

山回りと表現されています。

 

 

つまりそのターンが

行われている場所ではなく

そのターンが向かう先で

表現されているという事です。

 

 

 

因みにこれは

右ターン、左ターンも同じですね。

 

 

 

右外脚側のターンは、

自分にとっては斜面の右側で

行う行為なので

右ターンとイメージしたくなりますが、

進行方向は左側に進むことになる為

左ターンとよびますし

その逆も同じです。

 

 

 

これも向かう方向で表現されていますよね。

 

 

 

向かう先と実際今行っている場所が

逆なのでややこしいという事です。

 

 

谷側と山側を説明で

脱線してしまい

長くなってしまいましたが

この谷側と山側を

きちんと整理しておいて欲しいのは

これからの話にとても重要だからです。

 

 

なぜならこの先の話で

 

 

「前傾と後傾はそれぞれ

 谷側と山側どちらで表現しますか?」

 

 

という内容が

カギとなってくるからです。

 

 

 

 

後継ポジションの判断基準を変えよう!

 

 

さて、後傾ポジションの盲点を

整理する為に重要となる

谷側と山側の整理を

まずお伝えしました。

 

 

・谷側は斜面の下

・山側は斜面の上

 

 

とここまではシンプルなんですが、

山側で行うターン前半は谷回りと言い

谷側で行うターン後半を山回りと言うのが

スキー界のややこしいところですよね。

 

(右外脚が左ターンなのと同じです)

 

 

今回はややこしくないように

谷回り、山回りという表現は使いませんので

谷側=斜面の下 

山側=斜面の上

という設定を頭に入れて置いてください。

 

 

 

先ほど

 

 

「前傾と後傾はそれぞれ

 谷側と山側どちらで表現しますか?」

 

 

といった質問をしましたが

あなたの答えは

どうだったでしょうか?

 

 

 

きっと多くの場合

 

 

 

・前傾は谷側への傾き

・後傾は山側への傾き

 

 

といったイメージかと思います。

 

 

 

板がどんどん谷側に

落ちていくのについていけずに

後傾になるので。

 

 

 

分かりづらければ直滑降を

思い浮かべれば

簡単かと思います。

 

 

前傾=谷側

後傾=山側

 

 

ですよね!

 

 

 

ではここで考えて欲しい

内容があります。

 

 

 

もし後ろ向きに滑走している場合は

どうでしょうか?

 

 

 

フリースタイルスキーなどで

よく行われていますが、

この場合は

前傾が板のテールによる

後傾が板のトップによる

という事になります。

 

 

 

簡単に言ってしまえば

 

 

 

 

お尻が落ちているという状態が

前傾になる!

 

 

 

 

ということです。

 

 

 

 

言われれば当たり前ですが、

この点がきちんと

コントロール出来ていない為

滑走中にその場でクルクル回る事が

できないスキーヤーは

少なくありません。

(たまに練習でもありますよね)

 

 

 

そしてここからが本題です!

なぜこのようなややこしい話をしたのか?

 

 

 

その理由は既にお気づきかもしれませんが、

 

 

 

 

お尻が落ちるといった

板に対しての

フォームとしての後傾自体が

問題なのではなく、

 

 

 

 

 

谷側に落ちていく板に

ついていけずに

山側に取り残されるという

板と自分の位置の

関係性が問題

 

 

 

という事に

気付いて欲しいからです。

 

 

 

お尻が落ちているフォームでも

後ろ向きに滑っているなら

前傾フォームなんです。

 

 

 

この事をふまえると

見えてくるのが

左右の存在です。

 

 

 

多くの場合、

脳内ではフォールライン(斜面の下)を

向いている状態が前提で

(いわゆる直滑降)

板に遅れると後傾(山側に取り残される)

といったイメージかと思います。

 

 

まさに前後ですね。

 

 

 

これまでの話の内容も

そうでしたね。

 

 

 

しかしスキーは

ずっと直滑降しているわけではなく

ターンをしていますよね?

 

 

 

当たり前ですが

斜滑降の状況があるわけです。

 

 

 

この斜滑降の時にも

もちろん前傾後傾の概念は

存在しますが、

谷側、山側で考えると

左右の話も入ってくるのが

イメージできるでしょうか?

 

 

 

例えば右脚が斜面の下、

左脚が斜面の上として

横向きに立っている場合、

谷側は右、山側は左になりますよね?

 

 

 

この時本人のとしては

左右の感覚ですが

これまでの話からすると

 

 

 

 

 

右足側が前傾

左足側が後傾

 

 

 

となるわけです!

 

 

 

 

色々と話がややこしくなってきましたが、

まとめると、

 

 

 

・板は谷側に落ちていく為

 一般的なイメージは

 前傾できずに後傾になると

 山側に残される

 (前傾→谷側 後傾→山側)

 

 

 

・しかし横向きになると

 板の向きと谷側、山側が

 完全に一致しない為、

 板に対しての前傾、後傾だけでなく

 谷側、山側に対する左右の動きが出てくる

 

 

 

という事です。

 

 

山側に取り残されるのは

後傾だけの話ではないのが

何となくイメージ出来ていたでしょうか? 

 

 

左右で見る前傾、後傾

 

 

これまでの話で

一般的にスキー界では

後傾は板に対して

前後でしか考えられてない

山側に取り残されることも含めると

横の要素が入ってくることを

お伝えしてきました。

 

 

 

簡単にいってしまえば、

 

 

 

「落下できずに遅れるのは

 前後だけの話じゃないよね!」

 

 

 

という事です。

 

 

 

斜滑降の時は

谷側山側は左右になりますよね。

 

 

 

 

 

さていよいよ核心です!

 

 

 

 

例えば前につんのめるぐらい

前傾をとっていたとします。

(板に対して前後の関係性)

 

 

 

 

その際、板が斜面下フォールラインを

向いている時は

板に遅れずについていけます。

 

 

 

 

しかし、

 

 

横の要素にエラーがあれば

斜滑降に入ると

前にいっているけど

山側に残ってしまう

 

 

状況になります。

 

 

 

これは

 

 

板の前後に対しては

遅れていないけど

谷と山の関係性から見れば

落下方向(谷)に行けずに

遅れている

 

 

ということになりますよね。

 

 

 

画像で見ると分かりやすいですが

ターン前半のような

 

 

内側に長い軸で傾いたままだと

ターン後半は後傾になり、

 

 

 

谷側に上体を傾ける

いわゆる外傾をとることが

前傾なります

 

 

 

 

このことから左右の動きをみると

 

 

 

 

外傾=ポジション前傾

 

 

 

 

が見えてきますよね!

 

 

 

しかし、タイトルにもあるように

後傾で悩むスキーヤーの多くは

この左右の要素を意識していないか、

後回しにしているケースが非常に多いです。

 

 

 

もちろん、前後の意識を完璧にしてから

左右の動きを行うという順序でも

問題はありません。

 

 

 

しかしイメージして欲しいのですが、

どんなに前にポジションを置いても、

左右の要素がゼロであれば

板は回らず、ただトップが重いまま

落下して行くだけですよね?

 

 

 

この様に、せっかく前後のポジションが

合っていても、

左右の要素にエラーがあれば、

ターン後半外脚は逃げていく為、

結局急斜面や悪雪は滑れず、

滑り全体としてはエラーとなってしまいます。

 

 

 

ですからSKIER`sLABでは

左右の要素はまずは徹底して

行ってもらいます。

 

 

 

前後の要素は

その左右の要素を

きちんと急斜面でも

出せるようにするための

条件という位置づけです。

 

 

 

「でも前後のポジションにエラーがあると

 左右の正しい要素が出来ないのでは?」

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

仰る通り、

急斜面や、ハイスピードの中の滑走は

そうなりますね。

 

 

 

だから前後の要素をあまり必要としない

緩斜面で練習をするんです!

 

 

あなたもまず練習する時は

緩斜面から行うケースが多いですよね?

 

 

まずは急斜面で

前後のポジションを確認して

その後左右の要素を…

とはならないはずです。

 

 

左右の要素がある程度できたら、

その要素を急斜面やハイスピードでも

出来るように前後の動作を練習する。

 

 

もちろんこの順序が

絶対の正解ではありませんが、

後傾で悩むスキーヤーの多くは

その手前の左右の要素が

そもそもエラーであり、

意識すらないというケースが

ほとんどです。

 

 

SKIER`sLABのサポートメンバーの方は

ピンと来ているかもしれませんが、

前後だけ動きを意識するというよりは

「前横」というワードを

よくレッスンでも使いますよね!

 

 

この様に後傾と一言で言っても

単純に前後要素だけではないという事は

ぜひ意識しておいてください。

 

 

 

この全体像が掴めていないと

せっかく後傾にならないで

ポジションを前にしても

ターン後半にきちんと

板に乗れる要素が無い為

宝の持ち腐れになってしまいますので。

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

スキー技術

多くスキーヤーが勘違いしているエラー動作の原因 347

読了までの目安時間:約 10分

 


 

 

エラー動作の原因は1つではない?

 

滑りの中で
なにかエラー動作があると
当たり前ですが
その解決方法を探しますよね。

 

 

その時に注意したいのが
考え方があります。

 

 

 

それは

 

 

 

エラー動作の原因は
共通して一つだと思ってしまう

 

 

 

という考え方です。

 

 

 

 

この考え方をしていると
スキー上達から大きく離れてしまう

ケースが殆どです。

 

 

そもそもなぜこのような内容を
お伝えしようかと思ったのか?

