スキー オフトレ

【スキー業界唯一】オフトレから雪上までを完全マンツーマンサポート

スキー板をたわませる為に必要な、板を押す力を鍛えるトレーニング方法は?254

読了までの目安時間:約 13分

 


「もっと板に力を加えてたわませたい!」

 

 

 

スキー上達をめざすスキーヤーであれば

一度は考えたことがあるはずです。

 

 

その為にオフトレから雪上まで

様々なトレーニングが紹介されていますが、

実際は

 

 

・板にもっと力を加えて!

・外脚のもっと乗って!

・板をたわませてきて!

 

 

といった板に加える力が弱い事を

指摘されるスキーヤーは後を絶ちません。

 

 

 

なぜ板に力を加えることが

重要だと分かっているのに

板に力を加えられないのでしょうか?

 

 

 

その理由は

 

 

 

 

そもそも板を押す力とは何か?

 

 

 

という部分から

ズレているからです。

 

 

 

板に押す力とは

言い変えれば地面を押す力ですよね?

 

 

 

地面を押す力を鍛える場合

あなたはどんなトレーニングを考えますか?

 

 

 

 

私も地面を押す力を鍛えようとしましたが・・・

 

今回は私の昔話を

ちょっとさせていただきます。

 

 

私がアルペンスキーをしていた

大学生のころは

オフトレに入るとまず

 

 

『もっと外脚の板に加える力が欲しい!』

 

 

と思いました。

 

 

 

板により力を加えられた方が

板がたわんで走り、

タイムが速くなると考えたからです。

 

 

何より雪上で散々

もっと外脚に乗れと

といった指導をうけていましたし

・・・

・・・

嫌と言うほど(笑)

 

 

 

そこで何の迷いもなく

板に加える力を強くするためには

下半身の筋力だろうと

スクワットや下半身を鍛える

筋トレマシーンを使って

筋トレをしたわけです。

 

 

 

ガンガン地面を押して

バーベルを持ち上げたり、

マシーンを動かしていると

 

 

 

『おぉ!押す力を鍛えてるー!!』

 

 

と辛いながらも楽しかったです。

 

 

あがる重さも増え、

脚もだんだんと太くなる、

といった目に見える効果もありましたので。

 

 

でもふとある時に思いました。

 

 

 

『板に力を加えるって陸上でいえば

 地面に力を加える事だよな?

 これ重りを担いでるからいいけど、

 何も持たない状態で

 思いきり地面を押したら

 跳んでしまわないか?・・・』

 

 

という事です。

 

 

普通に考えれば

押す力なので足を伸ばすための

筋肉を鍛えれば良さそうなんですが、

足を思いきり伸ばすと

ジャンプしますよね?

 

 

 

確かにジャンプする瞬間に

地面に力は加わりますが

その後地面から離れてしまっては

板への力は無くなってしまいます。

 

 

ダッシュをしたりジャンプをしたり

その場から離れる事が大事な競技であれば

何の問題もないのですが、

スキーは違いますよね?

 

 

 

そこで

 

『あれ?

足を伸ばす力ってあんまり

必要ないのかな?』

 

と感じたわけです。

 

 

そして次に閃いたのは

 

 

『そうだよ!

 伸ばす力じゃなくて

 圧に耐える力だよ!

 耐えている分なら

 地面から離れないし!』

 

 

という考えでした。

 

 

そこでスクワットでも、

地面を押してバーベルを上げる事より

じわじわ下がって耐える事を

意識しました。

 

 

 

この考え方は

一見非常に理にかなったものだと

思っていました。

 

 

 

しかしここでもまた

大きな疑問にぶち当たります・・・。

 

 

 

板を押す力よりも耐える力が重要なのか?

 

筋肉は収縮する時より

伸ばされながら

耐える時に一番筋力を発揮します。

 

 

スクワットですと

ゆっくりしゃがんでいくとき、

腕立て伏せですと

ゆっくり腕を曲げていくとき

ですね!

 

 

坂道も登りよりも下りの方が

筋肉的にはききついです。

 

 

(心肺的には登りの方がきついので

 登りの方が嫌ですが・・・)

 

 

ですから筋トレのやり方としても

非常に効果があり、

何の問題もない様に思えました。

 

 

 

しかしある時ふと

お風呂場の体重計に乗った時に

 

 

『板を押す力ってことは

 この体重計を押す力ってことだよな?

 でもゆっくりしゃがんだところで

 自分の体重分しか

 力加わってないじゃん・・・』

 

 

という驚愕の事実に気づいたんです!

(今も思えば驚愕でも

何でもないんですが(笑))

 

 

もちろん立ったりしゃがんだりすることで

多少の体重計に加わる力が変化するのは

見て分かります。

 

 

しかしちょっとすれば

直ぐに自分の体重分の力に

戻ってしまいます。

 

 

かと言って思いきり押せば

ジャンプしてしまう・・・

 

 

 

『じゃあ板を押す力って

 一体何をどうすれば

 鍛えられるんだ?』

 

 

 

とまたもや迷宮入りの瞬間でした。

 

 

 

今ならどうすればいいのか

明確に答えが分かりますが、

あの当時は本当に悩みました。

 

 

 

じゃあ体重を増やせば・・・

 

 

とも一瞬思ったのですが、

よく考えてみたら自分より軽くて細い

地元の白馬ジュニアの子達は

グイグイ板に力を加えて

ビュンビュン滑れてますので

ちょっと違うな・・・

とすぐに思いなおしました。

 

 

 

もしあなたなら

こんな当時の私に

なんてアドバイスするでしょうか?

また、どんなメニューをお薦めしますか?

 

 

 

まず鍛えるべきは●●だ!

 

上記の質問を

メルマガの読者の方たちにしたところ

もっとも多かった答えが

 

 

力を伝える状態

 

 

についてでした。

 

 

 

確かにどんなに筋力を鍛えても

その力が発揮できる状態でなければ

意味がないですよね。

 

 

 

その為に板に力を加える

 

 

・ポジション

・タイミング

・方法

 

 

などをまずは考える!

 

 

 

という内容は大正解です。

 

 

その順序を無視して

いくら筋力や体力を鍛えても

非効率なのは明白ですよね。

 

 

それではそこから

もう一歩踏み込んでみましょう。

 

 

板に力を加えるうえで重要だと

もっとも多かった答えが

 

 

 

ポジションです。

 

 

 

あなたも

 

 

 

「板に力が伝わる正しいポジションを

 身につけましょう」

 

 

といったアドバイスが

頭に浮かんだのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

実は私も当時、

板に力を伝えることに悩んでいたら

コーチから同じように

正しく力を伝えるポジションが大事

とアドバイスされました。

 

 

でもその後に続く

 

 

================

正しいポジションを身に着けるには

どんなトレーニングをすればいいのか?

================

 

 

という一番知りたい部分は

あやふやなままでした。

 

 

よく雪上でも

 

 

『板に力が伝わるいいポジションで』

『板の真上に立って』

 

 

などポジションに関する指導が入ります。

 

 

 

もちろん雪上で練習して

そのいいポジションが身につけば

特に問題ありません。

 

 

 

しかしいくら練習しても

毎シーズンの様に同じことを言われて

悩んでいるスキーヤーは

どうすればいいのでしょうか?

 

 

 

そもそも自分が

いいポジションなのか?

悪いポジションなのか?

具体的にどのように判断すればいいのか?

 

 

 

また分かったとして、

オフシーズンに

どのようなトレーニングをすれば

ポジションは改善するのか?

 

 

または雪上でなければ改善できないのか?

(でも雪上でいくら滑っても改善されない・・・)

 

 

 

この部分を明確にすることが

オフトレの次の課題となりました。

 

 

 

板に力を加える為は

 

 

 

筋力的な要素ではなく

そもそも力を発揮する

ポジションにいることが最優先

 

 

 

という部分までは

おわかりいただけたでしょうか?

 

 

 

いくらスクワットをして

脚の筋力を鍛えても

スキーが上達しない人は

この部分が抜け落ちているという事です。

 

 

 

力を鍛えるよりも

まずはポジションだ!と分かったら

次は

 

 

・いいポジションを意識しても

 ポジションを注意されるスキーヤーは

 何をすればいいのか?

 

 

・いいポジションか?

 悪いポジションか?

 具体的にどのように判断すればいいのか?

 

 

・雪上練習だけで

 本当にポジションはよくなるのか?

 (いくら滑っても直らない人は?)

 

 

 

といった問いに対して

明確な答えを

見つけてみてくださいね!

 

スキー技術 トレーニング論

スキー上達の為の【基礎】トレーニングが難しい3つの理由  272

読了までの目安時間:約 12分

 


前回の記事で

【基礎】と【基本】の違いについて

お伝えしてきましたが

イメージが出来てきたでしょうか?

スキー上達の為に『基礎』と『基本』を使い分けよう! 271

 

しかしイメージできたとしても

なかなかスキー上達には

繋がらないのが現実です。

 

 

 

なぜなら

 

 

 

【基礎】の部分が非常に難しい

 

 

 

からです!

 

 

その理由はいくつもあるのですが、

代表的なものを3つお伝えします。

 

 

 

理由① 基礎の種類はとても多く全てを伝えているとキリがない

 

もちろん無数に存在する

基礎の中でも

誰しも既に出来ている部分があり

全ての基礎をやる必要は

ありません。

 

 

 

ただ必ず基礎ができておかなければ

その競技は勿論のこと

すべての動作に影響する部分も

存在します。

 

 

 

この様に基礎の難しさは

無数にある基礎の中から

 

 

・自分は何が出来ていないか?

・自分の競技に最優先で必要なものは何か?