 

 

 

それは私のところにくる質問の多くが
上記の考え方が前提となっているものが
多いからです。

 

 

例えば

 

 

 

「X脚になってしまうのですが
 どうすれば直るでしょうか?」

 

 

 

という質問の場合、

この質問の裏には

 

 

 

「●●すればX脚直りますよ!」

 

 

 

という明確な1つの答えがあるという
前提が隠れています

 

 

 

しかしX脚になってしまう原因は
山ほどありますし、
先日動画でご紹介した様に
根本的にX脚自体の種類も違ったりします。

 

【良い?悪い?きちんと整理しておきたい2つのスキーX脚】

 

スキーからいったん離れて
考えてみると
より分かりやすいです。

 

 

例えば

 

 

 

「コミュニケーション能力を上げるには
 どうすればいいですか?」

 

 

 

という質問があるとします。

 

 

あなたはこの質問を聞いて

 

 

 

「あぁ!それは●●すれば上がるよ!」

 

 

 

と言えるでしょうか?

 

 

 

もし言えるとしたら
冒頭でお伝えした内容を
気を付けてくださいね!

 

 

 

なぜならコミュニケーション能力って
一言で言っても、

 

 

 

仕事の場合なのか?

恋愛の場合なのか?

友人の場合なのか?

 

 

 

といった様な
シチュエーションによって
変わってきますよね?

 

 

そもそもこの質問した人が
どの様な人間性を持っていて
その環境における立ち位置や
現状の関係性においても変わります。

 

 

さらにってしまえば
コミュニケーションをとる事によって
得たいゴールも違います。

 

 

それを上記の質問だけで

 

 

「それは●●すればいい!」

 

 

と一つの答えを断言するのは
とても無理な話です。

 

 

しかしスキーにおいては
エラーが出ると

 

 

 

「その直し方は●●です!」

 

 

 

という答えを求めてしまい、
自分には当てはまらない解決法を
一生懸命取り組んで
結果いっこうにスキーが上達しないという
上体のスキーヤーは珍しくありません。

 

 

 

そして何より厄介なのが
一度その道に入ると
もうこれ以外解決策はないと思いこみ
違う解決策が入ってこなくなります。

 

 

こうならない為にも
まずはエラーの原因は
人によって様々であり、
当然その解決方法も無数にある
という事を頭に入れておいてください。

 

 

 

どうやって最善策を見つけるか?

 

 

ここまで話を聞くと

 

 

 

「そんな事言われたら
 それこそまた悩みのループに
 入ってしまう…」

 

 

 

と思われたかもしれません。

 

 

 

確かに同じエラー動作でも
原因は様々であり、
当然それにともなって
解決方法も人によって違います。

 

 

しかし答えが1つしかない前提で考えていると
自分には合っていない
解決方法をひたすら取り組んでしまい、
練習しても上達しないという状態に
なってしまいます。

 

 

そればかりか、
本当に自分にとって
必要な解決方法が
入ってこないので
気を付けたいところです。

 

 

 

ではどうやって

自分のエラーを直す

解決方法を見つけることが

出来るのでしょうか?

 

 

それは

 

 

 

 

どんなエラーにも効く
万能薬を手に入れる!

 

 

という事です!

 

 

「そんな都合のいい万能薬なんて
 ありますか?」

 

 

 

思われたかもしれません。

 

 

しかし実際に
SKIER`sLABでサポートしている
サポートメンバーの方多くは
X脚やシェーレン、内倒、後傾
といった様々な悩みを持っていますが
それを改善する練習法をしていなくても

 

 

 

「あれ?そういえば
 いつの間にか直ってますね!」

 

 

といった状態によくなります。

 

 

 

その理由はまさに
万能薬となる練習
行っているからです。

 

 

 

よくよく考えてみると
分かるのですが
X脚、シェーレン、内倒、後傾…
といったエラーは
理想とする動作と比較して
違う動作をしているポイントですよね?

 

 

 

つまりそのエラーだけに特化した
ものを行わなくても

 

 

理想とする動作を追及していけば、
自ずとすべてのエラー動作が
改善していくケースは
珍しくありません!

 

 

もちろんこれは
理想論ですので、
当然ですが人によって
特化して行う練習もあります。

 

 

しかし一般的に出回っている情報の多くは
特効薬ですし、
一般のスキーヤーの方が
探しているのも特効薬です。

 

 

もちろんずばり当てれば
効果抜群です。

 

 

ただ残念なことに
そのようなケースは
ほとんど起きないという事は
これだけスキー上達に悩む
スキーヤーの方が多いのを
見れば分かるかと思います。

 

 

もしあなたが
長年同じエラーに悩まされているのであれば
一度これまで行ってきた解決方法や
考え方から離れて
全てに共通する

万能薬とはなにか?
考えてみて下さいね!

 

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました。

 

スキー技術

スキー上達に本当に必要な基本練習(外向傾)が取り組まれない3つの理由 346

読了までの目安時間:約 17分

 


前回の記事に最後に

 

 

 

「なぜまず行って欲しい

 土台となる外向傾の基本練習は

 あまり広まらないのか?」

 

 

 

この原因となっている

代表的な理由を3つ紹介しますと

お伝えしました。

 

 

まだ読んでいない方は

まずはこちらからどうぞ!

 

 

スキー界の基本練習をしても上手くならない!?上達の常識を覆そう! 345

 

本当はもっともっと

あるのですが、

特に代表的なものに

絞っています。

 

 

さて前回の記事の最後に

 

 

 

「外向傾が正しくとれているか?」

 

 

「とれていないとしたら

それを徹底的に練習しているか?」

 

 

「練習をしていないとしたら

 なぜその練習を選択していないのか?」

 

 

 

についても考えてみてくださいと

あなたはいかがでしょうか?

 

 

 

 

「いやいや外向傾は

 十分とれているんですよ!」

 

 

「私の中では外向傾は基本ではありません!

 もっと重要な事があります!」

 

 

 

といった場合は

それでOKです!

 

 

 

ただ毎シーズン上達しないと

悩んでいる場合は

この土台となる外向傾に

エラーがあるケースが殆どなので、

一度今回の記事を通して

考えてみてくださいね!

 

 

 

それではさっそく

3つの理由を紹介していきます!

 

 

 

 

 

外向傾練習が広まらないと理由その①

 

さて外向傾練習が広まらない

3つの理由の1つ目は

 

 

 

 

トップ選手や指導者は

無意識レベルで出来ているから

 

 

 

という理由です。

 

 

 

人間の構造上、

下半身で運動の主役となる

関節は股関節であり、

その股関節を大きく動かす動作は

外向傾になります。

 

 

 

試しに内向傾と外向傾、

どちらが股関節が動きやすいか

その場で試してみてください。

(そもそも内向傾なんて言葉

 聞いたことないかと思いますが)

 

 

 

話を戻しますが、

身体が外向傾になるように股関節使う

という動作は、

本来人間にとって

自然な動作である為、

特に幼少期は無意識レベルで行えます

 

 

 

 

私も2人の息子がいるのですが、

1歳の頃に上半身を抱えて

上体は地面に垂直になるよう

キープしながら左右に倒せば

教えなくても(というか教えられない(笑))

ビックリするくらいきれいな

外向傾を取れました。

 

 

 

取れたというよりは

そう動く構造になっている

といった感じです。

 

この画像をサポートメンバーの方に

お見せすると

みなさん驚きながら笑っています(笑)

 

 

 

この様に意識しなくても

自然と出来る状態のころから

スキーをしていると、

 

 

 

『意識して習得する』

という経験が無い為、

そこを徹底的に練習するという

感覚もなければ

どうやって出来るようになったかも

伝えられない状況に陥ります

 

 

 

股関節の動きは

その最たるものですね!

 

 

 

そうなると当然ですが、

トップ選手や指導者は

無意識レベルで出来ている動作よりも

 

 

 

『いま自分が意識している動作』

 

 

 

に目が向くので

基本練習というよりは

それを土台とした

『応用練習』の方がメインになりやすいです。

 

 

 

例えばプルークボーゲンでは

初めの一歩は

外脚荷重やで外向傾を意識するのに

パラレルになると

正対や両足荷重、

内側への傾き、内脚の使い方

など途端にレベルが高い話になります

 

 

 

また厄介なのが

基本練習の様に見えるけど

実は応用練習のケースもよくあります。

 

 

 

もしあなたがレッスンに入っていて

 

 

 

「自然に出来るものだから」

 

 

 

というワードが出てきたら

気を付けてくださいね!

 

 

 

このように1つ目の理由では

トップ選手や指導者は

幼少期のころに

股関節を使うことを

自然と覚えてきたので

意識的に練習しないということを

お伝えしました。

 

 

 

しかし最近では

トップデモの丸山貴雄選手が

海外から【ロール】という

股関節を使う概念を持ち込むなど

まずは意識的に動かそうとする

方針も見えてきました!

(海外だと当たり前の事のようですが)

 

 

しかしこれも

あまり広がらない可能性が高いです。

 

 

 

その原因は次にお伝えする

2つ目の理由が大きく関係します。

 

 

 

 

外向傾練習が広まらないと理由その②

 

スキー上達の基本練習である

外向傾をとる練習が

一般的に浸透しない3つの理由のうち

2つ目は

 

 

 

 

 

 

ミスやデメリットが許されないから

 

 

 

 

です!