 

 

見つけ出す事です。

 

 

 

理由②基礎を基本に繋げるのが難しい

 

もしスキー上達の為に

レッスンを申し込んだのに

立ち方や歩き方、

身体の仕組みからくる

普段の身体の使い方など

延々と説明されていても

正直つまらないですよね(笑)

 

 

 

基礎をどうやって

その競技の基本に繋げるのかは

なかなか難しいため

基礎をおこなっても

いまいちピンとこない・・・

というのが大半です。

 

 

その為、基礎を基本に

繋げる練習を

あまりされてないケースが

殆どです。

 

 

しかし現実は

基本に必要な基礎がないため

いくら練習しても

上達しないという悩みをもつ

スキーヤーが多くいます。

 

 

 

 

理由③基礎は自分でできていると思っている

 

立つ、しゃがむ、歩く、

 

 

といった基礎動作は

基本的にはみなさんできるので

 

 

『正しく』出来ているか?

 

 

という点にあまり着目しません。

 

 

 

また何が正しくて

何が間違っているのかも

よく分からない・・・

というのが本音だと思います。

 

 

ですから

あまり【基礎】の部分に

取り組まないのが普通です。

 

 

基礎を基本に繋げられると

 

これまでの内容から

基礎とは何か?を

お伝えするのも難しいし、

ご自身で取り組むのも

難しいという事です。

 

 

 

しかしながら

これまでにもお伝えした通り

基礎は一つの競技だけでなく

全てに繋げられるので

何にでも応用が効くという

すばらしい効果があります

 

 

 

よくサポートメンバーの方で

 

 

・スキー上達の為に通い出したのに

 長年悩んでいた腰痛や肩こりが

 いつの間にかなくなっていました!

 

・おなじ距離歩いても

 疲れなくなりました

 

・楽に走れるようになったのに

 タイムが上がって驚きです

 

・ゴルフのスイングが良くなって

 飛距離やスコアが改善されました

 

・水泳のフォームがいつの間にか

 綺麗になっていました

 

 

といった声があるのですが

この様な事が起こるのは、

【基礎】をトレーニングして

各目的の【基本】に繋げる事が

出来ているからです。

 

 

 

もちろん

基礎を伝えているといっても

その方に必要な部分だけ

ピンポイントでお伝えしていますし

正しい基礎から基本への

繋げ方も行います。

 

 

 

いくら基礎が重要だからと言って

立ち方や歩き方を練習しても

基礎から基本へ繋げる練習がなければ

スポーツのパフォーマンスは

上がらないので

気を付けて下さいね。

 

 

 

あなたがもし、

スキー上達に悩んでいるのなら

それは【基礎】が足りないのか?

それとも【基本】が足りないのか?

といった点をまずは考えてみてください。

 

 

因みに雪上でいくら滑っても

基本は練習できますが

基礎は練習できないケースが大半です。

 

 

 

 

実際に基礎の大事さがわかる実験

 

 

 

これまでの【基礎】についての内容は

定義と言いますか、

すこし抽象的なものでしたので

具体的なものをお伝えしていきます。

 

 

 

それでは早速

【基礎】のイメージがつきやすい

実験をしてみましょう。

 

 

 

もしあなたが

歌を上手に歌いたいと思い

ボイストレーニング

(上手に声を出すためのトレーニング)

に通うことになったとします。

 

 

そこで先生から

 

 

『まずこれをきちんと出すには

 口を大きく開ける事が【基本】です』

 

 

という指導が入りました。

 

 

そこでいまその場で

口を大きく開けて閉じてを

繰り返してみてください。

 

 

 

出来たでしょうか?

 

 

顎関節症や

何か口をケガしているといった

例外は別にして

普通は問題なくできると思います。

 

 

 

しかし実際この口を開けるという

簡単な【基礎】でも

正しく出来てないケースが

大半です。

 

 

なぜなら多くの場合、

口を上下に開けるイメージをで

口を開いているからです。

 

 

しかし実際は

 

 

あごは下方向にしか開きません!

 

 

試しに下アゴを動かないように抑えて

上顎を上に開けようと

してみてください。

 

 

きっと口が開けないと思います。

 

 

反対に鼻と唇の間を動かないように抑えて

下アゴを開いてみてください。

 

 

簡単に開きませんか?

 

 

ちなみに間違った

上下に口を開くイメージですと

首や肩に力が入ってしまうはずです。

 

 

 

一見当たり前の様に出来る

口を開くという【基礎】も

実は正しく出来ておらず、

そのせいで顎関節症に

なってしまうといった

身体に無理を強いることになります。

 

 

 

歯医者さんで

口を開けるのがつらい場合は

ぜひ今回の口の開き方を

試してみてくださいね!

 

 

 

このように

【基礎】の部分は

 

 

 

自分で気づかない事が多く

正しく出来ていなくても

身体に負担をかけながら

一応それなりにこなせてしまう

 

 

から難しいのです。

 

 

 

今回はすぐその場で試せるように

口を開くことを例に出しましたが、

 

 

首、肩、腕、手、胸、腰、

股関節、膝、足首、指

 

 

 

など各関節様々な動きが存在し、

さらにそれを連動させて

立つ、しゃがむ、歩く、走る

といった基礎動作があるわけですので、

 

 

 

その全ての【基礎】を

こなしていくのはキリがない事が

お分かりいただけるでしょうか?

 

 

ですから

やはり【基礎】は

その方にとって

 

 

 

ネックとなっている部分、

必要な部分を選別することが

まずは非常に重要となります。

 

 

 

そしてその【基礎】を

様々な基本に繋げる

トレーニングを行う事が

身体を変えるうえでは

最速という事ですね。

 

 

 

直接指導する際にも

全ての基礎を

いちいちお伝えしているのではなく

 

 

『●●さん肩を動かすとき

 この使い方ではなく、

 こうですね!』

 

 

といった感じで

必要な基礎を伝えて

それを元に

 

 

「なるほど!

 スキーのストックワークもこれですね!」

 

「水泳のクロールもこれですね」

 

「走るときの腕振りもこれですね」

 

「テニスの時もこれですね」

 

「ゴルフの時もこれですね」

 

「高い場所の物をとる時もこれですね」

 

 

と気づいていただくことで

すべての競技の【基本】に

繋げていってもらいます。

 

 

 

こういった身体の【基礎】の部分は

非常に地味で

マニアックなところでもありますが

一度手に入れてしまえば

何にも代え難い

一生の財産となります!

 

スキー技術 トレーニング論

スキー上達の為に『基礎』と『基本』を使い分けよう! 271

読了までの目安時間:約 9分

 


スポーツ指導の中で

よく出てくるワードに

『基礎』と『基本』があります。

 

 

スキーにおいても

『基礎』トレーニングや

『基本』ポジション

といった感じで使われていますね。

 

 

さてあなたは

 

 

『基礎』と『基本』の違いは何か?

 

 

と聞かれたら

どのように考えるでしょうか?

 

 

 

意外と聞かれると悩むと思います。

 

 

 

辞書でしらべると

 

 

 

【基礎】

ある物事を成り立たせる、大もとの部分。

 

 

 

 

【基本】

判断・行動・方法などのよりどころとなる

大もと。基礎。

 

 

 

 

とあります。

 

 

 

 

基本の説明の中に

基礎の意味が含まれているので

大まかに言ってしまえば同じです。

 

 

『基礎基本』のように

2つ組み合わせて使う事もありますしね。

 

 

ただ両者を

 

 

・基礎は知識、基本は認識。

 

・基礎は知識や技能、基本は認識や価値観。

 

・基礎は認識や価値観を培う土台、

 基本は基礎の上に立つ応用

 

・基本は次の段階の基礎になる

 

 

 

といった様に分けて

考える場合もあります。

 

 

 

 

まぁ結局は同じような内容なので

それほど敏感に日常生活において

使い分ける必要性はあまりありません。

 

 

 

ただスポーツにおいては

意外と重要な部分だったりします。

 

 

 

例えば

【基礎体力】

といいますが

【基本体力】とは

言いませんよね?

 

 

 

逆に【基本ポジション】

と言いますが

【基礎ポジション】

とはあまり言わないです。

 

 

 

なぜこのような使い分けをするのか?

 

 

 

ここがスキー上達においても

非常に重要になってきます。

 

 

 

スポーツにおいての基礎と基本の違い

 

 

スポーツにおいての

【基礎】【基本】を

お伝えしていきます。

 

 

 

初めに2つの違いを

簡単にお伝えしておくと

 

 

【基楚】すべて種目に繋がる元となるもの

 

【基本】そのスポーツにおける軸となる身体の状態、動作

 

 

です。

 

 

 

これはあくまでも辞書的な意味ではなく

スポーツにおいて理解しやすいように

少し表現を変えています。

 

 

 

例えば、

『基礎』体力はどのスポーツおいても

ある程度同じ意味ですよね?

 

 

 

一方『基本』ポジションや

『基本』フォームは

種目によって違います。

 

 

 

各種目ごとの

基本フォームや

基本ポジションを軸に

そこからさまざまな動きに

派生してきます。

 

 

・野球の基本でいえば

 素振りやキャッチボール

 

・水泳の基本でいえば

 バタ足やストリームライン(蹴伸び姿勢)

 

・サッカーの基本でいえば

 トラップやインステップでのキック

 

・スキーの基本は

 プルークボーゲン

 といったところでしょうか

 

 

 

この様な基本動作があって

そこから応用で、

 

 

・素振り→流し打ち

 

・バタ足→クロール

 

・トラップ→ダイレクトパス

 

・プルーク→パラレル

 

 

といった具合に

色々な技術に

派生していくわけです。

 

 

ですから技術向上において

基本はとっても重要です!!

 

 

 

ただ、スポーツの現場で

基礎練習、略して【キソレン】なんて

よく呼んでいますが、

だいたいは基礎錬ではなく

基本練習ということです。

 

 

 

では【基礎】とは具体的に何か?