 

 

 

 

どういうことだか

イメージできるでしょうか?

 

 

 

まず理解して欲しいのが

どんな動作にも

【その場面に合わせた適量】

あります。

 

 

 

外向傾に限った事ではなく

どんな動作もやりすぎてしまえば

当然エラーとなってしまいますよね?

 

 

 

外向傾の場合は

タイミングや量が合わないと

腰外れと言われるシルエットになり

それに伴って

内倒やシェーレンなどがあらわれます。

 

 

 

この様にどんな動作にも

デメリットがあるのですが

それが許されないのが

日本のスキー界です。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

指導のベースが

【ミスの指摘】

 

 

 

だからです。

 

 

 

 

新しい事を行う時は

誰しも最初から上手くいかないのが

当然ですよね?

 

 

 

 

これは股関節を使った

外向傾の練習にも言える事です。

 

 

 

 

しかし外向傾をとろうとして

出たエラーを

肯定されずに否定されます。

 

 

 

 

こうなると

せっかく上達に繋がっている道が

あたかも間違った道として

認識されてしまいます。

 

 

 

 

たった一言

 

 

 

「その動作の意識は良いんだけど、今のだと…」

 

 

 

という枕詞が入るだけで

変わるんですけどね…

 

 

 

 

【指導のベースがミスの指摘】

というのは

日本のスキー界だけではなく、

日本のスポーツ界全体的なものであり

さらにいえばスポーツというより

文化的なものなのかもしれません。

 

 

 

 

休日の野球クラブやサッカークラブをみても

コーチの声掛けは賞賛よりも

非難の声が圧倒的に多いです。

 

 

 

 

 

話を戻しますと、

外向傾を練習しようとしても

正しく出来るまでの間の

ミスやデメリットを指摘されて

止めてしまうという事です。

 

 

 

 

ただアルペンをやっている

ジュニア達は違いますね!

 

 

 

身体の構造的に正しい動きを

彼らはガンガン行い

良い意味で指導者の言っていることを

スルー出来るので、

(何言ってるかよく分からないからスルー(笑))

外向傾の強いすべりをしている選手が

大勢います。

 

 

それぐらい粗削りでいいから

しっかり土台を作っておけば

あとから調整する事は可能ですからね!

 

 

さて長くなりましたが

次回が最後3つ目の理由が

一番本質的であり

全ての根本といってもいいですね!

 

 

 

 

外向傾練習が広まらないと理由その③

 

もしかしたらすでにあなたは

ピンと来ているかもしれません。

 

 

それでは

スキーの基本である

外向傾練習が取り組まれない理由、

3つ目は

 

 

 

 

根本的に出来ない身体だから

 

 

 

です!

 

 

全ての理由はここにあると言っても

過言ではありません。

 

 

 

これまで外向傾をとる練習が

取り組まれていないと

お伝えしてきましたが、

 

 

 

「いえいえ、それがベースとして

 練習をしています!」

 

 

 

 

もしくは指導者側なら

指導しています!というケースが

あるかと思います。

 

 

しかしながら

股関節が正しく動かない

スキーヤーが非常に多い為、

雪上でいくら練習しても出来ず、

滑りが変わらないから

違う練習をしよう!

となってしまいます。

 

 

 

1つ目の

『トップ選手や指導者は無意識で出来るから』

という理由でも、

じゃあ受講者は

 

 

 

『意識すれば出来るのか?』

 

 

 

と言われたら

そうではないので

八方ふさがりです。

 

 

 

2つ目の

『ミスが許容されない』

という理由にも関わってきます。

 

 

外向傾をとろうとしても

根本的に取れない身体の人は

エラーしか出ないので

その全てをOKとしていたら

一生前に進みまないので

仕方がない部分もあります。

 

 

 

しかし逆を言えば

根本的に正しく股関節が動き

外向傾が作れるのであれば、

上記2つの理由が

解決される可能性もあります。

 

 

 

 

トップ選手やジュニア選手の様に

無意識で外向傾が

作れるかもしれませんし

取り組んだ時にミスが出づらく

注意されることも

少なくなる可能性もあります。

 

 

 

もちろん外向傾練習は

あまり取り組まれない理由は

今回お伝えした

3つの理由である

 

 

 

①『トップ選手や指導者は

 無意識レベルで出来るから』

 

 

②『外向傾をとる事のデメリットや

 出来る過程までのミスが

 許容されないから』

 

 

③『根本的に出来る身体の状態でない』

 

 

 

以外にも

 

 

 

「今のスキーは

 正対して傾くだけターンが出来る」

 

 

「外向傾は昭和の滑り」

 

 

 

といった本質とは少しずれて

曲解されている事など

山のように理由はあります。

 

 

しかし元をたどれば

 

 

【根本的に出来ない】

 

 

というところです!

 

 

 

ただ『根本的に出来ない』と

と感じられているのであれば

かなり進んでいると言えます。

 

 

 

 

なぜなら多くの場合

 

 

 

 

『根本的に出来ない事にすら

 気づいていない』

 

 

 

 

という状態だからです。

 

 

 

現に私の所に送られてくる

数多くの質問の中で

 

 

 

『根本的に股関節が動かないので

 外向傾がつくれません』

 

 

 

という悩みはほぼありません。

 

 

 

ぜひ今回の記事をとおして

パラレルスタンスでの

基本動作となる

外向傾がまずきちんと

取れているのか?

 

 

 

いま意識していたり

指導されていることは

その土台がある前提の

内容ではないか?

 

 

という部分を考えてみてくださいね!

 

スキー技術 身体論(フィジカル関係)

スキー界の基本練習をしても上手くならない!?上達の常識を覆そう! 345

読了までの目安時間:約 12分

 


 

いきなり突拍子もない

タイトルですが、

ぜひ今回の記事は

スキーの練習を考える上で

とても重要な内容なので

読んでいただけると嬉しいです。

 

 

スキー界には

常識となっている練習法が

数多く存在します。

 

 

 

・プルークボーゲンでの

 板の押し出し

 

・ジャンプして着地した姿勢が

 基本ポジション

 

・外脚に乗る為に片足スキー

 

・・・

・・・

 

 

などなど。

 

 

 

 

ただこういった

常識として行われている練習も

よくよく考えてみると

目的にあっていない内容があるので

注意が必要です。

 

 

例えば以前youtubeの音声でお伝えした

 

 

『ブーツのバックルを開けて滑る事で

 良いポジションを身に着ける』

 

 

という練習法もそのうちの一つです。

 

 

この練習も一般的に

よく行われており

私も学生時代行った記憶があります。

 

 

 

ブーツのバックルを開けているので

ブーツに頼る事が出来ずに

自ずといいポジションになる…

 

 

 

一見理にかなっている様に思えますが

ここには大きな落とし穴が存在します。

 

 

 

それは、

 

 

 

バックルを開いても

ブーツは前方向にしか開かない!

 

 

 

という事です!

 

 

なぜこれが落とし穴だか

お分かりいただけたでしょうか?

 

 

 

この

『ブーツは前にしか開かない』

という前提の裏を返せば

『ブーツは後ろには開かない』

つまり

 

 

ブーツの後ろは

寄りかかる事が可能である!

 

 

 

ということになります。

 

 

 

言い換えるなら

ブーツのバックルを緩めた状態は

言い変えると

 

 

『ポジションを後方には出来るけど

前方には出来ない』

 

 

という状態です。

 

 

ではこういった

ポジション練習をするスキーヤーは

ポジションが前になってしまうのと

後ろになってしまうと

どちらで悩んでいるのでしょうか?

 

 

ここまでお伝えすると

大分この練習の落とし穴が

見えてくるかと思います。

 

 

もう少し具体的な内容は

こちらの動画と音声の方で

解説をしていますので

まだお聞きでない場合は

一度隙間時間にでも聞いてみてください!

 

https://youtu.be/Fqmz52iGrPQ

 

音声♪#37 聞いてスキーが上手くなる! ブーツのバックルを外して滑る練習をしてもポジションはよくならない?

 

聞き取れるのであれば

2倍速で聞いていただくと

時短になります(笑)

 

 

 

また動画や音声では

お伝えしていませんが

こういった一般的に行われている

練習内容の最も危険な落とし穴を

お伝えします。

 

 

基本練習で気を付けたい最大の落とし穴

 

 

それはずばり…

 

 

『思考停止に陥りやすい』

 

 

という事です!

 

 

 

見たこともない

新しい練習ですと

 

 

「ん!?なんだこれは?

 どうやってやるんだ?

 何のためにやるんだ?」

 

 

となりますが、

常識として行われている

練習は何も考えずに

すぐに取り組んでしまうケースが

殆どだと思います。

 

 

 

しかしよく考えないと

今回の様に、

自分の目的に合っていない

というケースは多くので

ぜひ一度取り組んでいる練習を

見直してみてくださいね!

 

 

 

逆に基本なのに練習されない事は?

 

これまでの内容で

基本練習とされていながらも

よく考えたら

真逆の効果になっている例を

ご紹介しました。

 

 

それだけでも

スキー上達を大きく妨げるのですが、

さらに厄介なことがあります。

 

 

 

それが

 

 

本当に行うべき

基本練習はされていない!!

 

 

 

という事です。

 

 

 

 

実を言うとスキー上達にとって

まず取り組むべき

基本練習はそれ程多くはないのですが、

その練習を行っているスキーヤーの方は

圧倒的に少ないです。

 

 

 

スキーヤーズラボで

トレーニングを

サポートさせていただいている

メンバーの方たちも

必ずと言っていいほど

 

 

 

「なんでこんなに重要で

 基本となる練習を

 スキー界ではあまり

 行われていないんですかね?」

 

 

といった内容を仰っています。

 

 

 

この様な内容をお伝えすると

 

 

 

「いえいえ基本練習は

 日々きちんとやっていますよ!」

 

 

 

と思われるかもしれませんが

もし毎シーズン滑りが変わって

上達しているのであれば

問題ありません!

 

 

 

今回の話は

毎シーズン練習をしているのに

同じ事を言われ続けて

悩んでいるスキーヤーの方が多い

という前提のもと

お伝えしていきます。

 

 

 

その行われていない

代表的な練習が

 

 

 

【外向傾】

 

 

です。!

 

 

以前の記事でもお伝えしましたが

スキーの初めの一歩である

プルークボーゲンは

両脚とも外向傾を作っている状態です。

 

 

 

 

 

ですからパラレルになっても

まずはこの部分をしっかり

作る事が重要なのですが、

熱心に取り組まれているケースは

多くありません。

 

 

かなり前に何度か

メルマガなどで紹介しましたが

技術選チャンプ同士の

武田竜選手と吉岡大輔選手の

動画でも、はっきりと

 

 

 

 

「ターン後半に外向傾姿勢がとれてない

 スキーヤーが多い」

 

 

 

「ターン前半の傾きとかいう前に

 とにかくターン後半の質が大事」

 

 

 

と言っています。

 

 

 

 

この様な話を聞くと

 

 

「それは十分分かっています」

「何度も言われたことがあります」

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

しかし実際は

あれだけプルークボーゲンを

行っていたのに

(両足外向傾を行っていたのに)

パラレルになると、

 

 

・内傾角を作る

・正対の意識

・板を回旋させる

・たわみを出す

・先行動作を使う

 

・・・

・・・

 

などなど、

基本となる土台が無ければ

出来ない動作の練習が

主となっているケースが多いです。

 

 

 

それどころか

基本となる練習をしていると

 

 

 

「過度にやりすぎ!」

 

 

「自然となるものだから!」

 

 

 

と注意される事だってあるくらいです。

 

 

 

 

では根本的な問題を考えてみます。

 

 

それは

 

 

 

 

「なぜ重要な外向傾の練習が

 一般的に広がらないのか?」

 

 

 

という部分です。

 

 

 

それこそ本当に

たくさんの理由があるのですが

今回はその中でも代表的なものを

3つご紹介します。

 

 

 

ただ相変わらず

前置が長くなってしまったので

次回の記事で

その3つの理由をお伝えしますね!

 

 

 

ぜひそれまでに、

 

 

 

「外向傾が正しくとれているか?」

 

 

「とれていないとしたら

 それを徹底的に練習しているか?」

 

 

「練習をしていないとしたら

 なぜその練習を選択していないのか?」

 

 

 

といった部分を

自分自身で振り返ってみてくださいね!

 

 

スキー技術

外脚荷重に必須!?スキー上達に重要な【内側の壁】とは? 343

読了までの目安時間:約 13分

 


 

外脚に乗る為に重要な意識や

動作は数多くありますが、

今回のタイトルにある

 

 

【内側の壁】

 

 

もそのうちの一つです。

 

 

 

あなたは内側の壁というワードを

指導で言われたり、

また雑誌やインターネットなどで

耳にした事があるでしょうか?

 

 

 

内側の壁とは

 

 

 

内脚側に壁がある

イメージを持つ事で

内倒せずに

外脚にしっかり乗る為のイメージ

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

 

よくよく考えてみれば

陸上で滑走フォームを作る時に

倒れないように壁で支えますが

まさにあれは内側の壁ですね(笑)

 

 

 

あの壁がなければ

内側に倒れてしまいます。

 

 

ただ、あんなに寄りかかれるほど

しっかりとした壁があれば

内倒せずに楽なのですが

そんなものは存在しないのは

言わなくてもお分かりかと思います。

 

 

では内側の壁とは

どの様につくるものなのか?

 

 

 

どうすれば内側の壁が作れるの?

 

まず整理しますと

先ほどからお伝えしているように

当たり前ですが

本当に内側の壁というのは存在せず

 

 

 

『内側に壁があると感じられる動作』

 

 

 

があるという事です。

 

 

 

 

その内側に壁があるように

感じる為の動作はどのようなものなか?

 

 

この部分をお伝えしていこうと思います。

 

 

 

ただ、いつもの事ながら

この動作は

「明確に一つこれです!」

というものではなく

沢山あるから厄介なんです。

 

 

 

代表的なものを

いくつか紹介しますので

あなたはどのようなイメージで

行っているか

考えてみてください!

 

 

 

上半身主体の内側の壁

 

まず最も代表的な動作は

 

 

 

上半身の側屈

 

 

 

です。

 

 

 

 

外脚側に上半身を

起こしてくる、

いわゆる【外傾】をとる事で

内側に壁が出来ます。

 

 

 

イメージしずらければ、

粘土で出来たグニャッとまがりやすい

直立した人形を

横向きに壁におしつけるところを

想像してみてください。

 

 

 

上半身が壁にあたって

グニャッと外傾をとりますよね?

(こっちの方が分かりづらいですか?w)

 

 

しかしこの上半身の側屈を使った

内側の壁は、

簡単に意識できる分

非常にエラーが出やすい動作

でもあります。

 

 

そのエラーの代表的な物は

腰を使った側屈ですね!

 

 

Youtubeの方で

何回かこの側屈エラーについては

配信しておりますので

興味がある方は

こちらをご覧ください。

 

 

 

【外脚に乗れないスキーヤーに多い上半身のエラー【2つの弓なり姿勢】】

 

 

 

スキーをすると

腰痛がでる人の多くが

この側屈にエラーがあります。

(それだけが原因ではないですが)

 

 

 

 

下半身の内側の壁

 

 

2つ目の内側の壁を作る動作は

 

 

 

【股関節を使った内側の壁】

 

 

 

です。

 

 

 

 

 

・ヒップアンギュレーション

 

 

・股関節からの外向傾

 

 

 

 

といった表現もありますが、

要は股関節から外傾をつくる事で

内側に壁が出来るという事です。

 

 

 

 

そして前回お伝えした

上半身の側屈でつくる

内側の壁よりも

こちらの方が基本であり原点

といっても良いです。

 

 

 

その理由はとてもシンプルで、

 

 

 

 

骨盤という土台の上に

上半身が乗っているから

 

 

 

です。

 

 

 

身体を足元からたどっていくと

足首は左右に多少動くが、

ブーツを履いている為自由度がない、

膝は左右に動かない、

となると股関節が

まずは内側の壁を作る関節として

土台となります。

 

 

 

この股関節を使った

内側の壁が作れれば

多少上半身が動かなくても

大丈夫ですし、

逆に上半身が正しくても

この土台にエラーがあると

内側の壁が作れません。

 

 

 

ただ、日本では

この股関節を使った内側の壁は

かなり軽視されおり、

それどころかエラー動作としての

認識も強いです。

 

 

もう少し一般的な

言い方をすれば

 

 

 

 

・『くの字』より『弓なり姿勢』を評価

 

・股関節を使った内側の壁を作る動作は

 腰外れと言われる

 

 

といったイメージです。

 

 

 

 

しかし本当は弓なり姿勢と呼ばれる

上半身の側屈を使った

内側の壁を作る動作も

土台となる骨盤が動く

股関節を使った内側の壁を作る動作が

含まれています。

 

 

 

 

ここら辺が文章だけでは

イメージできなければ

こちらの動画を見ていただくと

分かりやすいかと思います。

 

 

 

 

 

 

『くの字姿勢』が

股関節を使った内側の壁で

『弓なり姿勢』が

股関節+上半身の側屈を使った

内側の壁ですね!

 

 

 

この様に股関節を使った内側の壁から

まずは意識して行いたいのですが

まだまだこの部分がベースとなって

スキー界に広まる事は

ないと思います。

 

 

その理由はまた違う機会に

お伝えしていこうと思いますが、

簡単などころでいうと

シンプルに上半身より

動作の難易度が高い

という部分です。

 

 

 

上半身の側屈は、

質はともかく基本的にその場で出来ますが、

股関節の動きがすぐできる人は

殆どいません。

 

 

そしてもう1つ内側の壁を作るうえで

最大の壁があります。

 

 

内側の壁を作れない最大の理由

 

 

内側の壁が作れない

最大の理由は、

内側の壁をつくるうえで

もっとも意識されていない

部分とも言えます。

 

 

 

それは

 

 

 

【物体としての移動の意識】

 

 

 

です!

 

 

 

 

 

 

と言われても

いまいちピンとこないかと

思いますので

説明していきますね。

 

 

 

 

上半身の側屈や

股関節の外向傾を

今その場で行えば

見た目上は内側の壁が

出るかと思います。

 

 

 

要は内側の壁が作られている

フォームですね!