 

 

 

それは【基本】を行うにあたって必要な

身体の状態や使い方です。

 

 

 

例えば

スキーの【基本】をボーゲンとした場合

そのボーゲンをするにあたって必要な

 

 

・筋力

 

・股関節や足首といった

 各関節の可動性と操作性

 

・基礎体力

 

 

といった感じですね。

 

 

 

この基礎があればあるほど

基本動作の質は高いですし、

習得のスピードも早いです。

 

 

 

またスキーだけでなく

どんなスポーツでも

こなせるタイプの人は

基本能力が高いというよりは

基礎能力が高いと言えます。

 

 

 

 

逆にいくら基本練習をしても

基礎を持っていないと

どこかの段階で技術向上が

頭打ちになってしまいます。

 

 

 

いくら滑走量を増やしても

スキーが上達しないと

悩んでいるスキーヤーの多くが

基本てはなく基礎が足りていないケースが

殆どだという事ですね。

 

 

もちろんいくら基礎ばかりやっても

基本をしっかり行わなければ

その競技のパフォーマンスは上がりません。

 

 

 

このように基礎と基本のバランスが

スポーツにおいては

非常に重要という事です。

 

 

 

 

しかし実際には

このバランスが上手にとれているケースは

非常に少ないです。

 

 

 

スキーはシーズンスポーツの為

オンシーズンとオフシーズンが

わかれている事から、

本来はこの基礎と基本のバランスが

とりやすい種目ではあります。

 

 

オフシーズンの間に基礎を鍛え

シーズン中は基本を中心に

新しい技術にチャレンジしていく!

 

 

といった感じですね。

 

 

しかし実際は

このバランスを上手くとり

毎シーズンどんどんスキーが

上達している人は殆どいません。

 

 

 

なぜなら

 

 

オフシーズン中に

正しい【基礎】のトレーニングを

行えていないから

 

 

 

です。

 

 

 

【基本】に繋がる【基礎】と

言い変えてもいいかもしれません。

 

 

 

なぜ正しい基礎練習が出来ないのか?

 

 

 

 

その理由は次回の記事でお伝えしますね。

 

 

スキー技術 トレーニング論

スキーで『後傾』ポジション改善する為に まずやるべき事は?267

読了までの目安時間:約 14分

 


スキーが上達しないといっても

その悩みは人それぞれ違いますが

今回はその中でも特に悩んでいる方の多い

 

 

 

『後傾』

 

 

 

についてお伝えしていきたいと思います。

 

 

 

はじめに、もしもあなたが

スキーを初めてまもない

初心者の人から

 

 

 

『後傾ってなんですか?』

 

 

 

と聞かれたら

どのように説明するでしょうか?

 

 

 

スキーをしている方なら

誰もが一度は聞いたことがある

この『後傾』というワードですが、

 

 

 

実は一言で後傾といっても

人によって定義や捉え方が様々

 

 

 

です。

 

 

 

そして様々に分かれているからこそ

指導者のいう事と、

受講者の解釈が異なり

上達を阻む原因となっています。

 

 

 

同じことを言っているように思っていても

お互いが全然違う事を考えていては

滑りが変わらないのは当然ですよね。

 

 

ですからまず後傾を直したいのであれば

後傾とは何なのか?

という部分をきちんと

明確にしておく必要があります。

 

 

 

因みに自分の認識が

明確になっていても

指導者や、

アドバイスをしてくれる仲間の解釈が

異なっていては意味がありません。

 

 

 

あなたがもし『後傾』で

悩んでいるのならば、

この後お伝えする内容を元に

 

 

 

・自分にとって後傾は

どのような認識なのか?

 

・指導者が言ってる後傾は

どのような事なのか?

 

 

 

この2つの部分を

まずは整理することから

始めてください。

 

 

 

後傾は骨盤?上体?ポジション?

 

冒頭で

 

『もしあなたが後傾とは何か

聞かれたらどう答えるか?』

 

という質問をしましたが

いかがでしょうか?

 

 

実際このような質問をすると

 

 

・ポジションが後ろによる事

・お尻が落ちる事

・骨盤が後傾になる事

・足首が起きる事

・上体が起きる事

・太ももが寝る事

 

 

など様々な答えが返ってきます。

 

 

 

どれも人それぞれの解釈なので

何が間違いというわけではありません。

 

 

まぁだからこそ

食い違いが起きてしまうのですが・・・

 

 

まずは『後傾』に関する解釈を

いくつかのカテゴリーに

分けてみたいと思います

 

 

ポジションが後ろ

 

スキーで『後傾』というと

まず想像されるのが

ポジションが後ろになっている事

だと思います。

 

 

スキーは足元にある板が

急斜面やスピードが出るほど

どんどん前に進んでしまう為

スキーヤー自身も

置いて行かれない様に

ポジションを前に前にと

運んでいかなければいけません。

 

 

それが上手くできていない場合に

 

 

『板から遅れている』

 

 

といった表現もします。

 

 

 

さてここからが重要なポイントです。

 

 

 

ポジションが後ろになる事を

 

 

なぜポジションが『後ろ』ではなく

ポジションが『後傾』という

表現をするケースが多いのか?

 

 

という点です。

 

 

 

シンプルに考えれば

ポジションが後ろになっているのなら

そのままポジションが後ろですと

言えばいいだけですよね?

 

 

それを『後傾』と表現する理由が

あなたには分かるでしょうか?

 

 

 

『それは身体が後ろに傾けば(後傾)

 ポジションも後ろになるからでは?』

 

 

 

と思ったかもしれません。

 

 

 

たしかにその通りです。

 

 

ではそこからもう一歩突き詰めて

 

 

身体のどの部分が後ろに傾くと

ポジションが後ろになるのでしょうか?

 

 

上体?

骨盤?

足首?

それとも全て?

太ももが寝る事や

お尻が落ちる事の関係性は?

 

 

こういった部分が

何となく曖昧になったまま

『ポジションが後傾になっている』

という表現が使われている為

 

 

結局具体的に

何をなおせばいいのか

分からない・・・

 

 

となってしまいます。

 

 

ポジションが後ろになっている事は

最終的な結果であって

その手前にある

『どこかが後傾になっている』

という部分を明確化することが重要です。

 

 

 

骨盤が後傾

 

先ほどお伝えした通り

ポジションが後ろになってしまうのは

身体のどこかが

後ろに傾いている(後傾)からです。

 

 

ではどの部分が後傾になっていると

ポジションが後ろになるのでしょうか?

 

 

もっとも多く言われているのが

 

 

【骨盤】

 

 

です。

 

 

 

その理由は

そもそも前傾、後傾という表現は

骨盤に使用するのが一般的だからです。

 

 

 

スキーを全くしたことがない人でも

前傾後傾と聞くと

真っ先に骨盤が思い浮かぶはずです。

 

 

試しにインターネットで

前傾、後傾と調べてみてください。

 

 

表示されるのは

ほぼ骨盤についてです。

 

 

 

すでに知っていると思いますが

この様に

 

骨盤が前に傾いていることを

 

【骨盤前傾】

 

後ろに傾いていることを

 

【骨盤後傾】

 

と言います。

 

 

つまりこの場合は

 

 

骨盤の後傾

=ポジションが後傾

 

 

という解釈です。

 

 

 

お尻が落ちるから後傾

 

 

ポジションが後傾になっていると

指摘される要素として

この【お尻が落ちている】という

ものもあります。

 

 

 

これ実際私も学生時代

ずっと言われ続けていました。

 

 

お尻が落ちるとは

言い変えれば

空気椅子の様に

後ろに転んでしまいそうな

状態になっているという事です。

 

 

【太ももが寝ている】

 

 

という指摘も

これと同じですね。

 

 

太ももの角度が地面と平行に近づくほど

お尻は落ちていきます。

 

 

確かに太ももが寝て

お尻が落ちて行けば

それにつられて

ポジションが後ろになっていきます。

 

 

 

 

 

つまりこの場合は

 

 

お尻が落ちていき

身体が後ろの傾いていく

=ポジション後傾

 

 

という解釈です。

 

 

 

 

上体が起きているから後傾

 

 

上体が起きているという

指摘を受けたことがあるでしょうか?

 

 

進行方向を向いたまま

電車に乗っていて

急発進をした場合

身体が後ろに遅れて

のけ反りますよね?

 

 

これが俗に言う

上体が起きるという事です。

 

 

この上体が起きていることを

ポジションが後傾になる

という表現をするケースがあります。

 

 

確かに上体が起きれば

足元は前に進み

頭は後ろになるので、

ブーツが支えてくれない限り

後傾になり転倒してしまいます。

 

 

そうならない為にも

上体を前にかぶせようと

意識して滑っているスキーヤーは

少なくないはずです。

 

 

 

この場合は

 

 

 

上体が起きて

身体が後ろに傾く事

=ポジション後傾

 

 

という解釈です。

 

 

スネが起きて後傾

 

これも非常によく指摘される

要素です。

 

 

 

あなたはブーツのタング

(スネにあるベロの部分)

からスネを離すなと言われた経験は

ありませんか?

 

 

 

確かにブーツの脛側ではなく

ふくらはぎ側に寄りかかると

ポジションが後ろになるのが

分かるかと思います。

 

 

スネの角度の他にも

足首の緊張感という

言われ方もします。

 

 

足首が曲がればスネが前に倒れますし

足首が伸びればスネが後ろに起きるので

スネの角度を指摘せずに

足首の曲がり具合を

指摘するケースです。

 

 

このように

 

スネの角度が後傾

=ポジションが後傾

 

 

という解釈ですね。

 

 

 

この様に

一言でポジション後傾と言っても

 

 

骨盤の事を言っているのか?

お尻の事を言っているのか?

上体の事を言っているのか?

スネの事を言っているのか?

 

 

という解釈の違いがあります。

 

 

どれが本当の意味での【後傾】だと

定義されているわけではないので

自分の意識している部分と

指導者が指摘している部分に

違いがないかまずは確認しましょう!

 

 

お互いの認識がしっかり合っていれば

これでも後傾はすぐに改善です!!

 

 

・・・

・・・

・・・

 

 

 

とは言い切れないのは

あなたもうすうす

気づいているかもしれません。

 

 

もちろん解釈の違いを確認する事で

後傾が改善されるケースも

中にはあります。

 

 

ただ大抵は言われている内容は

理解しているけど

ずっと直らず悩んでいるはずです。

 

 

なぜ指摘されている部分が

分かっているのに

後傾は直らないのか?