 

 

 

このフォームさえ取れれば

内側の壁が生まれて

外脚に乗れればいいのですが

そう簡単にはいかないのが

スキーの難しいところです。

 

 

 

 

なぜならフォームでは

内側の壁が作れても、

当たり前ですが

実際に内側の壁があるわけではないので

内側に傾けば倒れてしまいます。

 

 

 

例えばくの字の姿勢をとった人形を

(内側の壁を作った人形を)

内側に傾くように移動したら

内脚側に乗って

内倒していきますよね?

 

 

しかし多くのスキーヤーは

この人形の形をどうするかには

(どういうフォームをとるかには)

とても意識を向けていますが、

その人形自体を

(そのフォームをとった自分自身を)

どこに動かすかは疎かになりがちです。

 

 

 

 

これが冒頭でお伝えした

物体としての形の意識(フォーム)ではなく

物体としての移動の意識です。

 

 

 

ただここまでお伝えしても

まだまだイメージが湧きづらいケースも

あるかと思います。

 

 

 

なぜなら、人形の形(フォーム)とは違って

具体的にどこをどう動かす

といったものではなく、

当然見た目にもあらわれにくいからです。

 

 

 

自転車に乗っていて

左に傾いたから左に行くと感じますが、

実際は左に傾いた状態で

前に進みタイヤが路面に噛むから

曲がっていきます。

 

 

でも左に傾きながら(これがフォーム)

前に進んで(物体としての移動)

前輪噛ませて…

とは思わないですよね(笑)

 

 

 

このように物体として移動しているのは

意識しづらい傾向にあります。

 

 

特にスキーはこの傾向が強いですね。

 

 

 

なかなか文章ではお伝えしづらい感覚ですが

 

 

 

フォームで作る内側の壁以外にも

内側に移動せず外側に移動する

 

 

と言った物体としての移動で生まれる

内側の壁がある事も

頭に入れて置いてくださいね!

 

 

スキー技術

音声を聞いてスキーが上手くなるのか?母指球の話を例に考える 342

読了までの目安時間:約 13分

 


 

もしかしたら

既にご存知かもしれませんが

SKIER`sLABでは

Youtubeに【音声コンテンツ】を

アップしております。

 

 

 

あまり滑舌が良い方ではないので

お聞き苦しい点が

あるかと思いますが、

意外と楽しんでもらえている方が多いようで

感想をいただき嬉しいです。

 

 

私も冬のシーズンは

毎日スキー場との往復で

運転をしている為

その間オーディオブックなどの

音声コンテンツをよく聞いています。

 

 

その他家事の最中など

いわゆる隙間時間の

“ながら聞き”ですね!

 

 

 

 

勿論本などは読んだ方が

速いのですが、

2倍速、3倍速で聞けば

そこそこ時間短縮になるのと

(youtubeは2倍速までですが)

やはり時間の有効活用ができるのが

良いですね!

 

 

ただ知識系の情報ならまだしも

 

 

スポーツにおいて

音声聞いても

意味がないのでは?

 

 

と思われるかもしれません。

 

 

 

正直私もそう思っていたのですが、

上達に繋がるケースも多い事が

実際SKIER`sLABでサポートしている

メンバーの方たちを通して

分かってきました。

 

 

 

そこら辺の詳しい内容は

音声でお伝えしているので

今回は省きます。

 

 

良かったら聞いてみてください!

 

 

 

音声を聞いて上達繋がるのか?

 

 

スポーツは実際に練習をするといった

行動が伴わなければ

上達に繋がらないように思えます。

 

 

 

もちろん何も行動しないで

上達するわけはないので

行動することは必須条件です。

 

 

でも行動するだけで上達するなら

毎シーズン練習を重ねているのに

上達しないと悩んでいる

スキーヤーがいるのは

おかしいですよね。

 

 

「それは正しい練習が

 できてないからではないですか?」

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

 

まさにそうなのですが

でも今の時代調べれば

山のように練習方法などの

情報はあふれています。

 

 

 

しかし色々と試してみても

結局前と変わらない滑りをして

悩んでいるケースが大半です。

 

 

 

その原因は何なのか?

 

 

 

ずばり、

上達を妨げている問題点の多くは

・・・

・・・

・・・

 

 

 

 

 

【考え方】なんです!

 

 

 

もう少し具体的にいうと

“情報の捉え方”ですね。

 

 

 

 

この捉え方の時点で

エラーがあるとすれば

当然ですが、その後の行動も

エラーになる確率が高いです。

 

 

 

あなたはどう解釈しましたか?

 

 

例えば分かりやすい例が

この音声コンテンツの内容にある

母指球についてです。

 

【音声♪#10 聞いてスキーが上手くなる!  スキーの足裏荷重点で母指球神話がなくならない理由は?】

 

 

もしよろしければ

ぜひ一度、隙間時間にでも

聞いてみてください。

(2倍速なら5分くらいで聞けるので!)

 

 

 

そしてその後にコメント欄も

ぜひ読んでみて下さい!

あなたはどう感じましたか?

 

 

 

因みにこれにも正解不正解はないので

自由に感じるままで問題ありません!

 

 

 

最初にお伝えしておくと

情報の捉え方は自由です!

 

 

 

ただどうせ情報を

取り入れるなら

自分のプラスになるように

取り入れたいですよね?

 

 

 

ではこの音声コンテンツを例に

情報の捉え方について

お伝えしていきたいと思います。

 

 

 

まず情報を取り入れる時に

確認したいのが

 

 

 

“自分の目的”にあっているか?

 

 

 

です!

 

 

 

 

この記事を読んでくださっている

あなたの目的は

きっとスキー上達だと思いますので

自分のスキー上達に繋がれば

どんな捉え方でもOKです!

 

 

さてその前提を

ふまえたうえで動画に寄せられた

コメント欄にある内容を

見ていきましょう。

 

 

ざっくりと言ってしまうと

 

 

 

「いやいや母指球は使っていますよ!」

 

 

 

といった内容ですね。

 

 

 

これはコメントをくださった方だけでなく

母指球神話の話を聞くと

 

 

 

「母指球は使っているのでは?」

 

 

 

 

と思うケースが多いです。

 

 

 

ただ音声をよく聞いていただくと

分かるかと思うのですが、

 

 

 

 

【母指球は一切使わない】

という情報は一つもないんですよね。

 

 

 

 

この音声でお伝えしている情報の核は

 

 

 

【足裏で一番力が伝わるのは

 くるぶし下】

 

 

 

というものです。

 

 

 

 

そしてそれが分かりやすい

例え話として

 

 

 

「だから空き缶をつぶそうとすれば

 かかと(くるぶし下)ですよね?」

 

 

 

といった事を話しています。

 

 

 

しかし実際コメントの方は

上記の情報を

 

 

 

【スキーでは母指球を使ってはダメで

 くるぶし下に乗らなければならない!】

 

【空き缶を潰す動作が

 スキー板に力を加える動作だ!】

 

 

 

という内容に変わって

解釈しています!

 

 

 

なぜ情報が歪んで解釈されるか?

 

 

なぜこのような

捉え方になったか?

 

 

その理由は

2つ目のコメントにある

 

 

 

「板が撓んでいる状態なら

 足裏全体で捉えている感覚

 …ですので…」

 

 

 

という内容に隠されています。

 

 

 

これこそまさに

 

 

思考のフィルター

 

 

です。

 

 

 

固定観念といった

言い方もできますが

情報を入れるときに

無意識のうちに

勝手にこのフィルターを通して

情報を入れてしまいがちです。

 

 

 

今回の場合は

 

 

【足裏全体で踏む事が正しい】

 

 

 

というフィルターですね。

 

 

 

確かにこのフィルターを通すと

母指球も使っている為、

母指球ではなく、くるぶし下が

一番力が加わるという情報は

おかしいとなるわけです。

 

 

逆の場合もありえます!

 

 

ここまでの内容を見ると

否定コメントの内容を

こちらも否定し返している様にしか

見えないので

それとは真逆の肯定の内容からも

お伝えします。

 

 

先日メルマガ読者の方から

 

 

 

「プロスキーヤーが滑る足の裏感覚という

 動画を見たのですが、

 外脚も内脚も母指球を浮かせて

 滑っていました!

 

 

 やはり渡辺さんが音声で仰っていたように

 母指球は使わないんですね!」

 

 

 

といったメールもいただきました。

 

 

 

これは音声の内容を

肯定はしてくれているものの

やはり独自のフィルターを通しているので

母指球を使わないという

情報に変わっています。

 

 

 

多分その動画で

ブーツの中では母指球が浮いているのを見て

そのようなフィルターが

入ったのだと思います。

 

 

 

ただ音声では

「母指球を使わない」とは

一言も言ってなですし、

むしろ後半には

ブレーキになる母指球の乗り方と

重心を前に運ぶ母指球の乗り方がある

ともお伝えしています。

 

 

 

この様に

通すフィルターが違うと

その情報の内容は

大きく変わります。

 

 

 

これは私も同じ事で

日々気を付けなければ

ならないと意識していることでもあります。

 

 

 

しつこいくらい言いますが

偏ったフィルターでも

目的が達成されているなら

もちろん問題ないんです!

 

 

 

ただ長年解決されない問題があるなら

情報を入れる際のフィルターを

変える必要性が高いです!

 

 

 

 

このフィルターを変える手助けとして、

音声コンテンツは勿論のこと

身体の使い方動画や

メルマガやブログといった発信が

プラスになると嬉しいです!

 

 

スキー技術

スキーで小回り、スラローム(SL)が上手く出来ない人の残酷な話… 341

読了までの目安時間:約 7分

 


 

 

いきなり恐ろしいタイトルですが

今回は小回りの悩みを解決する為に

重要な部分なのでお伝えします。

 

 

 

 

よく、小回りでは

 

 

・板を回す

 

 

・前半押しズラす

 

 

・トップを回旋

 

 

 

させるなど

色々な言い回しで

板の動きの事を表現されています。

 

 

 

そこに加えて重心移動の方向や

エッジングのタイミングなど

さらに情報が追加され、

どれを取り入れようか

悩んでしまうケースも

少なくありません。

 

 

 

色々と試す中で

自分にフィットする

内容を選択していけばいいのですが、

何を意識しても小回りが

上達しないケースがほとんどです。

 

 

 

なぜなら上記の

技術的な内容をするうえで

 

 

 

土台となる前提に

エラーがあるから

 

 

です。

 

 

 

 

小回りが上達しない致命的な動作

 

 

特に小回りに左右差がある方は

この部分が致命的

言ってもいいくらいできません。

 

 

 

 

それが

 

 

 

【ひねり動作】、

別の言い方をすれば【回旋動作】

 

 

 

です!

 

 

 

これを聞くと

 

 

「えっ?案外普通だな」

「そんなの常識じゃない?」

 

 

と思うかもしれません。

 

 

 

 

ですから

指導者も当たり前の様に

 

 

 

「前半からひねっていって」

 

 

「板を回旋させながら」

 

 

 

といった具合に

“できる前提”で技術を伝えます。

 

 

(本人たちは無意識でできるので(笑))

 

 

 

でも、もしもこの

ひねり動作】【回旋動作】

自体が根本的に出来ない身体だったら

どうでしょうか?

 

 

 

 

多分雑誌やインターネットで

溢れている技術論の多くは

前提を満たしていない為

いくら意識してもできません。

 

 

 

 

もちろん【ひねり動作】【回旋動作】と

一言で言っても

色々な要素を含みますが

以前Youtubeでアップした

この動作が

 

 

“左右均等”にすんなりできるか?

 

だけでも

いい判断になるはずです。

 

 

 

 

この動作が出来ない状態で

冒頭でお伝えした技術を意識して

滑りが変わるのか?

 

 

小回りに悩みがある方は

是非確認してみてください。

 

 

 

スキー界では外腰を出せといわれているけど…

 

あなたは先ほど紹介した

動画の動きが

“左右均等に”出来たでしょうか?

 

 

 

今回はこの動画を通して

もう1つ伝えたい内容があります。

 

 

 

それが

 

 

 

外腰が出てこないという悩み

 

 

 

についてです。

 

 

 

日ごろから

この“外腰が前に出てこない”という

悩みや質問をいただいたので

良い機会かと思い

お伝えしていきます。

 

 

 

最初に整理しておきたいのが

 

 

 

「あなたの目指すシルエットは

 どのようなものですか?」

 

 

 

という部分です。

 

 

 

その前提によって

エラーか正しいかがかわってくるので

まずは頭の中で目指しているシルエットを

イメージしてみてください。

 

 

 

ではご紹介した動画で

 

 

外腰が出ているシルエットと

内腰が出てくるシルエット

どちらがイメージに近いでしょうか?

 

 

まだ動画をご覧になっていない方は

確認してみてください。

 

 

外腰(外脚側の腰)が出てるのは

右側のシルエットですよね?

 

 

もちろん右側のシルエットを

目指していますというのであれば

問題ありませんが、

多くの場合は左のシルエットを

とりたいはずです。

 

 

しかし悩みは

外腰が出てこないという悩み・・・

 

 

なんだか整合性が

とれていないですよね?

 

 

 

因みに外腰が出てくるとは

 

 

・動画内の様に本当に外腰を

 出していくのか?

 (人形の形を変える)

 

 

・それとも内腰が前に出た人形が

 そのままの形で回る事で

 位置関係として出てくるのか?

 

 

 

ここら辺も混同しているので

整理が必要ですね!

 

 

あなたにとっての

理想の滑りとしっかり

リンクさせてください。

 

 

 

スキー技術 身体論(フィジカル関係)

あなたのスキー練習は【集中】?【執着】?上達を左右する考え方 340

読了までの目安時間:約 16分

 


 

よく練習の中で

 

「この部分を集中的に

行っていきましょう!」

 

 

といた言葉があります。

 

 

 

 

最優先で行うべき課題を

集中して行う事は

非常に効率的で大事な事です。

 

 

 

 

その一方で

『執着』という言葉もあります。

 

 

 

 

何かに執着しているというのは

あまりいい意味では使いませんよね。

 

 

 

 

でも集中と執着は

意識をその点に向けるというのは

同じです。

 

 

 

例えば低速のプルークボーゲンで

一生懸命外脚に乗る練習を

繰り返しているのは、

 

 

 

・外脚に乗る事を

 集中的に行っているか?

 

 

 

・外脚に乗る事に

 執着しているだけなのか?

 

 

 

どちらでしょうか?

 

 

 

もしあなたが

毎シーズンの様に取り組んでいる

練習があるならぜひ

この後内容を読んで

集中なのか執着なのか

考えてみる事をお勧めします。

 

 

 

【集中】と【執着】の違いを知ろう!

 

 

まず集中と執着の意味を

整理してみましょう!

 

 

 

集中

1か所に集めること。

また、集まること。

です。

 

 

執着

 

ある物に心がとらわれること、

また1つの事にこだわること

です。

 

 

 

 

 

分かった様な

分からないような感じですよね(笑)

 

 

 

ここからは

私の解釈ですので

これが正解という訳ではないですが

参考にしてみてください。

 

 

 

執着の意味ある

“とらわれる”というのが

集中と執着を分ける

重勇なポイントです。

 

 

 

執着の場合は

 

 

 

「こうあるべき」

 

「こうでなければならない」

 

 

 

といった様に

他の事が入ってこない様な状態です。

 

 

 

 

視野が狭い、

固定観念に縛られているとも

言えますね。

 

 

 

一方集中は、

数ある選択肢の中で

この部分を選ぶといった

他の事があるのは

承知のうえで、

そこを選択している状態です。

 

 

 

 

例えば、

 

 

 

外脚に乗る為には

片足スキーしかないと思って

ずっとその練習しかしてない場合は

執着している状態

 

 

 

です。

 

 

その一方で

 

 

外脚に乗る練習は

色々とあるけど

今自分にもっとも適しているのは

片足スキーだと思って

練習しているのは

集中している状態

 

 

 

ですね。

 

 

 

この様に同じ練習をしていても

執着している人と

集中している人に

分かれるわけです。

 

 

何となくイメージが

ついてきたと思いますが

ここで重要な事が

まだ抜けています。

 

 

この重要な事によって

執着が集中にかわるケースが

あるんです。

 

 

その重要な事は何か?

 

 

 

集中と執着を考える上で重要な事とは?

 

 

ここまでで

執着と集中の違いは

簡単言えば、

 

 

・それしかない

 と思っているのか?

 

 

・沢山ある中でそれを選択しているのか?

 

 

 

といった感じですね。

 

 

 

 

集中の場合は全体像を把握している

執着は周りが見えない

と言い変えてもいいかもしれません。

 

 

 

因みにさきほどもお伝えした様に

上記の内容は

私の個人的な見解が

入っていますからね!

 

 

 

例えばテスト勉強も

色々とある中で

ここを“集中的に”行うと決めるのと

テストに出るのはここしかないと思って

ひたすら執着しているのとでは

違いますよね!

 

 

そして先ほどお伝えしたように

執着が集中になりえる

大事な要素があります。

 

 

あなたは何が頭に

思い浮かんだでしょうか?

 

 

では先ほどのテスト勉強で

考えてみましょう!

 

 

 

 

テスト勉強で

色々な範囲から問題が出ると思いつつも

苦手分野を集中的に取り組んだA君

 

 

 

一方、周りから

他の範囲もやっておくことを

勧められながらも

ここしか出るわけないと思い込んで

執着して取り組んだB君

 

 

 

ここまでですと

きちんと全体像を把握しながらも

集中して行っている

A君の方が良さそうに思いますよね!

 

 

ではテストの結果が

A君60点、

B君80点、

だったとします。

 

 

さてこれまでの

文の意味が変わってきませんか?

 

先ほどまでは

執着してると思えたB君ですが

そこがずばり的中して

結果がでたら

それまでの行為は

執着ではなく目的に対して集中して

行えたことになります。

 

 

 

一方A君は全体像を把握して

集中して取り組んだように見えて

実際本当にやるべき内容を

集中して取り組めなかったことになります。

 

 

はいここまでくれば

お分かりだと思いますが、

 

 

 

目的と結果によって

執着と集中の解釈が

変わってくるのです!

 

 

 

スキーの話に戻しますね!

 

 

 

つまりスキー上達を目的として

毎シーズン取り組んでいる練習がある場合、

 

 

 

 

「練習はこれをやるべきであり

 この練習以外考えられない!」

 

 

 

と練習に取り組んでいても

毎シーズンどんどん

上手くなっているのであれば

それは集中して

取り組めていることになります。

 

 

 

私がよく情報発信をする際に

 

 

 

「その方がイメージ通り滑れていれば

 問題ありません」

 

「滑りが日々上達しているのであれば

 OKです!」

 

 

 

と何度も伝えるのは

こういった経緯だからです。

 

 

 

例えば膝は左右に動きませんが

膝が左右に動くと思い込んで滑り、

その結果、自分が求める滑りが

出来るのであれば

それは目的に対して集中して

行えているという事なので!