 

 

 

いよいよ後傾改善の真理の部分です。

 

 

その内容は次回の記事で。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スキー技術 トレーニング論 未分類 身体論(フィジカル関係)

スキーで板をたわませる為に使い分けたい2つのトレーニングとは? 265

読了までの目安時間:約 14分

 


スキーの悩みで

定番となっているもの一つに

 

 

『板をたわませられない・・・』

 

 

というものがあります。

 

 

板がたわまない悩みは

スキーヤー自身が

自ら悩みだしたというよりは

指導者から

 

 

『もっと前半からしっかり板をたわませて!』

『外脚に乗れてないから板はたわまないよ!』

 

 

と言われて

悩みだした・・・

 

 

というケースが

大半ではないでしょうか?

 

 

 

そしてその悩みは

なかなか解決できないまま

毎シーズンのように

指摘されているケースも

非常に多いです。

 

 

 

まぁ指摘だけで

解決方法は指導されません

というケースも多いようなので

解決出来ないのは

仕方がない部分もありますが。

 

 

 

ではもしあなたが

板をたわまそうとしたら

どのような動作を行うでしょうか?

 

 

 

多くのスキーヤーは

 

 

板をたわます=力を出して板を押す事

だと勘違いしています!

 

 

 

ショップなどで

板の硬さを確かめる時には

板を手でグイグイ押すように、

一生懸命外脚で

エイッエイッと

力を出して押しているのです。

 

 

しかしトップ選手や指導者が

板を押すや踏むと言うより

板に『乗る』という表現を

よく使う事からも分かるように

力を出すイメージよりは

 

 

 

受け止めるイメージの方が

板をたわますうえでは重要です!

 

 

 

 

しかしそれが分かったところで

そう簡単に受け止める事はできません.

 

 

 

その理由は普段のトレーニングが大きく関係しています。

 

 

使い分けたい2つのトレーニング

 

陸上でトレーニングをはじめると

多くの場合なんの疑問もなく

筋トレの要領で

重いものを持ち上げたり、

走り込みをして

体力をつけようとします。

 

 

しかし実際は

同じにように見えるトレーニングでも

おおきく2つの種類に分かれます。

 

 

それが

 

 

①力を出すトレーニング

 

 

②力を受け止めるトレーニング

 

です!

 

 

 

あなたのトレーニングは

力を『出す』練習と『受け止める』練習、

どちらを中心に行っているでしょうか?

 

 

 

多くの場合、基本的に筋トレとよばれる

ウェイトトレーニング系は

力を出す意識でやっています。

 

 

 

しかし実際雪上で求められているのは

冒頭でもお伝えしたように

自ら出すことよりも雪面からの圧を

受け止める事の方が多いです。

 

 

 

そう言った場面で

普段から力を出す動きが染みついていると

雪面からの圧が来た瞬間

無意識のうちに力を出してしまい

反発して板がバタついたり

ズルズル流れて行ってしまうわけです。

 

 

もちろん力を出すトレーニングが

いけないわけではありません。

 

 

 

ただシーズンが近くづいてきた

この時期は力を受け止める練習を

きちんとしておいた方がいいです。

 

 

例えばスクワットですと、

しゃがんで持ち上げる時に

力を入れるのではなく、

しゃがむ瞬間力を抜いて

その重みをキャッチするように

止まるといった意識をします。

 

 

 

あまり深い角度でやるよりは

クウォータースクワット(1/4くらい)で

行うとやりやすいです。

 

クウォータースクワットが

分からない方はこちらから

 

 

階段かから降りて片足着地!

なんて言うのも

力を受け止める練習ですね。

 

 

 

しかしこの受け止める系の

トレーニングには

落とし穴があるので

注意が必要です!

 

 

 

受け止めるトレーニングの注意点

 

まずもっとも気をつけたい注意点は

 

 

予想以上の負荷がかかる!

 

 

という部分です。

 

 

踵でいうと体重60kgの人は

 

歩行時(体重×1.2)72kg

ランニング時(体重×3)180kg

ジャンプ時(体重×5) 300kg

 

重さがかかると言われています。

 

 

ただ着地の瞬間体重の●倍

といった情報は

人間の体は剛性ではありませんし、

吸収動作を使った場合や、

関節によって違うことも考えると

それほど正確ではありません。

 

 

しかし自ら力を出すときよりも

遥かに強い力がかかるのは事実です。

 

 

その強い負荷を

もし、間違った身体の使い方で

受け止めていたら

どうなるでしょうか?

 

 

 

例えば階段から降りて

片足着地の場合、

 

 

・土踏まずがつぶれている

・膝が内側に入っている

・股関節が抜けてしまう

・わき腹が曲がる

・肩や腕が過剰に動く

 

 

といったような

エラー動作のもと

いくら受け止める動作を行っても

マイナスでしかありません。

 

 

ケガにも繋がってしまいますね・・・

 

 

このことを知らずに

直ぐに受け止めるトレーニングを行うのは

非常に危険です。

 

 

上記に挙げたようなチェックポイントを

鏡で見る、スマホで撮る、などして

しっかりチェックして行いましょう。

 

 

 

このように

 

 

力を受け止めるトレーニングは

正しい体の使い方で行わないと

意味がないどころかマイナスになる!

 

 

という部分は

必ず知っておいてくださいね!

 

 

 

では正しく受け止められる方は

どんどんやってください!!

 

 

・・・

・・・

・・・

 

 

というわけにはいかないのが

受け止めるトレーニングの

難しいところです。

 

 

 

着地面も考えよう!

 

 

さて身体も上手に使えて

しっかり力を受け止めることができる!!

 

 

という場合、

このトレーニングを行うことで

どんどん雪面からの圧を

受け止めるできるようになると

思っていませんか?

 

 

 

もちろんなるにはなるんですが、

これはこれでリスクが高いんです。

 

 

 

その理由は

 

 

 

 

 

衝撃をもらいすぎてしまうから!

 

 

 

 

ただしく身体を使えると衝撃が強すぎて

骨や関節に負担がかかりすぎるケースが

よくあります。

 

 

コンクリートだったり

地面の堅いところで行う場合は

注意が必要です。

 

 

そもそも人間本能的に、

力を受け止めるよりは

吸収したり逃がすようにします。

 

 

高いところからジャンプして

着地するときに、

足をピンっと伸ばさないですよね?

 

 

 

そんなことしたら足が折れちゃいます。

 

 

 

ですから完璧に力を

もらいすぎると

良くないということです。

 

 

 

そっかじゃあ吸収を・・・

 

 

 

となると吸収してしまったら

今度は受け止めるトレーニングに

なりませんよね?

 

 

 

 

そうなんです受け止めすぎても

身体に悪くて吸収してもダメ!

 

 

八方ふさがりですね。

 

 

では受け止めるトレーニングを

上手にやるためにはどうすればいいのか?

 

 

 

力を受ける止めるトレーニングを上手に行うために!

 

 

力を受け止めるトレーニングを

上手にやるための具体例を

ご紹介します。

 

 

 

最初にお伝えしておきたいのが

地面で行う場合は

力をもらいすぎてしまうと

身体に負担がかかりますが、

スキーの場合はある程度

負担が減ります。

 

 

 

その理由は

雪上だという事と、

何より板がたわむからです!

 

 

もちろんたわむ空間を作るために

角度は必要です。

 

 

リフトからアイスバーンにまっすぐ落ちれば

当然ケガしますので・・・。

 

 

 

話を戻しますと、

階段から降りて着地した先が

トランポリンなのかコンクリートなのかでは

全然衝撃が違いますよね。

 

 

 

つまり身体で吸収動作をするのではなく

 

 

身体は力を逃がさない使い方をしつつ、

ある程度力を吸収してくれる

足場に着地すればいいのです!

 

 

 

例えば

 

 

・足元に厚めのマットなどを引く

・座布団を何枚か重ねる

・外でやる場合は芝生で行う

・靴は衝撃吸収が

 しっかりしているものを選ぶ

 

 

といった感じです。

 

 

 

また上から下への自由落下だと

衝撃が強すぎる場合は

坂道を利用する手もあります。

 

 

坂に対して横を向き、

山脚側から谷脚側に横跳びするのも

力を受け止める練習には向いています。

 

 

 

また根本的な

 

 

『トレーニングの総量』

 

 

を考えるのも大事です。

 

 

 

基本的に体育会は根性論で

やればやるほどいいといった

文化が根強いので

その考えの犠牲になっている

ジュニアスキーヤーはかなり多いです。

(もちろん大人も)

 

 

 

このように受け止めるトレーニングを

上手に行うには

 

 

 

・自らが吸収するのではなく、

 足場が吸収してくれる状態にして、

 自分はしっかり力を受け止める

 身体の使い方をすること!

 

 

・トレーニングの総量に気を付けること!

 

 

 

この2つをお勧めします。

 

 

 

因みに先シーズン、

女子アルペンスキーの女王

ミカエラシフリン選手も

スラックラインを2本並べて、

左右に乗り込む練習を行っていましたね。

 

 

 

力を受け止める感覚をつかんで

来シーズンはばっちり

板をたわませてくださいね!

 

 

 

この感覚がなくして

雪上で滑っても板をたわませるのは

難しいですから。

 

トレーニング論

スキー上達を左右する指導者バイアスとは?263

読了までの目安時間:約 12分

 


あなたは雪上で指導を受けた際

 

 

『あれ?他の指導者と

 言っていることが違うな?』

 

と感じた経験はありませんか?

 

また雑誌や動画からの

情報を手に入れた際、

習ってきた教えてとは

違う事言っているな・・・

 

 

と感じたこともあるはずです。

 

 

 

・外脚荷重?両足荷重?内脚荷重?

 

・ターン前半からたわます?

 ターンMAXは後半?

 

・エッジをしっかり立てる?