 

 

さてあなたが

もし毎シーズン同じような

練習をしているのであれば

それは執着なのか?集中なのか?

判断できたでしょうか?

 

 

 

全体像を把握できておらず

これしかないと執着していても

その結果によっては

判断がかわってくる

 

 

ところが難しいところです。

 

 

 

さてこの執着と集中の話は

ここで終わらせてもいいのですが

実はもう1つだけ

大事なことがあるんです。

 

 

 

 

執着で結果出た時の悲劇

 

ここまでで

一見執着に思えても

目的に対して結果が出ていれば

それは集中になるという内容を

お伝えしました。

 

 

 

外脚に乗るには片足スキーしかないと

執着してとりんでいても

結果として本当に

外脚に乗れるようになれば

それは集中ですよね!

 

 

ここまでの話を聞くと

 

 

 

「執着してても

 結果が出てればいいのね!」

 

 

 

といった様に感じたかもしれません。

 

 

確かにそれも一理あります。

 

 

 

しかし

 

 

執着から生まれた結果には

そこから始まる悲劇

 

 

 

があるのがわかるでしょうか?

 

 

実は今回の「集中と執着」のテーマを

お伝えしてきた理由は

あなたが取り組んでいる

練習内容を通して

自分自身の状態を考えて欲しいのは

勿論ですが、

もう1つ考えて欲しい事があるからです。

 

 

それは

 

 

 

 

 

指導の執着

 

 

 

 

です!

 

 

 

 

例えば先ほどの

外脚に乗る話で

考えてみましょう!

 

 

 

 

外脚スキーに乗る為には

片足スキーの練習しかない!と

執着して取り組んでいた人が

結果として外脚に

乗れるようになったとします。

 

 

 

ここまでは

執着していても結果がでたので

集中したとも取れます。

 

 

 

 

しかしその後に

他の人に外脚の乗り方を

伝える際にこの人は

どの様な伝え方をするでしょうか?

 

 

 

はい、

想像できると思いますが、

 

 

 

「外脚に乗る為には

 片足スキーの練習しかない!」

 

 

と指導する可能性が高いですよね。

 

 

 

つまり

 

 

 

執着のもとに出した結果は

次なる執着を生み出します。

 

 

 

そして何より厄介なのが

それで指導者は結果が出ているので

指導を受ける側も

そうなんだと

新たな執着を生む事です。

 

 

 

 

まさに執着の負のループですね(汗)

 

 

 

今回の片足スキーの例は

分かりやすいですが、

この執着の負のループに

気付けないケースはかなり多いです。

 

 

 

・小回りにはプロペラターンが

 出来なければダメ

 

 

 

・板の操作は足元から行わなければいけない

 

 

 

・X脚を直すには内脚のアウトエッジが

 使えなければならない

 

 

 

・板に対して身体を

 正対させなければならない

 

 

 

・ターン前半は重心を内側に移動する

 

 

 

・ターン前半に足を伸ばしていく

 

 

 

・前後差はつけてはいけない

 

‥‥

 

 

 

 

あげていけばキリがないですが

これで上手くなっていればOKなんですが

毎シーズン同じことを言われても

滑りが変わらない場合、

 

 

 

「毎シーズン同じことを言う」

 

 

 

という指導は執着になります。

 

 

 

これは私自身も

とても気を付けている事で、

目指すべきゴールは同じでも

言い方は色々と変えています。

 

 

 

ターンの内側に入る事を

重要視する時もあれば

ターンの外側に移動する事を

重要視する事もあるからです。

 

 

 

そんな逆の事を伝えていて大丈夫?

と思われるかもしれませんが

実は表裏一体なだけなんですよね。

 

 

 

話が反れましたが、

もしあなたが

毎シーズン同じことを

言われ続けるのであれば

その情報は

執着が入ってないかの判断も

してみてくださいね!

 

 

 

スキー技術 トレーニング論

スキー板を素早く切り返す為には、膝の返しの速さが大事なのか? 337

読了までの目安時間:約 10分

 


 

よくいただく質問で

タイトルにある

 

 

『切り替えを速くするには?』

 

 

といった内容のものがあります。

 

 

 

あなたは

切り換えを速くしようと思ったら

どんな事を意識するでしょうか?

 

 

 

 

以前送られてきた質問の一部を

ご本人の許可が取れているので

シェアさせていただきます。

 

 

 

――――――――――――――――――

 

やりたいこととしては、

膝の素早い切り返しです。

 

椅子に座って脚を浮かせてたら

いくらでも切り返せるけど

立ってやると可動域が激減します。

 

膝頭の向きを変えるイメージだと

多少動かせるのですが

この動きはケガしやすい動きだったりするのか

気になっています。

 

―――――――――――――――――――

 

 

 

膝は左右に動かない事は

私の発信を通して

何度も耳にしているので

今回は触れないでおきますね!

 

 

 

今回は切り替えの速度の方に

注目します。

 

 

 

この様に、

素早い切り換えを行うには

【素早く脚を動かす事】が

重要だという考え方が

一般的だと思います。

 

 

 

切りかえを速くする要素を考えてみる

 

 

確かにトップ選手達のSLや小回りは

まるで脚が生き物の様に

素早く動いて切り換りますよね!

 

 

ただこのメールの内容にもあるように

椅子に座って足を宙に浮かせば

差はありますが、

誰でも素早い切り換えが

ある程度は可能です。

 

 

 

多分椅子に座って

どれだけ速く切り換えられるかの

速度を勝負すれば

トップ選手と一般のスキーヤーの方に

それ程明確な差は出ないはずです。

 

 

 

雪上では常人の倍以上の速さで

切り換えをしているトップ選手でも、

椅子に座っても同じように

倍速で切り換えられるか?

とイメージしたら

流石にそこまでの差はないかと思います。

 

 

 

つまりここで分かってくるのが

 

 

 

筋力や瞬発力といった

内力的な能力の差以上に

他の部分の差で切り替えの速度に

差が出ている

 

 

 

というわけです。

 

 

 

 

ではその差は何か?

 

 

 

もうここまでくれば

お気づきかと思いますが

 

 

 

その違いは

 

 

 

 

 

板の動きの速さです!

 

 

 

 

 

トップ選手達の板は

恐ろしいほどのスピードで

左右に動きていますよね?

 

 

 

 

つまり切り換えの速さとは

身体的な速さの要素よりも

板が動く速さの要素の方が

大きいという事です。

 

 

 

 

しかし指導の中で

 

 

 

「切り換えが遅い!

 もっと速く!」

 

 

と言われたら

身体的な動作を速くしようとしたり、

タイミングを早くしたりと

いう方向性に目を奪われて

スキーにおいて一番重要である

 

 

【板】

 

 

に目が向かないケースがほとんどです。

 

 

 

もしあなたが

切り換えが遅くて

悩んでいるのであれば、

自分の動作速度よりも

 

 

 

「板がどうすれば速く動くのか?」

 

 

 

に着目してください。

 

 

そうすれば練習の方向性は

ガラッと変わるはずです。

 

 

 

因みに細かい事ですが

 

「板どうすれば速く動かせるか?」

 

と表現しないで

 

「板どうすれば速く動くか?」

 

という表現をしている事が

非常に重要ですからね!

 

 

前者の主語は自分であり

後者の主語は板ですので!

 

 

 

この2つはまるで違う結果を

生みます。

 

 

 

膝の速い切り返しによる弊害

 

 

これまでの内容で

板を素早く切り返すには

自分自身の動きよりも

板がどうやったら

速く動くのか考える事の方が重要だと

おわかりいただけたかと思います。

 

 

ただ、よくある指導のワードや
選手の感覚でも

「膝を素早く切り返す」

といったものがあります。

 

 

もちろんその感覚で
イメージ通り滑れているのであれば
問題ないのですが
多くの場合、
膝にとって重大なケガとなる
恐ろしい動作になります。

 

 

ですから一度
膝を切り返すとは
“本当は”どういった動作なのか
一度確認してみてください。

 

 

 

まずは椅子に座ります。

その後に足を地面から浮かせます。

 

 

低い椅子ですと
腹筋や腸腰筋(足の付け根)がつらいですが
背もたれに寄りかかるか、
足が宙に浮く高い椅子、
もしくは机などに座って
試してみてください!

そして一般的に言われている
膝を返す動きを
行ってみましょう!

 

 

 

 

さてあなたの関節は
どこかが動いているでしょうか?

 

 

 

きっと膝の角度はほとんど変わらず、
股関節が動いているかと思います。

 

 

 

 

つまり

 

 

 

 

 

 

膝を素早く切り返すとは
股関節の動作

 

 

 

 

という事です。

 

 

 

次に見ていきたいのが
つま先と膝の向きです。

 

 

 

今度は椅子に座って
足を床につけます。

 

 

そのまま先ほどと
同じ動きをしてみましょう。

 

 

ここで
股関節主動型の人と
足首主動型の人に
わかれますが、
そこはまた話が長くなるので
置いておきます。

 

 

どちらにしろ、
足を地面につけて
膝を左右に動かそうとすると
つま先と膝の向きが
違う方向を向くという
よくお伝えしている危険な状態になるのが
分るでしょうか?