 ブレーキにならないように立てない?

 

・ポジションは前?

 踵荷重?

 

 

といった感じでしょうか。

 

 

 

この様にスキー界によくある、

 

 

 

 

人によって言っていることが違う

 

 

 

という現象ですが、

そもそも同じスキーをしていて

なぜこのこの様な事が

起きるのでしょうか?

 

 

 

 

そりゃ人によって感じ方が

違うからしょうがないんじゃない?

 

 

と思われる方が大半です。

 

 

そしてそういったケースが

あまりも一般的に起こるので

それほど重要な事に感じていません。

 

 

でももしそれが

あなたのスキー上達に

繋がるのか妨げになるのかは

どのように判断していますか?

 

 

ずっと信じてきたことが

 

 

 

嘘ではないけど自分の上達にはつながらない

 

 

 

といった場合、

それに気付けなければ

ずっと同じことで悩み続けます。

 

 

せっかく習いに行っているのに

それでは困ってしまいますよね。

 

 

そこで今回は

あなたのスキー上達に繋がるように

指導を受ける際に

意識しておきたい

ポイントをお伝えしていきます。

 

 

 

 

意識したい指導者バイアスとは?

 

指導者バイアスという言葉は

あまり聞いたことがないかと思います。

 

 

バイアスとは簡単に言ってしまうと

 

 

思い込みや先入観といった

思考のかたよりです!

 

 

 

例えば私のメルマガに対する

感想をいただいたメールで

このようなものがありました。

 

____________________________

 

Aさん(指導者の方)は両足均等加重、

弓なりを強調しています。

小回りでは極力、股関節は使わない方がよい。

という指導法です。

 

本日の渡辺さんのメールで納得しました。

Aさんのフィーリングの問題で、

股関節くの字が

入った弓なりなのでですね。

 

Aさんに股関節が曲がっている意識がないのですね。

 

Aさんの見本の小回りの映像を

その視点でみると

脇腹で捻りを作る

と言っているわりには、

腰はほとんど真下方向、谷側

にむいていました。

 

 

股関節で捻っているように見えます。

股関節を捻っているなら、

股関節もくの字のようです。

 

おっしゃる通りですが、

指導者のバイアスを排除するのは、

生徒には不可能ではないでしょうか?

 

___________________________________

 

これは前回のきじでお伝えした

くの字と弓なりについて

配信した際の返信です。

 

 

簡単に言ってしまえば

指導者の方の表現を

勘違いして受け取っていた

というものです。

 

 

内容は分かったでしょうか?

 

 

指導者Aさんは

小回りでは股関節は極力使わないという

指導方針をとっているようです。

 

 

逆に技術選トップ選手の

丸山貴雄選手の様に

股関節から下で小回りをしていると

表現する方もいます。

 

 

 

このように

 

 

 

沢山の指導者がおり

様々な表現をするので

どれが正しくて

どれが間違っているのか

分からない・・・

 

 

という経験が少なからずあなたもあるはずです。

 

 

なぜこのような事が起きるのかというと

基本的に指導者は

 

 

 

『自分の感覚をベースに伝えている』

 

 

 

ケースが大半だからです。

 

 

 

自分が感じたことをベースに指導している

つまりこれが、

指導者のバイアス

かかっているという事です。

 

 

 

似たような例でいえば

両足荷重と外脚100荷重もそうですね。

 

 

もちろんその指導者の方と

受講者側の感覚が合えば

全く気にすることないですが、

指導者の感覚と受講者の感覚が違えば、

そしてメールの内容にもあるように

その指導者のバイアスを排除しないと

スキー上達に繋げられません。

 

 

 

果たして受講者側が

指導者側のバイアスを排除して

正しく自分の上達に

繋げることは可能なのでしょうか?

 

 

まずはあなたのバイアスを意識しよう!

先ほどは

小回りは股間節を極力使わないという方と

小回りは股関節を中心に行う

という例をお伝えしました。

 

 

これはそれぞれ指導者本人の滑りの感覚という

バイアスがかかっており

じっさい小回りは人体の構造上

ほぼ間違いなく股関節は使っていますし

逆に上半身も使っています。

 

 

なのでどちらも間違いではなく

本人がどう捉えるかです。

 

 

偏見や偏りなんて言うと

マイナスのイメージが強いですが

私も含め誰しもが何らかのバイアスが

かかって物事を捉えています。

 

 

ですからごく普通の事であり

仕方がない事でもあります。

 

 

 

例えば、

 

 

『600人行って400人が死んでしまう手術』

 

 

『600人行って200人が助かる手術』

 

 

あなたは選ばなければならないとしたら

どちらを選びますか?

 

 

すぐに分かると思いますが

どちらも1/3で助かる同じ確率の手術です。

 

 

しかし前者より後者の表現で伝えた方が

手術の承諾率が上がったという話があります。

 

 

これは『死ぬ』事に

目を向けさせるよりも

『助かること』に目を向けさせる

バイアスをかけた結果です。

 

 

 

スキーに戻せば

 

 

指導者やトップ選手は

自分が思っている感覚で

実際滑れているので

それが正しいという

バイアスがある

 

 

ケースが大半です。

 

 

 

逆にあなたにも

 

 

トップ選手や上手な人が言っているんだから

その感覚は間違いではないだろう

というバイアスがある

 

 

ということを

忘れてはいけません。

 

 

 

冒頭でも述べた通り

誰しも少なからずバイアスはある物なので

大事なのはそれを理解したうえで

情報を理解するときに

なるべくバイアスがかからないように

意識することです。

 

 

まとめ

指導者バイアスの内容は

理解していただけたでしょうか?

 

 

またあなたの中にも

バイアスがある事も

忘れてはならない重要なポイントです。

 

 

ここら辺を深堀していくと

認知心理学や行動分析学

行動経済学といった

どんどんマニアックん方向に入っていくので

ここまでにしますが

興味がある方は

沢山関連の本が出ているので

読んでみてください。

 

 

代表的な物は

【不合理 誰もがまぬがれない思考の罠100】

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4484131218/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1

 

 

問題形式で面白いのは

【自分では気づかない、ココロの盲点 完全版 本当の自分を知る練習問題80】

https://www.amazon.co.jp/gp/product/4062579537/ref=oh_aui_detailpage_o08_s00?ie=UTF8&psc=1

 

 

本が好き、

もしくは長い本を読んで眠くなりたい(笑)なら

【ファスト&スロー あなたの意思はどのように決まるか? 上&下】

https://www.amazon.co.jp/gp/product/B0716S2Z29/ref=bpbB0716S2Z29?pf_rd_m=AN1VRQENFRJN5&pf_rd_s=product-alert&pf_rd_r=48TMJ2KBESJTT7KQ47YY&pf_rd_r=48TMJ2KBESJTT7KQ47YY&pf_rd_t=201&pf_rd_p=0d8f3ebb-021f-40a1-a69b-4cdb2d1f4da3&pf_rd_p=0d8f3ebb-021f-40a1-a69b-4cdb2d1f4da3&pf_rd_i=4150504105

 

たしか400p字以上ある分厚い文庫でした。

 

 

それでは次回の記事では

具体的なスキー上達に繋がる

指導者バイアスに左右されない

対策法をお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

トレーニング論 メンタル関係

スキー上達に重要な【●●感覚】を鍛えるトレーニングとは?262

読了までの目安時間:約 16分

 


スキー上達の為に

毎年様々なトレーニング出てきて

面白い反面、

 

 

いったいどのトレーニングが良いのだろう?

 

と悩みの種にもなりますよね。

 

 

トレーニングによって

何を鍛えるのかが変わってくるので

沢山のトレーニングが出てくるのは

仕方ない部分でもあります。

 

 

 

今回お伝えしていくのは、

 

 

 

【感覚】を鍛えるトレーニングです。

 

 

 

スキーでも

 

 

・滑走感覚

・足裏感覚

・バランス感覚

 

 

といった感覚を使ったワードを

よく耳にしますよね?

 

 

また

 

 

雪面タッチや雪面コンタクト

といった感覚がベースとなっている

上達に必要な要素がいくつもあります。

 

 

 

一見聞きなれたワードなので

特に疑問を感じないかと思いますが、

 

 

そもそも感覚ってなに?

 

 

と聞かれると

意外と困るのではないでしょうか?

 

 

さらに、

 

 

感覚を鍛えるトレーニングとは?

 

 

と聞かれたら

それこそ滑り込むしかないのでは?

と思ってしまうのが大半です。

 

 

 

しかし滑り込んで

スキー上達に必要な【感覚】が

磨かれるのであれば

これほど上達に悩むスキーヤーは

出ていないはずです。

 

 

 

スキー上達に必要な感覚とは何か?

またその感覚を鍛えるトレーニングとは?

 

 

 

今回はこの部分に触れていきたいと思います。

 

 

 

スキーに重要な体性感覚とは?

 

冒頭でお伝えしたようにスキー界でも

滑走感覚、足裏感覚、バランス感覚

といった様に

たくさんの【感覚】というワードが

使われています。

 

 

 

このなんとなく分かりそうで

説明が難しい感覚ですが

実は元をたどると同じ感覚にたどりつきます。

 

 

 

それは

 

 

 

体性感覚

 

 

 

です!

 

 

 

体性感覚という単語を

聞いたことがある方は

少ないと思います。

 

 

もしあなたが知っていたら

なかなかマニアックですね。

 

 

 

体性感覚とは何か?

という部分ですが、

体性感覚は

皮膚が温冷を感じるような表面感覚

姿勢などを制御するような深部感覚

あります。

 

 

自分の筋肉や皮膚、関節の動きや

外部からの情報を読み取って

身体の動作や反射を正しく行う様に

脳から全身に指令を出させる働きをします。

 

 

 

簡単に言ってしまえば

身体を動かす際に必要な感覚ですので

【体性感覚】は全てのスポーツに通じる

非常に重要な感覚だという事です。

 

 

スキーで言うと

足裏という表面感覚の情報を元に

姿勢やポジションをコントロールする

深部感覚が働き

その2つが上手く機能しているのが

良い滑走感覚になる

といった感じです。

 

 

 

 

つまり体性感覚を細分化して

足裏感覚やバランス感覚、滑走感覚と

言っているので

 

 

 

体性感覚が良くなれば

スキーは上達していく!

 

 

 

とも言えますね!

 

 

ではこの体性感覚とは

鍛える事が出来るのでしょうか?

 

 

 

体性感覚を鍛えるトレーニングとは?

 

最近流行っているかどうかは分かりませんが、

トップアスリートが

山の中で岩や丸太を担いで

スクワットをしたり、運んだりという映像を

見たことがあるでしょうか?

 

 

他にも有名どころでいえば

大きなタイヤを転がしたりと

いった感じです。

 

 

たまに海外のアルペンスキー選手の

オフトレ映像でも出てきたりします。

 

 

これはアメリカ男子チームの

オフトレ映像にある

ワンシーンです。

 

※引用U.S. Ski & Snowboard

 

他にもスイスのアルペンスキーチームの

トレーニング動画では

壁によじ登る、岩を運ぶ、

鉄柵にぶら下がって渡るなどしています。

 

※引用 Swiss-Ski

 

さらにワールドカップ王者ヒルシャーが

崖登りをしている映像もありますね。

 

※引用  Marcel Hirscher - One Hell of a Ride Trailer

 

 

この様な場面も見ても

基本色々なやり方で

鍛えているんだなぁ

といった感じにしか

思わないのではないでしょうか?

 

 

 

でもよくよく考えてみると現代では

そこら中にトレーニングジムがあり、

便利なウェイトトレーニング器具が

揃っています。

 

 

タイヤを持ち上げたり、

岩を持ち上げるといった

筋力を鍛えるのであれば

バーベルを使って行えばいいはずですし、

ダッシュ力を鍛えたいのなら

普通の坂道でいいはずです。

 

 

それでもわざわざ山に行ったり

大きなタイヤを転がしたりと

そのような面倒くさい事を

やるのはなぜでしょうか?

 

 

 

 

これは決して丸太や岩が

トレーニング器具より効果が出る

というわけではなく

色々な効果を狙っているからだと思います。

 

 

 

その中でこれは重要だなと思うのが

体性感覚を鍛える効果です。

 

 

 

丸太や岩などは、トレーニング器具とは違い、

一つ一つ形が違うので、

それを持ち上げる度に

手の位置や力加減を

調整しなければなりません。

 

 

普通の道を上るより

砂利の坂を駆け上がる時の方が

ポジションや力加減の

調整が必要です。

 

 

 

この様に体制感覚を使いながら

トレーニングすることは

 

 

不規則な動きに対応でき

筋肉と運動感覚を

両方鍛えることが出来ます!

 

 

 

逆に毎日同じことを繰り返していると

どうしても

自分が使いたい場所だけを

使ってしまいます。

 

 

 

そしてその結果、

さまざまな弊害が生まれるというわけです。

 

 

 

例えばスキーでは

雪質、斜度、ターン孤、

などによって

滑りを変えなければならないですよね?

 

 

この体性感覚は非常に重要なのですが、

普段は毎日同じことを繰り返し、

同じ感覚しか使っていなければ

当然対応能力の低い身体に

なってしまいます。

 

 

 

大人より子供の方が

新しい事を早く覚えられる理由の一つに

大人は長年の蓄積で

同じ体性感覚で

動いてしまう事もあげられますね。

 

 

 

勿論トレーニング器具で行う事にも

メリットはありますから

全てのジムに丸太や岩を置けばいい

というわけではありません。

 

 

また注意しなければいけないのが

先ほど紹介した動画などをみると

 

 

 

『そのトレーニング自体が

スキー上達には良いとなってしまう』

 

 

 

事です。

 

 

あくまでもトレーニングは

目的を達成する為の手段です。

 

 

 

丸太や岩を運んだり

崖を駆け上れば

スキーが上手くなるわけではありません。

 

 

ただ、一般的に多くのスキーヤーが

自分で正しいと思うトレーニングを

ひたすら繰り返し行っている傾向が強いのも

問題だという事です。

 

 

 

実際に自分で出来る体性感覚のトレーニングは?

体性感覚や

それを鍛えるトレーニングについては

イメージできたと思います。

 

 

ただ、これまでの話を聞いても

 

 

『よし!家に丸太や岩をそろえよう!』

 

 

とはなりませんよね(笑)

 

 

実際SKIER`sLABのトレーニングでも

そのようなものは使っていません。

 

 

しかしそのような道具は使わなくても

体制感覚はフルに使ってもらっています。

 

 

 

では一体どんなトレーニングなのか?

 

 

 

きっとサポートメンバーのみなさんも

そんな事やっているかな?

と思っているはずです。

 

 

 

自分でも体性感覚を

鍛えるトレーニングを行うには

・・・

・・・

 

 

 

今までと違った

身体の使い方を意識すること!

 

 

です。

 

 

どんなトレーニングと聞くと

直ぐに種目の事が思い浮かびそうですが、

スクワット一つとっても

間違った身体の使い方から

正しい身体の使い方を身に着けようと

意識して行っているだけで

この体性感覚は鍛えられています。

 

 

 

先ほどからお伝えしておりますが

種目自体が良い悪いはありません。

 

 

 

これは私だけでなく

数多くのアスリートも同じこと言っています。

 

 

本当にそんな種目があれば

皆それだけをやって上手くなっています。

 

 

毎日自分がやりやすい様に

反復運動としての

スクワットをやっている人と、

 

毎回のように、

股関節の使い方はこう、

荷重配分はこう、

それが出来たら次は落下を使ってこう、

といままでの自分の感覚にない意識を

指導されながら行うスクワットでは

 

 

 

質が違うのは明白です!

 

 

 

まぁその反面、

今までの自分の引き出しにない事を

行わなければならない為、

非常に大変ではあるのですが、

逆にどんどん新しい感覚を

手に入れていくので

楽しいという声もたくさんいただきます。

 

 

 

スポーツやトレーニングでは

コツコツ同じことを繰り返すことが重要!

という常識がありますが

少しイメージを変えることが大事です。

 

 

 

これまでのトレーニングに対するイメージを変えよう!

 

このように体性感覚を鍛えるには

まずはトレーニングに対する

イメージを変えていく事が

まずは重要です。

 

最後にトレーニングに対する

イメージを変えるためのポイントを

2つお伝えします。

 

 

一つは

コツコツ『同じこと』を繰り返す事

が重要なのではなく、

 

 

コツコツ『正しい事』を

繰り返す事が重要!

 

 

 

この場合の正しいは

目的達成に繋がるという意味です。

 

 

間違えたことを

コツコツ繰り返しているケースはとても多く

せっかく頑張っているのに

デメリットしかない為

本当に勿体ないです。

 

 

 

もう一つは

同じことをしているようでも

 

 

毎回これはどうかな?

と考えて行う事!

 

 

これは毎回違う事をしている

という事にもなります。

 

 

 

例えばメジャーリーグで活躍している

ヤンキースのマー君こと田中投手は

ウォーミングアップのキャッチボールで

必ず相手の構えたミットを

ピクリとも動かさないところに投げることを

心がけています。

 

 

毎回微妙に違う位置にあるミットにむけて

毎回微妙に身体の感覚を変えて

投げ込んでいるのと、

何も考えずただキャッチボールしているのは

中身の質が違いますよね。

 

 

トレーニングも全く一緒という事です。

 

 

是非あなたのトレーニングも

体性感覚を鍛えるトレーニングに

シフトしてみてください!

 

トレーニング論 身体論(フィジカル関係)

スキー上達におすすめトレーニングメニューはあるのか?255

読了までの目安時間:約 12分

 


5月も後半に入り、

オフシーズンを迎える方も増えてきましたが

あなたはもうオフに入られたでしょうか?

 

 

この時期になると

シーズンオフのトレーニングについて、

 

 

どんなメニューがお勧めですか?

○○のトレーニングは効果ありますか?

シーズンインまでの目標設定の仕方は?

 

 

といったようなご質問をいただきます。

 

 

今の世の中には

様々な情報が溢れているため

悩ましいですよね。

 

 

 

一般的には

 

 

スキーは下半身を使うので

・スクワット

左右差をなくしてバランスもとるので

・ランジ

 

バランスをとるのに重要な

・体幹トレーニング

(腹筋、背筋、スタビリティ)

 

身体の全体を考えて

上半身もしっかり鍛えておきたいので

・ベンチプレス(腕立て伏せ)

 

滑走には体力も重要だから

・ランニングやバイクといった有酸素運動

 

さらに余裕があれば

バランスボールなどを使った

・バランストレーニング

 

勿論ストレッチも忘れずに!

 

 

といった感じのメニューを組めば

なんとなくスキーの為の

オフトレをきちんとやっている感じが

出ますよね!

 

 

 

あなたも上記のような方向性で

メニューが組まれていれば

一応納得しませんか?

 

 

スキー雑誌や書籍で出ているのも

だいたいこんな感じです。

 

 

でもこのようなメニューで

スキーが上達するのであれば

ほぼスキー上達に悩んでいる

スキーヤーはいないはずです。

 

 

もしこれでスキーが上手くなるなら

ジムで日ごろトレーニングをしている

トレーナーの方や

トレーニー(筋トレをしてる人)は

全員スキーをすれば上手くなるという事です。

 

 

 

もちろんいつもお伝えしていますが

上記の様なトレーニングで

スキーが上達するという方は

迷わずそれを続けてください。

 

 

 

なぜなら上記のトレーニング自体が

悪いわけではありません。

 

 

ただ筋力や体力はついても

滑りが根本的に変わるという方は

あまり多くはないと思います。

 

 

 

まず上記の様なトレーニングをやる前に

まず考えて欲しいことがあります。

 

 

トレーニングをやる前にまず考えるべきことは?