 

 

 

膝はあくまでも
股関節と足首、そして板向きなどの
結果論的に位置が決まるものなので
今回の実験の様に
本当に膝だけを動かそうとすると
危険な状態になるケースがほとんどです

 

 

 

分かりづらければ

こちらの動画をご覧ください。

 

 

足首に関してお伝えしていますが

同じような内容です。

 

 

 

しかし駐車場や
リフト待ちなどで
ターンの切り替えの
動きを確認している
スキーヤーの方の殆どは
この動きをしています。

 

 

 

膝の靭帯を

ねじ切る事になるので
本当に気を付けてくださいね!

 

 

もちろん危険な状態に

ならないのであれば
膝を返すイメージを持っていても
問題はありません!

 

スキー技術 身体論(フィジカル関係)

何が正解かわかる!スキーの切りかえで意識すべきポイント 336

読了までの目安時間:約 14分

 


 

よくスキーの切りかえが

上手くいかないという人の話を聞くと、

 

 

 

 

切りかえの何が

上手くいかないのか?

 

 

 

 

という具体的な部分が

曖昧なケースが殆どです。

 

 

 

・板の切りかえなのか?

 

・タイミングなのか?

 

・重心移動の量なのか?

 

・動作なのか?

 

 

 

こういった部分が曖昧だからこそ

スキー上達の肝となる

 

 

 

『結局何を意識すればいいのか?』

 

 

 

という部分が見えてきません。

 

 

 

確かに雪質や斜度、

滑り方によって

正解が変わるケースもあります。

 

 

例えば切りかえの切りかえの時に

外脚荷重でのニュートラルでも

両足荷重のニュートラルでもいいですし、

 

 

そのあとの角付けは

両足同調動作の角付けでも

外脚から先に角付けでも

問題ありません。

 

 

ただそうなると

冒頭でもお伝えしてきたように

結局何を意識して切り替えれば

スキーが上手くなるのか

分からなくなってしまいますよね。

 

 

 

しかしそんな中でも

意識して練習すると

スキー上達に繋がるポイントが

どの技術にも必ず存在します。

 

 

 

 

まずは意識するポイントは?

 

そのポイントは

 

 

絶対に共通して

行っているもの

 

 

です。

 

 

 

数あるスキー技術の中にも

 

 

【絶対に共通して行っているもの】

 

 

【人によって意識しているもの】

 

 

に分かれます。

 

 

 

例えば料理の味の好みは人それぞれです。

 

 

しょっぱいのが好きな方もいれば

あっさりが好きな方もいますよね?

 

 

ですから塩の量が多い方が良いのか、

少ない方が良いのかは

その時々によって変わるわけで

【人によって意識しているもの】に

分類されます。

 

 

 

 

ただ『塩を入れる』という行為自体は

多かれ少なかれ

【絶対に共通して行っているもの】

ですよね!

 

 

 

塩を一切入れないで

しょっぱい方が良いかな?

あっさりがいいかな?

と悩まないはずです。

 

 

 

これと同じく

スキーの切り替えでも

トップ選手といった上級者たちが

【人によって意識しているもの】に

目を向けるのではなく

【絶対に共通して行っているもの】

にまずは取り組んだ方が確実です。

 

 

 

 

というよりは

その部分が抜け落ちたまま

いくら練習をしても

上手くならないのは当然です。

 

 

 

 

そして多くのスキーヤーが

悩みを抱えている原因は

【人によって意識しているもの】

にフォーカスしているからです。

 

 

 

そうなると

 

 

 

外脚荷重でのニュートラルでも

両足荷重のニュートラルでもいいし、

両足同調動作の角付けでも

外脚から先に角付けでもいい

 

 

 

といった

正解がない状態に

なってしまいます。

 

 

 

 

 

では切り替えで

どのスキーヤーが

【絶対に共通して行っているもの】

は何でしょうか?

 

 

 

あなたは何が思いつきますか?

 

 

 

切りかえで絶対に行うもの

 

 

1つは当たり前ですが

どのスキーヤーも

板の角付け方向が

切り替わっていますよね?

 

 

 

角付けの方向という表現が

分かりづらければ

シンプルにアウトエッジとインエッジが

切り替わっていると思ってください。

 

 

 

内倒してようが

後傾してようが、

X脚になっていようが

板が切り替わっていなければ

ターンはできません。

 

 

 

ずっと同じ方向への角づけでターンが

できるのはプルークスタンスです。

 

 

 

 

そしてもう1つ

【絶対に共通して行っているもの】が

存在します。

 

 

これはどのスキーヤーがというよりは

“上手いスキーヤーは”

絶対に共通して行っているものです。

 

 

 

さてこの部分は何でしょうか?

正直、切り替えの練習をする際の

初めの一歩はここからです。

 

 

 

 

それは

 

 

 

 

股関節の切り替え

 

 

 

 

です!

 

 

 

量の差はあれど、

アルペン、基礎スキーに限らず、

ある一定のレベルのスキーヤーは

必ず股関節の切り替えが

行われています。

 

 

 

 

しかしスキー上達に悩む

スキーヤーの多くは

この股関節の切り替えが

正しく出来ていないケースが

圧倒的に多いです。

 

 

 

左右差で悩んでいる方も

特にですね!

 

 

股関節の切り替えが

いまいちピンとこない場合は

こちらの動画で確認して下さい。

 

 

 

 

3要素目を見ていただくと

分かるかと思います。

 

 

 

股関節の話を出すと

必ず出てくるのが

 

 

正対で滑る、

腰外れはNG、

ターン前半はストレート軸

 

 

といった色々な意見です。

 

 

 

ただ、それらはあくまでも

状況や行いたい滑り、

本人の感覚など

場面場面で調整していくものであって

絶対的なものではありません

 

 

 

ただ先ほどもお伝えした様に

アルペン、基礎スキーに限らず、

ある一定のレベルのスキーヤーは

どんなスタイルの滑りでも

確実に股関節の入れ替えは起きています。

 

 

 

 

本当に股関節の動きが

必要ないのであれば

一度股関節をギプスか何かで

固定して滑ってみれば分かる事です。

 

 

 

つまり切り替えで

まず確認しなければいけないのは

荷重比でも、角付け方法でもなく、

そもそも絶対的に必要要素である

 

 

 

 

 

【股関節の切り替え】が

きちんとおこなわれているか?

 

 

 

 

という事です。

 

 

 

ただこれほど重要な事でありながら

この部分を最優先で練習するケースは

殆どありません。

 

 

 

実は【絶対に共通して行っているもの】には

ある落とし穴が存在しているからです。

 

 

 

 

絶対的に共通していることの落とし穴

 

さてここまでで

【絶対に共通して行っている事】で

股関節の切り替えがある

という事をお伝えしました。

 

 

 

この股関節の切り替えが

できないまま、

いくら他の要素を積み上げても

なかなか上達はしていきません。

 

 

 

しかしこれ程

重要な要素でありながら

最優先で練習しているケースは

殆どありません。

 

 

 

直接のレッスンや

オンライン塾などを通して

この股関節の動きを練習すると

必ずと言っていいほど

 

 

「なんでこんなに重要な事を

 今まで教えてもらう機会が

 なかったのでしょうか?」

 

 

と皆さん驚きます。

 

 

 

その理由は

【絶対に共通して行っている事】には

必ず落とし穴があるからです。

 

 

それは

 

 

 

 

 

当たり前すぎて

意識してない

 

 

 

 

という落とし穴です。

 

 

 

 

以前メルマガで

お伝えしましたのですが

走り方を教えようと思ったら、

腕の振りやモモ上げなどが思い浮かび、

脚と腕は左右逆を出すという

【絶対に共通して行っている事】には

触れないですよね?

 

 

 

 

「いやそんなの当たり前でしょ!」

 

 

 

と誰もが思いますし、

わざわざ毎回意識して

行っていないはずです。

 

 

スキーにおいての

股関節の入れ替えも

トップ選手や指導者にとっては

それと同じ位当たり前の事なんです。

 

 

 

しかし脚と腕を左右別に

出せない人が

(緊張して行う運動会の更新や

卒業証書授与くらいで

普通はそんな人はいませんが)

 

 

モモ上げや腕う振りを

意識しても速く走れるように

なりませんよね?

 

 

 

それと同じく

やはり股関節の入れ替えが

きちんと行われず

左右差があるスキーヤーが

他の動作をいくら意識しても

左右差は変わらず上達はしていきません。

 

 

 

ですから今の世の中

山のように溢れている

スキー上達法の情報を見ても

スキー上達に悩むスキーヤーが

減らないという訳です。

 

 

 

 

色々な情報を手に入れる時は

その要素ができる為の

【絶対に共通して行っている事】を

自分が満たせているか

考えてみてくださいね!

 

 

 

因みに私が解剖学的な観点からの

考察を重要視しているのも

人間の関節というものは

【絶対的に共通している事】に

限りなく近いからです。

 

 

 

限りなく近いと表現したのは

たまに脊柱が1つ多い人がいるなど

絶対的ではないケースがあるからです。

 

 

 

とはいうものの

やはり関節運動が

劇的に違う事はないですが。

 

スキー技術 身体論(フィジカル関係)