 

トレーニングをやる前にまず考えて欲しい事、

それは

 

 

『あなたは何が足りなくて

 スキーが上達しないのか?』

 

 

という部分です。

 

 

 

そこが的外れである以上は

どんなに良いと言われている

トレーニングメニューを行っても

滑りにはつながりません。

 

 

例えるなら

数学の成績を上げる必要があるのに

英単語を必死で覚えているようなものです。

 

 

英単語を覚えること自体は

学力をあげるという

大枠の目標に対して

間違いではありません。

 

 

しかし英語は点数がとてもよく

数学が全然点数が取れない人が

英語だけ必死で勉強するでしょうか?

(長所を伸ばすのも大事ですが)

 

 

スキーも同じで

スキーが上手くなるという

大枠の目標に対して

筋トレやストレッチ、走り込みなども

間違いではありません。

 

 

 

ただ望んだ結果が得られるかどうかは

別問題です。

 

 

 

ですから先ほど

お伝えした通り

『あなたは何が足りなくて

スキーが上達しないのか?』

をまずは明確にしてください。

 

 

何が足りないかを導き出すには?

 

 

これまでにオフトレを行ってきて

そのシーズンに滑りが根本的に

変わらなかったのであれば

そのトレーニング自体は悪くはないけど

あなたにとっては効果がない

という事です。

 

 

ですから

良いメニューを追いかけるのではなく

自分に必要なメニューを追いかけるように

考え方をシフトしていってください。

 

 

例えばスクワットを毎日行って

みんなスキーが上達するのであれば

多分世の中のすべてのスキーヤーは

スクワットを行って

スキーが上達しない・・・

と悩む人はいなくなるはずです。

 

 

因みにここでいう効果がないは

『スキーが上達する』

という目標に対してです。

 

 

オフトレは

筋肉がついた!

体力がついた!

柔軟性が上がった!

といった効果が

いつの間にか目標にすり替わり

効果はあったと思い込みやすいので

気を付けてくださいね。

 

 

さて

 

『あなたは何が足りなくて

スキーが上達しないのか?』

 

という答えを出すためのヒントとして

 

 

 

『どんな動作が出来ないのか?』

 

 

 

という部分があげられます。

 

 

 

理想としている滑りに対して

何かしら出来ていない動作があるはずです。

 

 

まずはその動作をあぶりだすことによって

その動作に必要な要素を

細分化していけば

その先に必要なメニューが見えてきます。

 

 

因みにトップ選手たちは

この動作をある程度確保できているので

それを鍛え上げるべく

前回紹介したようなトレーニングを

行っても滑りのパフォーマンスに

繋がるかもしれません。

 

 

しかしその動作を取得せずに

鍛え上げても

滑りが変わらないのは仕方ありません。

 

 

 

自分がどのような動作が出来ていないのか

あなたはパッと思い浮かびますか?

 

 

ヒントは雪上から

 

どんな動作ができないか?

と言われても・・・

 

 

ともしあなたが

悩んでしまっているのであれば

そのヒントは雪上での指導に

転がっている可能性があります。

 

 

 

指導を受けたり

仲間からアドバイスをもらう機会があった方は

今シーズン雪上で

色々と言われたワードがあるはずです。

 

 

外脚に乗れていない

前半の捉えがあまい

内倒している

後傾になっている

足首の緊張感がない

 

 

などなど

そのワードはあなたが出来ない動作を

示しているものです。

 

 

ですから

例えば外脚に乗れていないと

ずっとシーズンを通して

言われているのであれば

外脚に乗るという動作を

細分化していけば

自ずとメニューが決まってくるわけです。

 

 

 

ここで外脚に乗るって

具体的にどんな動作か分からないんだけど・・・

とあなたが感じたのであれば

かなり重要なポイントに

気づけたことになります。

 

 

 

なぜなら

外脚に乗るという事が

具体的にどのような動作か

分からないという事は

 

 

 

雪上で何だか分からない事を

一生懸命練習してたという事です!

 

 

 

何だか分らない事を

練習しても上達しないのは

当然ですよね。

 

 

 

先日元アルペンスキーヤーの

佐々木明さんの発信で

 

 

『外脚がとか体遅れるなよとか

高い位置からとか。

目の前の事と言うか

今それを言っても生産的では無い

と言うような

インフォメーションばかりのように感じるね。』

 

 

という一文がありました。

 

 

上記の様な指導はよく耳にしますが

(私も学生時代よく言われてました)

 

 

・外脚に乗ってこいと言われて

 外脚に乗ることが出来る

 

・身体が遅れてると言われて

 ポジションを前にすることが出来る

 

・高い位置からと言われて

 高い位置にラインを変えることが出来る

 

 

といった

 

 

『具体的に何をすれば出来るのか知っている』

 

 

という人には効果があると思います。

 

 

 

しかし発信でも書いてある通り

どうすればそれができるか

知らない人にとっては・・・

 

 

 

そういった意味でも

 

 

『あなたは何が足りなくて

スキーが上達しないのか?』

 

 

といった部分は

オフトレのメニューを考えるだけでなく

来シーズンの雪上にも

関わってくるという事です。

 

 

こういう部分をきちんと出来れば

雪上に繋がるオフトレになってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

トレーニング論

なぜ雪上でバリエーショントレーニングを行ってもスキー上達に繋がらないのか? 254

読了までの目安時間:約 10分

 


あなたはバリトレという言葉を

聞いたことがありますか?

 

 

バリトレとは

バリエーショントレーニングの略称で

雪上で行う様々なエクササイズを

バリトレと呼ぶケースが多いです。

 

 

このバリトレですが、

 

 

・外脚に乗る

・ポジションを確認する

・X脚を直す

・内倒を直す

・シェーレンを直す

 

 

 

など様々な目的のものが存在します。

 

 

 

スキーレッスンの多くは

悩みに合わせた

バリトレをやっていく事が主流です。

 

 

 

また技術向上の為の書籍やDVDも

色々なバリトレを紹介しています。

 

 

バリトレを行っても滑りが変わらない?

 

雪上で行うバリエーショントレーニングは

数多く紹介されていますし、

レッスンでもたくさん行ってきたと思います。

 

 

しかし実際、バリトレの多くは

上達に繋がらないものが殆どです。

 

 

なぜ殆ど上達に繋がらないと

言えるのかというと、

本当に上達に繋がるバリトレばかりなら

上達に悩むスキーヤーは

ほとんどいないはずだからです。

 

 

滑りの悩みがあるなら

それを改善すると言われている

バリトレを行って

修正すればいいですよね?

 

 

しかし実際そう簡単にはいかないのは

あなたも分かっているはずです。

 

 

 

例えばX脚を直すために

内脚を手で押して

外脚と平行にするバリトレがあります。

 

 

一見強制的に両脚を平行に出来て

X脚が直るように見えますが、

それで直るならずっとX脚で悩んでいる人は

いないはずです。

 

 

 

多くの場合

 

 

・そのバリトレ自体がまずできない

 

・バリトレの時は変わるけど

 普通に滑ると元に戻る

 

 

となってしまいます。

 

 

 

ではバリトレ自体すべて無駄なのか?

 

 

と言われたら

そうではありません。

 

 

 

上達に繋がる物も確かに存在します。

 

 

 

この様な言い方をすると、

あのバリトレは良くて

このバリトレはダメで・・・

という考えになりそうですが、

それも違います。

 

 

 

脚の筋トレには

スクワットは良くて

レッグエクステンション(膝の曲げ伸ばし)

はダメという事にはならないのと一緒です。

 

 

 

一般的なレッスンでは

癖を確認するためや

直すためのバリトレをやるのが普通ですが、

このバリトレを行っても

なかなか滑りが変わらないという

スキーヤーが多いです。

 

 

 

あなたも同じような経験があるならば

それはあなたにとって

スキー上達に繋がらないバリトレを

行っている可能性が高いです。

 

 

ではどのようなバリトレが

スキー上達に繋がるのか?

 

 

バリトレは大きく2つの種類に

分けることが出来ます。

 

 

それは

 

 

 

『新しい事を習得する為のバリトレ』

 

 

『出来ていることを磨く為のバリトレ』

 

 

 

です。

 

 

新しい事を習得する為?出来ていることを磨く為?

 

『新しい事を習得する為のバリトレ』とは

新しい動作の習得、癖の修正など、

今まで出来なかった事を

出来るようになるバリトレです。

 

 

 

一方、

『出来ていることを磨く為のバリトレ』とは

既に根本的な部分は出来ているものを、

色々な条件下でも出来るように

磨き上げる効果があるものです。

 

 

 

 

これは何を目的にするかで変わるので

どちらがいい悪いはありませんし、

バリトレの種目そのものを

根本的にどちらかに分類できる

という事ではなく

人によってそのバリトレが

どちらに分類されるか変わります。

 

 

 

あなたがもし練習で

バリトレを取り入れているとしたら

どちらに分類されるでしょうか?

 

 

 

因みにバリトレを行っても

滑りは変わらないのであれば

後者のバリトレの可能性が高いです。

 

 

 

 

『出来ていることを磨く為のバリトレ』とは

言い方を変えると

 

 

 

『出来ている人にしか出来ないバリトレ』

 

 

 

という事になります。

 

 

 

例えばストックを両手で横に持ち、

フォールライン方向に向けたまま

滑るバリトレがあります。

 

 

小回りなどでローテションしてしまう時などに

よく行われますね。

 

 

あなたも一度は行ったことが

あるのではないでしょうか?

 

 

あのバリトレは股関節が

ある程度使える人にとっては

『出来ていることを磨く為のバリトレ』に

なります。

 

 

 

しかし、

そもそも股関節の使い方を知らずに

わき腹から捻ってしまい、

何とか手だけはフォールライン方向に

キープできているものの

腰から下は明らかに回ってしまい

ローテションしながら滑っている人が多いです。

 

 

 

これは

『出来ない事をなんとかやっている』

というだけで、

実際そのバリトレを続けても

滑り自体はあまり変わりません。

 

 

 

もちろんやり続けていたら

いつかは股関節の使い方を

覚える可能性もあるかもしれませんが、

明らかに正しい股関節の使い方を

習得するためのバリトレを行った方が

効率的です。

 

 

 

今回例に出したバリトレですと

出来ていないけど何とかこなせてしまうので

分かりづらいかもしれませんが、

コブ斜面が滑れるようになる為に

コブの中でドルフィンターンを行いましょう!

といったバリトレですと、

 

 

『いやいやそれができたら

 すでにコブ滑れていますよ!』

 

 

と分かるはずです。

 

 

 

このようにいくら行っても

なかなか上達しないバリトレの多くは

根本的に出来ている人の為のものが多く、

出来ない人にとっては

 

 

『この動作が出来ない』

 

 

という確認にはなるものの

貴重なレッスン時間の多くを

根本的に出来ない事に

費やしてしまいます。

 

 

またこの動作が出来ないと

確認するだけで済むなら

まだいいのですが、

 

 

 

無理やりその練習を続けた為に

新たに変な癖を身に着けてしまうケースも

珍しくありません。

 

 

 

以前メルマガではお伝えしましたが

やはりその人にとっての順序が

効率よくスキー上達する為には

本当に重要なんです。

 

 

 

あなたが行っているバリトレは

今あなたがまず

やらなければいけないものなのか?

それともそれより先に

身につけなければならないものがあるのか?

 

 

一度考えてみて下さいね。

 

スキー技術 トレーニング論

スキー上達のコツ 上手くなっても滑りが戻る落とし穴とは? 252

読了までの目安時間:約 13分

 


前回までの記事をとおして 

スキーが上達する為の

効率的な練習法を

簡単なレッスンの流れをもとに

解説していますが、

イメージはつかめているでしょうか?

 

 

 

まずは自分で滑ってきて

その感覚やイメージを脳内でフィードバック。

【スキー上達に繋がる効率的な練習法とは?  249】

 

 

そして実際の映像を元に

イメージと現実のすり合わせ。

【スキーを効率よく上達するには、滑走後に●●をしよう! 250】

 

 

イメージ通り出来てないのであれば

 

【1】エラー動作の『具体的な』原因の確認

【2】修正するための『具体的な』

   身体の使い方の確認

【3】その場でまずその動作が出来るかの確認

 

3つの流れで確認をして修正。

【スキー上達に繋がる、滑りを改善する時の3つのコツ 251】

 

というところまでお伝えしました。

 

 

 

今回は次の段階である

認知の修正についてです。

 

 

 

認知を変えなければ出来るものもできない

 

まずはもう一度レッスンの流れを

確認して下さい。

 

 

____________________

 

私『まずその場で滑走ポジションを

取ってみましょう』

 

 

受講者『はい!こうですか?』

 

 

私『OKです!

  ではビデオ撮りますんで

ずっとそのイメージで

滑ってみてください!』

 

 

受『わかりました!』

 

 

 

~滑る~

 

 

 

私『OKです!

  どうでしたか?』

 

 

受『かなり意識してやってきたつもりです。』

 

 

私『では映像見てみましょう』

 

 

 

~映像確認~

 

 

 

私『どうですか?』

 

 

受『あれ!?ぜんぜん出来てないですね。』

 

 

私『いま○○さんは、●●関節を

  このような形で使っているので

  結果的にビデオで見た

  この形になってしまいます。

 

  本当は●●関節はこうで

  さらに△△関節もこの状態にないと

  この形できないんですよ。』

 

 

受『ほんとだ、確かにそうしてる!』

 

 

※今回はここから先の部分です。

 

 

私『ではもう1本撮りますんで、

  次はやりすぎぐらいやってきて下さい。』

 

 

受『こんな感じですね!』

 

 

私『いえいえ、もっとやっていいですよ』

 

 

受『えっ、こんなに!?』

 

 

私『はい、それでどう映るか

  ビデオで確認してみましょう!

  変になっちゃってもいいですので』

 

 

 

~滑る~

 

 

私『どうでしたか?』

 

 

受『いやぁ、かなり意識してやったので

  気持ち悪いです(笑)』

 

 

私『ではビデオ見てみましょう!』

 

 

受『・・・これで全然普通ですね(笑)

  イメージしてたものと

  全く違っていました。。

  こんなに感覚や身体の使い方が違うんじゃ

  いくら練習しても

  上手くならないわけです!』

____________________

 

 

はいこれは本当にあるあるです。

 

 

修正しようと思っても

自分のイメージする範囲内でしか

行わないのが一般的です。

 

 

ですからあえて

やりすぎ、違和感を覚えるぐらい

行ってもらいます。

 

 

 

ご自身だけで行う場合は

そのイメージを持ってください。

 

 

そして指導する場合重要なのが

それが正解だとその場で

押し付けない事です。

 

 

 

以前のメルマガでもお伝えしましたが、

人から100回言われるより

1回自分の映像を見た方が

理解は早いです。

 

 

ですから違和感たっぷりで滑ってきてもらって

すぐに映像で確認してもらいます。

 

 

すると自分の認知と現実の差に

驚くことが大半です。

 

 

 

この様に認知の部分が間違っていると、

 

 

 

理想とする身体の動きは出来るのに

実際の滑りが変わらない

 

 

 

という非常に勿体ないことになるので

とても重要な要素になってきます。

 

 

 

また、認知の修正が出来れば

後はコツコツ一人で練習してもいいのですが、

余程意識しないと

結局自分の認知の範囲内で滑ってしまい

元の状態に戻ってしまうという

状況に陥りやすいです。

 

 

それほどまでに

今までの脳内イメージは強いので

意識して認知の修正を行っていきましょう!

 

 

さてこの段階で

現実的に滑りが変わり、

どれぐらいの意識で行えば

イメージした滑りになる

という感覚も体験したことになります。

 

 

 

これでスキーが上達!!

 

 

と上手くいかないのが

スキーの難しいところです。

 

 

なぜなら最後の最後に

落とし穴が待っているからです。

 

 

 

最後の落とし穴!人間の学習段階とは?

 

 

これまでの流れで

滑りが変わったのですが

そこで終了ではありません。

 

 

 

「えっ、滑りがかわったのになんで?」

 

 

 

と思われたかもしれませんが、

あなたもこのような経験はありませんか?

 

 

 

『この間良くなったのにまた戻ってるなぁ・・・』

 

 

 

これもあるあるですね。

 

 

 

せっかく滑りが変わったと思ったら

またもとに戻ってしまうのはなぜなのか?

 

 

 

理由は人によって違いますし

沢山あるのですが、

その一つに

 

 

 

『学習段階を途中で終わらせてしまう』

 

 

 

というものがあります。

 

 

 

人間が何か新しい事を

学習するときには4段階あります。

 

 

分かりやすく

スキーを例にしてお伝えしますね。

 

 

【1.無意識的無能(知らないしできない)】

 ...あることに関して何も知らず、

  知らないということさえも知らない状態

 

例:どうすればスキーが上達するのか分からない

  または、こうすれば上達するだろうと

  間違った思い込みをしているが

  間違っていることにすら気づかない

 

 

 

【2.意識的無能(知っていてもできない)】

 ...あることに関して知識を得たが、

  それを実践することはできない状態。

 

例:股関節からくの字をする事が

  スキー上達に繋がることは分かったけど、

  実際やろうと思っても出来ない。

 

 

 

【3.意識的有能(考えるとできる)】

 ...あることに関して

  ある程度できるようになってきましたが

  まだ習慣化されておらず、

  それを行うためには

  ある程度の集中力が必要な状態。

 

例:意識すれば股関節を使えるんだけど

  意識しないとすぐ上半身を使ってしまう

 

 

 

【4.無意識的有能(考えなくてもできる)】

 ...意識しなくても自動的に

  あることを実践することができている状態

 

例:特に意識しなくても股関節を使えるに

股関節を使うことが当たり前

 

 

といった感じです。

 

 

 

今回お伝えしているレッスンの流れですと

【3.意識的有能(考えるとできる)】

まではいけたことになります。

 

 

しかし多くの場合そこが出来たという

ゴールだと思い込んでしまい、

そこから

【4.無意識的有能(考えなくてもできる)】

に移行するまで意識して練習できません。

 

 

その原因は

 

 

・さらにもっとよくしようと

 他の事を意識してしまう、

 

・指導者や他の仲間から、

 それが出来たら次は・・・

 新たな問題に移されてしまう

 

 

など様々です。

 

 

 

出来なかった事が出来るようになっても

まだまだ

【3.意識的有能(考えるとできる)】

の段階だから、

【4.無意識的有能(考えなくてもできる)】

になるまでは焦らずそのことだけを意識しよう

と心がけてください。

 

 

滑っている時に意識できることは

せいぜい一つか二つなので。

 

 

ただ正直いって

【3.意識的有能(考えるとできる)】

の段階まで進めたことは

滑りが元に戻ってしまっても

早いタイミングで

外部から気づかせてもらえれば

時間がかからず戻ります。

 

 

上達に悩むスキーヤーの多くは

【1.無意識的無能(知らないしできない)】

で止まっています。

 

 

どうすればスキーが上達するのか

具体的に分からない。

 

こうすれば上達すると考えていることが

間違っていると気づけない。

 

といった感じです。

 

 

 

まとめ

 

全4回の記事に分けて

スキーが効率よく上達する為の練習法を

お伝えしてきました。

 

 

全ての記事を読むのは

大変だったと思います。

 

 

しかしあなたが上達に悩んでいるのであれば

自分がいまどの段階にいるのか

一度考えてみることが重要です。

 

 

 

そういえばこの部分出来ていないかも・・・

 

 

というところが

スキー上達の妨げに

なっている可能性が高いです。

 

 

 

正しい練習法で効率よく上達し、

充実したスキーライフを送ってくださいね。

 

スキー技術 トレーニング論 未分類 身体論(フィジカル関係)

1 2 3 17